pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストレスマネジメント その2

前回、ご紹介させて頂いたリコレクトのHP(ストレスマネジメント)の第8回に以下のような感情一覧表があります。
この使い方はHPをご覧ください。

pappoは自分で自分にしばらく使ってみたところ、とてもいい効果が自分の中にあったので、今日はその話をご紹介させてください。

リコレクトのHPに自分の感じた感情にフタをすることが続くと、だんだん、自分が今どんな感情を持っているのかがわからなくなっていくというようなことが書いてありました。

そこで、pappoはたとえば家族との会話で今自分がどんな気持ちを持っているんだろう? と時々、下の一覧表を思い出しながら、ピタリとくる感情を探すようにしました。

すると、自分で自分に納得がいくというか、答が見つかってスッキリというか、ホッと安心するというか、自分で自分がわかるというか、そういう気持ちになり、心が落ち着くようになりました。

【感情一覧表】
□悲しい    □切ない   □つらい    □ショック   □恥ずかしい
□つまらない  □さびしい  □イライラする □みじめ    □がっかり
□腹立たしい  □嫌い    □心配     □怖い     □むなしい
□飽きた    □不安    □悔しい    □情けない   □ビックリ
□苦しい    □面倒くさい □孤独感    □恐怖感    □憎しみ
□不満足    □不快感   □うらやましい □嫉妬     □罪悪感
□嬉しい    □楽しい   □安心     □リラックス  □期待感
□ドキドキ   □優しい   □誇らしい   □スッキリ   □満足
□興奮     □面白い   □好き     □幸せ     □ワクワク
□達成感    □充実感   □納得感    □ウキウキ   □心地よい

感情にフタをせず、今感じている気持ちを言葉でハッキリさせることがこれほど、pappoにとって、心を落ち着かせるものなのかと驚きました。

たとえば、一覧表の中の「つらい」「ショック」「みじめ」などはよく似た感情なので、一括りにしてしまいそうですが、このように細分化された言葉で現すことで今の自分の感情にピタッとくる言葉が見つかります。

人は周囲に迷惑や心配をかけまいと、辛い気持ちを表に出さないようにしたりしますが、それは生きていく上では当たり前のことだと思います。
全ての感情を露わにして生きていくことは却って自分で自分の首を絞めるようなものです。
しかし、よくよく考えてみると、感情を表に出さないことと、感情にフタをすることは全く違うことですね。

感情を表に出さないことは、感情があることは認めつつそれを隠すということですが、感情にフタをするというのは、その感情が無いものとして扱うことですから。

そうやって自分の気持ちを見ないようにして生きていくと、段々自分がなにを感じているのかもわからなくなって、自分という存在があやふやになっていく気さえします。

でも実は、自分の感情にまでフタをすることはないんですよね。
心の中で、そっと自分の今感じている感情がどんなものなのかを探してみる。
そしてピタリとくる言葉を探し当てることで、心が休まることもあるんだなと、今回の体験を通してpappoは思いました。
自分でしっかり言葉で理解した上だと、感情を表に出さなくても、感情が無かったことにならないんですね。
だから、不安も感じないし、落ち着いていられるという気がします。

被災地の方々のご苦労を思うと、自分の持つ感情に罪悪感にも似た気持ちを持ち、感情にフタをするということもあると紹介されていましたが、そういう場合でも、今自分がどう感じているのかをそっと自分の中で探してみて、探し当てることでホッとできることもあるんじゃないかなぁと思いました。



スポンサーサイト

ストレスマネージメントのこと

直接被災していない、たとえば都内在住の人たちの間にも地震酔いという症状が出ている方がいらっしゃるそうです。
地震ではないのに、体が揺れている気がして、ひどい時には吐き気を催したり。

また、ストレスから気分が落ち込んだり、鬱状態に近い状態になったりなど。

pappoも最近、よく友人と言葉を掛け合うんですが、「自分にできることをしっかりやって、あとは普通に暮らそう」と。
でも、中々簡単にはいきません。

pappoもちょっと気分が落ち込んでいるような気がします。
被災された方々のことを思うと、自分が落ち込んでる場合かと自分を叱りたくなるんですが、それでも中々元気が出ません。

被災された方々やこの震災でお亡くなりになった方々の無念さや、残されたご家族の皆様の心を想うと、悲しい気持ちになってしまうんです。
その感情をどうしても自分自身で止める事ができないんです。
実はpappoと同じような感情を持つ方は意外と多くいらっしゃるのかもしれません。

そんな時に、ネットの情報で東日本大震災被災者のストレスマネジメント情報にたまたま行き当たったので、ご紹介しようと思いました。

リコレクトというストレスマネジメントを専門に行う企業のようで、メディアでも度々紹介されているようです。
そのHPに「一人でも簡単に行えるストレスマネジメント方法」が紹介されています。
たとえば、今の気持ちを(たとえば悲しいなど)短い言葉で的確に自分の気持ちを表す言葉を3回、つぶやいてみる・・・などのストレスを癒す方法が紹介されています。

あと、第8回の「周りの人に役立てられる会話術」の回では、相手との会話の中で、相手の感情を的確に受けとるために感情の一覧表というものがあります。
それを見ながら、相手の感情をずれずに的確につかむやり方が紹介されています。

第一回から今のところ第9回まで様々な状況に応じたマネジメントのやり方が紹介されています。
項目だけを列記しますと、

第1回   「感情を上手に扱う方法」              2011年3月15日
第2回   「震災をトラウマにしないために」          2011年3月17日
第3回   「混乱した頭を整理する方法」            2011年3月19日
第4回   「不安で寝付けない子どもの為のスキル」    2011年3月21日
第5回   「イライラで失敗しないためのスキル」       2011年3月23日
第6回   「周りに人がいてもできるリラックス方法」     2011年3月25日
第7回   「2人で行うストレスケア」                2011年3月27日
第8回   「周りの人に役立てられる会話術」          2011年3月29日
第9回   「罪悪感がストレスになっている方へ」        2011年3月31日

といったものです。

被災された方々はもちろん、被災はしてないけど、気分が落ち込んでしまった方にも役立つのではないかとpappoは思っています。

被災されている方々を想うことは大事でしょうが、それで気分が落ち込んでしまうことを、被災地では望んでいないはずです。
むしろありがた迷惑と言われてもしかたないことかもしれないですね。
被災地ではなにより今は自分達の生活を立て直すことに精一杯のはずですからね。

なので、pappoのような気持ちに悩む方には、このストレスマネジメントを活かしていって、少しずつでも元気になっていけたらいいなぁと思います。

最近、ようやくメディアに「復興」の文字が登場するようになりましたね。
ここにきて、ようやくその始めの段階にこぎつけた場所もあるのかもしれないですね。

日本ユニバではいつまでも瓦礫の写真だけではなく、復興の進む過程を写真で紹介してはどうかという提案がどなたからかなされていました。

復興の様子は、被災された方々はもちろん、見守る私達へも希望の種となることでしょう。

「復興」が少しずつ進む様子に慰められ、勇気付けられ、励まされる人たちはきっとたくさんいると思います。

pappoもこれからは「復興」に役立てる何かを探し、そして行動に移し、その過程の中で自分の気持ちを立て直していきたいと思っています。

最後にお知り合いの方やいつも遊びに来て下さる方にご心配をおかけする内容になってしまったことをお詫び致します。
今回、同じような気持ちに悩んでいる方々へこの情報をご紹介させていただくことと、自分の気持ちをありのままに、正確に書き、気持ちを外に出そうと思って、書かせて頂きました。

元気になろうと色々なことを試してみましたが、無理矢理元気になろうとするのではなく、今はこの気持ちの自分を丸ごと大事に思って生活していこうと思っていますのでご安心ください。





南相馬市支援へ衣類の寄付をしてきました

本日、幼稚園の副園長先生と二人で南相馬市支援に衣類を寄付してまいりました。

まずは「杉並区相馬市支援チャリティバザー実行委員会」「杉並区」「杉並区社会福祉協議会」からのお礼状をご紹介します。

====================================

南相馬市支援への物品寄付のお礼

このたびは東北地方太平洋沖地震の被災地となった福島県南相馬市を支援するために、物品のご寄付をいただきまして心より感謝を申し上げます。
皆様から寄付を受けた物品は、南相馬市から杉並区に避難する方への生活用品として、避難者に直接提供させていただいたり、南相馬市支援チャリティーバザーの品として出品させていただき、売上金を義援金として南相馬市に寄付いたします。
これからも、杉並区は災害時相互援助協定を締結している南相馬市への支援を継続して参ります。今後とも皆様のご支援を賜りたくお願い申し上げます。

杉並区南相馬市支援チャリティバザー実行委員会
杉並区
杉並区社会福祉協議会

===================================================

前回都庁へ寄付を行った時に衣類を寄せてくださった方もいらっしゃいました。
そのお気持ちを寄付という形で、南相馬市の被災者の方々にお渡しすることが出来てよかったです。

もちろん、サイズごとに仕分けし、ダンボールの5面に中身がすぐにわかるよう大きく「大人女性用L・Mサイズ」「100-110センチ 女の子用」「大人男性用 Lサイズ」というように書いておきました。

これから区の人たちが3日のバザーまでに中身を仕分けするそうなので、少しでも手間を省いてもらえたらと思い、そうしましたが、やはり喜んでもらいました。

南相馬市支援チャリティバザーは4月3日10時40分~午後3時まで(売り切れ次第終了)です。
場所は桃井原っぱ公園です。
雨天時は「桃井第一小学校体育館」です。
※車での来場はできません。
※マイバックを持参するようにとのことです。

pappoも仕事の合い間を縫って、家族で行くつもりです。





プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。