pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


耳痛の時のトリートメント法のご紹介

子供は突然「耳が痛い!」と言って泣き出すことがありますね。
長女にはそういうことはなかったのですが、次女はこれまでに2回ありました。

耳の穴は小さくて奥の方は覗けないし、目の前で痛がるので親は本当に心配になりますよね。
これがたとえば膝小僧の怪我などなら、「これぐらいならたいしたことないよ」とか経験上ある程度察しはつきますけど、耳が痛いというのは、原因もわからないし、どれぐらい痛いのかもわからないから親も不安になりますね。

これが病院の空いていない時間帯だと、救急外来へ行くか!
それともちょっと様子を見るか!
と判断にも迷うし、大体、子供用の鎮痛剤を飲ませてしまって良いものか? とも迷ってしまうところですよね。

そこでpappoが以前次女の耳痛の時にトリートメントを行い劇的な効果を上げた方法をご紹介させて頂きます。
とはいえ、たまたま次女に効いただけで、皆様のお子様にもすぐに効果が現れるかどうかはわかりませんし、アロマテラピーは医療行為ではありませんので、やはり医者の診察を受けなければならないと思うのですが、こういうケースがあったということだけをご紹介だけさせて頂こうと思います。

使用した精油はラベンダーです。
キャリアオイル10ml(小さじ2杯)に精油1滴を混ぜたものを下の写真のように塗ります。
耳_convert_20091013201721

次女の話に戻りますが、耳痛を訴えた時の次女は耳の裏の部分に糸ミミズが這ったように紫色の血管が浮き出て、顔色も青白くなり、痛がっていました。
pappoはどうしようとオロオロしてしまい、しばらくして「あっ、そうだ、こんな時はトリートメントだった」と思い出して、写真の場所をオイルでトリートメントしてあげたんです。
やり方は特別なものはありません。
ただ、指先で撫でてあげるだけです。
マッサージというよりも、オイルを塗ったという感じです。

しばらくすると、とても元気になり、数十分後にはすっかり治ってしまいました。
この時の様子をコチラの記事とコチラに書いていますので、よかったらお読みください。

精油の使用上の注意をコチラに書いているので、お読みください。
pappo




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。