pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「パートナーのためのアロマテラピー講習会」開催

1年前に始めた妻へのアロマテラピーは、妻の心身だけではなく、pappoの心身にもとても良い効果がありました。
アロマテラピーはされる側はもちろん、やる側にも大きな癒しの効果があります。
パートナーが喜んでくれることが自分の喜びだと「素直に心から」感じられることはpappoにとっては大きな驚きでした。
そんなのキレイごとでしょ、そう考えてしまうpappoだったと思うのですが、アロマトリートメントによりpappo自身も大きく変わることができました。
それはある意味「脱皮」のような感覚です。
それほど大きな変化がpappoの中にもあったのです。

また妻が元気で溌剌としていることで、子どもの心もより安定したように思います。
妻は血行が良くなったせいか、冷えからくる腰の痛みや、ダルさからも解放され、前よりさらに元気でいられるようになりました。
また、肌もいきいきとし、なめらかに美しくなりました。

なんといってもpappoの手のひらを通して伝わる想いや、大切にされている実感などもあってか、お互いの信頼関係が増した気がします。

このほかにも、pappoの考えるパートナー同士のトリートメントの良いところは
・手軽にできること
・相手に遠慮が要らずに、緊張もなく、気軽にリクエストもできるところ
・安くできるところ
・そのため間を空けずに頻繁にやれるところ
・なんといっても相手に大事にされているという実感が持てるところ
などがあると思うんですよ。

このように様々な効果が得られる「パートナーへのトリートメント」をもっと多くの方に知って頂きたいという想いが芽生え、徐々に強くなってまいりました。

そんな折、今回、友人を介して知り合ったNさんと、その奥様に「パートナーのためのアロマテラピー講習会」を実施することができました。
お忙しいところ、時間を作ってくださり本当にありがとうございました。
また、お子さんが写真を撮ってくれたので、pappoの説明の様子などがスナップに残せて嬉しかったです。
お子さんを連れて来て頂いてとても助かりました。
ご自宅ではスキンシップの一つとして、親子でやってみるのもいいのではないかと思っています。

初めての開催で、行き届かない点もたくさんあったかと思います。
そんな中、ご主人がとても熱心にpappoの説明に耳を傾け、奥様に優しくトリートメントをしてあげている姿を見て、この会を開催して本当に良かったとpappoは思いました。

服の上からオイルを使わずにトリートメントのやり方をご説明したのですが、お二人で練習をするうちに、緊張が解け、お二人の雰囲気がそれまで以上に柔らかく、ゆったりしたものに変化したことをpappoも感じることができました。
お陰でpappoまでもなんだか優しい気持ちになれました。

2時間の駆け足の講習となってしまいましたが、ご自宅でもぜひトリートメントをやってみていただけたらと思っています。

講習は手探りで行いましたが、このような↓内容となりました。
自己紹介の後、アロマテラピーとは? ということをカンタンにご説明させて頂き、その後、精油とはなにか? キャリアオイルとはなにか? トリートメントオイルとはなにか? といった言葉の意味をカンタンにご説明いたしました。

※↓これはその後、精油をご紹介しているところです。
精油のご紹介_convert_20090505134948


講習会ではpappoが普段トリートメントで心がけていることやトリートメントを始める前の心構えや準備などについてもご紹介させていただきました。

その後、精油の取り扱い上の注意点をご説明させて頂き、それからはご自宅用のトリートメントオイルを実際に作っていただきました。
その後、服を着たままでトリートメントのやり方をご説明いたしました。

↓これは手技の基本となる「手のひらで温める」というやり方を実際にやっていただいているところです。
肩_convert_20090505141733

講習の進め方は、pappoがご主人に服の上からトリートメントを行いながら手技や手順をご説明し、今度はご主人が奥様にやってあげるのをpappoが横から色々とご指導というか、ご説明させていただくという方法で行いました。
↓ご主人の足先にトリートメントを行っているところです。
foot_convert_20090505140622

↓これはご主人の足を手のひらで温めているところです。
タオルワークのやり方も併せてご説明しています。
foot2_convert_20090505140825.jpg

このほか、手技についても、手のひらや拳や親指や掌底を使って行う方法をご紹介させていただきました。
↓これはニーディングのやり方をご説明しているところです。
ニーディング_convert_20090505141041

このほか、実際にトリートメントを行う際は肌の露出を避けるため、バスタオルで肌を覆うのですが、その時のタオルワークをご紹介させていただきました。
↓これはタオルをめくって、また戻す時のスピードにも気を配り、相手のことを想い、ゆっくり丁寧な動作で行う必要があるということをご説明しているところです。
タオルワーク_convert_20090505141138

トリートメントの途中で手が相手の肌から離れ再び触れる時や、タオルが肌から離れ再び触れる時のスピードに気を配り、最後の最後まで気を抜かない、ということの必要性がうまく男性に伝えられるのだろうか? という不安がありました。
というのも、一般的に男性は理論派であり、それはなぜ? という明確な理由を求めることが多いと思うのですが、このスピードに気を配るというのはとても感覚的なもので、なぜそうなのかの説明が難しいのです。
ですが、やっぱりゆっくりやった方がいいんですね。
その点をご主人は即座に理解してくださり、実際にタオルで試しながら、「う~ん、やっぱり違う。ゆっくりやった方がいい」と皮膚感覚でわかってくださり嬉しかったです。

そうそう、講習会でも申しましたが、特に女性は男性よりも体が冷えやすく、そのせいで、体だけではなく心にまで大きな影響を与えてしまうことがあります。
ご主人も、奥様の体に手のひらを当てながら、「こんな所が冷えてる」と驚かれたり、奥様の方は「(ご主人の)手が温かい」とお答えになったりして、日ごろは意識しない体の冷えをお互いに感じておられました。

全身トリートメントや、日によっては部分トリートメントで血行を促進し、代謝をアップすることで、健康に溌剌と日々を過ごされ、そして今よりさらにお二人の絆が深まっていかれることを心より願っております。

今日はご主人様と奥様そしてお子さんにもお会いすることができ、またお二人のご理解により、このような機会を設けることができ、心から感謝しております。

また是非、お会いする機会があればと思っています。
今日はどうもありがとうございました。



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。