pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
腹六分目を心がけています

腹八分目を意識し始めてからというもの、食べる量がとても減りました。
しかし、その八分目にも慣れてしまい、空腹感を持たなくなりました。
そこでまた食べる量を減らしてという風に、少しずつ食べる量が減っていき、昔はなぜあんなに食べていたんだろう?
と今では不思議に思うほど、量を食べなくなりました。

昔、ご飯を二杯も三杯もおかわりしていた頃を1とすると、今は六分目ぐらいに減りました。
ご飯はおちょこいっぱいぐらいしか食べません。
その分、野菜や豆類、海藻類、魚と肉などを食べるようになりました。

最初に野菜を食べて、豆類や肉、海藻などを食べる頃にはもう満腹感があります。

あとは、もう少しゆっくりと食べることができるといいと思っていますが、長年の習慣でどうしても早食いになってしまいます。

ゆっくり食べると、食べている途中で満腹感があるので、自然に食べる量も減っていくのですけど、日によっては上手くいきません。
そういう日は食後、しばらく胃が苦しいです。
きっと早食いのせいで、普段よりも量が多いのだと思います。

食べる量を少量にすると、まず食後眠くなりません。
胃に負担がありません。
疲れにくく、体調もいいです。

野菜には、皮膚や粘膜を健康に保ち、視力を保つはたらきのビタミンAや、カルシウムの吸収や骨への沈着に必要なビタミンD、血液の流れをよくし、ホルモンの生成や分泌にも関係するビタミンE、体内でのタンパク質や脂質の酸化を防ぐ抗酸化作用が高く、しかもホルモンの生成に関わったり鉄の吸収を促進するビタミンCなどが豊富に含まれています。

栄養豊富な野菜ですが、糖質をエネルギーに変えるはたらきのビタミンB1は野菜にはほとんど含まれず、海藻やきのこ類に含まれていますので、様々な自然の食べ物を美味しく食べて、心身のバランスを図るよう心がけています。

要は栄養のバランス、そして腹六分目が私の大切にしている食生活なのだと思います。







プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード