pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
COOKの全身トリートメント

今日はCOOKが帰宅する前にアロマベッドを準備し、音楽もセットし、実家から送ってきたローズとラベンダーの花がたっぷりと入ったハーブティーを入れて準備万端で待ちました。
精油はCOOKに選んでもらいましたよ。
「まだ昼間だし、後で次女のお迎えもあるから、気持ちがピッとするようなの」といいながら、ペパーミントとブラックペッパーと、ちょっと花の香りもあったりなんかしてとかなんとか言いながらローズウッド、そしてペパーミントと合うのはなに?という質問にオレンジスィートかなと答えると「じゃ、それ」てな具合で、精油も決まりました。

今日はお迎えがあるので、1時間でお願いします、とのこと。
まるでお店みたいだねえ~なんて思いながら、トリートメントを始めました。

ボサノバはブラジルで生まれた音楽なんでしょ?
ブラジルといえばサンバをすぐに思い浮かべるんですが、ボサノバはまったく曲の雰囲気が違いますよね。
もっと洗練されていますよね。
都会的ですし。

明るい陽射しの中、ボサノバのリズムの中でゆったりとトリートメントをしていると、シエスタって言葉がピッタリくるような雰囲気なんですよね。
午後のまどろみというか、今はそんなに陽射しは強くないですけど、薄暗がりから外の強い陽射しを眺めているような、そんな気だるくも甘ったるい感じ。。。
ボサノバとシエスタってなにか関係ありますかね?

トリートメントの後はハーブティーに純度100%のはちみつを混ぜて、COOKに飲んでもらいました。
今は次女をお迎えに行っています。
pappoはひとりのんびりしています。

☆今日の精油
・ローズウッド・・・1滴
・ペパーミント・・・1滴
・ブラックペッパー・・・1滴
・オレンジスィート・・・1滴
☆キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・20ml

※今日のブレンドではオレンジスィートがよく香りました。あとの香りはそんなに目立たなかったです。
ペパーミント、ブラックペッパー、オレンジスィート、いずれも単独だと非常に強く香りますが、ブレンドするとオレンジスィートだけが目立つんですね。
そうそう、ローズウッドは花の香りにウッディーな香りがほのかにするんですがそれもそのはずこの精油は木から採るんですよ。
ローズという名が付いているのは香りがバラに似ているからで、実はバラとはなんの関係もありません。
バラ様の香りを持つゲラニオールを含んでいるため、そんな匂いがするんですね。
この精油も落ち込んだ気分を明るくするはたらきがあり、ほかの精油もそれぞれ似たようなはたらきがあります。
無意識に選んだ精油がいずれも似たようなはたらきのものばかりなので、COOKはちょっと元気がないのかな? と思ってしまったpappoでした。

※柑橘系の精油の中には光毒性といって、紫外線と反応してかゆみや炎症などを引き起こす成分のベルガプテン(5-メトキシソラーレン)が含まれているものがあるので注意が必要です。
ベルガモット、レモン、グレープフルーツなどに含まれています。




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード