pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よく噛んで食べるための秘密兵器

最近はゆっくりとよく噛んで食べることがすっかり習慣づきました。

ゆっくり噛んで食べるのはホントにいいと実感しています。

あるとき、ゆっくり噛んで食べている時に、何とも言えない幸福感に満たされ、思わず目を閉じて食べていました。

あの幸福感は一体なんだったのだろう? と不思議に思い、調べてみたら、よく噛んで食べるとセロトニンという多幸ホルモンが分泌されるそうです。

きっとセロトニンが脳いっぱいに分泌され、「ああ、しあわせ」と感じたのでしょう。

ゆっくり噛んで食べることで私が得た効果は様々あります。

たとえば、まず翌日からすぐに効果として現れたことに、歯ぐきが綺麗なピンク色になったことです。
それは歯を磨く時に気づきました。

次に、痩せたこと。

ゆっくり食べることで、食べる量が以前の量に比べ、3分の1から半分程に減りましたが、それでもとてつもない満腹感があります。
さらに、食事の内容も、野菜中心で炭水化物は少なめにして(ご飯茶碗3分の1程度)、というように気を配るようになりました。

また、雨の日以外毎日続いている外ヨガ効果もあるのでしょう。

わずか2ヶ月で劇的に痩せました。

体重は測っていませんが、洋服のサイズが2サイズもダウンしました。
たった二ヶ月で、ですよ。

さらに外食が減りました。
食べる量が劇的に減ったために、外食の量は私には多すぎるのです。
しかも、脂ものが多いし、野菜は少ないし、外食しようという気が無くなってしまいました。

さて、ゆっくりとよく噛んで食べるとき、最低でも30回は噛んで食べようというスローガンを時々目にします。
私も最低30回を目標にしましたが、これが中々難しいのです。
ともすれば、4~5回噛んだだけで飲み込んでしまいます。

でも、あるものを利用するようになり、30回以上噛んで食べることが楽々とできるようになりました。

それは、メトロノームです。
スマホのアプリを利用しています。
メトロノームをテンポ85の拍子6に合わせて食べています。

6拍子を5回数えると30回噛んだことになります。

メトロノームに合わせて食べるなんて、とても奇妙ですよね。
私自身、最初は慣れなかったです。
なにやってんだ俺みたいな。

でも、これをやらないと、つい早食いに戻ってしまうのです。
早食いになると、今度は食べる量も増えてしまい、食べた後は胃がもたれてしまう。

なので、私の場合、メトロノームに合わせて食べるのが一番合っているんです。
我が家では子供が楽器をやっているので普段からメトロノームをよく使っていたということもあり、そんなに抵抗感はありませんでした。

メトロノームに合わせて食べていると、時々自分が牛にでもなった気分になります。
まあ、でもそれもいいと思います。

よく噛んでゆっくり食べることが、これほど健康にいいということが自分自身体感できたので、この健康法はずっと続けていきたいと思っているのです。
でもメトロノームに合わせて食べる人なんてきっとどこにもいないでしょうね。

自分でも変! と思います。
でも、その一方で、几帳面な性格な私には、メトロノームの規則的な音が性にあっているとも言えます。

健康のためにこれからもこの「メトロノーム食事法」を続けていこうと思っています。














プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。