pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リラックス&デトックス&ダイエット(部分ヤセ)

今日は部屋の模様替えをしました。
本棚や机を移動し、出てきたゴチャゴチャした小物を片付け、終わったのは夜の7時ぐらいでした。

まだほかにもやりたい所があるので、ボチボチやっていくつもりです。

それから夜中までかけて週末のツーデーショップのための準備をしていたCOOK。
見るとふくらはぎがむくんでいました。
ずっと立ちっぱなしで作業していたせいだと思います。

その時点ですでに夜中の2時をまわってましたので、これからアロマベッドを出して全身トリートメントをやると却って寝不足になってしまうので、寝室に移動し、20分のクイックトリートメントを行いました。

今日のリクエストは、まずふくらはぎのむくみを取ることと、疲れを取り去ること、そして、二の腕や脇周辺の「ぷるんぷるん」や太ももの「ぽよんぽよん」をデトックスすること。

足先からふくらはぎ、そして太もも、それからお腹、そして二の腕、脇のデトックストリートメントを行いました。
中々二人の時間が合わないため、今週はセルフトリートメントもやりたいから教えて欲しいと言われました。

今日はもう遅いので、とりあえず寝てもらうことにして、明日時間が合えば一人でもできるリンパマッサージの方法を教えてあげると約束しました。

ちなに今日使用した精油は
・グレープフルーツ
・ジュニパーベリー
です。
スィートアーモンドオイルで1.5%に希釈して使用しました。

ところでリンパってよく聞くけれど、いったいなんでしょうか?
カンタンに言うと「血中や細胞内にある老廃物を回収して、体外へ排出する役目を担っています」
体内に縦横無尽に張り巡らされている「リンパ管」やその中を流れる「リンパ液」そしてリンパ液をろ過する「リンパ節」、さらに胸腺や脾臓などのリンパ器官などを総称して「リンパ」と呼んでいます。

リンパ液の流れが良いと老廃物がスムーズに体外へ排出されますが、逆にリンパの流れが滞ると老廃物が体内にたまってしまい様々な不調の原因になります。

つまりリンパは体の浄化システムであり、かつ病気から身を守る優れた免疫システムなのです。

リンパの流れが悪くなると、体内に体液がたまりむくみます。
また老廃物が脂肪細胞に付着するせいでコリやセルライトの原因にもなります。
また排泄機能の低下により便秘や体臭やダルい、疲れやすいなどの原因になります。

リンパ液は心臓のようにポンプで押し流すわけではなく、筋肉や近くの血管の圧力により流れていきます。
そのため運動不足や過労やストレスにより流れが滞ってしまうのです。

そこでオススメなのがリンパマッサージってわけです。
パートナー同士でやるのももちろん素晴らしいデトックス&リラックス&ダイエット(部分ヤセ)効果を生みますが、セルフマッサージでも大きな効果を得ることができます。

体の中のリンパ節と呼ばれるポイントへリンパ液を流しこみ、さらに静脈へと流し込んで、最終的には汗や尿や便として体外へ老廃物を排出するという流れになります。

リンパ節の場所は、膝周りや膝の後ろ周辺、太ももの付け根、鎖骨周辺、あごの下、耳の下、首などにあります。
周辺と書いたのは、リンパ節がいつも同じ場所にあるわけではないからです。
この周辺で指で押してキモチいいところがリンパ節ですので、心臓から遠い場所からリンパ節に向かって流れを良くする気持ちでトリートメントしていきます。
たとえば
①足先から膝へ向かって
②膝から太ももの付け根に向かって
③お腹~デコルテそして鎖骨周辺へ
④手から肘そして肘からワキに向かって
⑤首、あごの下から顔へ、そして首やあごの下へ戻る
というように、リンパ節を中心にトリートメントの手順を組み立てると良いと思います。

やり方もカンタンです。
①もむ→もみほぐす
②軽く叩く→少し強めに叩く
③軽く圧す→少し強めに圧す
④両手のひらではさんで軽擦→強擦
などの手技を使ってやってみてください。

力加減は最初はごくごく軽いタッチで、そして少し力を加えて、でも痛くするのは逆効果です。
マッサージ効果も期待してせいぜいイタギモ!ぐらいで留めておくのが良いと思います。
常に流れを意識して行うのがコツです。
力で「点」を無理矢理ほぐそうとするのではなく、「全体の流れをよくする」というイメージを持つことが大事です。

頭の中に映像をイメージできる方は「よどんだドブ川」→「山の清流」と変化する様をイメージしながらやるのも面白いかもしれませんね。

実際に行ってみると、非常に即効性がありますし、そう時間もかからないので、COOKにも度々やってあげていますが、二の腕などは特に効果が出やすいですよ。

技を磨くために普段からセルフトリートメントをやるのもオススメです。
なぜなら自分がキモチいいと思うやり方は相手にも心地いい場合が多くあるからです。
さらに、リンパマッサージの技を磨くためにオススメなのはお風呂に入っている時に手のひらで水面を優しく撫でるという練習法です。
この時、水面がバシャバシャ波だったり、手のひらが水中に没してしまうのは良くありません。
優しく優しく、流れを意識してやってみてください。
指先の力を抜いて、リラックスし、水面を撫でるようなキモチで行ってみてください。
水面がスィースィーと流れるような力加減と手の動かし方がリンパマッサージには大切です。
力加減とゆっくりしたスピードに気を配りながら行ってみてください。

もちろん個人差はあるでしょうが、たった一度やるだけでも、目を見張るほどトリートメントが上手くなることでしょう。
pappoもお風呂でやってますよ。

日常生活で手技を磨く方法その2もありますが、あまりに長くなり過ぎたので、とりあえず今日はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでくださりありがとうございました。








プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。