pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
アロマトリートメントに出合って

アロマトリートメントに出合うまでのpappoを無理矢理一言で表現すると「競争心」って言葉が一番しっくりくる人間だったのではないかと思います。
生来の勝気な性格からか、サラリーマン時代は出世競争(いや別に出世してませんが・・・)、フリーになってからはビッグになりたいという想いが人一倍強かったと思います。

もちろん、サラリーマン時代もフリーになってからも、良い仕事をしたいという気持ちはとても強くありました。

人に喜ばれる仕事をしたいという想いの一方で、同僚やライター仲間との目に見えない競争心とのバランスがうまく取れずに、イライラする日も多くありました。

映画やドラマで知り合いのライターの名前を見つけると手放しでは喜べない自分がいました。
そしてその作品がとても素晴らしく、大きな感動を得ると、大きく励まされる反面、人の成功を素直に喜べない自分を見て、自分に嫌気がさすこともありました。

でもその「競争心」も、決して誰かに強要されたわけではありません。
pappoが勝手に自分で自分に競争を強いていたのです。
シナリオを書いている人の中には、ただ視聴者や観客を喜ばせたいという純粋な気持ちで作品を書いている人も多いと思います。
いや、そういう人だからこそ、おもしろくて、人に感動を与えるような作品が書けるのだと思います。
結局、人に喜んでもらいたいという純粋な想いこそが「良い物事を創っていく原動力」なのだと思います。

ところで、アロマトリートメントの手技はクリエイティブなもの、とpappoは普段から何度もこのblogの中に書かせて頂いていますが、トリートメントを始める直前の神経を研ぎ澄ます瞬間や、ひたすら相手を想う気持ちが、忘れかけていたシナリオでの一番大事なこと、「相手を喜ばせるために書く」という感覚と、「創造力」を思い出させてくれたのではないかと思います。

高校時代のかつての恩師が心配し、pappoのために2冊の本とそして手紙を送って下さいました。
クラス会で「シナリオに対する情熱を失いかけている」という話をしたから心配して送ってくださったのだと思います。

また、pappoのシナリオの先生からも偶然手紙が届きました。
シナリオの先生はpappoがシナリオから遠ざかると必ず映画が完成したからとか、トークショーをやるからと言ってはpappoを誘い出してくださり、またシナリオに戻してくれる方です。

pappoの中にそういう色々なことがあって、再びシナリオに向き合える自分を見つけかけているような気がしています。

心配してくださった恩師や、何かにつけ誘い出してくださる先生や、黙って見守ってくれているCOOKに感謝しなければと思います。

一方、アロマテラピーに出合ってからというもの、自分が解き放たれたような気がしています。とても不思議な感覚です。
なぜそうなのかも説明がつかないと思っていたところ、ある本にこんな言葉がありました。
それはあるアロマセラピストの言葉ですが、
-私自身、やりたいことをしていくうちに、だんだん楽になってきたんです。自分らしくいることの心地よさを知ったからこそ、「誰もが自分らしく自分のペースで生きられる方法を、体を通して見つけていくサポートをしたい-

これを読んで、アロマテラピーには確かにそんな力があるなぁと思いました。
なぜならpappoはアロマテラピーに出合い、COOKにトリートメントを行うようになり、ありのままの自分を認めてあげられるようになりましたから。
肌の触れ合いによる安心感や、トリートメントで喜んでもらえる確かな手ごたえなどから、そのような気持ちが生まれたのではないかと思います。

前にも「ありのままの自分でいられることの幸せ」について書きましたが、それこそが本当の幸せだとpappoは思うのです。
欠点だらけの自分だし、人に比べたら自慢できるような物はなにも持ち合わせていないけれど、それでもいいじゃないか、オレはオレでいていいよ、と自分に素直に言える自分でいられること、今それがとても幸せです。
そしてそこから新しく今日を始めていける気がしているpappoなのです。

他愛もないpappoのキモチを最後まで読んでくださりありがとうございました。




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード