pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


親子COOK会に思うこと

今日は親子COOK会でした。
今回はラスクとホットチョコスプーンを親子で作りました。

今回もたくさんの方に参加頂き本当に感謝しています。

pappoはこの親子COOK会と小学生COOK会にだけは助手として参加しています。
ほかのケーキクラスやパンクラスなどの大人クラスは元々少人数ということもあって、pappoが助手をやらなくても、大丈夫ということなんだけど、親子と小学生COOK会は、やることがたくさんあり、妻ひとりでは大変なので。

最初は妻のサポートのために助手をやっていましたが、今年で5年目となり、生後三ヶ月ぐらいでCOOK会にデビューした赤ちゃんは5歳に成長しています。
無料の託児もありますが、小さい頃から料理の様子や、美味しそうな匂いや、ジュージュー料理のできる音など、五感で感じることを吸収していって欲しいという願いから、お母さんに抱っこされ、あるいはおんぶされて参加してきた赤ちゃんもいます。

そんな小さな赤ちゃんが、いつの間にか、喋るようになり、歩くようになり、料理をやるようになり、5歳にもなると、ものすごく手際がいいんです。
そういう姿を見ていると、感慨深いものがあります。

去年あたりから始めた小学生COOK会には、幼稚園の頃、親子で参加していたお子さんが一人で参加します。
もちろん兄弟、姉妹での参加もありますが、お父さん、お母さんは参加せず、子供だけで料理を作るのです。

自分たちでやらなきゃいけないとわかっているので、妻の説明も真剣に聞きます。
そして、楽しみながらも、ものすごく集中して、料理をやります。

この前まで幼稚園だった子供達がいつの間にか小学生か・・・としみじみ思います。

そうして成長していく子供達を見ていると、我が家の子供達にももっと成長していって欲しいという親の欲かもしれませんが、親から子供に伝えたい大切なことが心の中に芽生えました。

COOK会の手伝いを長女も次女も幼い頃からやっています。
長女は受付をちゃんとこなして、料金を受け取り、お釣りを返し、スタンプカードを押して、最初に配付するものがあれば配り、という作業を迷うことなく行います。
受付が混みはじめても慌てることなく、落ち着いて対応するところなど、見ていて舌を巻くほどです。

次女は親の欲目かもしれませんが、よく気の付く子で、pappoや妻が必死になにかをやっていると、スッと隣に来て、手伝ってくれたりしますし、洗剤や手洗い用の液体石鹸を棚から出したり、布巾を各テーブルに配ったり、必要な鍋を棚から出したりなどの作業はすべて一人でやれます。

このように、長女も次女も少しずつやれることが増えてきたのですが、後片付けだけはpappoも妻もあまり積極的には教えてきませんでした。

一日居て疲れただろ、という親心もあったのだと思いますが、今日はみんなで教室が終わった後に、拭き掃除と掃き掃除をやりました。

昔から言いますよね、「来た時よりも美しく」と。

それは今日も使わせて頂き、ありがとうございました、という感謝の気持ちではないでしょうか。
そして、次に使用する人への思いやりでもあると思います。

こういう気持ちで掃除をちゃんとやることが、ひいては、COOK会の後は、料理室がいつもキレイ・・・という信頼へとつながっていくのではないかと思っています。

結局、人の信頼を得るための作業なんて、地味なことが多いですよね。

pappoはそういう地味なことでも、馬鹿にせず、ちゃんと周りが見えて、次に使う人が見えて、感謝の気持ちが持てて、しっかりやれるという気持ちを子供に伝えたいと思っているんです。

そしておもてなしの気持ちというのを長女と次女にも感じて欲しいと思っています。

つたない会かもしれませんが、妻が参加してくださる皆さんに喜んで欲しいと知恵を絞ってメニューを考え、レシピを考え、材料の買出しを行い、(買い出しはpappoも子供も手伝いますが)当日を迎えます。

そういうおもてなしの気持ちを大事にして欲しいというのと、COOK会に参加くださる皆さんとは普段から仲良くさせて頂いているので、そういうご近所づきあいのような、心のふれあいというのも、背中を見ていて欲しいなあと思うところです。

掃除や、COOK会の下準備など、きちんとやれるようになると、今度は計量や材料のカットなど、今まで任せられなかった仕事も任せられるようになる。
つまりそれだけ信頼されたということ。

社会に出たら、最初はつまらない仕事を任せられることもあるでしょう。
でも、そういう仕事を馬鹿にせずに、きちんとやることが周りの信頼を得て、次のステップの仕事を任せられるかどうかということにつながっていくのではないでしょうか。

そういうことを親から子へ伝え、長女と次女には成長していって欲しいと思っています。

そして根気よく続けていくこと。
COOK会は今年で6年目を迎えます。
十年目には十周年記念パーティーをやろうと妻が話していました。
pappoもその日を迎えることができることを楽しみにしています。

親から子に伝えられることは、そう多くはありませんが、子供達に大切なことを感じ取ってもらいながら、成長していって欲しいと思っています。




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。