pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体調の悪い長女にトリートメント

今日長女が昼過ぎぐらいから具合が悪くなってグッタリしてしまいました。
熱はありませんでしたが、食欲もなく、頭が痛いと言っていました。

頭を冷やしてしばらく様子を見ましたが、2時間ほど経っても一向に元気になる様子がなかったので、

ラベンダー
ティートリー
各1滴を
スィートアーモンドオイル20mlに希釈して、足先、足首、膝の後、そけいぶ、お腹、肩、脇、首筋、あご、耳周辺などをゆっくりとトリートメントしました。

夜までに3回ほどトリートメントをやりました。

やるとしばらく寝て、起きると「またやって」と言うので、トリートメントを繰り返したんですが、今は寝室で眠っています。

毎日忙しかったので、疲れが出たのだと思います。
今夜はゆっくり休ませようと思っています。

明日には元気になることと思います。

ところで、体調が悪い時にはトリートメントはしないと書いてある本もありますが、それも程度の話だとpappoは思います。
いつも子供の様子を見ている親は子供の様子を見ると大体「こりゃいつもの病気と様子が違う」というようになんとなく直感でわかりますよね。
そういう時は迷わず病院へ行くべきだと思いますが、ちょっと体調が悪い時などはアロマでトリートメントをやってあげるのもいいと思います。

ただ、それも普段、健康な時にもよくアロマをやっている相手に限ったほうがいいと思います。
普段まったくアロマをやっていないのに、微熱があるからとか喉が痛いからといって、いきなり精油を使うのはどうか? と思うんです。

普段使用していて全く問題ない場合で、体調もすぐに医師の診断を仰がねばならないといった様子ではない時だけに使用できるんでは? とpappoは思います。

体調が悪い時は精油の効果がかなりハッキリ現れる気がします。

たとえば熱があるときにティートリーやラベンダーで熱が下がったり、耳痛がラベンダーで治ったり、水疱瘡がティートリーで治ったりといったことを今まで経験してきました。
今は次女の水イボをpappo特製のクリームで治しているところです。
結果は後日アップさせて頂きます。

まぁ、そのように効果が早く出るので、望ましくない効果だって現れる恐れもあります。
天然100%だからといって必ずしも安全とは限らず、人によっては好ましくない反応が起きる場合だってあるかもしれません。
病気の時ならなおさらのことですから。

だからpappoは普段から精油を使用している長女と次女には確かに効果があったんだけど、だからといってすべてのお子さんに使用する場合も大丈夫だとは言えず、必ずパッチテストをやって欲しいと思うし、健康な時に何度かやってみて欲しいと思うんです。







プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。