pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
COOKの両親へ精油を その1

COOKのお母さんが数日前に足の指を骨折しました。
それ以来、足先がズキズキと痛んで、夜になると益々その痛みが増し、夜も眠れない状態が続いていたそうです。

話を聞いてみると、温めた方がいいと思い以前、湯たんぽで足先を温めたら却ってジンジンと痛みがひどくなったために、今度は冷やそうと思い、寝るときに足先だけ布団から出して、足先が冷たくなったら布団に入れるということを繰り返していたそう。

骨折したばかりの急性期には温めるよりも冷湿布などで冷やした方がいいんですね。
ただ血流はアップさせた方がいいし、体全体の体温は免疫を上げるために、常温に保った方がいいので、湯たんぽは足先ではなくおなかやおなかまわりの腰や太ももやお尻などを温めてあげた方がいいんです。

お腹には命を維持するために必要な内蔵がありますね。
この内臓がシャーベット状になると人間は死んでしまうので、体が冷えてくると命を維持するために血液が内臓周辺に集まります。結果として手足の血流が減って、手足が冷えてしまいます。
そこで、お腹を温めてあげると、脳が安心して全身に血液を行き渡らせてくれます。
その結果、手足がポカポカと温まります。

こうして血流をアップさせつつ、炎症を抑えるはたらきを持つ精油と痛みを取り去るはたらきのある精油を使ってトリートメントを行うと、早く痛みを緩和し、炎症を鎮めてくれます。

また、お腹を温めることで冷え性も改善されますので、これから毎晩湯たんぽでお腹を温めてくださいね。

今朝電話で話したところ、昨夜早速湯たんぽでお腹を温めながら眠ったそうです。
これまで毎晩眠れなかったのがウソのように昨夜は熟睡でき、久しぶりに8時半ぐらいまでゆっくり眠れたそうです。

今朝、痛みを取り去り、炎症を抑えるはたらきのあるカモミールローマンを注文しましたので使ってみてくださいね。




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード