pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
妻が病気になって思うこと

もう数日前の話になりますが、COOKがひどい頭痛に襲われまして、今はもうすっかりいいんですが、日ごろ、病気と縁のないCOOKですので、pappoも慌てました。

まだ病院も開いてない時間でしたので、とにかく応急処置として、鎮痛作用のあるラベンダーと内分泌系ホルモンのバランスをとってくれるゼラニウムでトリートメントとリンパドレナージュを行いました。

しばらくして少しは楽になった様子でしたが、それでも痛がっていましたので、市販の頭痛薬を飲ませました。
すると30分ほどして、元気になって、表情も明るくなりました。

ここからヘンな話になりますが、妻の健康というものがどれほど家族にとってありがたいことかがとても身に染みました。
ここ最近、なんだかんだで、家のことをすっかりCOOKに任せきりだったpappoは反省してしまいました。

サッと動こうと思いました。
それがpappoの目標です。

たとえばこういうことです。
COOKがキッチンに立って夕食を作っています。
ご存知のようにCOOKは料理教室の先生をやっているぐらいですので、料理の手際もよくpappoがいると邪魔になるに違いありませんが、こういう時もサッと隣に立って「なにかやることない?」と言いましょう、と自分に言ってます心の中で。
ここで大事なことはサッと「立つ」ことだと思います。
立てば、後はなんとかなる。

ソファに座って「あらあらゴメン」なんて言ってちゃ、腰が重いままですから。
サッと動くことが大事だと自分に言い聞かせているわけです。

たとえば、COOKが食器を洗おうとしています。
そういう時はサッと横に立って「俺やるよ!」みたいなね。

優しいオット演出みたいな。

サッと動こうよ自分・・・・・・と思います。

そして、願わくば、率先してやろうや! とも思います。

たとえばこういうことです。

帰宅すると、朝の食器がシンクにそのままになっていたとします。
そういう時に「俺がやっとくか!」みたいなね。

洗濯物がまだ取り込まれていなかったとします。
そういう時に「取り込むか。ついでにたたむか!」みたいなね。

気が利くオット演出みたいな。

COOKが遅れて帰宅した時には「ご飯炊けてるよ。お風呂も沸いてるから子ども達は俺が入れるね」みたいなね。
洗濯物は取り込まれ、ついでにタンスの中に畳んでキレイに仕舞われていて……みたいなね。

できるオット演出みたいな。

やれっかなぁ俺・・・・・・、もう不安・・・・・・。

だから、まずサッと立つ。
こういうハードルの低いところから始めるぞ俺! エイエイオーみたいな・・・・・・決意表明っぽく。

明日から。いや今日から。今から。
今すぐ。
キッチンではCOOKがケーキを焼いている。

そしてサッと立つ俺。
「なにかやろうか?」って。


それを毎日続けられるか?!

...read more

帰宅したCOOKにショートトリートメント

今日、仕事で新橋に行ったCOOK、担当の方とも色々充実した話ができたようでよかったです。
帰宅後、ふくらはぎが張っていたので、足先からふくらはぎにかけて、トリートメントを行いました。
それからハンドトリートメントを行いました。

夕方になり、首をコキコキと動かして少し辛そうにしていたので、肩から腰にかけてトリートメントしました。

使用した精油は
・イランイラン
・ローズマリー
です。

精油はあまりいろいろ考えずに、なんとなく選びました。

疲れが取れた様子で、見る見る表情が明るくなったので、良かったです。

数日前に当blogでお知らせさせて頂いた合気道の講座はお陰さまで定員になりました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

pappo

久しぶりの家族へのトリートメント

昨日のmother festa主催のアロマ講座がとても楽しかったせいか、pappoは「ああ、アロマテラピーってホントに楽しいなぁ。好きだなぁ」とつくづく思いました。

それで、夜、COOKに久しぶりのトリートメントを行いました。
使用した精油は
ゼラニウム
パチュリー
ローズマリー

足先から始めて、40分ぐらいかけ、ソフトでゆったりとした動きを中心にしてトリートメントを行いました。

三日連続のCOOK会で疲れがあったのかもしれません、「すごくラクになった」と言ってくれました。

夜中になって、次女が急に咳をしながら目を覚ましました。
寝る前にちょっと風邪気味だったので、ラベンダーをオイルで希釈して胸や足首や背中の肩甲骨周辺、そして喉の辺りをトリートメントしました。

朝起きると咳は収まっていました。

次女はラベンダーとの相性がバツグンでこれまでにも軽いヤケドや風邪、耳痛など様々な場面で次女を助けてくれました。

長女にはそうでもないんです。
長女はティートリーの方が効果が出るような気がします。

(この記事は昨日書いたものです)

mother festa主催! pappoのアロマ講座

今日はmother festa主催で「pappoのアロマ講座」を開催しました。
その時の様子がmother festaのブログでも紹介されています。
よろしければご覧ください。

皆様、雨の中、参加くださりありがとうございました。

今日の内容はスキンケアに最適な手作り化粧水でした。
今日はマイナス5歳肌をキープするためのケア、「保湿」をテーマに行いました。

化粧水の原液(10本分)と500mlのたっぷりの化粧水をお持ち帰り頂きました。

肌を引き締める収れん作用があるローズマリーシネオールをベースにし、スキンケアに最適な精油10本の中からお好きな精油をチョイスして頂き、化粧水を作って頂きました。

↓精油を選んで頂いてるところです。赤白帽を被っているのがpappoです。
pappoaroma2.jpg

使い方も簡単なので、わが家でも毎日使用している化粧水です。毎日、いい香りに包まれながら、お肌のケアを続けて頂きたいと思っています。

次回は日焼け止めや親子アロマやトリートメント(マッサージ)方法や、シミやセルライト撃退などの講座をやって欲しいという嬉しいリクエストまで頂きました。

皆様、どうもありがとうございました。

そうそう、この会を主催してくださったmother festaの代表者の方は合気道の師範代でアメリカシアトルでずっと合気道を教えていらした方なんですが、以下の通り、合気道の講座を開催するそうです。

☆日時:6月6日(日)13時~
☆場所:荻窪体育館
☆内容:合気道の稽古(初心者、未経験者も歓迎)
☆参加費:500円
☆当日の格好:動きやすい格好(ヨガをやるときのような)で来ること。長袖の方がベター
☆定員:8名程度
☆申し込み先:pappoaroma@gmail.com

pappoも子供らと参加します。定員になり次第、募集を締め切らせて頂きますので、お早目にお申し込みください。

合気道は護身術の一つです。
最近はなにかと物騒な世の中になってしまいましたので、自分の身を守るため、そして大切なわが子を危険から守るために、この機会に一度ぜひ体験してみませんか?





最近のマイブーム 手作り香水!

pappoが最近凝っているのは精油を使った香水作りです。

精油のブレンドには絶妙な技と慎重さが要りますし、香りについての深い知識も必要になりますが、pappoはお遊びでやってます。

最近作った香水は、

□フランキンセンス
□ジャスミンabs.
□プチグレン
のブレンド。

中々いい香りです。

香水作りのために欲しいのはサンダルウッドとオレンジスィートそれからネロリとローズオットー。
どれももうなくなったので、また買いたいです。

色々試作してまたご紹介させて頂きますね。

市販の香水は合成香料も使っていたり、合成香料だけの香水なんてのもあるようですが、pappoが作るのは天然成分100%の精油だけを使った香水なので、そりゃとても癒されますよ~。
ご存知のように精油は心身に様々な影響を与えますので、その効果にも着目して香水作りを行うと、リラックスしたり、逆にシャキッとしたり、眠くなったり、うっとりしたりなどの様々な影響も与えます。

香水はトリートメントオイルに比べ濃度がとても濃くなるので、使用には注意が必要ですが、使いこなせれば、その時々の気分で香りを楽しむこともできますね。



mother festa主催! pappoのアロマ講座開催のお知らせ

こんにちは。
本当に久しぶりの講座となってしまいました。

以前、親子アロマ講座でお世話になったmother festa様から再び声をかけて頂き、今度は手作り化粧水の講座を開催することになりました。

お忙しいと思いますが、親子でも参加頂けますので、是非お越しください。

またもや、おみやげタップリですよ!

★日時:5月23日(日)午後1時半~2時半(約1時間)

★場所:セシオン杉並(梅里一丁目22番32号)第七集会室

★内容:手作り化粧水講座

★参加費:1800円(杉並区子育て応援券は使用できません)

★定員:5~8名程度

当日はスキンケアに適した精油の中から、お好きな香りをチョイスして、化粧水を作って頂きます。
※化粧水原液(約10本分※10回分ではなく10本分です!)と手作り化粧水(500ml)の両方をたっぷりお持ち帰りいただきます。

お申し込み・お問い合わせはpappoaroma@gmail.comへお気軽にどうぞ!



検定終わりました!

今日長女のアロマ検定が無事に終わりました。

西巣鴨の大正大学の講堂での試験でした。
pappoの時は教室での試験でしたので、同室者は全部で40人ぐらいでしたが、長女は200人の受験者と一緒に受験をしました。

殆どが女性ばかり。
男性は10人いるかいないか。
子供は長女一人だけでした。

緊張するかな? と思って心配していましたが、本人は落ち着いていたようです。
ハラハラしていたのはpappoの方でした。

試験開始10分前になり、pappoは教室の外から長女の後姿を見つめていましたが、長女は問題集を閉じ、ノートに何かを一生懸命書いていました。
一体何をやってんだろう。
ぎりぎりまで問題を解けばいいのに・・・と思いましたが、長女には長女の考えがあるのだろうと思い、ここまできて色々干渉するのは止めようと思い、ただハラハラと見守っていました。

あとでノートに何を書いてたの? と聞いたら、試験が始まるちょっと前の今の気持ちを書いておこうと思って、書いていたそうです。
長女の許可を得たので、その文章をここにご紹介させて頂きます。

5/9(日)当日の気もち
・「ドッキドキッ」しました。
・しけんかいじょうの中にパパは入れないから。
「さびしい」「一人でだいじょうぶかな?」
・しけん会場に入ったら子どもが一人だったよ。だから「みんな大人ばっかり。しけんかんにおこられないかな? へんなことされないかな?」と思いました。

こんなことを一生懸命書いてたんですねぇ。ヘンなことってなんだよ! て感じですが。
試験前に、自分の今の気持ちをメモッとこう! と思うところが面白いです。

試験の説明が始まり、ドアの外にその声が漏れてきましたが、生年月日を西暦で書かなきゃならないと聞こえて、焦りました。
長女は2001年生まれですが、ちゃんと知ってるだろうか? とハラハラしていたところ、ちょうど試験の係りの人が通りがかったので、受験番号を教えて長女に2001年生まれと伝えて欲しいと頼みました。

係りの人が戻って来て、ちゃんと2001年と書いてありましたよ、と教えて下さいましたが、この話には続きがあります。

まぁ、そのことはとりあえず置いといて、50分後に終了し、匂いテストのこと、問題のことなど色々聞きました。
知らない問題はなかったけど、読めない漢字が1つだけあった。
でもなんだったか忘れたと言ってました。

全問正解じゃないと思うけど、3問ぐらい自信がない、後は知ってる問題だったと言ってました。

ただ、問題用紙に書いた答を2回見直している内に、マークシートに答を転記するのに時間が足りなくなってしまい、慌てて転記して、最後に見直す時間がなかったと言ってました。

マークシートの転記ミスがなければいいんだけどと思っています。

あと、最後の最後に誕生年を2002年に書き換えてしまったらしく、慌てて試験管に言いに行きましたが、あっさり「訂正はできません」と言われてしまいました。
「本部へ行ってください」と言われ、急いで本部へ行き、担当者へ事情を説明したところ、「生年月日の間違いで不合格になることはない」と言われて安心しました。

そんなこんなでようやく検定が終了しました。

応援の拍手やメールを下さった皆様、どうもありがとうございました。
それから長女のために昨年の問題集を貸してくださったFさん、どうもありがとうございました。
今年、狙っていた問題集が売り切れで手に入らず、pappoが持っているものは「環境」の問題がなかったので、焦ってましたが、本当に助かりました。

長女が合格していればいいですが、不合格であってもガッカリしないで欲しいと思っています。

一生懸命、目標に向かって頑張ったことはいい経験になったと思います。




そろそろ試験会場へ向かいます

今日は長女のアロマ検定の日。
昨日は持っている問題集を全部やりました。
5時間かけて650問ぐらいを解きましたが、20問間違えました。

歴史、環境が弱いです。

環境については、CO2が増えすぎたために起きた地球温暖化とフロンガスの影響によるオゾン層の破壊と石炭や石油などの化石燃料の燃やしすぎによる酸性雨の発生の3つがどれも空の話なので、見分けがつきにくいようです。

図を描きながら何度も説明し、長女にも説明させましたが、果たしてどこまで理解しているのか・・・

まぁここまで来たら慌てても仕方ない。
あとは落ち着いてやるしかない。

頑張れ! と心の中で祈るしかないです。


匂いテスト対策

いよいよあと2日で長女のアロマ検定です。

勉強に集中できる日は明日一日だけなので、明日は午後から二人で最後の勉強をやりたいと思っています。

試験には匂いテストも出ます。
2級の範囲では10種類の精油の中から2本出題され、4択で答を選びます。

そのため、連休中は何度も繰り返し、匂いテストを行いました。

出題される精油は
□ラベンダー
□ユーカリグロブルス種
□レモン
□オレンジスィート
□ローズマリー
□ジュニパーベリー
□ゼラニウム
□ティートリー
□イランイラン
□ペパーミント
です。
その中で、長女が苦戦しているのは、ユーカリとローズマリーの嗅ぎ分けと、レモンとオレンジスィートの嗅ぎ分けです。

この2つの嗅ぎ分けは確かに難しくアロマの本にもそう書いてあるぐらいです。

ただ、精油の匂いはメーカーによっても、また同じメーカーでさえも採油される時期などによって大きく違うものです。
なので、この4本から出題されたら、直感でいくしかない! と考えています。
匂いテストは全50問中わずか2問です。

だからといっておろそかにするつもりではありませんが、それより残された時間を残り48問の正解率を高めることに生かしたいと思っています。

今日、学校から帰った長女と一緒に30分だけアロマの問題集をやりましたが、やはり歴史に苦戦します。
特に歴史上の人物の職業や功績が苦手なようです。
それも人によるのですが、たとえばヒポクラテスやルネ・モーリスガットフォセについてはしっかり記憶していますが、ディオスコリデスやテオフラストス、あとジョンパーキンソンやジョンジェラードのことはかなり曖昧で、マルグリットモーリーのこともなんとなくハッキリ理解してない感じがします。

明日は歴史を重点的に行い、あと匂いテストも繰り返しやります。

とにかく泣いても笑っても勉強できるのはあと1日しかありません。
わからない問題があっても慌てないこと、
落ち着いて問題を読むと、あきらかに間違っていたり、間違いなく正解の回答が4択の中に紛れ込んでいることがあるから。
そういう受験上の気持ちの切り替えも教えておきたいと思っています。



長女の挑戦!

長女がある日突然「アロマテラピー検定を受けたい」と言い出したので、いやそれはまだ無理でしょう! と思ったのですが、本人が受けたいというのを「ダメだ」と言う理由もなく、じゃ受けてみたらいい! という軽い気持ちで2級の申し込みをしました。

最初はまあなにごとも経験だから、ぐらいにしか思ってなかったんですが、試験日が近づいてくるにつれ、段々、本気モードになってきました。
学校のある日は宿題や、ジュニアバンドの練習などで帰りが遅くなるためアロマの勉強が中々できませんでしたので、その遅れを取り戻すために連休中は毎日6~8時間、アロマの勉強をやりました。
既に受験票も届き、昨日は二人で試験会場の下見もしてきました。

精油には興味があるためか、精油のエピソードはすぐに憶えてしまったのですが、難関はやはり「歴史」です。
時代も紀元前にまで遡り、古代エジプト、古代ローマ、中世、近世、現代までの間に、ヒポクラテス、デオスコリデス、イブンシーナ、ルネ・モーリスガットフォセなどなど、様々な人物が登場し、その人物の時代、業績などを憶えなければならないので、大変そうです。
大体、エジプトもローマもどこにあるかも知らないし、紀元前も紀元後も知らないし、ネアンデルタール人を「おサルさんなの?」と尋ねる有様ですから。
地図や年号表を見せながら、説明したりもしました。

そういえば、初めて長女に問題集を見せた時、まだ習っていない漢字がぞろぞろ出てきて、当日試験問題の漢字が読めるのか? という大問題に気づき「こりゃ厳しいなあ」と思ったものです。
それでも毎日何度も問題集を二人で声を出して読む内に、最初は読めなかった漢字も随分読めるようになりました。

全部で4冊の問題集を何度も繰り返し解いて、今日は約500問中、間違いはたったの2問だけでした。
よくここまで頑張ったなぁと長女のことを誉めてやりたくなります。

いよいよ、今度の日曜が検定です。
問題は4択で、マークシート方式での出題です。
当日、マークシートの書き方がわからないと困るので、ネットで見つけたマークシートを印刷し、それを使って問題を解きました。
練習問題を解きながら、マークシートを折り曲げているのを見て、「マークシートは折り曲げちゃダメだよ」と言うと「え! ホント?」なんてキョトンとするので、「そうだよなぁ、そういうことも知らないんだよなぁ」と思いました。
あと、解答が済んだら見直そうとしないので、ちゃんと2回以上見直しなさい、答えはまず問題に書いて、最後に番号を確認しながら、マークシートに書き写しなさいと、細かいことも教えました。

当日、解答欄を間違えないよう、問題をよく読み、「正しいものを選びなさい」「正しくないものを」「誤りを」「間違いを」という言い回しに惑わされないよう、そして受験票、消しゴム、鉛筆を忘れないよう、試験会場は殆ど大人の女性ばかりなので、雰囲気にのまれないよう、祈るばかりです。

もちろんpappoも一緒に試験会場まで行くつもりですが、試験中隣に座っているわけにはいきませんので、あとは長女自身に頑張ってもらうしかありません。

これまで頑張ってきたことを信じて、落ち着いて、問題に取り組んで欲しいと思っています。

合格した時の喜びを味わって欲しいという思いから、何度か厳しい口調で叱ったこともありました。
もし合格できたら、協会から立派な認定書が送ってきます。
それを受けとったらさぞ嬉しいだろうなぁと想像するんです。

長時間の勉強は辛かったかもしれませんが、弱音一つ吐かずに頑張りました。

土曜に最後の最後の勉強をやって、日曜は寝坊しないように起きなければ!
できるだけ早く会場に着き、早めに雰囲気に慣れさせなければなりません。

あれもこれもと、本人以上に色々考えてしまいます。
親の方がドキドキしているのかもしれません。







プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード