pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日は大人COOK会!というわけで。。。

明日は大人COOK会!
親子COOK会ではお教えすることができないような細かいところまでCOOKがいろいろご指導させていただきます。
pappoは受付&託児を担当します。
それに明日は元幼稚園の保育士の先生が二人もヘルプで来てくださいます。
皆様が楽しく料理を学べるよう、美味しい料理と、1ランクアップした料理の腕をご家庭にお持ち帰りいただき、ご家族と楽しい夕食をかこんでもらえるよう、COOKも張り切っています。
よろしくお願いいたします。

夕食といえば。。。
人は身体を動かすにはもちろん、呼吸するのにも、体温を保つにも、心臓を動かすのにもエネルギーが必要です。
こうして物を考えるのにもエネルギーが必要で、何をやるにもエネルギーが必要です。
このエネルギーのもとになるのが栄養素です。
私たちはこの栄養素を食物から取り入れる必要があります。
なのに、私たちは日々の食事をあまりにもおそろかにしていないでしょうか。
そういう反省をふまえつつ、あらためて栄養について勉強してみたいと思います。

心身にとって特に大切な栄養素は次の6つです。
糖質
たんぱく質
脂質
無機質(ミネラル)
ビタミン
食物繊維(難消化性多糖類)
で、
この内、上から3つが三大熱量素といわれます。
さらに上から5つを五大栄養素といい、
食物繊維は6つめの栄養素といわれます。

では、それぞれの栄養素について勉強していきます。
糖質・・・
大切なエネルギー源で、一日に必要なエネルギーの50~60%を糖質で摂るのが望ましいとされています。
肥満や生活習慣病に結びつきやすい砂糖や果糖ではなく、なるべく米やパンなどのでんぷん質から摂るようにします。

たんぱく質と脂質・・・
たんぱく質は身体をつくる構成成分として大切な栄養素です。
不足すると、発育不足、回復力低下、免疫力低下などの原因になります。
植物性たんぱく質と動物性たんぱく質は1:1で摂るのがよいとされています。
植物性脂質や魚介類の脂質には体内でつくりだせない必須脂肪酸が含まれています。

無機質(ミネラル)とビタミン・・・
ナトリウム、カリウム、カルシウム、りん、鉄などの無機質(ミネラル)とビタミンA、B群、C、D、E、Kなどは身体の機能調整素として重要です。
ただし体内でほとんど合成できないため、食物からの摂取が欠かせません。
カルシウム不足が骨粗しょう症の原因となることは有名です。

食物繊維(難消化性多糖類)・・・
野菜、果物、海草、穀物などに含まれています。
食後の血糖値上昇の抑制、便秘の予防、生活習慣病の予防など、多くのはたらきがあります。
近年、食生活の欧米化にともなうミネラル、ビタミン、食物繊維の不足は動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の増加、骨粗しょう症の増加など健康面での様々な問題を引き起こしています。
米などの穀類、豆、野菜、魚が中心だった日本の伝統的な食生活が再び見直されています。

以上、勉強おわり。。。

日々の食事が身体だけではなく心にまで影響を与えるのですね。
正しい食生活は生活習慣病などを防ぐことにもなるのですから、健康のこともちょっと気にして楽しく元気に暮らしましょう!

バランスの取れた食事と適度な運動そして休養と睡眠が健康には必要なのではないでしょうか。

というわけで。。。きょうはこのへんで。。。



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。