pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


軽井沢へ一泊二日の小旅行

いつもpappoとCOOKの髪をカットしてくれる美容師のAっちゃんとAっちゃんの愛息子のKせいクン、そしてCOOK&長女&次女と一緒に昨日から一泊二日でHさん&脚本家N子さんご夫婦の軽井沢の別荘に遊びに行ってきました。

初日はHさんN子さんのお友だちのお店、軽井沢BonBonに遊びに行きました。
可愛い雑貨がたくさんあって、COOKも服と靴とグラスを買いました。
ほかにもたくさんの可愛い小物がありました。

中軽井沢のオシャレな雑貨のお店、BonBonのHPはコチラ-

隣の敷地では建築中の大邸宅の施主のドイツ人が棟上式で餅を投げるというので、それに参加し、たくさんの餅をゲットしました。

その後、美味しい信州そばのお店「かぎもとや」へ行きました。
美味しい信州そばのお店「かぎもとや」のHPはコチラ-
人気のお店らしく、たくさんのお客が入って行く中、2階の席で美味しい蕎麦を食べ、それから別荘へ。

そして晩ご飯の材料を買いに家から車で5分程度の大型スーパーに行き(pappoは子どもたちと留守番)みんなでご飯を作って食べました。

2日目は、近くの沢に自生しているクレソンを狩に行き、野菜タップリの朝食をとった後は、星野温泉のトンボの湯に行きました。
トンボの湯の写真ギャラリーはコチラ-

その後、近くのハルニレテラスまで歩いて行き、美味しいアイスを食べ、天然酵母のパンを食べました。
ハルニレテラスはコチラ-

一旦別荘に戻り、荷物を整理して、HさんとN子さんに別れを告げ、帰宅の途につきました。

子ども達はラブラドールのBONBONとたくさん遊べて、とても楽しんでいました。
そしてクレソン狩りも初めての経験でした。
ブルーベリーを摘んだことも楽しかったそうです。
子ども達にとってもたくさんの楽しい思い出ができました。

もちろんpappoもCOOKもとても楽しかったです。
本当にありがとうございました。
お忙しい中、スケジュールを色々考えてくださってありがとうございました。
あんなに盛りだくさんの楽しいスケジュールだったのに、別荘でもすごぉぉぉくのんびりできて、心から癒されました。

そして脚本家 吉田紀子さん作のドラマが7月6日(火)からスタートします。ドラマのタイトルは「天使のわけまえ」

※吉田紀子さんのドラマといえば、「Dr.コトー診療所」を思い出される方もたくさんおいでだと思います。
沖縄八重山諸島の中の志木那島を舞台に吉岡秀隆演じる五島健介が島の住人のために骨身を削りながら献身的な診療を行い、互いに信頼を深め合っていくという人間ドラマでした。

そして「天使のわけまえ」は食がテーマです。
pappoが思うに、食事は時に人の心を温かくしてくれたり、美味しいご飯にしみじみと幸せを感じたり、思い出の味に涙したりしますよね。
食べることは生きていくことであり、人との暮らしであり、時に出合いであったり。
食べることの幸せ、食べてもらうことの幸せ、語らうことの幸せ、きっと人の暮らしのささやかな幸せをしみじみとしたタッチで見せてくれるのではないかと楽しみにしています。

NHK総合テレビで全5話、放送時間は夜10時~10時43分に放送されます。
出演は
観月ありさ ともさかりえ 細川茂樹 西原亜希 佐藤祐基 野村周平
イッセー尾形 大滝秀治 ほかの皆さん
です。

詳しくはNHK 天使のわけまえのHPをご覧くださいね。HPはコチラ-

pappoもCOOKと楽しみにしていま~す。

最後に少しだけアロマっぽい話を。
都内に戻って来て、車の窓を少し開けたら一気に排気ガスの臭いがなだれこんできてビックリしました。
普段は気づいてないけど、こんな汚れた空気の中で暮らしているんだなぁとあらためて思いました。
美味しい空気ってよく言うけれど、今日はそれを実感しました。

軽井沢の森林の美味しい空気、緑の匂い、樹木が発散するフィトンチッドの癒し効果などがきっと身体にも優しいのでしょうね。
濃い樹木の緑も心身を癒してくれました。

軽井沢よさらば~。
また会うその日まで・・・・・・

スポンサーサイト

パンテーンを使いたいという長女&アロマシャンプー

長女がパンテーンのCMを見て前々から欲しがってましたが、やっと今使っているシャンプーがなくなったので、昨日買って来ました。
早速、昨夜長女と次女とCOOKがパンテーンを使いました。

pappoは薬局で購入したアロマシャンプーを使ってますが、さらに昨夜精油とホホバオイルを混ぜました。

シャンプーの方には
ラベンダーとティートリー
コンディショナーの方には
ゼラニウムとイランイラン

そしてホホバオイルも混ぜました。

ホホバは幼稚園のママ友から髪に使ってとっても良かったという話を聞いて、pappoも試してみたのです。

今朝、そのシャンプーで朝シャンをやりました。
香りが高級シャンプーのようでした。
洗い上がりもオイルが入っているのに意外にさっぱりしていました。

しばらくこのシャンプーをpappoは使ってみます。



かゆみ止めの精油はコレ!

最近、蚊が出る季節になりましたね。
わが家の子どもたちも毎日のように蚊に刺されて帰ってきます。

そこで、真性ラベンダーの原液を少量塗ります。

すると数十秒もすると痒みが止まり、30分もすると腫れもひきます。

でも、これもどのラベンダーでもいいというわけではないようです。

わが家には3つのメーカーの真性ラベンダーがありますが、この中でハッキリした効き目があるのは2つのメーカーだけです。
この2つの精油は家族全員にハッキリした効果があるので、やはり品質がしっかりしてるのでしょうね。
これら3つのメーカーの精油はどれもしっかり成分分析がされてますが、実際に使ってみると個人的に合う合わないということもあるのでしょうね。

この3つの中の1個は、すごぉぉく高いのに、塗ってもなんの効果もないばかりか、却って痒さが増してしまいました。
ちなみに一番安い精油と一番高いこの精油の価格差は5倍ぐらいあります。
やはり精油は値段ではないんだと思います。
参考までに昔こういうのを書きました。
高い精油や高級ブランドの精油は高品質で安い精油は低品質←これってホントにホント?

↑これに色々書いてますが、結局肝心なのは自分に合うかどうかってことなんでしょうね。


蚊よけのスプレーは精油で作れますが、真性ラベンダーは虫さされに効くんですねぇ。

ただ、いくらラベンダーだからといっていつもいつも原液を塗っていたらよくないでしょうね。
それに使用前のパッチテストは必須ですしね。



合気道講座のお知らせ

以前pappoが生徒として参加した合気道講座が大好評だったので、継続的に開催されることになりました。
今回はお勤めの方もいらっしゃるので、夜に開催されることになりました。

お申し込みはpappoaroma@gmail.comまでどうぞ!


日時:6月26日(土)19時~21時ぐらいまで
場所:荻窪体育館。
服装:長袖&動きやすい服装(ヨガをするときみたいな)
参加費:体育館代200円+参加費500円
定員10名 
男女2:8の割合が丁度よいかも。
見学やお子さん連れもOK。

とのことです。

ご都合の合う方はぜひ!



今夜も1時間の全身トリートメントそしてアロマ部屋が欲しい・・・・・・

昨夜のトリートメントの効果があまりに顕著だったので、今日もやってみたくなりました。
今日使用した精油は
・ネロリ
・ゼラニウム
・パロマローザ
キャリアオイルは
ホホバワックス

お肌や内分泌系のホルモンのバランスを整えてくれる女性に優しいブレンドになりました。
香りもネロリの香りにゼラニウムとパロマローザの優しい香りがマイルドさをプラスして、全体的に角の取れたほんわかした香りになりました。

また、ネロリの香りは眠気を誘うようで、COOKはトリートメント中盤からぐっすり眠ってしまいました。

今夜はデコルテ美人と背中美人を目指して、トリートメントを行いました。
背中を美しくするためのトリートメントは実は背中だけをやっていてはダメなことにpappoは以前気づきまして、ちょっと文章に書こうとするとなんと説明したらいいのか・・・

アロマベッドにうつ伏せになると、枕のせいで首の後ろ部分にシワがよります。
ポイントはそのシワというか、皮というか、これをトリートメントすることと、あと、脇の下部分の脂肪をトリートメントすることが大事だという気がします。
もちろん背中も大事ですが。
この部分をニーディングをまじえながら丁寧に丁寧にトリートメントします。キャリアオイルにホホバオイルを使うことも大事です。

また、首の横ジワを目立たなくするトリートメントも行いまして。
これも以前気づいた方法なんですが、もう少し効果がはっきり確認できたらあらためてご紹介させて頂きます。

あとハンドトリートメントでも気づいた方法があるんですよ。
いつか講座なんかでご紹介させていただこうと思っています。

そうそう、それからこれまでとはちょっと違ったアロマトリートメントのやり方を思いついたので、それも近日中に試してみたいと思います。
その内容はまたあらためてご紹介させて頂きます。

さてさて、二日連続のアロマトリートメントの効果はいかに・・・・・・



ところで、pappoはわが家にアロマ部屋が欲しいんですけどねぇ。

いつかそういう日がくるといいんですけどねぇ・・・・・・
そしたら毎日COOKにトリートメントできると思うんですよねぇ。
そりゃ毎日一時間二時間というわけにはいかないでしょうが、10分でもやるとやはり違うんでね。

あ~あ、アロマ部屋、アロマ部屋・・・・・・





COOKへ60分の全身トリートメント

昨夜、久しぶりにCOOKへ全身トリートメントを行いました。
アロマベッドをセットしてのトリートメント。

使用した精油とキャリアオイルは以下の通りです。

☆精油
・ティートリー
・ラベンダー
・ローズオットー
・ゼラニウム

☆キャリアオイル
ホホバオイル

ホホバオイルは脂肪溶解の働きが強いため、バストへのトリートメントに使用するのは控えた方がいいといわれます。
ですので、太ももの後とかお腹周りとか、余分な脂肪が気になる場所へのトリートメントには最適です。
さらにラベンダはリンパの流れを促進するはたらきがあります。

これらのトリートメントオイルで足先からフェイシャルまでゆったりとトリートメントを行いました。

ティートリーの刺すような刺激のある香りにローズオットーがどうブレンドされるかが気になるところでしたが、中々いい香りになりました。
ローズオットーの蜂蜜にも似た甘い香りとティートリーとラベンダーの香りがうまく混ざり合い、深い香りになりました。

翌朝、早速効果が出ていましたよ。
COOKの肌は驚くほどスベスベになっていて、脂肪が集まり肌の表面がデコボこになりがちな太ももなんかもビックリするぐらいにスラリとした印象になりました。
たった一回で、たった一日で・・・・・と驚きました。

やっぱりアロマトリートメントはすごいなぁ・・・・・・と精油の持つ力にあらためて気づかされたpappoでした。

ところで長女のことですが、まだちょっと疲れが残っている様子です。
今日も一日、家でのんびり過ごしています。

まぁ、明日には元気になることでしょう。



体調の悪い長女にトリートメント

今日長女が昼過ぎぐらいから具合が悪くなってグッタリしてしまいました。
熱はありませんでしたが、食欲もなく、頭が痛いと言っていました。

頭を冷やしてしばらく様子を見ましたが、2時間ほど経っても一向に元気になる様子がなかったので、

ラベンダー
ティートリー
各1滴を
スィートアーモンドオイル20mlに希釈して、足先、足首、膝の後、そけいぶ、お腹、肩、脇、首筋、あご、耳周辺などをゆっくりとトリートメントしました。

