pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
熱が出た次女にトリートメント

今日、長女が一足先に一人で熊本へ里帰りしました。
次女は長女がいなくなったので、激しく泣きわめいていました。

そして熱が出てしまいました。

「お姉ちゃんがいなくなって寂しいんだね?」と言うと、次女は「違う。熊本に帰りたいだけ。なんでお姉ちゃんだけ帰ったの?」と怒ってました。
そうとう悔しかったんでしょうね。。。

熱は微熱でしたが、「寒い」と言ってましたので、すぐにラベンダーでトリートメントをしてあげました。
熱がある時にはトリートメントはしないようにと書いてある本もありますが、長女も次女も熱が出てもラベンダーやティートリーでトリートメントしてあげるととても早く病気が治ります。

水疱瘡も外耳炎も風邪もトリートメントと病院からもらった薬でとても早く治ってしまいます。

今日も、トリートメント後はスーッと寝入ってしまい、1時間ほどして目覚めた後は殆ど熱は下がってしまってました。
そしてCOOKと二人で花火をしてましたよ。

しばらくするとまた眠いと言い出したので、足の裏と足先をラベンダーのトリートメントオイルで軽くトリートメントしてあげました。

今はぐっすり眠っています。

明日にはすっかり治っていればいいんだけど。

おまけ
↓以前16ミリフィルムの映写技師の資格を取得しました。
その資格を生かして8月に学校であるキャンプで映写会をやる予定です。
図書館から映写機器一式を借りてきて、今日は自宅でリハーサルをやりました。

ちょうどテレビでやっていた「魔女の宅急便」と時間帯がかぶってしまい、次女はテレビの画面を見たり、スクリーンのアニメを見たりと目をキョロキョロさせていました。

明日は学校でリハーサルをやります。
film_convert_20090731231757.jpg


20分のクイックトリートメント

昨夜は20分のクイックトリートメントを行いました。
主にふくらはぎ、足先、そしてお腹をやりました。

使用した精油は
タラゴン、ティートリー、ラベンダーです。

夏場は肌の乾燥は見られないCOOKですが、日ごろからのケアは大事ですのでね。

夏ばてで疲れやすい体をケアする意味もこめてトリートメントを行いました。
疲れのたまりやすいくるぶし周りの関節や、膝の関節を温めてオイルで柔らかくします。

また全身の血流を促すふくらはぎを下から上へ向けて軽擦します。
そして少しだけ体重を乗せ気味で少し強めに擦ります。

あと、腰から背中の広い範囲を軽擦してあげると、全身の筋肉が柔らかくなる気がします。

たった20分でもこれぐらいのことはゆったりとやってあげられるし、続けていくことが大事なので、時間をみてやっていこうと思います。

寝室でのクイックトリートメント

昨夜はCOOKが眠る前に7分間のクイックトリートメントをやりました。
使用した精油は
・タラゴン
・ティートリー
・ラベンダー
です。
優しくスーッとする香りです。

入眠前のリラックスタイムに中々良い香りだったと思います。
タラゴンは女性に優しい精油で、ラベンダーはリラックス効果の高い精油です。
ティートリーがその2つの香りをうまくまとめていると思います。

たった7分でしたが、それでもやらないよりはいいと思います。
そうは言っても、やっぱりゆっくりリラックスしてやりたいです。
今夜あたり時間があるといいですけどね。




アロマボランティアに参加

今日は杉並区にある介護付有料老人ホームでアロマハンドトリートメントのボランティア活動に参加してきました。
自転車で20分ほどの場所にありました。

今日は引率1名を含む5名でのボランティア活動となりました。
そしてpappoは4人の方へハンドトリートメントを行いました。

最初の方は4年前に脳梗塞となり、右半身が麻痺してしまった方でした。
右手が利き手だったため日常生活も不便で困ると言っておられました。
それでも毎日テレビで放送されているラジオ体操を見ながら、椅子に座って体操するのよ、と明るく笑っておられました。

二人目の方はお風呂から上がったばかりとのことでしたので、お風呂上りにマッサージするといいですよ~と言うと嬉しそうに微笑んでおられました。
マッサージを終えると、なんだか眠くなってきました、と小さい声で言っておられました。

三人目の方は京都で生まれ結婚を期に東京で暮らし始めた方でした。
終戦後に東京に出てきたと言っておられました。
声がとても小さく、ささやくように話される方でした。

四人目の方はずっと眠っておられました。
付き添いの方の話によると右半身が麻痺しているとのことでした。
一日の殆ど眠っていて、ほんの短い時間起きるとあまり調子が良くないと言っておられました。

その付き添いの方は別のセラピストの方がハンドトリートメントを行いました。
すごくサッパリした気がしますと嬉しそうに部屋へ戻って行かれました。

これまではデイケアセンターでのトリートメントでしたが、今日は滞在型の老人ホームでのボランティアだったためか、半身が麻痺している方やとても耳が遠い方など症状の重い方が多かったように思います。

pappoのつたないトリートメントが日ごろの不調を軽減し、ほんの少しでも気分が楽になればいいなと思っています。


手作り石けん講座 定員になりました

8月26日と27日に開催する手作り石けんの講座はお陰さまで定員となりました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。



クイックトリートメント

昨夜はゼラニウムとマージョラムスィートでたった7分のクイックトリートメントをしました。
やったのはふくらはぎと足の裏とお腹だけです。

最近、慌しくてまとまった時間が取れずに、中々トリートメントができませんでしたが、COOKは短いトリートメントでも喜んでくれました。

「トリートメントやろうか」と声をかけてくれたことが嬉しかったと言ってました。

全身トリートメントには短くても1時間ぐらいはかかってしまうのですが、忙しい時は短い時間でもいいので、もっとやってあげたいと思ったpappoでした。


コンコン咳が出る次女に

日中ずっと元気だった次女が寝る時間になってコンコンと咳が出るようになりました。
長女も4歳ぐらいまで寝る間際にコンコンと咳が出ることがよくありましたが、5歳ぐらいから自然になくなってしまいました。

次女も同じような感じで、風邪ではないようです。
でも、咳は出ているので、ティートリーでふくらはぎと足先をちょっとだけトリートメントしてあげました。

時間にしてわずか5分ぐらいでしたが嬉しそうでした。
まだ咳は出てましたが、自然に眠りにつくでしょう。




アロマキャンドル

キャンドル_convert_20090720195029

ウッドデッキでアロマキャンドルを焚いています。
キャンドルの香りが部屋の中にも入ってきます。

次女が眺めているところです。

シャビってみました

3_convert_20090717203714.jpg
白色に塗ったウッドデッキがまぶし過ぎて庭の中で完全に浮いた存在になってしまっていたので、今日、アイボリーのペンキを塗った後でシャビってみました。

2_convert_20090717203729.jpg
↑粗目のサンドペーパーでガシガシやりました。
下地に塗った藤色と緑のペンキが所々見えて中々良い雰囲気が出てきました。

1_convert_20090717203742.jpg

↑角をガシガシとシャビッてみたところ、なんかいい感じになりました。
最後にニスで雨対策もしました。

デッキ4_convert_20090717195534
↑しかぁし、遠目で見るとすのこみたいなんですよ。
ここは風呂か?と思ってしまいます。

ガックリしてしまい、造園業を営んでいる友人のT氏へ電話したところ、3ヶ月ぐらい経てば自然にいい雰囲気になると聞き、かなぁり元気になりました。

このT氏の奥さんは何を隠そう、シャビリが上手なんですよ。
ちょっと作品を見てみてくださいよ。

というわけで、あと三ヶ月もすれば、このすのこ風ウッドデッキも少しは良い雰囲気になると思います。

※夏休みアロマ石けん講習会 参加者募集中です。
詳しくはコチラをご覧ください。

8月27日は残りわずかです。
8月26日はあと4組ほど席が残っています。

よろしくお願いします。


60分の全身トリートメント

今日は久しぶりのトリートメントとなりました。
COOKもpappoもなんだかんだと慌しく互いの時間が合わずに間が空いてしまいました。

今日は高級精油のローズオットーとネロリを各1滴使用しトリートメントを行いました。

しばらく間が空くと、肌はカサカサと乾燥し、所々ささくれがありました。
そんなCOOKの肌を手のひらでゆっくりとたどりながら、「ああ、こんなに間が空いてしまったんだなぁ」と申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

ローズオットーの甘く素晴らしい香りが部屋に満ち、うっとりするような時間を過ごすことができました。

トリートメント終了後の肌はスベスベと美しく、なめらかになり、やはり人の肌の美しさは水分と皮脂のバランスなのだなぁ~としみじみ思いました。

☆今日の精油
・ローズオットー・・・1滴
・ネロリ・・・1滴
☆キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・20ml

この二つの精油は女性ホルモン様のはたらきをするので、月経不順や更年期障害などの辛さをやわらげてくれます。
女性に優しい精油です。

※夏休みアロマ石けん講習会 参加者募集中です。
詳しくはコチラをご覧ください。

ネロリのこと
ネロリはビターオレンジの花から採れる精油です。
同じ植物の葉から採れる精油はプチグレンです。
ネロリは高価ですが、プチグレンはネロリに比べれば割と求めやすい精油だと思います。
ところがプチグレンをネロリと称して売る販売店があるそうです。

双方香りがとても似ていますが、プチグレンの方が葉から採れたため、青葉の匂いが目立ちます。
そして成分分析表が入手できるならば、中身を確認して欲しいのですが、純正のネロリは酢酸リナリルの成分含有率が数%と低く、プチグレンは50%以上と高いです。
こういうことから偽和を見破ることもできます。

ネロリを購入する際はこんな点に気をつけたらいいと思います。

ではでは


手作りアロマ石けん教室 開催のお知らせ

夏休みに親子で石けん作りをしませんか?
体にやさしい植物性・無香料・無着色タイプの石けん素地を使用します。

自然のハーブと精油(アロマオイル)を使って、オリジナルの石けんづくりを楽しみましょう!
お菓子の型に入れて固め、数日乾燥させれば、形もかわいい石けんのできあがり!

肌にやさしく、さっぱりとした洗い上がりですよ。

当日は簡単なラッピング講座付き!

お子さんの夏休みの自由研究にいかがですか?
提出用のシートをご用意しますので、あとは写真を貼り、感想を書き加えれば自由研究も完成!
会場内は写真撮影OKですので夏休みの親子の思い出作りにいかがでしょうか?

第1回目
☆日時:8月26日(水)9時半~11時半
☆場所:阿佐ヶ谷区民センター第二和室
☆参加費:(材料費込み)親子で2500円(1人追加で+1000円)子育て応援券使用OK、
☆定員:16人(対象3歳以上)託児なし

第2回目
☆日時:8月27日(木)9時半~11時半
☆場所:阿佐ヶ谷区民センター第一集会室
☆参加費:(材料費込み)親子で2500円(1人追加で+1000円)子育て応援券使用OK
☆定員:16人(対象3歳以上)託児あり無料
☆お問い合わせ、お申し込みはpappoaroma@gmail.comへ

たくさんのお申し込みをお待ちしています。


テラスを作りました

テラス_convert_20090716191745
↑わが家の狭い庭にテラスを置きました。
COOKと一緒に組み立て、色を塗り終えたところです。

もう少し涼しくなったらキャンプ用の椅子を置いてビールでも飲もうかと思っています。


小物入れを作ったよ

今日はKリンにラベル作りと裁縫を教えてもらいました。
Kリン忙しいところ時間を作ってくれありがとうございました

↓ちょっとした思い付きで皮を使ってみました。
皮が厚いので、太い針に変えたり、袋を作るための様々な工夫を勉強することができました。
袋1_convert_20090715191147

小物入れって単純な袋とばかり思っていたら、色々な工夫があって本当に勉強になりました。
また教えてください。
よろしくお願いします。






石けん用の棚を作ったよ

たな_convert_20090714070350
棚の横のデッドスペースに合わせて石けん用の棚を作ったよ。
高さ198センチ×奥行き40センチ×幅18センチです。

たな3_convert_20090714071407


棚を9段作ったので、アロマや石けんなどに関する本や、ラッピングなどに使う生地、乾燥中の石けん、空き牛乳パック、石けん素地などを収納しました。



アロマスプレー&サシェの会の出張講座

本日、育児サークル「Petit chou-chou(プチ シュシュ)」主催のアロマスプレー&サシェ手作りの講座に講師として行ってまいりました。

こちらのサークルは毎月1歳前後の親子10組くらいで、リトミックやわらべ歌などを楽しんでおられるそうですが、これから活動の内容をさらに広げていきたいとのことで、pappoに声をかけてくださいました。
このサークルには杉並区を中心に、青山や中目黒にお住まいの実に広範囲の方がメンバーでいらっしゃいます。
今日は杉並区在住の17組の親子の皆さんが参加してくださいました。

↓会場が広かったので、たくさんの方に参加いただいた割には窮屈な感じもなく、ゆったりと会を進められました。
写真奥のテーブルではサシェを作っていまして、手前のテーブルではアロマスプレーを作っています。
カーペットでは赤ちゃんがのんびり、まったりしていますねぇ~。
今日はCOOKが写真撮影や、託児を担当してくれました。
COOKよ、ありがと~。
講座3_convert_20090709195338

↓今日はあらかじめKリンに準備してもらったサシェから
サシェ1_convert_20090709195705

↓好きなものを選んでいただき、
サシェ2_convert_20090709195950

↓中に乾燥ラベンダーとコットンを詰めてもらい、お一人につき2個お持ち帰り頂きました。
Kリンにはサシェ作りの手順なども会の中で説明してもらいました。
Kリン、サシェ作りから当日のことまで色々本当にお世話になりました。
サシェ3_convert_20090709200114

↓そして、アロマスプレーを作りました。
袋の中身はアロマスプレー2本とpappo手作りのローズマリー石けん、そしてサシェに使った乾燥ラベンダーです。
スプレーなど1_convert_20090709194404

↓こちらがpappo手作りのローズマリー石けんです。
生のローズマリーを100%ピュアオリーブオイルに1ヶ月以上漬け込んだオイルで作った石けんです。
ローズマリーには肌をひきしめる収れん作用があり、オリーブオイルには保湿成分の「植物性グリセリン」や「スクワレン」がたっぷり含まれているので、洗いあがりはしっとりなのにスッキリ!って感じです。
COOKも毎日この石けんで洗顔し、最近では全く肌がつっぱらないので、洗顔後は手作り化粧水だけで済ませていますよ。
石けん1_convert_20090709200557

↓そしてこちらがアロマスプレーです。
1本は蚊よけ用スプレーでpappoがあらかじめ作ってきました。
使用した精油は
・レモングラス・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
・ラベンダー・・・1滴
です。
そしてもう1本は用意した精油から好きな香りを選んで作って頂き、全部で2本のアロマスプレーを各自お持ち帰り頂きました。
スプレー_convert_20090709200813

↓こちらはサシェを作っている様子です。
講座2_convert_20090709200937

↓そしてこちらがアロマスプレーを作っている様子です。
講座1_convert_20090709201205

↓短い時間ではありましたが、赤ちゃんを抱っこしたり、近くで遊ばせたりしながら、サシェを作ったり、精油の香りを楽しんでいただけて本当に良かったと思います。
子育ては成長の喜びを感じることができる反面、大変なことも多いですよね。
香りにホッとし、日ごろの育児の大変さが少しだけでも癒されたらpappoも嬉しいです。
講座4_convert_20090709201437

アロマスプレーには様々な使い方←(クリック)がありますので、ぜひ毎日の生活に使って頂きたいと思っています。

今日参加くださったお母様方、お忙しいところ本当にありがとうございました。
これをきっかけにアロマテラピーに興味を持たれたらいつでもメールでお気軽にご相談、お問い合わせください。

そして、この会を主催してくださったPetit chou-chou(プチ シュシュ)代表のNさん、そして最初に声をかけてくださり、様々な細かい連絡などでお世話になったFさん、本当にありがとうございました。

次回のセルフリンパドレナージュの会ではさらに内容をグレードアップして、皆さんに大大大大大満足して頂ける会にしたいと思っていますのでよろしくお願い致します。


石けん型出し

ラベンダーの葉と花を1ヶ月以上漬け込んだオイルで石けんを作りまして、今日型出しをしました。
型入れの時にけん化が進みすぎていたので急いで型に入れましたが、ちょっと表面が波打ってしまいました。
見た目はちょっとアレですけど、とってもいい香りがします。
石けん1_convert_20090706180819

↓部屋の中で乾燥させているんですが、時折風にのって、ラベンダーの香りが漂ってきます。
4週間乾燥させたら完成です。
完成が待ち遠しいです。
石けん2_convert_20090706180841


ラベンダーインヒューズドオイルで石けんづくり

造園業を営んでいる友人のT氏からもらったラベンダーを1ヶ月以上漬け込んだオイルを使って石けんを作りました。

道具_convert_20090705173958

↓これは20分混ぜた後の状態です。
今は型に入れて保温箱でけん化を進めているところです。
20分後_convert_20090705174019

↓これは長女が近所の空き地で採ってきたねこじゃらしです。
空き地のあちこちにはえてますが束になると雰囲気出ますねぇ。
ねこじゃらし_convert_20090705174756


ローズオットーで1時間50分の全身トリートメント

昨日注文したローズオットーがもう届いたので、早速全身トリートメントを行いました。
届いたばかりのボトルを開封するとフローラルでどこかはちみつのような甘い香りが周りに広がりました。

今日は贅沢なキャリアオイルを使ってブレンドしました。
・マカダミアナッツオイル・・・10ml
・ホホバオイル・・・10ml
・アボカドオイル・・・5ml
そして精油はローズオットーを1滴だけ。
ほかの精油は使用せず、ローズオットーだけの香りを楽しむことにしました。

25mlにわずか1滴の精油なのに、とても深く、そして強い香りが部屋中に漂うのでした。

部屋の明かりを落として、静かな音楽をかけ、手のひらにトリートメントオイルをゆっくりと垂らすと、小さな明かりにオイルが金色に光るのでした。

贅沢なキャリアオイルのせいでしょうか、オイルは滑るように肌の起伏をとらえ、手のひらはなだらかに滑り、肌は美しい光沢を放つのでした。

COOKの肌から立ち上るその香りにうっとりしながら、時折目を閉じ、その奥行きのある香りと手のひらに伝わる肌を滑る感触と、COOKの静かな寝息だけを感じ、ただただ無心に手のひらを動かしていくのでした。

今日はトリートメントの90%以上を軽擦で行いました。
COOKはトリートメント開始5分後ぐらいから寝入ってしまい、時折目を覚ますものの、殆ど眠っていました。
そして今もぐっすり眠っています。

ローズオットーは200個分の花からわずか1滴だけしか採油できません。
今日の1滴にはそれだけのバラの生命が閉じ込められているのです。
バラの香りは今も部屋の中に続いています。
pappoも濃厚で甘美な香りの中にいます。
目を閉じると、まるでまとわりつくように香るのです。

クレオパトラも愛したと伝えられる香りにpappoも酔いしれています。
それでは皆様、またお会いしましょう。

小物用の袋を作ってみたよ

↓生まれて初めてとまでは言わないけど、かな~り久しぶりにミシンを使ってみました。
使い方がまったくわからず、cookに教わりながら作りました。
ミシン_convert_20090703180651

↓作ったものは、頼まれたオイルなどを入れるための小物入れです。
袋_convert_20090703180710

↓中身は左から
□ホホバオイルとオリーブオイルを1:1にブレンドした美容オイルです。
オリーブオイルは専門店で購入した最高級品を使用しています。
オリーブオイルはスキンケアオイルとして長い伝統を持っています。
オレイン酸とビタミンEの含有量が高く、皮膚をケアし、再生を促します。

ホホバオイルは最近高級化粧品の原料として引っ張りだこです。
このオイルはすばらしいスキンケア特性をもち、人間の皮脂にとてもよく似ています。
むらなく肌にのび、かといって脂っぽくぎらぎらせず、すみやかに皮膚に浸透します。
規則的に塗ると過敏で乾燥した肌や、暖房や冷房で乾燥した肌に抵抗力をあたえます。

□そしてネロリウォーター。
ネロリには肌に弾力を与え、しわやたるみを防ぐはたらきがあります。
またネロリドールという女性ホルモン様はたらきをする成分が含まれているので、情緒の安定にも役立ちます。
オイルなど_convert_20090703180726
↑□さらにシアバタークリーム。
シアバターは他の植物油脂に比べて、非常に高い比率でトリテルペンアルコールが含まれています。
この物質は元々植物の表面の乾燥を防ぎ、微生物に侵されることを防ぐはたらきがあるのですが、人間の皮膚にも同じはたらきをします。
怪我や炎症の治癒プロセスをサポートし、水分と結合する性質があるので、なでるとすべすべして柔らかな皮膚になります。
また、皮膚の老化としわの形成を防止します。
さらに抗炎症作用のあるパチュリとラベンダーを練りこんでいるので、ハンドクリームとしても最適です。
もちろん肘や膝などのケアにも。

□あと、ちょっぴりですが、以前pappoが手作りしたピュアオリーブオイル100%のオリーブ石けんも入れておきました。
オリーブ石けんの材料のオリーブオイルには人の肌になじみやすい「オレイン酸」が80%前後含まれています。
また、皮脂のなかの重要な成分でもある天然の保湿成分「スクワレン」や「グリセリン」を多く含んでいます。
この白い石けんで顔を洗うと、肌がとてもしっとりしますよ。

使用方法の手順をここにも書いておきますね。
①まずオリーブ石けんで洗顔し、肌がつっぱらないかしばらく様子を見る。→これで肌がつっぱらなければ終了。

②2、3分待って肌がつっぱってきたら、ネロリウォーターで顔に水分を与える。→これで肌がつっぱらなければ終了。

③2、3分待って肌がつっぱってきたら、美容オイルを1、2滴手のひらに落として、数滴分のネロリウォーターと手のひらの上でぐるぐると指でかき混ぜて、顔に塗る。→これで終了。

※シアバターには少量ですがシソ油を混ぜています。
しそ油にはαリノレン酸が含まれています。
αリノレン酸は様々なスキントラブル、とくに刺激で赤くなった肌、炎症をおこした肌、湿疹のでた肌、乾燥肌に素晴らしい効果を発揮します。
ただ非常に酸化しやすいので一ヶ月以内に使い切るようにし、使用しない時は必ず冷蔵庫に保管してください。


ローズオットーをプレゼントしてもらいました

今日、あこがれのダマスクローズ100%のローズオットーをCOOKが注文してくれました。

pappoのバースデープレゼントにと、ずっと言ってくれてたのですが、さすがにそれはちょっと贅沢すぎないか・・・とグズグズしている内に、COOKが注文してくれたのです。

ダマスクローズは、トルコ、モロッコなどでも生産されていますが、その中で最高級の香り・品質を持つと言われるブルガリア産ダマスクローズを注文してくれました。

今回注文したブルガリアンローズオットーはブルガリアで自家栽培から蒸留まで一貫生産している蒸留所からクンクマと呼ばれる容器で直接輸入したものです。

3トンのバラの花びらから取れる精油はわずか1 キロといわれている希少価値のある精油です。

ローズオットーの成分はとても複雑です。
わかっているだけで300以上の成分が含まれており、それらが全体の86パーセント程度を占めています。残り約14パーセントは極めて多数の微量成分からなっており、この複合的な組成が、ローズの優れた特性に関して極めて重要な役割を果たしていると考えられています。

届いたら、さっそくローズウォターを作ったり、ローズオットーを使った全身トリートメントやフェイシャルトリートメントをCOOKにしてみたいと思います。
ありがと~の気持ちを込めて、いつもよりさらにじっくり丁寧にやりますよぉ~。



昨日は、COOK友=pappo友とCOOKの5人で生地の町日暮里へ行ってきました。
pappoもCOOKも初めての町。
とても楽しかったです。
連れて行ってくれてありがと~。

↓お店の中で商品を見ているところです。
日暮里_convert_20090701170644

↓いろんな店を見て回り、生地や皮のはぎれなどを買いました。
いろんな生地がお得に買えたので嬉しかったです。
これを使ってなにをやろうかな?
いろいろ考えるのも楽しいです。
と言いながら、裁縫のやり方は全くわかりません。
おまけにCOOKも苦手。
なので、これからCOOK共々ミシンの使い方を教えてもらい、カンタンな物から作っていくつもりです。
布_convert_20090701170702

↓以前、フレグランスジャーナル社から「医薬品・化粧品・洗剤 研究開発製造技術国際展」の招待券を送ってもらい、初日の今日COOKと二人で行ってきました。
招待券_convert_20090701171044

↓国際展示場の外観です。COOKが赤い服を着てポーズしてます。
国際展示場2_convert_20090701170757

↓会場内は撮影禁止なので、もう一枚パチリ。
国際展示場_convert_20090701170736
主に容器とパッケージのブースを見て回りました。
お菓子に使うパッケージのブースもあり、COOKも色々真剣に尋ねていました。
pappoもガラス容器の製造販売をしている業者のブースで色々と教えてもらってきましたよ。

おまけ
↓昨日高円寺の雑貨屋さんで買いました。
石けんを乾燥するために使っています。
石けん用箱_convert_20090701170721






プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード