pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大晦日はすき焼きで

pappo宅は、毎年おおみそかはすき焼きです。

妻が幼い頃からの習慣だったそうです。

今年は夫婦水入らずのおおみそかということで、ちょっとお肉を奮発しました。
↓和牛のサーロイン、すき焼き用肉だそうです。
昔と違って、そんなにたくさん食べないので、こんな贅沢ができるんです。
1_20111231192328.jpg

たっぷり野菜と一緒に食べました。
2_20111231192333.jpg

今年はpappoにとって大きな飛躍の一年となりました。

来年の漢字は「絆」だそうですね。
pappo宅は「笑」にしました。

なにがあっても、苦しいことがあったとしても、笑顔でいられる強さと優しさを持ち続けたいと思っています。

今年一年、お世話になった皆様に心から感謝を申し上げますと共に、来年もよろしくお願い申し上げます。

皆様にとって幸多い、素晴らしい一年になるよう、お祈り申し上げます。

pappo
スポンサーサイト

妻と銀座へ そしてアンリシャルパンティエへ

今日は妻と二人で銀座へ出かけました。
朝早く出かけるつもりだったのに、ダラダラしていて11時頃になってしまい、早く帰ってくるつもりだったのに、夜の9時になってしまいました。

銀座は人が多くて、疲れました。

でも、数年前からずっと行きたいと思っていたケーキ屋さんの「アンリシャルパンティエ 銀座本店」にやっと行くことができました。

3_20111230210920.jpg

前に本店のHPを見て、ケーキをまるで宝石のように美しくディスプレイしているのに見とれて、何度もHPを見たことを憶えています。

店内のインテリアもヨーロッパの図書館をイメージしたような(行ったことないけど)イメージです、イメージ、とてもステキで。

入り口もとてもいい雰囲気です。
4_20111230210925.jpg

5_20111230210933.jpg

待ち時間が1時間ぐらいと長かったけれど、お菓子の洋書が何冊かあったので、それを眺めているうちに、自分たちの番になりました。

pappoが選んだのは↓チョコケーキ。
この店ではどんな感じのチョコを使っているのかを妻に味わわせたかったのでこれにしました。
1_20111230210939.jpg

妻は、モンブラン。
2_20111230210945.jpg

以前、COOK会でモンブランの教室をやった時に使用した栗のペーストと同じものを使用しているようでした。
しかも妻は二種類のペーストをブレンドし、絶妙な配合で、美味しさをアップしていたのに、ここは果たしてどうなんだろう? と思ってしまいました。
(偉そうなことを書いてしまってスミマセン)

チョコはとても美味しかったんですが、モンブランはもちろん美味しかったんですが、もっと美味しくて手間隙かけているものが日本中のどこかにあるのではないかと思いました。

たくさん洋書を眺めて、いろいろなアイデアが浮んだようで、妻もいろいろなお菓子のプランを夢中になって話していました。

アンリシャルパンティエはとてもステキなお店で、妻もデートみたいだったね、と喜んでいました。

昨夜アプリコットカーネルオイルとローズオットーのアロマオイルでフェイシャルトリートメントを行ったおかげで、朝は若干お肌のキメが整っている感じがしました。

でも、銀座へ出かけ、乾燥した外気に一日中さらされたお陰で、ガサガサになってしまいました。

今夜もやるかな。


アプリコットカーネルオイル&ローズオットーのアロマオイルでハンドトリートメントを

昨夜、寝る前に葉を磨いていたら、洗面台の棚の中にアロマのボトルがありました。
ん? なんだろう、こんなところに置いたっけ? と思いつつ、ボトルを手に取ると、な、なんと! 以前、近所のアロマショップで作ったアプリコットカーネルオイルにローズオットーで作ったアロマオイルでした。

ご存知のようにローズオットーはとても高価な精油ですが、そのショップは、精油を量り売りしてくれるところで、安くても1mlで5000円ぐらいするローズオットーを1滴300円ぐらい(値段はうろ覚えです。すみません、でもこのぐらいの値段でした)で売ってくれるのです。

1滴で300円! 高い! と思うかもしれませんが、ほかのショップでローズオットーのアロマオイルを作ろうとすれば、まずキャリアオイルをボトルごと購入し、ローズオットーをボトルごと購入しないとならないので、結構な出費になりますが、ここだと、たいした出費にならずに済みます。

リーズナブルな精油だと、たとえばオレンジスィートだと、1滴7円ぐらいです。
ご存知のようにオレンジスィートはおなかの調子を整えてくれるだけでなく、気分を明るくしてくれたり、芳香浴に使用すれば、インフルエンザウィルスにも効果があるだけでなく、安眠効果もあります。

ほかにももちろんたくさんの精油が取り揃えてあり、いずれも量り売りしてくれます。

そして、足浴ができるんですが、これも入会無料で会員になれば1回300円ぐらい? で20分ぐらいの足浴が(個室で)できます。
自分のお気に入りのCDを持参してかけることもできますが、pappoはショップのCDをかけてもらって、足浴をやりました。

このショップで作ったオイルが洗面所の棚の中にあったんです。というところに話を戻しましょう!

この時は、このショップでアプリコットカーネルオイルを購入し、そのボトルの中に、ローズオットーを垂らしてもらったのでした。
そのことを思い出し、ああ、そうだった。
こんな所にあったのか。
と、無茶苦茶うれしくなって、寝るときに妻にそのオイルでハンドトリートメントをやりました。

この日、妻は仕事のお仲間と三人で中目黒で飲み会(女子会)だったのでした。
pappoは仕事で近所のファミレスでお世話になっている方々の打ち合わせに同席させて頂き、皆さんのご意見を拝聴しておりました。

妻を高円寺まで迎えに行き、それから二人でぶらぶら歩いて帰宅したので、妻の手は冷たくなってしまっていました。
駅に着いたばかりの時には、少し酔っ払い、上機嫌だった妻も、冬の寒さに頭の芯まで冷えきったようで、すっかり酔いも冷め、普段の冷静な妻へと戻ってしまっていました。

普段は飲酒後間もない時にトリートメントをやることはありませんが、そういうこともあったので、ハンドトリートメントをやることにしたのでした。

このアプリコットカーネルオイル、成分はスィートアーモンドオイルと似ていますが、それよりもさらにビタミン、ミネラルを豊富に含んでおり、滑りのいいオイルです。

アプリコットは杏ですね。
カーネルは核という意味を示すように、杏の種(仁)から採油します。

肌にオイルを広げると、みっちりした密度の濃い、それでいて大変滑りのいいオイルです。

そしてローズオットーの香りにはこれまでも何度か触れてまいりましたが、蜂蜜にも似た大変芳しい香りがいたします。

このオイルをごくごく少量、小指の指先にも満たないぐらいの量を手のひらに取り、それを妻の手のひらにや手の甲にゆっくりと塗り広げ、時に強く、時に優しく、ゆったりとトリートメントを行いました。

右手に15分ほど、左手に15分ほどの合計30分。
たったそれだけのトリートメントでしたが、妻は体中がぽかぽかと温まって、足先までぬくぬくになっていました。

きっと全身の血のめぐりがよくなったのでしょう。

このオイル、フェイシャルにもよく利用されます。
pappoは手のひらに余ったオイルで自分の顔をセルフトリートメントしました。
ああ気持ちいい。と思いました。

アプリコットカーネルオイル+ローズオットーのオイルでトリートメントしたお顔が翌朝、どのように変化しているか、そのご報告はまた今夜にでも。

ということで。

それではまた遊びにおいでください。


妻へのフットマッサージ

昨夜遅く、さあ寝るかぁって時になって、妻が腰を痛そうにもんでいたので、ちょっとフットマッサージを行いました。

腰の痛い理由は、以前のぎっくり腰とは違い、女性ホルモンのなせる業だと思いまして、今回はクラリセージとフェンネルスィートをブレンドしました。
どちらも、女性ホルモンにはたらきかける女性にやさしい精油です。

ためしに、ふたつの精油をテイスティングしてもらうと、「いい香り、今日はこんな感じだなあ」と言いまして、やっぱりね、と心の中で思ったpappoでした。

スィートアーモンドオイルにクラリセージ1滴とフェンネル2滴をブレンドしたオイルで足先からふくらはぎまで、ゆっくりと満遍なくトリートメントいたしました。

体がポカポカと温まって、腰痛のことはすっかり忘れてしまったようでした。
足先もポカポカと温もっておりました。

女性ホルモンにはたらきかける精油をタイミングよく使うと、安眠も誘います。

妻はマッサージ後はあっという間に眠りの世界へ引き込まれ、朝までぐっすりだったようです。

クラリセージとフェンネルスィートは女性ホルモンのエストロゲンとよく似たはたらきを持ちます。
なので、月経周期のリズムに合わせて、タイミングよく使うと、とても効果があります。

また、フェンネルスィートは二日酔いの時などに、フットマッサージやおなかをマッサージすると気分が楽になります。

妻は前の晩、ホームパーティーの席上でお酒を呑んでいることもあり、この香りの組み合わせはことのほか気に入った様子でした。

手のひらにオイルをたらしただけで、部屋中に心地いい香りが広がり、pappoも深く癒されました。



昨夜のホームパーティー前の試食

昨夜は、妻の友達が7人ほどいらして、我が家でホームパーティーでした。
P1000351.jpg

pappoはその間、外で仕事をしていて、帰宅後は二階でサッカーを観ていたので、料理の詳しい内容まではわからないのですが、試食させてもらったんで、そのレポートを。

今日来訪のお友達は、自分たちで野菜を作っているメンバーで、pappoもこれまでに何度かおすそ分けしてもらったものを食べたことがありますが、野菜の味が濃くて、香りも強く、濃厚な野菜の味がします。
やはり取れたての野菜に勝るものはないなあと思います。
今日は、メンバーが取れたての野菜を提供してくれたので、それを使って妻が料理を作りました。
P1000339.jpg

で、pappoは皆さんが我が家へ来られる前に、ちょっと試食をいたしました。
妻は、野菜がおいしいので、その美味しさを生かして、シンプルな味付けにしたと言ってました。
いずれも、とても美味しくて、野菜の味でこれほどまでに料理とは生きるものなのだなあとあらためて思いました。
pappo用P1000341

アスパラのアイオリソースや、レンコンを素焼きしたもの、ほかにも野菜のジュレなどを食しました。
野菜以外にも、ロースとビーフや、カリカリチキンなど、食べて幸せな気分になりました。
P1000350.jpg

美味しい野菜を食べると「これが本当に野菜の味なんだな」と思います。
新鮮なこと! これに勝るものはないのかもしれませんね。

節約か、それとも贅沢か!

長女と次女が熊本に里帰りしている間に、二人で外食しようと思って外へ出かけましたが、明日お客さんが来るので、ちょっとイトーヨーカ堂を覗いていこうか! ということになり、お肉コーナーを見てみたら、な、なんと!

100グラムあたり 1380円の宮崎県産 宮崎牛バラカルビ焼肉用 50g690円がまさかの350円引きの340円!
そして、その隣には、
100グラムあたり780円の宮崎県産 宮崎牛もも焼肉用 100g780円がこれまたまさかの400円引き! の380円
でした。

さらにオーストラリア産 ラム骨付きロースステーキ肉 100グラムあたり398円 193g入り768円がな、なんと400円引きの368円
でした。

そしてそして鮮魚コーナーへと行ってみると、
刺身用 本まぐろ大とろ980円が、ま、まさかの490円引きの490円でした。

そこで、外食はやめて、家で食べることにしました。

↓まずは、大とろ。
上品な脂がのっていて、舌の上でとろ~りと溶けていくようでした。
11_20111227004621.jpg


そして、↓100グラムあたり 1380円の宮崎県産 宮崎牛バラカルビを塩と粗引き黒こしょうで味付けし・・・
88.jpg

妻が焼いてくれました。
妻特製のにんにくチップと一緒に食べると、これが絶品!
柔らかくてホント旨かった。
55.jpg

そしてブラックペッパーと塩だけで味付けし、じっくりと焼き上げたラム肉を↓
22.jpg

これに温野菜とバゲットそしてビールなどを購入し、合計で2000円ちょっとでした。
一人あたり千円なので、ちょうどランチぐらいのお値段ですね。

それでこんだけ贅沢できて、よかったです。
でも見方を変えると、外食だったらもっとかかっていたので、節約とも取れますね。

満腹になり、大満足のはずなのに、なぜか哀しい気持ちが自然と沸きあがってきたので、妻にそう言うと、妻も同じように哀しい気持ちになったと言いました。
二人でどうしてかな? と話していたら、「こんなに美味しい晩ごはんが終わってしまったことが哀しかった」ということで意見が一致しました。

子供がいる時にはこんな感じの食事にはならないのでね、夫婦水入らずで食べる美味しいご飯がもう終わってしまったなあと、そういう感慨めいたものがあったのでしょうねえ・・・

いやあ、たまにはこんな贅沢(節約?)もいいもんですね。

ご飯の後は、カマンベールチーズをおつみまみにして、赤ワインを飲みました。

今、ちょっと酔っ払ってます~。

やけどにラベンダー原液を

昨日までのCOOK会で2回やけどしました。

二回ともオーブンに丸鳥を入れる時です。

帰宅後、ラベンダーの原液をちょちょっと塗っときました。

すぐに痛みもひき、もうかさぶたみたいになっています。

ちょっとしたやけどには、pappoはラベンダー原液をつけます。

水で冷やすとヒリヒリと痛みますが、原液をつけると、痛みがすぐに軽くなり、
治りも早い気がします。

もともと、やけどにラベンダーの原液をつけるというのは、「アロマテラピー」という
言葉の生みの親「ルネ・モーリス・ガットフォセ」が実験中におったやけどをラベンダーの
原液で治したことが始まりだったようですね。

治りが早かったことで、これはなにかあるぞ! と研究を行い、精油の力を発見したそうで、
その研究が今日のアロマテラピーへと受け継がれてきたそうです。

やけどにラベンダーの原液というのは、いわば、伝統的な手法ということになりますかね。

ただ、この方法が誰にでもいいかというと、そうとも言い切れません。やはり個人差はあろうかと
思いますので、必ず、パッチテストをお勧めします。



クリスマスCOOK会 最終日も無事に終了しました

今日、クリスマスCOOK会の最終日を無事に終えることができました。

今年は81組の親子が参加してくださいました。
そしてキャンセル待ちは、pappoは60組と思っていたら、70組の間違いでした。
ホントにたくさんの方にお申し込みを頂き、感謝しております。
また、せっかくお申し込みをいただいたのに参加できなかった方にこの場を借りてお詫び申し上げます。

去年はインフルエンザが猛威をふるい、たくさんのキャンセルが出ました(去年は雪が降った日もありました)が今年は天候に恵まれたこともあり、2組のキャンセルでした。

今日参加くださったお母様が、鳥を洗った後で、「愛着がわく」とおっしゃっていたのが印象的でした。
自分の手できちんと洗うと、不思議なことに、愛着がわきますよね。

それを家族で味付けして、焼いたものを食べることは大きな喜びではないかと思います。
そしてお父さんたちと一緒に食べて、「美味しいなあ」と言ってもらって、子供たちは誇らしい気持ちになるのではないかと思います。

その記憶がずっとずっと心に残るといいなあと思っています。
あの時、家族でチキンの丸焼きを作って、ブッシュドノエルも作ったね。そして家に帰って一緒に食べたね、美味しいって言われて嬉しかったなあって、ずっと記憶に残ったらいいなあと思います。

早くも何件かのご家族から嬉しいメールを頂きました。
美味しかった、楽しかった、また来年も参加したいって、メールを読む時のpappoと妻の喜びは言葉には表せないほどです。
喜ぶ様子を想像して、嬉しくなるのです。

たくさんの方に参加いただき、そして喜んで頂き、pappoも妻も本当に嬉しいんです。

参加くださった方、どうもありがとうございました。
そして、お申し込みくださった方々にも、お申し込み頂いて本当にありがとうございましたと感謝のお気持ちをお伝えしたいです。

明日から通常モードに戻るpappo宅です。


クリスマスCOOK会5回目が無事に終了しました

クリスマスCOOK会の5回目が無事に終了しました。

子供たちは、ケーキのデコレーションの時に、たくさん生クリームやチョコクリームを「試食」して、口の周りにたくさん付けてましたよ。

目の前に美味しいクリームがあったら、そりゃ食べたくなるね。

明日はいよいよ最終日。

6回目と7回目。

楽しみにしています。


クリスマスCOOK会4回め無事に終了しました

クリスマスCOOK会の4回目が無事に終了しました。
今回は、参加する方々が受付けを終え、会場入りした後に肉の卸しから丸鳥が届けられました。
子供たちは、丸鳥を見て大騒ぎ。

一気にテンションが上がってワーワー言ってましたよ。

夕方から5回目のクリスマスCOOK会があります。

今度はどんな反応を見せるか楽しみです。


クリスマスCOOK会2日目終了!

クリスマスCOOK会の二日目が無事に終了しました。

毎年開催していて今年で5年目かな?

内容は少しずつ変わってるんですが、今年は↓丸鳥にガーリックライスを詰めて焼きました。
焼き汁につけて食べると美味しいんですよ!
1_20111223223848.jpg


それから、ブッシュドノエルは生クリームかチョコクリームのどちらかを選べます。
7137.jpg


そしておみやげの↓ピクルスです。(おひとり一本お持ち帰り)
2_20111223224405.jpg


それから、明治さんから明治チューブでバターと、まな板シートをご提供いただきましたので、明治チューブでバターをお一人2本、そしてまな板シートをお一人1枚お持ち帰り頂きます。

IMG_2890.jpg

クリスマスCOOK会はとても人気があって、今年は過去最高の141組のご家族からお申し込みを頂きました。
9時に募集を開始し、9時には定員に達し、9時1分以降にお申し込みになった方は、キャンセル待ちとなってしまいました。
もっと回数を増やしたいのですが毎年、この時期は会場が取りにくくて、どうしても参加いただく組数に限りがございます。

前々からご要望を頂くおせちCOOK会も今年はやりたいと思っておりましたが、それもやはりできませんでした。

来年の年末こそはやれるといいのですけどね。




クリスマスCOOK会 二日目の午前中、無事に終了です

今日、クリスマスCOOK会2回目が無事に終了しました。
次は夕方から3回目です。

午前中も、子供たちが大満足の笑顔でした。
丸鳥を最初に洗うんですが、お母様方より、お子さんの方が積極的にやりますねえ。

小さなお手手で、大きな丸鳥をキレイに洗う様はスゴイ! です。

手をかけたからこそ、焼き上がりは美味しいね。

オーブンから出てきた丸鳥を見て、喜ぶ子供たちの笑顔がまた可愛いです。

今日の夕方からはどんな子供たちの笑顔に会えるかな?



今日はクリスマスCOOK会初日でした

今日は夕方からクリスマスCOOK会でした。
pappoも妻も仕事で前の日は徹夜だったんですが、初日ということで、気が張っているのか、まだ眠くないです。

明日から三日間であと6回あるので、もうそろそろ寝ないとならないですね。

明日朝からやる準備もあるので、そろそろ寝ないと。

そういえば、さっき西友に行ってきたら夜中というのに、まるで夕方みたいにレジに行列ができてました。
明日から三連休だからなのかもしれないですね。

では、そろそろおやすみなさい・・・

次女の作品&今晩のおかず

次女は工作好きで、なんでも工作の材料にしてしまいます。
↓これはみかんの皮に描いた女の子です。
みかんの皮を天日干ししたものを布製の袋に入れてお風呂に浸けるとすごく温まりますよ。
ネットなどに入れると、みかんの皮がポロポロお湯の中に落ちるので要注意です!

4_20111220194619.jpg

↓今夜のおかずは、豚汁です。
寒い夜は、身体があったまり、野菜もたくさん摂れる豚汁がよく登場します。
5_20111220194626.jpg

野菜ひとくちメモ

こんにゃく
こんにゃくは、カルシウムや食物繊維をたっぷりと含み、腸を刺激し、腸内の老廃物の排出を促します。
このはたらきで、便秘や大腸がんを予防します。
それから、血糖値やコレステロールを下げる効果もあります。

ごぼう
腸をととのえ、便秘を解消し、動脈硬化やガンの予防に効果があるといわれています。
また、血糖値を下げるはたらきもあり、糖尿病にも有効だと言われています。

にんじん
免疫力を高め、皮膚や粘膜を強くし、ガン、心臓病、動脈硬化に効果があると言われています。

しいたけ
血中コレステロールを低下させるはたらきや、免疫細胞を活性化させるはたらきがあると言われています。
※しいたけは干すと旨みと栄養価がアップします。洗うと風味が落ちるので、汚れは軽く払って落とすか、キッチンペーパーで拭き取ります。



クリスマスCOOK会 ピクルスのビン詰め終わりました!

去年からクリスマスCOOK会にお目見えした妻特製のピクルスです。

本日、ビン詰めが終了し、これから数日間、ビンの中で寝かせます。

↓これは煮沸済みのビンです。1本ずつ丁寧に煮沸します。
1_20111220112851.jpg

↓昨日妻が下ごしらえしておいたピクルスを特製のピクルス液につけて、ビン詰めは完了です。
2_20111220112856.jpg

↓すべての具材が入ったので、これからフタをして冷蔵庫でお休み頂きます。
みなさ~ん、楽しみにしていてくださいね~。
3_20111220113323.jpg


東京ミッドタウン スターライトガーデンに行ってきました

今日妻はクリスマスCOOK会の時に皆さんに持って帰って頂くピクルスの下ごしらえです。
その間に、pappoは長女と次女を連れて、東京ミッドタウンで行われているスターライトガーデンを見に行ってきました。
長女と次女が学校から帰ってくると、すぐに宿題と明日の時間割をやらせて、六本木へ向けて出かけました。
急がないと帰りが遅くなってしまいます。
明日も学校なのでね。

というわけで、無事に東京ミッドタウンに到着しました。
巨大サンタのブーツがお出迎えです。
2.jpg


着いてみると、たくさんの人がいました。
1.jpg

でも、混んでいたのは数箇所だけで、奥へと進むと、所々空いていました。
今年のテーマは、「BIRTH」ということで、地球誕生をイメージしているそうです。
隕石が惑星に衝突し、真っ赤に燃え上がります。
5.jpg

やがてそれが冷やされていき
3.jpg

今の地球の形へと姿を変えていきます。周囲のイルミネーションは数億個の星をイメージしているのでしょうか?
4.jpg

これは場所を変えて撮影した1枚です。
6.jpg

冬の冷えた空気の中で、刻々と姿を変えていく様子がとても美しかったです。
7.jpg

音楽もステキでしたよ。
8.jpg

幻想的でした。
長女も次女も、ずっと見てましたよ。
9.jpg

東京ミッドタウンの中に入ると、このようなツリーがありました。
10.jpg

よく見ると、こんな隠れサンタ? が。
長女が見つけました。
11.jpg

最後に、巨大クリスマスツリーを眺めながら、スタバで三人でキッズココアを飲んで帰りました。
もっと遅くなるかと思ってましたが、夜8時半には子供たちもベッドに入ることができたので、よかったです。
12.jpg



長女のおなかに湿疹が・・・

昨夜は、三軒茶屋の回転寿司に家族と行ってきました。

ちょうど所要のために駒沢にいて、最初は行くつもりはなかったんですが、おなかがすいたので、どこかないかと調べたら、三茶のキャロットタワーの地下に三崎港があったので、行くことにしたんです。
120円のお皿が99円だったです。
ラッキー。
ネタも新鮮で美味しかったです。

帰宅後、就寝前に長女が背中が痒いというので、見てみると、背中にぽつぽつと湿疹らしきものがありました。
もしかして魚がダメなのかなあ? 前回湿疹が出たときもたしか前日に魚を食べたよね? とか話していると、長女が「給食の時は平気だから違うと思う」と言いました。
長女以外にはまったく湿疹らしきものは出ていませんので、おすしが原因ということは考えられません。

とりあえず、ラベンダーのアロマオイルで乾燥ぎみの肌をそっとトリートメントしました。

そして今朝、背中どう? まだ痒い? と聞くと「全然」ということで、湿疹らしきものも、キレイになくなっていました。

おそらく乾燥していたのが原因なんじゃないかな? と思ったpappoでした。

アロマがよかったのか、寝たら自然になおったのか、pappoにはわかりませんが、とにかく治ったのでよかったです。



pappo風 断捨離(だんじゃり)-洋服編-

おおそうじの時期になりましたね。
pappoの家でもタンスの整理を行いました。

タンスの中の服ってなかなか捨てられないですよね。
それはpappoも同じで、なんでだろう? と家族で意見を出し合いました。

家族から出された意見としては、以下のものがありました。

①捨てた後で、やっぱりとっておけばよかったと後悔してしまうかもしれないので、ふんぎりがつかない。

②これまでどれぐらいの頻度で着ていたのかよく憶えていない。

③ある時期(クリスマスの時期)だけとか、あるシチュエーション(運動の時)にしか使用しないものがあって、それを来年も使うかわからない。

我が家の意見を総合すると、要するに、捨ててもいいのかどうか判断がつかない、ということに集約されました。

だからといって、捨てずにとっておけば、服は少しずつ増えていくので、その内にタンスの中はぎゅうぎゅうになってしまいます。
やはり、タンスはスッキリ使いたいですよね。
どこに何が入っているかわからない状態だと、また新たに同じような服を買ってしまったり、せっかくある服を十分に着ないままタンスの奥に眠らせてしまうこともありそうです。

だからといって、タンスから服を全部引っ張り出して、要るかどうかをその時にエイヤ!で決めてしまうやり方は、心身共に疲れませんか?
pappoは、まず、膨大な服の量に心が折れそうになります。(家族四人分となると相当な量になります)

そして要るかどうかを、一年間の記憶を頼りに決めていく作業にも骨が折れます。
「これは要る」「これは要らない」と判断する作業が実はいちばん時間がかかるのかもしれません。


そこでpappoは、できるだけ悩まずに済むよう、作業が楽に速く終わるよう考えてみたのでした。
その結果、今年の作業はなんと2時間で終了です。

残った時間をほかの掃除にあてることができます。


というわけで、pappo風断捨離(だんじゃり)-洋服編-をご紹介します。

今年初めての試みですが、pappo宅では、今年の大掃除は、とりあえず来年の年末に向けての準備を行うことにしたんです。
かなりのんびりした話ですが、2012年の年末はあまり悩まずに片付けられると思うと、どこかホッとしています。

そんなのんびりした話には付き合ってられないという方には全く参考になりませんが、一年かけて捨てるかどうかをゆっくり結論を出したいという方には向いているかもしれません。

(準備するもの)
①2012年のカレンダーもしくは手帳
2_convert_20111218122358.jpg

②荷造り用の赤色などの目立つ色の布テープ
・手で切れるものがいいです。
・シールなどで代用しようとすると、すぐに剥がれてしまうので、やはり布テープがいいと思います。

1_convert_20111218122337.jpg


(やり方)
①2011年のタンスの整理をした日と曜日に近い日を2012年で選びます。
pappo宅は、2011年12月18日(日)(12月の第三日曜日)に行いましたので、2012年の第三日曜日の12月16日(日)を指定し、ここに赤い布テープを貼ります。
この日に、タンスの整理を行います。
つまり、一年先のタンス整理日を決めてしまうのです。

3_convert_20111218122416.jpg

②タンスに仕舞ってある服にテープをよく見えるように貼っていきます。

4_convert_20111218122430.jpg

③あとはフツーに生活します。
服を使うときには、当然テープを剥がします。
次にタンスに仕舞う時にはテープは貼りません。
そうすると、一年後、一度も着なかった服には赤いテープが残っています。ので、その服を中心に、捨てるかどうかを考えます。

④この作業を毎年繰り返します。

このやり方の良いところは、
①テープを貼っていくだけなので、捨てるかどうかで悩まなくて済みます。
②タンスから服を出さないので、作業が早く終わります。
③一年後、一度も着なかった服にはテープが残っているので、一年間一度も着なかった服がひと目でわかるので、捨てるか、リサイクルするか、引き続き来年も持っておくかを決める際の目安になります。
⑤もし、引き続き持っておくことにする場合は、ほかの服と一緒にそのままタンスに仕舞っておき、次の年にも同じように赤いテープが残っていれば、2年連続でいちども着ていないことになり、さすがにふんぎりが着くのではないでしょうか。

このやり方の悪いところは、
①1年ないし2年かかること

です。

このやり方、実は食器にも応用できます。

のんびりした話ですが、急がば回れともいいますしね。



妻の腰はずいぶん良くなり、風邪は完全に治りました。そして次女の話

今日は小学生COOK会でした。

妻は本日2回の教室を無事に終えることができました。

ぎっくり腰と思われる腰の痛みはかなり楽になったようでした。
風邪の方は完全に治ったそうです。


よかったよかった。

それから今朝、次女がまたおなかが痛いと言いに来ました。
今日は学校があるわけでもないのに、なにかな? と思いながらもオレンジスイートのアロマオイルでおなかをトリートメントしてあげました。

おなかがどんな風に痛いの? と聞くと、なんだかじんじんていうか、ごんごんていうか、と説明した後に、おなかがすいたというか、と言いました。

え・・・・・・

おなかがすいてたんだ・・・・・

次女は昔からおなかがすくと、おなかが痛いと言うことがあったんですが、まさか未だに・・・・・

ここで笑うと途端に不機嫌になるので、笑うのをこらえて、「じゃ朝ごはん食べようか」と言うことで、ご飯を食べました。



ぎっくり腰が少しはラクになったのでは?

2日ほど前から妻の様子が少し変。
立ったり座ったりする時になんとなくぎこちないような。

それが少しずつひどくなっていってるような気がして、「どうしたの?」と尋ねたら、「朝起きると、こんな感じになってた」と言ったので、それってぎっくり腰では? と思いました。

pappoもこれまでに2回やりましたが、寝ている間にというのは体験したことがないので、正直よくわかりませんが、腰を曲げて歩いていたり、立つ時にゆっくりとじゃないと腰がのばせなかったり、自分でくつしたを履くのに苦労したりする様子を見ていると、pappoのときと似ているなと思ってしまいました。

とりあえず、足先と腰骨など、トリートメントを行いました。
腰はそっと撫でるだけにしました。
オイルをそっと塗りこむって感じで。

その後、今度は、なんだかゾクゾクし始めたというので、こりゃいかん! と思い、すぐにティートリーのアロマオイルでトリートメントをやりました。

ゾクゾクする時には、手のひらで触ってみると大体どこに変な熱があるのかがわかります。
我が家の家族の場合は、背中の肩甲骨の間や、鎖骨周辺、あごや首のあたりを手のひらで触ると、ゾクゾクとした感じが手のひらを通して伝わってきます。

そこを集中的にトリートメントしました。

それから二人でしばらくテレビを見て、さあ寝ようかと立ち上がったところ、妻がスクッと立ち上がり、「え、スゴイ、こんなにフツーに立ち上がれるなんて」とビックリしていました。
pappoも驚きました。

まあ、明日になると、また腰が痛んで立つ時にちょっと苦労するんではないかと心配なんですが、明日も同じようにトリートメントをやろうと思っています。

明日は小学生COOK会なので、妻には元気でいてもらわないと。
明日を楽しみにしている子供たちがいますのでね。

pappoは朝から次女と二人でかっぱ橋に買い物にでかけます。
小学生COOK会で使用するモノの補充のためです。

明日のCOOK会で子供たちからたくさんの元気をもらって、さらにパワーアップ! 妻もきっと完全復活を果たすでしょう!


昨夜のゼラニウムで

昨夜、寝る前にゼラニウムのアロマオイルでセルフトリートメントをやったんですが、今朝起きると、お肌のキメがいつもより整っていて、やはりゼラニウムはすごいなあと思いました。

そのことを妻に話して、妻もフェイシャルトリートメントを(セルフで)やっていました。


作りおきのゼラニウムのアロマオイルでセルフトリートメント

ゼラニウムはpappoの好きな精油のひとつです。

なので、アロマオイルを作りおきしています。

お風呂上りなどに首筋から手などをゆったりとした気分でトリートメントします。

とても気持ちがいいです。

ゼラニウムにはお肌のコンディションを根本から立て直していく力があるのではないかとpappoは
思います。

以前、のどの周辺にできるアクロコルドンもこのオイルでキレイになくなってしまいました。

お肌にもいいんですが、香りが好きです。

遮光ビンのフタをあけておくと、その香りが部屋中に広がります。


長女と次女の反省会

今日の夕飯の後、長女と次女の反省会をやりました。
なんの反省会かというと、長女はすぐに次女にちょっかい出すし、次女は長女に腹を立てるとすぐに手が出てしまうことです。

お互いに反省意見を出し合ってもらいましたが、その内、ふざけ始めたり、言ってるそばからちょっかい出したり、二人でにらみ合ったりと、ちっとも話し合いになりませんでした。

まあ、いいか。

まだまだ甘えん坊の次女

小学1年の次女はまだまだ甘えん坊です。
晩御飯が終わると、pappoの膝の上に乗ってきて、pappoの膝の上で手近で済ませられることなら何でも済ませてしまいます。

夜寝るときには一緒に寝てとせがみます。
お話してとせがみます。

おんぶして、抱っこしてと時にはせがみます。
肩車してとも言います。

毎日毎日、その全部をかなえてはあげられないけど、夜寝るときにベッドに横になった後で、そっと髪の毛を撫でてやると安心したような表情を浮かべます。

子供というのは、たったそれだけのことでも、幸せそうな顔をするものですね。

マラソン大会を終えて

今日は長女と次女はマラソン大会でした。

子供の通う学校は校庭が狭いので、近くの公園の外周を走ります。1周400mを長女は4周、次女は2周走ります。

昔のように順位付けはなく、タイムを計って個人に伝えるだけのようです。タイムトライアルもないそうです。
学校としては、人との競争というよりも、自分との競争という面を強調したいのではないでしょうか。

長女は、今日のマラソン大会のことを作文にするという宿題が出たそうで、「一緒に考えて」とpappoのところにやって来ました。

タイトルはすでに決めていて、書きたい内容もある程度決まっている様子でしたが、どのように文章を進めていけばいいのかがわからないということでした。

そこで、裏紙に自分の書きたいことを箇条書きにメモさせ、各項目ごとに、どんなことを書きたいのかを聞きながら、1行程度にまとめさせていきました。

各項目ごとに書きたいことが1~2行ずつほどになったので、じゃああとは自分で書いてごらんと言うと、晩御飯も食べずに一気に書き上げました。

来年の目標も自分で決めたようです。

次女からは特別、マラソンの話は出ませんでした。
終わったことで、もう満足なのでしょうね。

足が痛いとか、ふくらはぎが痛いとか言って、トリートメントをせがんでくるかと思っていたけど、何も言ってきませんでした。
ひょっとして筋肉痛は明日かな?



イランイラン、ゼラニウム、ネロリの思い出

あまりよく憶えていないんですが、ゼラニウムとイランイランは最初の頃に買った精油の中の一つです。

まだ精油というものの香りをよく知らない頃に買ったように記憶しています。

届いた精油のキャップを開封し、香りを嗅いだ時の驚きと感動を今でも忘れることができません。

ゼラニウムとイランイラン、これまでに嗅いだことのない衝撃的な香りでした。

世の中にこんなにいい香りのものがあるのだろうか! とそれほどに強烈に印象に残りました。

それからはたくさんの精油の香りを楽しむようになり、それほどの驚きはなくなりましたが、アノ頃は精油というものをよく知らずに香りも未経験だったので、驚きも強かったのでしょう。

そしてネロリ、これは化粧水を作るという講座のときに、参加された皆さんに香りを嗅いでもらったところ、参加者の殆どの方が、うわぁ~と大興奮! いい匂い~と、びっくりしておられました。

pappoもネロリの香りを始めて嗅いだ時には、その香りの素晴らしさに心底うっとりしたものです。

ほかにもブルガリアンローズオットーの香りにもうっとりしました。

pappoが買ったのはわずか1mlで5000円という超高価なローズオットーで、正真正銘のブルガリアンローズオットーでした。
そのえもいわれぬ香りにうっとりしたことを憶えています。

香りは脳の大脳辺縁系という古い脳に直結しているらしく、そのせいで記憶とも密接に結びついているそうですね。
pappoの香りの記憶は、夏のプールの記憶です。
小学1年生の頃からずっと水泳クラブに所属して夏の始まりには、毎年部員全員でプールを掃除していました。
プールの匂いを嗅ぐと、少年時代の夏の思い出が鮮やかによみがえります。

匂いと記憶、不思議ですね。

女性は香りが好きだなあと講座などで感じます。
元々、アロマ講座に参加される方々なので香りに興味のある方が多いのだと思いますが、お好みのアロマオイルを作る際、20種類ぐらいの精油をテイスティングして頂きますが、女性の皆さん、とても真剣にかつ楽しみながら精油の香りをテイスティングしておられます。

精油の香りは合成の香りや香水とは全く違うように感じます。
合成の香りや香水からは得られない、「なにか」があるように感じます。

香水の香りも素晴らしいのですが、精油の香りには、香りだけでは語りつくせないもっと深いなにかがあるように感じるんです。

今日は精油の香りの話でした。

pappo

妻へフットマッサージ

今日は、妻と録画していたドラマを見ながら、手と足のマッサージをしました。

最初、妻の手がとても冷たかったので、指の骨を圧すマッサージを中心に行いました。手の方はオイルをつけずにやりました。
10分ほどやると、右手が温かくなったので、左手をやろうとすると、こちらの手もポカポカと温かくなっていました。

足もそうなんですよねぇ。
昔全身トリートメントをやっていた時なんかに、左足をやって、次に右足をやろうとすると、もう右足もぽかぽかになっていることがありました。

きっと血流がよくなるんでしょうね。

両手を行った後で、足もやってあげました。

手のマッサージのお陰でしょうか、足もずいぶん温かくなっていましたが、こちらも指の骨を圧す手技と、骨の際(きわ)を指で圧しながらゆっくりと移動する手技を中心に行いました。

左足が終わる頃には右足もぽかぽかになっていました。

トリートメントが終わると軽い寝息を立て始めたので、毛布をかぶせてあげて、pappoはドラマの続きを見ました。

使用した精油はゼラニウム。

先日の講座に参加された方から「これなんのオイルですか? なにをブレンドしてるんですか?」と尋ねられましたが、ゼラニウムだけでも、すごくいい香りで、二種類以上混ぜているかのような深みのある香りがしますよね。

ゼラニウムは女性にとても優しい精油なので、妻にはよく使います。
子供には使いませんけどね。

pappo

長女へのトリートメント

今日の夕食前に、長女がテーブルの下で眠っていました。
「え」と驚き、なにやってんの? と妻に尋ねると、10分だけ寝たいとのこと。
だからってなんでテーブルの下なんだ? と思って見ていると、長女が片目を開けました。

起きてるようです。

ところが、こういう時、意外と長女は疲れていることがあります。
長女は普段元気いっぱいなので、就寝時間でもない時に横になるときは、結構疲れていることが多いんです。

思ったとおり、しばらくすると、なんだか頭が痛いと言うので、鎖骨の辺りを触ると、変な熱がありました。

おでこを触っても熱はなかったんですが、鎖骨の辺りには手のひらで触るとゾワッとする変な感じの熱があったので、急いでトリートメントをやりました。

行ったのは鎖骨周辺と背中、そして足先です。
使用した精油は
ラベンダーとオレンジスィート

トリートメントした後、10分ぐらいしたら元気になり、晩御飯も元気に食べました。

ホッと一安心です。

次女は今日は元気いっぱい。
あまりに騒ぎすぎて、うるさいです。

マラソン大会のことは吹っ切れたのかな?
明日きっと頑張ることでしょう!



寝る前におなかを痛がる次女に

ここ最近、次女が寝る前になると「おなかがいたい」と言ってトリートメントをせがみます。
おなかの調子が良くない時にはオレンジスィートのアロマオイルでおなかを時計まわりに優しく撫でてあげます。

すると納得したような顔をして、寝室に戻っていきます。

寝るまでは元気なのに、寝る直前になるとおなかが痛くなるので、ひょっとしたら翌日の学校になにか不安があるんではないかと考えてしまいます。

考えすぎかな? とも思いますが、もしなにか不安を抱えているのならばそれとなく慰めてあげたいと思います。

一つだけ思い当たるのは、次女はマラソンが苦手なのに、あさってマラソン大会があるんです。
学校でもマラソンの練習をやっているのではないかと思います。

一度、マラソンで順位がふるわなかったことがあったようで、それで益々マラソンに苦手意識が芽生えたのではないかと思いました。

今夜もしまたおなかがいたいと言ってきたら少し長めにトリートメントをして、次女がなにか話してくれたら口をはさまずに黙って話を聞こうと思います。

昭和記念公園へ

P1000150_convert_20111211214321.jpg
(長女撮影)

先日、長女と次女の3人で昭和記念公園のイルミネーションを見に行ってきました。
妻はケーキを卸しているお店の忘年会に出席だったので、その間に何かやろうということになったのです。

とてもキレイでしたよ。

でもちと寒かった。

P1000176_convert_20111211215928.jpg
↑電飾の施された電車に乗りましたよ。

P1000217_convert_20111211220724.jpg(長女撮影)

このほかにも色々なイルミネーションで楽しませてくれました。







プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。