pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
1時間30分の全身トリートメント

今日は家族そろって吉祥寺に映画を観に行きました。
「ベッドタイム・ストーリー」という、叔父が姪っ子と甥っ子に眠りにつく前にお話をしてあげると、それに似たことが現実に起きるって話でした。

pappoはもっと違う話を勝手にイメージしていました。
pappoのイメージは大体こんな感じでした。
以下イメージ・・・
主人公の男が結婚した女性には二人の連れ子がいました。
新しく父親になった男は子どもたちの気を引こうとキャンプに連れて行ったり、釣りをしたり、テレビゲームをしたり、勉強を見てやったりと色々やるんですが、子どもたちは全くなつく様子がありませんでした。
男はとうとう「もうお手上げだ!」というところまで追い詰められました。
ある晩、ふと思いついて眠る前にお話をしてあげました。すると子どもらは目を輝かせてお話に耳を傾けるではありませんか。
子どもらの母親はキャリアウーマンでしかも超現実主義者、いつも帰りが遅いこともあって、子ども達はこれまで眠る前のお話をしてもらったことがなかったのでした。
そして、その代わりに離婚した父親がよくベッドの横に座って絵本を読んだりお話をしてくれていたことを子ども達はポツポツと話しました。

子ども達の話に「自分は父親の代わりにはなれないのか・・・」と落ち込む主人公でしたが、もしかしたら「お話」で子ども達の気を引くことができるかもしれないという、はかない望みを持ちました。

そんなある日、男は不思議なビー玉を拾います。
中を覗き込むと、未来の自分が見えるという不思議な玉でした。
その玉には不吉な自分達の姿が映っていました。
そして、その玉を拾った日から、男が毎晩話してあげる内容が現実に起きるようになりました。
男はそのことに気づいて、話をするのをやめようとしますが、子どもらは話してくれとせがみます。
仕方なく話をしますが、当たり障りのない話で終わらせようとします。
だけど子どもらはもっと面白い話がいいと言って、無茶苦茶な展開のお話を勝手にやり始めます。
そして現実にそれが起きて、男は子どもらと共に様々な災難に遭います。
玉に映っていたのは、右往左往する自分達の姿だったのです。
男はもう勘弁してくれ!と思いますが、子ども達は大喜びです。
そして、次から次に襲ってくる災難に子ども達と力を合わせて立ち向かっていく内に、三人の間にいつしか絆が芽生え始めます。
そして三人はかけがえのない信頼関係で結ばれるのでした。
そんな三人を見て、母親はあらためて親子の絆の大切さをしみじみと感じるのでした。
イメージ終わり。

pappoが勝手にイメージしていただけです。

あれ?
なんだか映画の話が長くなっちゃいました。

今日は1時間30分の全身トリートメントを行いました。
この日、COOKは今度の日曜に駒場東大前駅周辺のコンサートホールで開催されるピアノの発表会で配るクッキーの生地を作っていました。
今度の発表会は参加希望者だけの小さな発表会らしく、先生から注文を頂き、COOKの焼いたクッキーを参加者に配るそうです。
その下ごしらえが終わってからのトリートメントとなりました。

使用した精油は
・カモミールローマン・・・1滴
・ゼラニウム・・・3滴
です。
カモミールローマンは香りが強いので、ゼラニウム3滴ぐらいで、ほどよく香りが溶け合う感じがします。
どちらの精油も女性にとても優しい精油です。

COOKはトリートメントのお陰で翌日に疲れがまったく残ってないのが嬉しいと言ってくれました。
pappoのつたないトリートメントでそう言ってくれるのがなによりも嬉しいです。

トリートメントがちょうど終わった時に次女が起き出してきました。
体を触るとあちこちが冷たく冷え切ってましたので、手のひらで温めてあげました。
だんだん、ポカポカと温まってきて、大きなあくびをし始めたので、COOKと一緒に寝室へ行ってもらいました。

pappoもそろそろ寝ます。
おやすみなさい。







プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード