pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美しい音楽

久しぶりの更新となってしまいました。
最近、妻の足に静脈瘤になりかけのような部分が二か所あるのを発見し、ひどくなる前にと思いアロマトリートメントを行いました。
ひどくなると、マッサージは却って危険な場合もあります。
そうなった場合は、医者に許可を得ることが必要だと思います。

普段は足先から行うトリートメントですが、このような場合は静脈瘤になりかけの部位よりも上(心臓に近い方)から先にトリートメントを行います。
静脈瘤は静脈の内膜に炎症が起きたり、血流の滞留で血栓ができている可能性があり、ふくらはぎを先にトリートメントを行うと、さらに症状が悪化する場合があるからです。

静脈瘤を放っておくと、段々症状は悪化し、足の重さ、だるさ、むくみ、疲れやすさを感じるようになります。
さらに悪化すると、命にかかわることもあるので、油断は禁物です。

さらに静脈瘤になりかけの場所をトリートメントする際は圧を加えず、そっと行います。
今日で三日目ですが、脚に浮き出ていた血管が徐々に目立たなくなってきました。

この調子でしばらく毎日続けてあげたいと思います。


セリーヌ・モワネ(Céline Moinet)=1984年にフランス北部の都市リール生まれのオーボエ奏者
セリーヌ・モワネ公式HP

とても美し映像ですね。もちろん音楽も、奏者も色気があって、何度見ても飽きません。
日本人のクラシック奏者のこのようなオシャレなPVがもっと増えるといいなあと思います。
ドイツ、フランス、北欧などでは、あちこちでクラシックのとても美しくセンスの良い映像が多々生み出されていますが、日本ではあまり目にすることがありません。
クラシックは美しく、そして色気があり、繊細ですよね。時に情熱的で、破滅的で、時に情緒豊かで、時に艶やかで・・・
その魅力をこのような美しく、大人の色気のある映像と共に楽しみたいですね。
コンサートホールで聴くだけがクラシックではないと思います。



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。