pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セルフトリートメント

今日はなんとなく朝からダルかったので、セルフトリートメントをしました。
トリートメントを始めて7ヶ月あまり、最近ふと考えることがあります。
どの本にも書いてないことなので、笑われるかもしれませんが、精油って男性向けと女性向けがあるような気がしています。
たとえば、女性ホルモン様のはたらきをする精油であるフェンネルやクラリセージ、内分泌系のホルモンを調整してくれるゼラニウムや、ネロリやローズオットーなど、その成分や甘い香りのするモノが女性の身体に対してはたらく精油で、サンダルウッドやフランキンセンスやサイプレスなどは男性向けのような気がします。

だからといって、女性にはサンダルウッドは使用しないという意味ではもちろんありません。なーーーんとなくという大雑把な括りであって、pappoだってクラリセージの香りは好きでセルフトリートメントでたまに使用することもあります。

今日は、その男性的な感じのする精油をチョイスしてセルフトリートメントをしました。
選んだ精油は
・ペパーミント・・・1滴
・ブラックペッパー・・・1滴
・ローズマリー・・・1滴
でした。
なんとなく肩が重く、スッキリする香りが良かったのですが、かといって柑橘系ではないなぁ。。。という感じでした。
それにブラックペッパーとペパーミントでシャキッとしていなぁという想いもあり、こういうブレンドになりました。

足先を軽くトリートメントしました。
足指の骨に沿ってゆっくりとじっくりとトリートメントを行うと、腰骨の辺りがジーンとします。
あぁ効いてる効いてる。。。と思います。

肩もトリートメントを行うと、ずいぶん軽くなりました。

さっきの男性的、女性的の話ですが、我が家にある精油をpappoの独断と偏見で分けてみたいと思います。
まぁ余興みたいなもんですから。。。
(男性的)
サイプレス
ジュニパーベリー
サンダルウッド
ユーカリグロブルス
フランキンセンス
ペパーミント
レモングラス
(女性的)
フェンネルスィート
ローズウッド
クラリセージ
プチグレン
マージョラムスィート
イランイラン
ラベンダー
レモン
(幼児的)
オレンジスィート
(どれでもない)
グレープフルーツ
ブラックペッパー
ティートリー
ローズマリー
ベルガモット
女性向けとしたのは、どこか甘い香りのするものや女性ホルモンによく似たはたらきをするもの、男性向けとしたのは???まぁこういうのは感覚的なもの。。。
というよりpappoの独断と偏見ですから、うまく説明できません。
それに他の人が分けるともっと違った結果になるに違いありませんから。
まぁお遊びということで。。。

ところで、実際に男性に好まれる香り、女性に好まれる香りというのはあるらしく、化粧品会社の開発部でも男性化粧品によく使用される精油と、女性化粧品によく使用される精油というのがあるそうです。




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。