pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


COOK会2回目、3回目終了、そしてトリートメント

土曜、日曜と親子COOK会でした。
メニューは完熟トマトのキーマカレーと手作りナン、タンドリーチキン、ラッシーです。
今回もたくさんの親子の皆さんに参加を頂きました。
お忙しいところ時間を作ってくださりありがとうございました。

今回はお父さんの参加も多く、pappoもCOOKもとても嬉しかったです。
家族で一緒に粉を捏ねナン生地を作って家族で食べる味は子どもにとってはまた一味違うかもしれませんね。

また、調理をするお母さんの傍らで小さなお子さんをずっと抱っこしてあげていたり、調理するお子さんの姿をカメラに収めたり(COOK会は撮影自由ですので、お子さんの姿をぜひ撮影してあげてくださいね)試食が終わった後に食器を洗ったりしておられました。

また、ほかのご家族の方々とテーブルを囲み、協力して調理をする経験は人の距離を近づけてくれるものではないかとpappoは経験上感じています。
というのも、初対面のご家族同士、最初は少々ぎこちない雰囲気が漂っていても、料理が完成する頃には互いににこやかに話したりしていて、COOK会が新しいつながりが生まれる一つのきっかけになっている気がして嬉しいのです。

COOK会、楽しかったです。
また皆様お会いしましょうね。

COOK会が終了し、ホッとしたのでしょう、COOKは長女を寝かしつけそのまま夜中の1時過ぎまで寝てしまいました。
その間pappoは久しぶりに映画を観ました。
懐かしい「依頼人~ザ・クライアント」
もう何度か見ましたが、やっぱり面白かったです。


依頼人~ザ・クライアント~ [DVD]依頼人~ザ・クライアント~ [DVD]
(2000/04/21)
スーザン・サランドントミー・リー・ジョーンズ

商品詳細を見る


映画を見終わってしばらくしてCOOKが起きてきたので、15分程度のショートトリートメントを行いました。
もちろんアロマ部屋で。

アロマベッドはいつでも使用できるように常にセットしてありますから、COOKはごろんと寝転がるだけでいいわけです。
pappoは精油をブレンドして、静かな音楽を流し、小さな明かりを灯して、ゆっくりとトリートメントをしていくわけです。

たった15分でもやるとやらないでは疲れの取れ具合が全然違うとpappoは思います。
トリートメントを行った次の日はCOOKが元気ハツラツですから。

それに夫婦でトリートメントをすることで、パートナーとしての絆がより深まる気がいたします。
手のひらから伝わるぬくもりによる安心感もあるような気がします。
トリートメントを施すpappoにも良い影響があります。
心が安定し、穏やかになります。
それはCOOKとのしっかりしたつながりを実感できることやCOOKが元気でいることで家族が安定するからだと思います。
家族というのは人と人が作り上げていくものですから、実は微妙なバランスの上にあり、大変壊れやすいものではないでしょうか。
気づけばどう修復していいかわからない、そのような状態に陥ってしまうこともあるかもしれません。

気づけば数年もCOOKへトリートメントを行ってきたpappoの個人的な実感ですが、夫婦のトリートメントは魔法のようなものだと思うのです。
施術される側だけではなくする側にも精神的な安定をもたらすからです。

そして言葉が要らないこと。
言葉の代わりにただただ心をこめて優しくトリートメントを行うこと。
その思いは手のひらから相手に伝わります。

もし自分も妻にやってみようかなと思われたら、最初になにが必要か、どんな精油から使用したらいいか、どういう風に使ったらいいか、などわからないことがたくさんあると思います。
そういう方はpappoのこのブログの最初の方を読んで頂けたらと思います。
pappoは今もそうですが、最初は特に試行錯誤でやってきたんです。
どのような本を読んだか、どのような道具をそろえたか、どのような精油をまずそろえたか、どのようにトリートメントをやったか、そしてどう感じたかなど、試行錯誤の様子を書いてますので、参考にして頂けたら嬉しいです。

pappoが一番思うのは夫婦の安定は子どもの精神的な安定につながるということです。
パートナーへのトリートメントがその一助になればいいなぁとpappoは心から思っています。

話が少し横道にそれてしまいましたが、昨夜使用した精油は
オレンジスィート
ゼラニウム
ジュニパーベリー
です。

最近よく登場するゼラニウムですが、しばらくやってなかったので、ホルモンのバランスをまず整えていこうと思っているわけです。

オレンジスイートが入ると、柑橘系の香りが安眠を誘います。

今使用しているオレンジスィートはオレンジの皮そのものの香りが目立ちます。
ご存知のようにオレンジスィートは果皮を圧搾して作りますので、こういう香りがするのは当たり前といえば当たり前なんですが、精油によってはもっと果実の香りが目立つものもあるんです。
この精油は皮の香りが強いので、オレンジのフレッシュな香りの後に皮の苦みを伴った清涼感のある香りがするんです。

ジュニパーはデトックス作用を促してくれるので、体内にたまった老廃物をまず排出しようと思ってこのようなブレンドにしました。

手技は最初はごくごく軽い軽擦。
そして所々強擦。

そのお陰かどうかわかりませんが、トリートメント終了後、すぐに寝室へ移動したCOOKはそのまま子どもと一緒に爆睡、そして久しぶりに朝のんびりと起きました。
次女がお友達のお宅にお泊りしたのと、今朝はケーキの注文が入ってなかったことで、COOKも久しぶりに朝寝坊ができたようです。


そうそう、COOK会終了後、次女の通う幼稚園の園庭で初めてのフットサルの練習がありました。
コーチは園の若先生。
参加者はコーチを含め6人。
パス稽古の後、3-3のミニゲームとなりました。
pappoは日ごろの運動不足がたたって、すぐに息があがってしまいました。
ホントに情けない!
このままでは戦力外通告されそうだし、チームの足を引っ張ってしまうので、まずは体力づくりと思い、昨日から早速、トレーニングを再開したpappoです。

筋トレは今流行のスロトレで加圧トレーニング的な刺激を与え、その後、サッカーボールを使ったトレーニングを行いました。
すぐに息が上がるのはボールを追いかけてスピードを上げる、ボールを止める、キックするなどの動きに体がついていかないからということと、体力不足なので、サッカーの上達と体力アップを同時に図るために始めたわけです。
いつも三日坊主のpappoですが、今回は何日続くのか?
せめて次回の稽古日までは続けていたい。

次の練習日は8月の中旬の予定なので、せめてそれまでには体力をアップさせたいと思うpappoなのでした。
そして、できれば次の稽古日がきたら、また次の稽古日を目標にしてというように、できれば継続的に運動をやってこれからも体力アップを図っていきたいと思うpappoなのでした。

おしまい






プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。