pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりにラブソングを聴いて

先日、上の娘からバックナンバーというグループの存在を教えてもらいました。
最初のきっかけはたまたまラジオから流れてきた歌が気に入って、「この歌いいね、誰の歌だろ?」と娘に尋ねたことがきっかけでした。
娘も前々からこの歌が好きだったと言って、タイトルを教えてくれました。そのタイトルは「ハッピーエンド」。別れを切り出されて、それでも相手の男の人を想う優しさと、別れの哀しさを歌ったラブソングです。
当初はこの歌がとても気に入り、何度も何度もYouTubeで聴いていましたが、そのうちに関連動画にあった同じくバックナンバーの歌で「ヒロイン」というのを聴いてみました。
すると、この歌がとても好きになって、最近はよく聴いています。

この歌を聴いていると、なぜか妻のことを思い浮かべます。
特に歌詞の中にある
”雪が綺麗と笑うのは君が良い
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
それも君がいい”

という所なんかを聴くと、実際にそういう場面を体験したわけでは
ないんですが、妻のことを思い浮かべます。
それと同時に、妻と出会ったばかりの頃を懐かしく思い出したりもするのです。

僕と妻は付き合っていた頃、離れて暮らしていたので、
”君の街に白い雪が降った時
君は誰に会いたくなるんだろう
雪が綺麗だねって誰に言いたくなるんだろう
僕は やっぱり僕は”

の所では、離れて暮らす寂しさと、会いたさ、そして心もとなさを
思い出します。

今は結婚し、夫婦になり、子どもも二人いて互いに親になり、生活という現実を抱えて、
日々奮闘し、そんな中で恋人から夫婦、そして日々生活を切り盛りする戦友へと形が変わっていっているのかも
しれません。
でも、今も自分の中に、あの出会ったばかりの頃の思いがちゃんとあることにささやかな喜びを感じます。

ラブソングはティーンズのためだけにあるのではなく、ひょっとしたら、僕らのような結婚し、
子どもが生まれ、日々の生活の中で、恋だとか、好きだとかいう気持ちを、忘れかけたような
大人のためにもあるのだと感じます。

いつまでも互いを思いやり、相手を裏切ることなく、信頼関係を紡ぎ、時にラブソングを聴いて、
心のどこかに妻に恋する気持ちをちゃんと持ち続けている。
これからもずっとそんな夫であれたらいいなと思います。

とても素敵な歌で、大好きなんです。
時にイライラして、優しさを失いかけた時に、この歌を聴くんです。
すると、妻に恋する気持ちがわき上がってきて、優しくしよう、優しくしなきゃ、優しい男でありたい、なんて
思い直したりするんです。

バックナンバーの皆さんに「ステキなラブソングをありがとう」と言いたい。
そしてこれからも、ステキなラブソングを世の中に贈り続けて欲しいと思っています。













プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。