pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローズマリーインヒューズドオイル&ゼラニウム+パチュリで

2009年4月に乾燥させたローズマリーを漬け込んで作ったインヒューズドオイルを久しぶりに棚から取り出しました。

以前、このオイルと元蝋で作ったクリームで手湿疹がきれいになくなったという報告を戴いたことがありますが、今日は、このオイルでフェイシャルアロマオイルを作りました。

その前に、今日はお風呂にこのオイルとゼラニウムで作ったバスオイルを垂らして、ゼラニウムの香りに包まれながらゆったりバスタイムを楽しみました。

お風呂の水面に浮かんだオイルを手のひらにすくって、肌にすべらせると、乾燥していて荒れていた肌にしっとりとなじんでいきました。

お風呂から上がり、今度は同じインヒューズドオイルとスィートアーモンドオイルを2:8ほどの比率で混ぜ合わせ、その中にゼラニウムとパチュリを各1滴ずつブレンドしたもので、ゆっくりとフェイシャルトリートメントを行いました。

妻も隣でやってほしそうにしていましたが、妻にははじめてのオイルなので、まずはパッチテストから。
肘の内側あたりにそのオイルを少量塗って、様子を見てもらっています。

ローズマリーインヒューズドオイルは、ローズマリーのエキスをたっぷりと吸い込み、琥珀色になっています。
ローズマリーにはご存知のように肌をひきしめる収れん作用があります。
フタをあけると、まったくオイルは悪くなっておらず、ローズマリーの濃厚な香りがします。
それでも、精油と混ぜ合わせると、それまで濃厚な香りを放っていたローズマリーはすぐになりを潜め、普段使用しているオイルより、一層濃厚な精油の香りを放ちます。

ゼラニウムとパチュリのえもいわれぬエキゾチックな香りにうっとりしながら、フェイシャルトリートメントを楽しみました。

明日、妻のパッチテストに異常が見られなかったら、妻にも同じオイルで(まずは足とかから)トリートメントをやろうかなと思っています。



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。