pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


0.1秒の瞬間まで

手のひらに心を込める、あるいは手のひらで想いを伝える、というと、なにやら念力みたいな、超エネルギーみたいな、波動みたいな話なのかな? と思われる方もおいでだと思います。

pappoは波動については少し興味があって、そういうのあるのだろうな。。。とは思いますが、それはいずれまたの機会にということにして、今日はちょっと違う話を書きたいと思います。

トリートメントをやると、必ず相手の肌から手が離れる瞬間があります。
たとえば、オイルを手に足す時や、トリートメントの場所を変える時、トリートメントの起点から終点へ達し、また起点へ戻る時などです。

また、タオルワークのことですが、タオルを様々な形に変えて、肌が露出しないように気を配りますが、その時、タオルが肌から離れ、また肌の上に降りてくる時があります。

そういう相手の肌から離れ、また肌に降りてくる時のスピードには施術者の想いが大きく現れるものだとpappoは思います。

あるバイオリニストの本に、こんなことが書いてありました。
譜面どおりに演奏しているはずなのに、一人は人々に感銘を与え、一人は居眠りを誘う。
両者の演奏のどこに違いがあるのか?
それは0.1秒の差なのだ。
譜面には書いていない、その0.1秒の積み重ねが結果として感動を与える力を生むのだ。

それはトリートメントにも同じことが言えるのではないかとpappoは思います。
神経を研ぎ澄まし、リズムを重んじ、最後の瞬間まで気を抜かないことの積み重ねを大切にしなければならないと思います。

といっても、COOKは寝てますけどね。
いや、それでいいんですよ。
ふと眠りが浅くなった時や、心の奥底でだっていいです。
どこかでpappoのそういう想いを感じてもらえたらいいと思っています。




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。