pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


精油を香りで分類してみた

我が家にある精油を匂いから分類してみたよ。といってもpappoの独断と偏見で分類してますのであしからず!

☆あまぁい香り
□イランイラン
香り:濃厚な甘さにスパイシーな香りがプラスされた、エキゾチックな香り
注意点:香りが濃厚
特徴:女性らしさ、開放感、安心感を引き出す作用、緊張からくる過呼吸や、早くなりすぎる心拍数を抑える作用もある。
□ゼラニウム
香り:ローズのような甘さに緑の香りが合体したような、ハーブ系の香り
注意点:
特徴:情緒不安定などの心のバランスを整える。内分泌系(ホルモン分泌)の調整作用。
月経のトラブルや更年期障害などにはトリートメント法で。
スキンケアにも利用できる。
□マージョラムスィート
香り:ほのかに甘みのある温かなハーブ系の香り
注意点:
特徴:悲しみや孤独感をやわらげる作用、血管拡張、血液循環促進作用で筋肉痛や月経痛などの痛みにもちいる。ストレスによる消化器系の不調のケア。性欲抑制作用もある。

☆柑橘系の香り
□オレンジスィート
香り:フレッシュな香りにふわっとした甘さがプラスされた、柑橘系の香り
注意点:リモネンが含まれているので、入浴時に使用すると皮膚刺激がある
特徴:リラックスとリフレッシュ効果がある。心のバリアを開放するはたらき。心の問題からくる食欲不振や胃痛、下痢などの緩和をサポート
□レモン
香り:シャープなフレッシュさのある柑橘系の香り
注意点:光毒性があるので、使用後に紫外線に当たると炎症を起こしたりする。
特徴:気分転換、集中力アップ、消毒殺菌作用、芳香浴で使用すると空気の浄化や感染症の予防のはたらき
□グレープフルーツ
香り:さわやかさと苦みをあわせもった柑橘系の香り
注意点:光毒性あり
特徴:気持ちを安定させ、前向きにする作用。心理的な原因からくる食欲不振には芳香浴を。
リンパ系を刺激するため、肥満やセルライトの改善にトリートメント法を。
□ベルガモット
香り:爽やかさ、甘さ、渋みなどバランスの取れた柑橘系の香り
注意点:光毒性あり
特徴:心身のバランスの崩れからくる食欲不振、不眠などに芳香浴法で。
□レモングラス
香り:草の香りにレモンの香りを加えたような、甘みのある爽やかな香り
注意点:皮膚刺激あり。
特徴:昆虫忌避のはたらき。気持ちを明るく前向きにする。鎮痛作用、筋肉痛や肩こりにはトリートメント法を低濃度で行う。

☆木の香り
□ジュニパー
香り:朝露を思わせる、澄んだ森林系の香り
注意点:腎臓病を持つ人には注意が必要
特徴:精神を目覚めさせ、集中力を高める。発汗、利尿作用で毒素排泄を促す。
風邪気味や冷えによる下痢には足浴法で使用。
月経痛や筋肉痛にはトリートメント法で。
脂性肌やにきび肌のスキンケアにも。
□クラリセージ
香り:甘いレモンティーのような、フローラル系の香り
注意点:高濃度で使用すると集中力が減退する
特徴:強い緩和作用とホルモンバランスをとる作用。筋肉痛や月経痛、少量月経や月経前症候群、更年期障害の緩和にトリートメント法で。
病後の回復期にも役立つ。

☆スーッとする香り
□ティートリー
香り:透明感のある森林系の香り、消毒薬のような香りに感じる人も
注意点:皮膚刺激あり。低濃度で使用。
特徴:強い殺菌力、抗菌作用、免疫力強化。
皮膚の消毒や化膿止め、感染症予防に。
のどの痛み、風邪のひき始めには吸入法で。
□ペパーミント
香り:おなじみの刺激のあるハッカ臭
注意点:皮膚刺激あり。低濃度で使用。蒸気吸入法の時にはぬるま湯を使用。
特徴:頭痛にはトリートメントオイルをこめかみに。花粉症や鼻づまりには吸入法で。
乗り物酔いや胃腸の不調にも役立つ。
□ユーカリ(グロブルス種)
香り:少し重みのある森林系の香り。消毒薬のような香りに感じる人も
注意点:皮膚刺激あり。低濃度で使用。蒸気吸入法の時にはぬるま湯を使用。
特徴:殺菌作用、抗ウイルス作用、消炎作用、鎮痛作用をもつ。
感染症に有効。
鼻づまりや花粉症には吸入法で。腰痛や筋肉痛にはトリートメント法で。
□ローズマリー
香り:すっきりと落ち着きのあるハーブ系の香り
注意点:
特徴:集中力アップ、記憶力アップ、血液循環を促進する。
発汗、利尿作用により老廃物の除去に役立つ。
筋肉痛や痛風、リウマチ痛などにトリートメント法で。
収れん作用(肌をひきしめる作用)でスキンケアにも使用。
□ラベンダー
香り:穏やかな優しい甘さを持つハーブ系の香り
注意点
特徴:鎮静作用。抗炎症、消毒殺菌、抗ウィルス作用。自律神経のバランス調整。免疫力強化などの作用も。寝付けないときは芳香浴法や沐浴法で。

☆瞑想系の香り
□サンダルウッド
香り:お香でお馴染みの白檀。香りが重たく、あがりにくいのも特徴
注意点:
特徴:古来、宗教儀式や瞑想、化粧用に使用。消毒殺菌作用で泌尿器の強壮に役立つ。
のどの炎症を緩和する作用もある。
声がれやせきにトリートメント法や吸入法で使用。
□フランキンセンス
香り:爽やかな瞑想系の香り
注意点:
特徴:キリスト生誕の時に東方の三賢人が贈ったとされる。別名=乳香
心身の浄化、抗菌作用により呼吸器のケアに。収れん作用、皮膚の細胞再生を促す。
老化肌に効く。

というわけで、今日はこのへんで。。。



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。