pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴマ油の使用感

太白ゴマ油のパッチテストも異常がなく、しそ油とゴマ油をミックスしたオイルでのパッチテストでも異常が見られませんでした。
最後のミックスオイルでのパッチテストは短時間で肌に異常が出るかどうかのテストしかしていませんが、別々に48時間のテストを行ったので大丈夫だと思います。

そこで、さっそく精油を足して、セルフトリートメントを行いました。
しそ油:太白ごま油=1:4の割合でミックスしたオイルに4種類の精油を各1滴ずつ、1.5%の濃度になるよう希釈してみました。
使用した精油は
・ペパーミント
・ローズマリー
・オレンジスィート
・グレープフルーツ

まずオイル自体は無色で匂いもありません。
ただ、肌に塗ってみると、いつも使っているスィートアーモンドオイルよりも少しべた付きがあります。
でもベタベタするという感じではありません。
塗った後、30分ぐらいは少しべた付いた感じがありましたが、それを過ぎる頃からは肌もサラリとしていました。

あと、精油の匂いがあまり目立たなくなるのは意外でした。
いつもより濃い目に使用したのに、匂いはそれほど目立ちません。
でも、肌にはいつまでも精油の匂いが残っていました。

普段は塗ってしばらくすると、肌には精油の匂いがほとんど残っていませんので、そこが違いました。

これって精油が肌の中に浸透していってないってことなのかな?とちょっと思わないでもないですが。

肌のすべりはいいです。
でも、スィートアーモンドオイルに比べるとちょっとモタッとした感じです。

今日、荻窪の「カルディー」にオイルを見に行ったら、九鬼の太白ゴマ油(340gで748円)やαリノレン酸が豊富な亜麻の実油(170gで1080円)や荏胡麻油(エゴマ油170gで1039円)などがありました。

あと、石けん作りに使えるパームオイルが500gで998円で売ってました。

食用だと思うと、ゲッ高い!と思わず手を引っ込めてしまいそうになりますけど、キャリアオイル用にと思うと、安っ!と思ってしまうのが不思議ですねぇ。

色々な油を売ってましたが、残念ながら月見草油はありませんでした。
そういえば、すごくバカ高いゴマ油がありましたよ。
熊本産の玉締め製法で作られた「国産黒ゴマ油」(95gで2940円)これは黒ゴマって書いてありますけどオイルは透明でした。
ちっちゃ~いビンに入ってこの値段ですからね。
これは食用だろうが、マッサージ用だろうが、高っ!って感じですよ。

どんな油だろう!?って興味津々ですが、見なかったものとして帰りました。





プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。