夜までに3回ほどトリートメントをやりました。

やるとしばらく寝て、起きると「またやって」と言うので、トリートメントを繰り返したんですが、今は寝室で眠っています。

毎日忙しかったので、疲れが出たのだと思います。
今夜はゆっくり休ませようと思っています。

明日には元気になることと思います。

ところで、体調が悪い時にはトリートメントはしないと書いてある本もありますが、それも程度の話だとpappoは思います。
いつも子供の様子を見ている親は子供の様子を見ると大体「こりゃいつもの病気と様子が違う」というようになんとなく直感でわかりますよね。
そういう時は迷わず病院へ行くべきだと思いますが、ちょっと体調が悪い時などはアロマでトリートメントをやってあげるのもいいと思います。

ただ、それも普段、健康な時にもよくアロマをやっている相手に限ったほうがいいと思います。
普段まったくアロマをやっていないのに、微熱があるからとか喉が痛いからといって、いきなり精油を使うのはどうか? と思うんです。

普段使用していて全く問題ない場合で、体調もすぐに医師の診断を仰がねばならないといった様子ではない時だけに使用できるんでは? とpappoは思います。

体調が悪い時は精油の効果がかなりハッキリ現れる気がします。

たとえば熱があるときにティートリーやラベンダーで熱が下がったり、耳痛がラベンダーで治ったり、水疱瘡がティートリーで治ったりといったことを今まで経験してきました。
今は次女の水イボをpappo特製のクリームで治しているところです。
結果は後日アップさせて頂きます。

まぁ、そのように効果が早く出るので、望ましくない効果だって現れる恐れもあります。
天然100%だからといって必ずしも安全とは限らず、人によっては好ましくない反応が起きる場合だってあるかもしれません。
病気の時ならなおさらのことですから。

だからpappoは普段から精油を使用している長女と次女には確かに効果があったんだけど、だからといってすべてのお子さんに使用する場合も大丈夫だとは言えず、必ずパッチテストをやって欲しいと思うし、健康な時に何度かやってみて欲しいと思うんです。





シリーズ この歌にこのアロマ -空も飛べるはず スピッツ-



この歌でpappoがイメージするのは
ペパーミント
ローズマリー
マンダリン
をブレンドした香り。

ローズマリーとペパーミントの爽やかなグリーンの香りとオレンジの香り。
青空を渡るすがすがしい風と青葉の香りと、そして太陽の光をイメージしました。

この歌を聴くとドラマ「白線流し」を思い出します。(この歌が主題歌だったんですよね~)
COOKのお勧めドラマということでDVDを借りて見たんだったなぁ。
あの頃はまだ独身でCOOKと付き合い始めたばかりで、毎晩3時間ぐらい電話で喋ってたなぁ~。

懐かしいな~。

あの頃pappoは横浜の妙蓮寺と菊名の間のボロい一軒家に住んでたんだよなぁ。
家はボロかったけど小さな庭と縁側があったなぁ。

歌は不思議ですね。
昔のことを鮮明に思い出しますよねぇ。


ちなみにこのブレンドにはどんな効果が?
...read more

シリーズ この歌にこのアロマ -アイ 秦基博-



この歌からpappoがまずイメージしたのはイランイランの香り。

イランイランにラベンダーをブレンドして、それにオレンジスィートかベルガモットを1滴足して、ほんのりと柑橘系の香りを漂わせて・・・・・・


シリーズ この歌にこのアロマ -トイレの神様 植村 花菜-



きっと誰しも大切な人との大事な思い出がありますよね。

忙しい毎日にちょっと疲れてるかな、わたし・・・なんて日は、日のあたる縁側のように温かでどこかひなびた香りのするこの組み合わせはいかがでしょうか?

グレープフルーツ2滴
サンダルウッド2滴

優しい歌声にゆったりと心をあずけて、この香りにそっと包まれれば、過ぎ去った過去を懐かしさと共に思い出すことでしょう。

歌は人により感じ方、受け取り方はもちろん違いますよね。
pappoは子育て中なせいか、日ごろの自分の子育てを反省してしまいました。

pappoは長女と次女が成長し、いつか一人で暮らしたいと言い出した時のことを時々考えます。
それが高校の時か、大学の時かはわかりませんが、pappoが思うのは一人で暮らすことになっても自分の身の回りのことを一通りちゃんとやれる子にしておこうということです。
掃除、洗濯、料理・・・そしてお金を大切にする心と・・・
pappoはお手伝いというよりも、生活のあれこれをpappoやCOOKから学んで欲しいと思ってるんです。
そうして、巣立っていって欲しいと。
巣立ちの日がいつになるかはわかりませんが、pappoはそういう日が来ることを楽しみに待ち、そして今のうちに巣立ちの準備をしておいてあげたいと思うわけです。

なので、長女と次女がダラッとしてる時はついきつい口調で「ちゃんと家のことをやらないと何もやれない大人になっちゃうよ。お手伝いと思わず練習と思ってやりなさい」と言ってしまいます。

そんなpappoはこの歌を聴いておばあちゃんの優しさ、愛情に満ちた語りかけに涙が溢れてしかたなかったんです。
おばあちゃんはきっと孫に愛情に満ちた優しい子になって欲しいと願っていたんだろうな。
だから、愛情に満ちた優しい言葉を選んで、子供にもわかるように、子供でもやる気が出るように優しく語りかけたんだろうなぁと思うんです。

子供が成長し、昔を思い出した時に、優しい愛情を感じて欲しい、優しい時間に包まれて欲しいと思っていたのかもしれません。

そしてやがて成長し、べっぴんさんというのは見かけのことじゃないんだよ。
誰もやりたがらないトイレの掃除を人のために喜んでやれるような心のべっぴんさんのことなんだよ、おばあちゃんホントはそう言いたかったんだなぁと気づく日があればいいなぁと思っていたんだろうなぁと思いました。

pappoはね、まず子供に手本を示すこと。
COOKがなにかやっていたらサッと立って、サッとやる。
大丈夫? なにかやろうか? と声をかける。
いつも心に留めて、動く。

そういう夫婦のやり取りを身体のどこかで感じながら成長していってくれればいいのかな~と思いました。

相手を想う優しさ、まずそれが育たなければ、そういう心を親はゆっくりと育てていけばいいのかなぁと思いました。
ゆっくりと・・・・・・
そういうことを教えられた歌でした。




ちなみにトイレ掃除にも使える精油のブレンドは・・・・・・

...read more

長女のアロマテラピー検定の結果発表!

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、このページに初めて遊びに来て下さった方のために、カンタンにご説明させて頂きますと、今年のアロマテラピー検定の2級にわが家の8歳になる長女が挑戦したいと言い出したので、ゴールデンウィークの期間中、毎日5~8時間ほど近所のカフェで勉強しました。

そして昨日、その結果が送られてきました。

その結果は↓です。
な、なんと合格!しておりました。
認定書_convert_20100606194322

振り返ってみますと、最初の難関が漢字だったのではないでしょうか。
読めない漢字がぞろぞろ出てきて、こりゃかなり厳しいぞ!と思ったものです。

それから内容も歴史や環境の問題があり、長女にとっては大変だったことと思います。
でも、最後まで弱音を吐かずに頑張りました。

たとえ不合格であっても、「お前の頑張りは俺が一番見てきた!」ということだけは言わせてもらおうと思っていました。
親の実感としては合格して嬉しいというより、落ちてなくてよかったって感じの方が強いかな。

落ちていたら、やっぱりガックリきただろうし、それで何日も元気がなくなるってことはないでしょうが、なんかこう、頑張ってもダメな時はダメなんだ・・・とか、あんなに頑張ったのに結局ダメだった・・・みたいなネガティブな気持ちよりも、頑張ったから合格した! みたいな達成感が味わえたのはやっぱり良かったと思うんです。

なんといっても最初の検定でしたからねぇ・・・(しみじみ)

合格であっても不合格であっても言おうとしていたこと、「ホントによく頑張った」

そして合格していたから言えること「おめでとう」


アロマをこれからも楽しんでいこうネ!

最後になりましたが、勉強中、そして検定前から検定当日、検定後に応援のメッセージや拍手を下さった皆様ありがとうございました。
たくさんの拍手やメールを頂いたことで長女もたくさんの方に応援してもらってることを実感して、本当に喜んでいました。

皆様の応援が大きな励みになりました。


親子COOK会にたくさんの参加をありがとうございました。

全4回開催した親子COOK会にたくさんの参加を頂きありがとうございました。
pappoは最初、アジアンでやりたいとCOOKから相談を受けたとき、てっきり大人COOK会(大人だけの料理教室)でやるのかと勘違いしていて、「いいねぇそれ!」と賛成したんですが、後で親子でやると聞いて、「えっ! 親子でアジアン? しかも生春巻き、フォー? パクチーもレモングラスも使う!」

それ、子ども達大丈夫かなぁ? と不安になりました。
みんな来てくれるのかなぁ? と。

でも、募集を開始したところ、ホントにたくさんの方にお申し込みを頂いて、COOKは本当に喜んでいました。
もちろんpappoも。

COOKは子供でも食べられるよう、ナンプラーを控えめにし、甘く煮た豚そぼろなんかも用意したりして、子供専用のメニューの開発に余念がありませんでした。(大人用は別味で!)
今回初めてベトナム料理を食べる子供もたくさんいるに違いない。
初めて食べた時、それを好きだと思うか、嫌いだと思うかは、実は運命の分かれ道だったりしますよね。

最初に嫌い! と思った食べ物って大人になっても「苦手~」なんて言って食べなかったりすることもありますよね。

だから、COOKは子供も美味しいと食べてくれるよう、生春巻きのタレやフォーの試作に何度も何度も取り組んでいました。

皆さんどうでしたか?
お子さんは美味しく食べてくれましたか?

話は少しずれますが、今、長女が毎日ローラースケートの練習をしています。
近所のおっちゃんが長女にくれたんですよ。
まだサイズが少し大きいんですが、それでも楽しそうに練習しています。
今日はその練習に付き合ったpappoですが、長女の練習風景を眺めながら、長女のこれまでの色んな挑戦を思い出していました。

鉄棒の逆上がり、自転車、一輪車など、できないことを何度も何度も練習して、できるようになってきた長女でした。
もっと過去の赤ちゃんの頃まで遡ると、歩けなかった長女が歩けるようになったこと、座れなかった長女が座れるようになったこと、寝返りもうてなかった長女が寝返りをうてるようになったこと。

長女はそうやってできないことをやれるようになってきたわけです。

そういうことを考えて、なぜか心がジンとしてしまいました。
親ってバカものですね。
たかがローラースケートの練習で、そこまで考えなくてもいいだろ! って思うんですけど、それでも、やっぱり思い出してしまうんですよ。

目の前でローラースケートを一生懸命やっている姿が、これまでの長女の頑張っている姿とダブってしまい、頑張れ! 頑張れ! お前ならきっとやれるよ。これまでも頑張ってきたじゃないか! って、そう心の中で言ってしまうんですよ。

親子COOK会がなぜこんなに楽しいのか、なぜここまでpappoやCOOKの心を惹き付けるのか? なぜ、こんなに夢中になるんだろ? と時々考えていましたが、これまでやれなかったことができるようになる喜びをお父さんお母さん方と共有できることも魅力の一つなんだろうなぁと思ったpappoだったのでした。

今回、生春巻きではエビを縦に二つに切るために、包丁を真横にスライドさせ、削ぎ切りをするんですが、この削ぎ切りに挑戦したお子さんが何人もいました。
もちろん年齢や本人のやる気次第ですから、やらなかった子も当然います。
でも、そういう子供たちでも、食器を洗えるようになった、生春巻きで具をくるくると巻けた、お湯で煮た鳥肉を手で細かく裂くことができた・・・・・・などなど。
初めての体験がたくさんあったことだろうと思います。

子供は初めての体験に夢中になり、そして最初はうまくやれなくても、しばらく集中してやるうちに軽々と克服していく。そしてそれが自信につながっていく。
親はその様子を見ていて、ホントに心の底から嬉しいんですよね。

俺の子が、いつの間にかこんなことができるようになったのか!
私の子が、まだ無理だと思ってたけど、こんなことまでできるのか!

みたいな、驚きと喜び。

そして試食があり、試食が終わった後の、子供達の喜びが爆発したような喧騒!

そのるつぼの中に居て、pappoもCOOKも毎回、深い喜びに満たされるんです。

COOKが料理人でホントに良かったと最近時々考えるんです。
そしてCOOKに最初に親子料理教室を阿佐ヶ谷区民センターでやってみたら! と勧めてくれた友達に感謝しています。

親子COOK会を通して、pappoもCOOKも人として育ててもらっていると思っています。
子ども達を育て、そして子ども達に育ててもらっているんです。
そして、わが子を大切に考える親御さん一人ひとりの愛情を感じながら、人として育ててもらっているんです。

親子COOK会に参加頂く皆様、いつもありがとうございます。

そして、長女と次女が通っている幼稚園の園長先生、そして主事先生、そしてS先生、そして各クラスを担当される先生方との出合いがなければpappoはこれほど子供へ愛情を感じる人間になれたかどうかわかりません。
園長先生は子供達に限りない愛情を注いで下さいます。
長女が幼稚園にお世話になりたての頃は、pappoはなぜここまで一生懸命になれるんだろう? と不思議でした。
もう完全に仕事を超えている! という気がして、なんでここまで・・・・・・と思ったものです。

でも、オヤジの会に入り、応援団の団員になり、幼稚園の活動に少しずつ首を突っ込むようになって、大切なことを教えてもらった気がしたんです。
それは、ちょっと言葉にするとうそ臭くなってしまうんですが、なんというか、その~。
ありきたりな言葉ですが、やっぱり結局は「愛」となってしまうんですが。
でも大切な思いですね。
pappoは「愛」なんてものはきれいごと! と思っていました。

でも、幼稚園での生活、そして親子COOK会での体験を通して、そんなものが確かにあって、それを時々感じて、そして心が熱くなる時が確かにあって。
そういうことが少しずつ積み重なっていって、pappoはそういうものが世の中には、人と人の間には確かに存在するんだ! と思うようになりました。

だから幼稚園の父母の会の会長もやってみようと思ったんです。
世の中には、そして人と人の間には、もっともっと深い思いが、pappoのまだ知らないもっと深い思いがきっとあるのだろう。
まだ自分には見えていない思いがあるんだろう! とそう思ったんです。

オヤジの会で、応援団で、そして親子COOK会で初めて感じた想いがあったのなら、もっと首を突っ込んで、面倒がらずになんでもやってみよう! と思ったんです。

「この幼稚園は変わってますよ、子供だけではなく親も育ててくれるんです」とそう話したくなる幼稚園です。
次女が来年3月で卒園したら、二人とももう小学生です。
あと一年もないんです。
それを考えたらもう淋しくて淋しくて。
あと一人いまからでも、と思うぐらい。
幼稚園での最後の一年の経験を無駄にしないよう、大切にしたいと思っています。

そして、これからも、親子COOK会でたくさんの子ども達、そして親御さんと出合うことができたらいいなぁと思っています。

pappo





プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。