pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
今日は1時間10分の全身トリートメント

昨日にひき続き、今日も全身トリートメントを行いました。
時間にして約1時間10分。
使用した精油はブルガリアンローズオットー。

ブルガリアンローズオットーはローズの中でも最高級とされる精油で、わずか1滴の精油の中にバラの花200個分の花びらが使われているなんとも贅沢な精油です。
香りははちみつを思わせる甘い香りと、ローズの高貴な香りが混ざり合って、なんとも言えない素晴らしい香りです。

たった1滴で、その甘い香りが辺りに漂います。
ローズオットーと相性がいいとされる精油は
オレンジスィート
カモミール
クラリセージ
サンダルウッド
ジャスミン
ゼラニウム
ネロリ
パチュリ
パルマローザ
ベルガモット
ラベンダー
などありますが、pappoはローズオットーを使用する時には、他の精油とは混ぜないで、この香りだけを楽しむようにしています。

今日は二日目とあって、昨夜に比べると殆ど痛がることはありませんでしたが、鼠径部(ソケイブ)のリンパ節を指でそっと圧すとかなり痛がりました。
まだ、疲れは残っているようです。
あと、僧帽筋の周りを痛がっていました。

ほかは痛がることもなく、最後は心地いい寝息を立てて、眠りにつきました。
今もぐっすり眠っています。

あと、足首にむくみがあり、気になるほど盛り上がっていたので、尋ねるとその対角線上の位置をなにかでぶつけたそうで、そこがまだ少し痛むとのことでした。
なので、その場所はオイルをしみこませるために優しく撫でるだけにして、周辺部は軽く撫でました。

あと、お腹とみぞおちの冷えが気になります。

かなりサボっていた分、そうカンタンには体調は戻らないでしょう。
疲れが完全に取れるよう、近日中にまたトリートメントをやるようにしたいと思っています。

女性の体調は月経の周期によるプロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンの周期的な変化で大きく変動しますし、ライフサイクルとして見た場合は、妊娠⇒出産⇒更年期障害・・・と劇的に変化していきますので、こうした体調の変化を見ながら、気になることがあれば話すようにしていきたいと思っています。

たとえば、「肩が凝ってるね」とか「足がむくんでるね」とか「二の腕が凝っているね」とか「お腹が冷えてるね」とか「腰が冷えているね」などと言うだけでも、言われた方は「そうか、そうなのか」と思うでしょう。
たったそれだけのことですが、自分で体調を気にして、もっと自分を大事にしようと思ってくれるのではないかと思っています。





プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード