pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
誰かがやっているから家庭は回っていく

家事というのは、その気になればきっと膨大な作業がある、と思う。
毎日の作業そして季節ごとの作業、数え上げたらキリがないだろう。

その作業を誰かがやっているから家庭は滞りなく回っていってる。
そこには家族のために、という愛情がある。

でも、その愛情に甘えていてはダメなんだと思う。

僕はCOOK会で10年間、妻と共に買い出しやら、当日の食器洗いなども
やってきた。
そのせいか、家で食器を洗うことは割とやるようになった。だが晩御飯を作ったりなどは本当に
ごくたまにしかやらない。
気が向いた時だけ。あるいは、妻の帰りが遅くなる時だけ。そういう時でも外食で済ませてしまう
こともある。

気が向いた時にやるのは簡単だ。
なぜなら気が向いてるから。
大変なのは、気が向かない時でもやらなければならないことだ。

日々の作業は思っている以上に膨大で、料理、食器洗い、掃除、洗濯、風呂掃除、ゴミ捨て、
洗濯と一言で言っても、実は干して、畳んで、タンスに仕舞う。
料理と言っても、実は献立を決めて、材料を買って、そして作って、後片付け。
やることはつながっていく。

妻がやっている時に、側に行って、一緒にやろうと思うんだけど、やったりやらなかったり。
気が向いた時だけ+αぐらいな感じ。洗濯関係とゴミ捨てぐらいはマメにやるようになったかな。
でも掃除はダメだな。
料理はもっとダメ。

でも妻はいつもやっている。
やる気があろうが、なかろうが、家族の手伝いがあろうが、なかろうが、仕事で疲れていようがいまいが、
毎日やる。来る日も来る日もやる。そうしないと家庭が回っていかないから。

サッと立って、サッと動く。
なんでもサッとやる。

でもそのことに甘えていてはいけないと思う。
食べ終わった物を片付けて食器を洗って、「洗っといたよ」ってドヤ顔は相手を却ってイラつかせるかもしれない。
だってやるのが当たり前だもんね。
だって、自分ん家だろ。
自分もこの家で暮らしてんだろって話ですよ。

家事は生活そのもの。
生きていくのになくてはならない大切な仕事。
日々気持ちよく暮らしていくために続けていかなければならない仕事。

妻にも自分にも甘えていてはいけない。心の中で言い訳してる暇があればサッと動こうや自分と思おう。
本気モードでやらねば、と思う。
自分にやれることを、もっと増やしていこうと思う。
やればできる。そして日々の地道な積み重ねでスキルが上がり、その内、楽しくなっていくかもしれない。
一年後は違った自分と出会えるかもしれない。

日々の地道な積み重ねでしか、自分を変えることはできないと思う。
自分を変えたければ、やるしかない。
いつからやり始めるのか? それは今です。








プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード