pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
妻への全身トリートメント

今日もアロマベッドで妻の全身トリートメントを行いました。

昨日午後から夕方過ぎまで妻は撮影の仕事のため、ずっと立ちっぱなしで料理を行いました。
会場までは重い荷物を持っての移動でしたので、大変だっただろうと思います。

トリートメントを行うと、足首からふくらはぎにかけてとても冷たくなっていました。
手のひらでオイルを温め、ゆっくりと足先からトリートメントを行いました。
筋肉痛でパンパンになっていたふくらはぎも少し体重をかけて手のひら全体でほぐしていきました。

使用した精油は、加温効果のあるジンジャーと脂肪溶解の働きのあるグレープフルーツ、そして
アンチエイジングの働きのあるフランキンセンスをミックスしてのトリートメントでした。

最後のフェイシャルトリートメントは、精油をフランキンセンスとネロリに変えました。
というのも、グレープフルーツには光毒性があり、日光に当たるとシミの原因になるからです。
ジンジャーにも弱い光毒性があることが確認されているそうですので、フェイシャルを始める前に
手もしっかり洗って、容器も替えてのトリートメント開始となりました。

フランキンセンスのスモーキーな香りにネロリの開放感のある香りのトーンが抑えられ、とても深い香りになりました。
それまで思い出したようにポツポツと話をしていた妻が、吸い込まれるようにスーーっと深い眠りにつきました。

トリートメント終了後も目を覚ますことはなく、深く深く眠り続け、約40分後にゆっくりと目を覚ましました。
その時の満たされた表情に喜んでくれたかな? と心が温かくなるのでした。

アロマベッドを再度購入し、またこうして妻へのトリートメントを再開できたことに喜びを感じています。
トリートメントにより家事や仕事の疲れを癒してもらえることに喜びを感じています。

手のひらや指先に「お疲れ様、そしていつもありがとう」という思いを込めて、体の小さな変化に応えていくように、ゆっくりと丁寧にトリートメントしていきます。
大切に、丁寧に、丁寧に。

思い返せば、妻と出会い、交際が始まり、結婚し、子供ができ、お互い年齢を重ねましたが、最初の頃のように、いやそれ以上に妻を大切に思えることが奇跡のように感じます。
だって、幼かった私は、夫婦の恋愛感情はいつしかなくなり、そしていずれは惰性の生活が始まるものと、思っていましたからね。
でも、そうではないんだなと今では思っています。
互いを思いやる気持ちが続く限り、恋しいという気持ちも、愛しいという気持ちも、ずっと持ち続けることができるのだと思います。

近日中に、高級精油のネロリと女性の内分泌系のホルモンのバランスを整えてくれるゼラニウム、そして最高級のダマスクブルガリアンローズオットーが届きます。
妻のために、最高級の精油を揃えます。そして心を込めて、次も日頃の感謝の気持ちを込めて丁寧に丁寧にトリートメントを行いたいと思います。






プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード