pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨夜はさいごの夫婦水入らずの食事でした

今日、子供たちが熊本から帰ってきまして、静かで穏やかだった我が家が嘘のようにうるさくなってしまいました。

二週間以上も離れていたせいか、ひっつき虫のようにくっついて離れません。

昨日までの平和が嘘のようです。

というわけで、昨夜の食事は夫婦水入らずの静かな食事だったので、ちょっぴり贅沢しました。
ホントは外食でもと思ったんですが、前回、イトーヨーカードーで買った肉が美味しかったので、今回も、外食のつもりでちょっといい肉を買おうかということで、とりあえず覗いてみることにしました。

というわけで買ったのは、宮崎牛のサーロインステーキ(100g1777円)を200g。
P1000414.jpg

の↓1600円引き。
2_20120110170339.jpg

こんな時にもついつい割引になっているものを選んでしまう哀しい性。

P1000423.jpg

妻がステーキにしてくれ、わさび醤油で食べました。
3_20120110170658.jpg

やわらかくて、ジューシーでたまらなく美味しかったです。

ステーキの美味しい焼き方を妻に色々と聞きましたが、3つほどコツがあるようです。

その前に、
最初ににんにくチップを作り、オイルににんにくの香りを付けることが大事だそうです。

1.にんにくをスライスする。

2.フライパンにオイルをいれ、にんにくを入れた後で火をつける。

3.にんにくが焦げないように注意しながら、弱火でじっくり火を通す。

4.にんにくにうっすらと焦げ目がついたら、にんにくを引き上げる。
(余熱でにんにくが焦げるから。うっすらがポイント)

※にんにくを焦がすと、焦げた匂いがオイルについてしまうので、注意が必要です。


1.肉を室温に戻す
※焼く直前に塩・こしょうする。

2.にんにくオイル&無塩バター少々(バターが多いと焦げる)
強火で片面を焼く

3.もう片面を焼くときも強火で焼き、フライパンの油をお肉の表面にスープーンで
回しかけながら焼く。
出来れば最後にブランデーでフランベする。

これで美味しく焼けるそうですよ。






プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。