pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
妻が病気になって思うこと

もう数日前の話になりますが、COOKがひどい頭痛に襲われまして、今はもうすっかりいいんですが、日ごろ、病気と縁のないCOOKですので、pappoも慌てました。

まだ病院も開いてない時間でしたので、とにかく応急処置として、鎮痛作用のあるラベンダーと内分泌系ホルモンのバランスをとってくれるゼラニウムでトリートメントとリンパドレナージュを行いました。

しばらくして少しは楽になった様子でしたが、それでも痛がっていましたので、市販の頭痛薬を飲ませました。
すると30分ほどして、元気になって、表情も明るくなりました。

ここからヘンな話になりますが、妻の健康というものがどれほど家族にとってありがたいことかがとても身に染みました。
ここ最近、なんだかんだで、家のことをすっかりCOOKに任せきりだったpappoは反省してしまいました。

サッと動こうと思いました。
それがpappoの目標です。

たとえばこういうことです。
COOKがキッチンに立って夕食を作っています。
ご存知のようにCOOKは料理教室の先生をやっているぐらいですので、料理の手際もよくpappoがいると邪魔になるに違いありませんが、こういう時もサッと隣に立って「なにかやることない?」と言いましょう、と自分に言ってます心の中で。
ここで大事なことはサッと「立つ」ことだと思います。
立てば、後はなんとかなる。

ソファに座って「あらあらゴメン」なんて言ってちゃ、腰が重いままですから。
サッと動くことが大事だと自分に言い聞かせているわけです。

たとえば、COOKが食器を洗おうとしています。
そういう時はサッと横に立って「俺やるよ!」みたいなね。

優しいオット演出みたいな。

サッと動こうよ自分・・・・・・と思います。

そして、願わくば、率先してやろうや! とも思います。

たとえばこういうことです。

帰宅すると、朝の食器がシンクにそのままになっていたとします。
そういう時に「俺がやっとくか!」みたいなね。

洗濯物がまだ取り込まれていなかったとします。
そういう時に「取り込むか。ついでにたたむか!」みたいなね。

気が利くオット演出みたいな。

COOKが遅れて帰宅した時には「ご飯炊けてるよ。お風呂も沸いてるから子ども達は俺が入れるね」みたいなね。
洗濯物は取り込まれ、ついでにタンスの中に畳んでキレイに仕舞われていて……みたいなね。

できるオット演出みたいな。

やれっかなぁ俺・・・・・・、もう不安・・・・・・。

だから、まずサッと立つ。
こういうハードルの低いところから始めるぞ俺! エイエイオーみたいな・・・・・・決意表明っぽく。

明日から。いや今日から。今から。
今すぐ。
キッチンではCOOKがケーキを焼いている。

そしてサッと立つ俺。
「なにかやろうか?」って。


それを毎日続けられるか?!

夜、子供部屋へ行くと、子ども達は手をつないで静かな寝息を立てて眠っていました。
昼間はうるさいですが、夜は天使のようです。




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード