pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子から親へのトリートメント

↓昨夜も子どもらが寝る前に家族でトリートメントをしました。
最初はお子らがCOOKへトリートメントしてくれてます。
子から母へ_convert_20090629222635

↓そして今度は長女が次女へトリートメントしています。
姉から妹へ_convert_20090629222652

その後、COOKが長女と次女へトリートメントしてあげました。
寝室へ移動しベッドに横になったお子らは5分もしないうちに眠ってしまいました。

一昨日もトリートメントして眠った子どもらは、朝は6時半にスッキリ目覚めて、とっても元気でした。

おまけ
↓オリーブ石けんを切ってみました。
オリーブ石けん_convert_20090629222716

スポンサーサイト

ローズマリー石けんデビュー

↓今日ローズマリー石けんをまたカットしました。
まだ柔らかいのですが、しばらくすると固くなってくると思います。
カット石けん1_convert_20090628210914

↓ずいぶん数も増えました。
カット石けん2_convert_20090628210930

↓早く使いたいものです。
カット石けん3_convert_20090628210951

↓こちらは型から出す時に残ったものをスプーンでこそぎ落としたものですが、こちらは一足先に乾燥したので、早速使ってみました。
ローズマリーは肌を引き締める収れん作用があるせいか、オリーブ石けんよりも使い心地はとてもサッパリしています。それなのに、とてもシットリしていて、肌がぜんぜんつっぱらないんです。
そしてとても柔らかなローズマリーの濃厚な香りがします。
小さなかたまり1個でぶくぶく泡が出て、汚れ落ちもいいです。
石けんカップ_convert_20090628212721

↓今日はネロリウォーターを作りました。
ネロリウォーター_convert_20090628211117


姉妹でトリートメント

今日は長女と次女でお互いにトリートメントをしてもらいました。

↓最初は長女が次女にやってあげました。
次女は小さな声で「気持ちいい~」と言ってます。
姉妹1_convert_20090628210732

↓続いて次女が長女へ。
ちゃんと手のひらに体重を乗せてトリートメントしています。
そしてちゃんと手のひらを密着してますよ。
長女も気持ちいい~と言っています。
姉妹2_convert_20090628210754

↓次女も、段々調子が上がってきまして、今度はふくらはぎをやっています。
長女はパポンがやってるんじゃないよね? と聞いてきます。
意外に手の大きさではわからないものなのかな?
長女は「気持ちいい~」とつぶやいています。
姉妹3_convert_20090628210811

↓pappoも一緒にやりました。
姉妹4_convert_20090628210829

↓終わった後は互いにお礼を言います。
「ありがとうございました」
姉妹5_convert_20090628210844

トリートメント効果なのか、二人ともわずか10分で爆睡でした。

pappoの考えるファミリーアロマテラピーって、別に親から子へやってあげるだけじゃなくてもいいって思うんです。
子から親にやってあげてもいいし、兄弟同士、姉妹同士でやってあげてもいいと思います。

やってあげることで、人への優しさや、相手に喜ばれることの喜びなどを肌で感じることができると思うので、ぜひご自宅でもやってあげて欲しいなぁと思います。

子どもに使用できる精油は
・ラベンダー
・ティートリー
・マンダリン
・カモミールローマン
ですが、使用時は0.5%ぐらいに希釈していつもより薄めで使用してください。
それからパッチテストは忘れずに。

親から子へのトリートメントでpappoが考える→大切なこと←も書いていますのでよかったら読んでください。
パッチテストのやり方も書いていますので参考にしてください。

おまけ
子どもたちが寝た後は・・・
↓アロマベッドをセットして、1時間の全身トリートメントとあいなりました。
アロマベッド2_convert_20090629002230

今日はCOOK会で立ちっぱなしだったため、足がパンパンにむくんでいました。
トリートメントが終了した今は足先からポカポカです。
お腹も冷えていましたが、ポカポカになっています。
COOKはトリートメント中盤からぐっすり寝入って、今も深い眠りに落ちています。

今日使用した精油は
・ネロリ・・・1滴
・サンダルウッド・・・1滴
・イランイラン・・・1滴
互いに相性が良いとされる精油ですが、今日はイランイランを加えない方が好きでした。
ネロリとサンダルウッドを1:1でブレンドした時の妖しく、深い香りがとても印象に残っています。
イランイランを加えたことで、香り自体は悪くないんですが、平凡な香りになってしまったな・・・という印象です。

いつかこの2種のブレンドでトリートメントをしてみたいと思います。

それでは皆様、おやすみなさい。

誕生日プレゼントありがとう~

昨日はpappoのバースデーでした。
日中は久しぶりにCOOKと2人で青山へ出かけました。
表参道から青山通りそして骨董通りと見て回り、北青山から原宿へ抜けて帰りました。
アロマショップやカフェレストランやアンティークのシャンデリアの専門店やアンティークの家具屋さんなど、いい店をたくさん見つけました。
今度またゆっくりと遊びに行きたいと思ったpappoでした。

↓夜になり、長女と次女がpappoのために花束をプレゼントしてくれました。
花束1_convert_20090627171938

↓ありがと~
花束2_convert_20090627171955

↓保存ビンのPYREXの容器に入れて飾っているのがいかにもCOOKらしいです。
花束4_convert_20090627172032

↓一ヶ月ほど前に長女と次女を「ちいさなお花やさん」の「Fra cootta Deco」へ連れて行ったことがあったんですが、その時のことを長女が憶えていたようです。
看板_convert_20090627172052

↓長女は最初からこのお店で花束を買うと決めていたそうです。
pappoの大好きなこの花屋で買ってくれたことが嬉しくて、今日、このショップに写真撮影がてら遊びに行って来ました。
店構え1_convert_20090627172149

↓白い壁とグリーンがとてもよく合います。
この店を紹介してくれたのは陶芸作家のKAZUちゃんです。
2day's  shopの時に会場の花を飾ってくれたのがこの花屋さんだったんです。
店入り口_convert_20090627172236

↓中庭です。それ以来、pappoもこの花屋さんの大ファンになってしまいました。
庭_convert_20090627172130

↓花の教室や、ちょっとしたお茶タイムなどのスペースです。
pappoもここでハイビスカスのお茶を頂きながら、お店の方と少しお話ししました。とても落ち着きます。
教室_convert_20090627172109

↓店内の様子です。
店内1_convert_20090627172211

↓そしてCOOKが花器をプレゼントしてくれました。
花器2_convert_20090627172323

↓嬉しかったです。
花器1_convert_20090627172305

みんなありがと~。

それからフラ コッタ デコさん、ステキな花束を作ってくれてありがとうございました。
部屋の中に花があるっていいですねぇ。

今度は蚊よけの鉢植えを買いに行きますんでよろしくお願いします。


ローズマリー石けん

約20日前、ローズマリー石けんを作りまして、今日、一部だけ切り分けてみました。
石けん1_convert_20090626093711

中々固くならずに、下の方は柔らかいままでしたが、一日経ち、空気にさらされたせいか、随分固くなってきましたよ。
石けん2_convert_20090626093740

まだちょっと柔らかいけど、色は段々落ち着いてきたと思います。
石けん3_convert_20090626093758

でも、実はこの石けん、色々失敗だらけの作品でした。
まず型から出そうとした時に、ちょっと牛乳パックを引っ張ってみたらガボッと石けんが崩れてしまいました。↓
石けん4_convert_20090626094013

あと、これも同じ状態です。↓
石けん7_convert_20090626094040

それから上の方は固まっているのに、下の方は柔らかくて、羊かんみたいな感じなのも気になっていました。
↓これは石けんを裏返して撮ったんですが、今は随分固まっていますが、最初の頃はやわやわでした。
石けん5_convert_20090626094236

↓これは上から撮ったんですが、上の部分だけ緑で、下は暗緑色なのも気になっていました。
また、上に白く粉をふいたようになっているのも見た目がどうも。。。って感じです。
石けん6_convert_20090626094338

そこで、pappoの石けん作りの師匠筋にあたる方と昨日会ってきまして、実際に石けんを見てもらいながら、いろいろアドバイスをもらってきました。

Kさん、お忙しいところお時間を割いていただきありがとうございました。

石けんを型から出す時のコツや、石けんを上手に切り分けるコツや、石けんが柔らかい理由を教えていただき、また、そもそも今の石けんの状態がそんなに悪い状態ではないということもわかり、ホッとしました。
しばらく時間はかかりそうですが、ちゃんと石けんになっていってることがわかり、安心しました。

白い粉がソーダ灰と呼ばれるもので肌にもまったく影響がないことや、石けんの外側が白っぽくなっている理由も、それを防ぐ理由もわかりました。
いろいろアドバイスをくださりありがとうございました。

それからそれから、その時、そのKさんから、こんな可愛いキャンドルを頂きました。
プリン、ドーナツ、マカロンのキャンドルです。
キャンドル1_convert_20090626094530

↓キャンドル専用の染料を使っているそうです。
上にのっているいちごは自分でシリコンから型を作ったそうです。
キャンドル2_convert_20090626094619

↓ドーナツも美味しそうです。
キャンドル4_convert_20090626094702

↓マカロン、マカロン用の箱に入れてラッピングしたらとても可愛いでしょうね。
キャンドル3_convert_20090626094737

Kさん、石けんのこと色々アドバイス頂いただけではなく、こんな可愛いキャンドルまで頂いてどうもありがとうございました。
また、わからないことがあったら質問させていただきますので、色々アドバイスください。よろしくお願いします。

昼下がりのデトックストリートメント

今日は午後から久しぶりの全身トリートメントを行いました。
ピラティス&骨盤調整60分コースから帰ってきたCOOKを準備万端で待ちました。

帰宅後さっそくアロマベッドの上でデトックストリートメントを行いました。
全部で1時間20分。

クワサマッサージも取り入れて、ジュニパーベリーとゼラニウムとベルガモットのトリートメントオイルで行いました。

そうそう、今日はフェイシャルもクワサでマッサージしました。

トリートメントのすごいところは即効性があるところ。
今日もトリートメント後は二の腕はスッキリとし、腰はくびれ、Tシャツごしに見る背中もスッキリしています。
顔もスッキリしています。
効果がハッキリとわかるので、やる側の気持ちも満たされます。

ただ、これも続けないとしばらくするとまた元に戻ってしまうので、マメに行うことが大事です。

今日使用した精油
・ジュニパーベリー・・・3滴
・ゼラニウム・・・1滴
・ベルガモット・・・1滴

そして今日はCOOKがpappoのために40分のクワサマッサージをやってくれました。
最初にオイルを塗り、それからクワサによるマッサージをやってもらいました。
とても気持ちよかったです。
これからも時々やってもらおうと思います。

使用した精油は
・ローズマリー・・・1滴
・バジル・・・1滴

40分の短いトリートメントでも十分満足できました。

マメにやることが大事なので、これからは20分~40分のショートトリートメントでもいいから、もっとマメにやってあげたいと思いました。



大人COOK会託児ありがとうございましたぁ。

昨日は大人COOK会でした。
大人COOK会は親子COOK会とはまた違った雰囲気があります。親子COOK会では子どもが途中で飽きないようにこねたり叩いたりといった作業をふんだんに取り入れていますが、大人COOK会のときは親子ではやれないより本格的なメニューを作っています。
作ったメニューや、様子などはコチラをご覧ください。

昨日はSさんが助手をしてくれたので、pappoは安心して託児をすることができました。Sさんありがとうございましたぁ。

当初6人のお子さんをお預かりする予定でしたので、託児のヘルプをお願いしたところ、COOK友=pappo友が快く引き受けてくださいました。
託児2_convert_20090622172906
↑みんな楽しそうに遊んでいます。
とても助かりました。ありがとうございましたぁ。

そしてそして、託児をやってくれたCOOK友=pappo友のKちゃんから↓ステキなプレゼントを頂きました。
皮4_convert_20090622173520

↓皮製です。pappoのPです。
皮3_convert_20090622173457

↓そしてなんとなんと、これシールとしても使えるんです。
皮2_convert_20090622173438

Kちゃん、ラッピングの時に使わせていただきます。ありがとうございましたぁ。
皮1_convert_20090622173421
大切にしまぁす。

参加くださったお母さんの中に以前pappoのアロマテラピーの講習会に参加してくれた方がいらして、講習会以来、お子さんにアロマトリートメントをやってあげてるそうです。
最近はツボにも興味を持って、勉強を始めたそうです。

また、別のお母さんからはお子さんがマッサージが大好きなので、トリートメントに必要なキャリアオイルのことなど教えて欲しいというご相談を受けたりもしました。

こうしてアロマテラピーに興味を持ってくださるとpappoはとっても嬉しいです。
なにか知りたいことなどありましたら、COOK会終了後などにお気軽にお声をかけてください。

よろしくお願いしま~す。

押し葉 作品集ぅぅぅ

先日、友人の造園業を営んでいるT氏と話している時に、雑誌に掲載されている一枚の写真を見せてもらいました。
それは押し花ではなく押し葉の写真でした。
その作品がとても素晴らしく、pappoも子どもらと一緒にやってみたいと思いました。
そこで、雨上がりの夕方、自転車で20分ほどの公園に葉っぱを拾いに行き、子どもらと作品作りをしました。

↓これはpappo作。
裏庭と近所で拾った葉っぱだけで作りました。
押し葉1_convert_20090622212811

↓これは長女作。近所の駐車場で拾った葉っぱで作りました。
長女の几帳面な性格がよく出ているなぁと思いました。
押し葉2_convert_20090622212829

↓そしてこれは次女作。
次女はまだ小さいので葉っぱを作って魚や人の顔を作りたいと思うのかな? と思っていましたが、葉っぱを並べてこんな作品にしましたよ。
押し葉3_convert_20090622212847

↓お次はpappo作。
押し葉4_convert_20090622212903

↓次女作です。
押し葉5_convert_20090622212919

↓長女作。今度は長女もダイナミックな作品に仕上げました。
押し葉6_convert_20090622212935

↓これは次女作。同じ葉っぱで仕上げてます。
押し葉7_convert_20090622212950

↓これはpappo作。
額縁に入れたところ、長女が「これmappyんじゃない!」とちょっとむくれてました。
そして次女は「これ私の作品」と言って喜んでいました。
あのね、ゴメンね。二人の作品は額縁に入れようとしてズレてしまったのだよ。
また、つくろうね。
押し葉8_convert_20090622213006

T氏よ、楽しい遊びを教えてくれてありがと!
今度は善福寺公園まで遠出して、子どもらともっと色んな種類の葉っぱを見つけてこようと思います。
今度は一緒にやろうね~。

父の日そしてくちなしの花と赤じそのキャンドル

今日は父の日でしたね。
pappoの家でも、COOKと長女と次女がプレゼントとお手紙をくれました。

↓これは三人からもらった手紙です。
手紙_convert_20090621193508

↓前から欲しかった木箱もプレゼントしてくれました。
キャンドルボックス1_convert_20090621192346

↓キャンドル入れにしてみました。
キャンドルボックス3_convert_20090621192918

↓そしてこちらは精油ボックスにしました。
精油ボックス3_convert_20090621192601

それからそれから今日はこの↓くちなしの花を使ってキャンドルを作りました。
くちなしの花_convert_20090621191431

この花は造園業を営んでいるT氏(髪を切ってもうライオネル氏ではなくなってしまいましたが・・・)ん家の庭に咲いているものを大量に頂いたのです。
くちなしの花はとても匂いがいいんですよ。
この花でキャンドルを作ったらはたしてどんな色、そしてどんな匂いになるのでしょうか?

↓これがくちなしの花で作ったキャンドルです。
くちなしキャンドル1_convert_20090621191540

色は普通のキャンドルとほとんど変わりありませんが、つやつやとした光沢があります。匂いもとってもあまぁい香りがします。
くちなしキャンドル3_convert_20090621191635

↓火をつけたらさぞ甘い香りが部屋中に広がることでしょう。
くちなしキャンドル2_convert_20090621191816

T氏よ、今回もたくさんの花を頂いて、ありがとうございましたぁ。

それからお次は赤じそを使ったキャンドル作り。
作る前までは赤じそのほんのり赤紫色のキャンドルができるのかなぁと思っていました。
そして、実際に作ってみましたぁ。

↓これが赤じそのキャンドルです。
赤じそキャンドル1_convert_20090621192119

↓しその匂いがしますよ。
火をつけるとどんな匂いがするんだろ~
赤じそキャンドル2_convert_20090621192159

造園業を営んでいるT氏とは昨日も楽しい話をたくさんしました。
その中で雑誌にあった押し葉の写真にはビビッときました。
T氏よ、楽しい遊びを教えてくれてあんがと~。

今日は雨がやんだ後に一人で善福寺川へ葉っぱを見つけに行ったよ。
そしてA3版の額縁も買って来たから、デカイ押し葉もやってみるねぇ。



手作りキャンドル pappoの作品集ぅぅ

ここ数日間、自然素材を煮出したりクレヨンを削ったりして、キャンドル作りにはまりまくったpappo。
気づけばかなりの数のキャンドルを作っていました。

そこで、昨日作ったキャンドルと一緒に、これまでに作りためたキャンドルをアップいたします。

↓これは下からローズマリー、松葉、ユーカリを煮出したキャンドルです。
それぞれに香りが違うので、火をつけると時間が経つにつれ香りが変化していくと思います。
3種盛り1_convert_20090618162920

↓松葉(真ん中)は今回初めて作りましたが、いい色が出ました。
香りはスッキリとしています。
ユーカリ(一番上)は色はそう出ませんでしたが、香りはいいです。
どれも自然素材から抽出した色なので、深みがあって、優しい色合いです。
三種盛り3_convert_20090618164024

↓これまでの作品です。クレヨンを削って作った作品もありますが、今回はpappoお気に入りの自然素材で作ったキャンドルをご紹介させてください。
作品集1_convert_20090618163004

↓あっ、バラだけは自然素材ではなく、ピンクとホワイトのクレヨンを少量削って色づけしました。
クレヨンでもこんなに自然な色が出るんですね。
作品集2_convert_20090618163021

どれもこれも自然な色合いで、pappoはとても好きです。
香りもとても良くて、側を通るだけで火もつけてないのによく匂います。
どれもこれも愛着があり、火をつけるのがもったいないのです。

今度は花で色と香りを抽出してキャンドルを作るつもりです。
できたらまたアップしますね。




薔薇のキャンドルを作ってみました

↓あぁ、憧れのローズオット。その原料となるダマスクローズへの想いを込め、薔薇のキャンドルを作ってみました。

ローズ1_convert_20090618161416

↓バラの気品ある姿と奥行きのある香りにウットリしてしまふpappoなのです。
複雑に重なり合う花びらをイメージして作ってみたのです。
rose_convert_20090619090954.jpg


↓繊細な花びらをイメージして作ってみたのです。
ローズ3_convert_20090618161638

↓あぁ。。。そなたの名はローズ。。。
3トンの花びらから取れる精油はわずか1キロだけという。。。
あぁ。。。なんと高貴(高価)なお方。。。
ローズ5_convert_20090618161902

↓rose様へ献上された装飾品でございます。
rose_convert_20090619112125.jpg


おまけ
↓こちらはCOOK作。(COOKの希望により少し小さめの写真でアップしてます)
バラ_convert_20090618162233


自然素材でキャンドル作り 再び

最近自然素材から色や香りを抽出するキャンドル作りにはまってます。

↓まず、ローズマリーを煮出して作ったキャンドルです。
卵型を作ってみました。
卵型キャンドル_convert_20090618005927

↓卵パックに入れたりして。
卵型キャンドル2_convert_20090618005945

↓実は、ホントに卵の殻で型を取りました。
これは殻をむいて、型から出しているところです。
殻1_convert_20090618011653

↓もうちょっと。
殻_convert_20090618010651

↓これは昨日作ったものと同じ形で作ってみましたが、抽出がうまくいかずに、まだら模様になってしまいました。
ローズマリーキャンドル1_convert_20090618010009

↓昨日のキャンドルと並べて記念撮影!
ローズマリーキャンドル2_convert_20090618010033

↓これは乾燥ハーブを煮出して作りました。
色は薄いグリーンです。匂いも結構しますよ。
乾燥ハーブキャンドル_convert_20090618010114

↓そしてこれは造園業を営んでいるT氏(またの名をライオネル氏)からもらった月桂樹から抽出しました。
煮出している時は目立たなかったのですが、キャンドルになるとちゃんと色が出ていました。
ちゃんと月桂樹の香りもしますよ。
月桂樹キャンドル_convert_20090618010057

ライオネル氏からまた質のいい月桂樹をいただけることになっています。
それからくちなしの花も分けてもらえることになっているので、今度は花びらで匂いと色を抽出したキャンドルを作ろうと思っています。
楽しみ楽しみ。

自然素材で作ったキャンドルは匂いも色も自然でとても好きです。
ライオネル氏の好意で、石けん作りばかりではなく、キャンドル作りも楽しめそうです。
いつもあんがと~。


1時間20分の全身トリートメント

今日はご注文を頂いたシフォンケーキを2台焼いた後は、久しぶりにゆっくりした時間を過ごしたCOOKでした。
明日からは親子COOK会の準備などが始まりますので、明日に備えての全身トリートメントとなりました。

今日は1時間20分。
COOKのリクエストはまたもやデトックス。
最近はこればっか。
夏が近いからねぇ。
色々気になるところがあるみたいです。

そこで、今日は代謝アップと脂肪燃焼のはたらきがあるグレープフルーツを中心に、相性のいいカモミールローマンをミックスしてデトックストリートメントを行いました。
カモミール・ローマンは鎮痛、鎮静効果があり、自律神経を調整してくれるはたらきや肌の調子を整えてくれるはたらきがあります。

トリートメントの途中でクワサによるデトックスマッサージもまじえてやりました。
今日は昼間のんびりだったせいか、途中まで起きていてよく喋っていたCOOK、何度も「明日(のデトックス効果)が楽しみ」と言っていました。

クワサによるマッサージはCOOKのお気に入りです。
とても気持ちいいらしいです。
「クワサ気持ちいいよ。今日は私がやってあげる」と言っていたCOOKは今ガッツリ眠っています。

トリートメントが気持ちよかったから眠っているんだと思えば嬉しいのですが、やっぱりちょっぴりガッカリ・・・という複雑な気持ちですが、そのうちやってくれる日がくることでしょう。

今日使用した精油
・グレープフルーツ・・・4滴
・カモミールローマン・・・1滴
キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・25ml

COOKいわく、脂肪が溶けていきそうなアルコールっぽい匂いと言っていました。
最近カモミールローマンの匂いが苦手なpappoは正直ウッとなってしまいましたが、COOKは気に入ったようでした。
匂いは不思議なもので、人により好みは分かれるし、日によっても変わるんですよね。

それではまた。
今、隣の部屋の電気をちょっとつけたらパチッと目をさまして、「今度はpappoだね」と言って、すぐにまた爆睡状態に陥ってしまひました。
一応、やる気だけはあるみたいです。
ははは、それだけで十分です。
気持ちは受け取りましたので。

1時間50分の全身トリートメント

今日COOKはお友だちと大久保へ韓国料理を食べに行ったようです。
pappoはその間、J-comの機器交換の工事の立会いをしたり、キャンドルを作ったりしていました。

ところで、今日という今日は絶対にトリートメントをやると決意していました。
中々タイミングが合わずに一日一日とずれていったので、今日はなにがなんでも絶対にやる!と決めていたのです。

数日やらないとなんだかイライラしてくるんですよ。
それは別にpappoが奉仕の精神を持ち合わせているという意味ではなく、pappoも精油の匂いに癒されているんだと思うんですよね。
それから手のひらを通して伝わる肌のぬくもりや、トリートメントをする時の安らかな気持ちを味わいたいと心のどこかで思うのでしょうね。

そんなわけで、今日は久しぶりの全身トリートメントとなったので、割と長時間のトリートメントとなりました。
全部で1時間50分、間にクワサでのデトックスマッサージも交えながらのトリートメントとなりました。

使用した精油は
・ジュニパーベリー・・・2滴
・サンダルウッド・・・1滴
キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・20ml

バストアップトリートメントに使用した精油
・ゼラニウム・・・1滴
・スィートアーモンドオイル・・・5ml
です。

バストアップトリートメントに適した時期についてはコチラを参照ください。

クワサでのトリートメントは太ももと二の腕に行いました。
とてもやりやすいです。

トリートメントは運動によるダイエットとは痩せる理由が全く違うと思うのですよpappoは。

運動は脂肪の燃焼と代謝アップにより痩せるのでしょうが、トリートメントでの痩せは血流アップやリンパの刺激により老廃物の排出を促すことで水太りやむくみを取り去り、結果として痩せるということで、まったく違うんですよね。

そのため運動による痩せは体重が減る代わりに体の線は全体的にほっそりしていくでしょうが、トリートメントによる痩せは体重はそう変わらないかもしれないけど体の線は美しくなりますねえ。
おまけに肌も美しくなります。

トリートメントはやるとすぐに効果が出ます。
脂肪燃焼による痩せは効果が出るまでに相当の期間が必要ですが、トリートメントはすぐに効果が見られるんですよね。
でもしばらくやらないとまたむくみますから体の線は元に戻っていきます。
ですので、大事なことはマメにやるということなんです。

pappoのリンパドレナージュの講習会に参加くださった皆さんの中には毎日習慣づけている方もいらして、お腹や肩や首のラインがあきらかにほっそりしているんですよね。

続けることで美しくなれるのでね、これからも是非続けて欲しいと思います。

ところで、今日の全身トリートメントの話に戻りますが、そんなわけでCOOKの二の腕と肩はトリートメント終了後は明らかにほっそりしていました。
トリートメントの良いところは、即効性があり激しいリバウンドがないことです。
また、続けることで、むくみやすかった体質も改善され、美しいラインを取り戻すことができるところです。

今日の香りはベースノートのサンダルウッドをミックスしたため、香りが持続しました。
COOKもアロマベッドから起き上がった時フワッと香りが漂って、「今日の香りはこれまでで一番好き!」と言っていました。

明日まで香りが続くと思うよと言うと嬉しそうにしていました。

そういうわけで、pappoもそろそろ寝ます。
おやすみなさい。

自然素材でキャンドル作り

今日は、3種類の植物を使ってキャンドルを手作りしてみました。
↓これは乾燥したローズマリーを煮出して色と成分を抽出しました。
自然な色合いがとても好きです。
ローズマリーキャンドル1_convert_20090616161516

↓これは庭に生えまくっているドクダミを煮出して色づけしました。
火をつけていなくても、ドクダミの匂いがします。
ドクダミの葉にはデカノイルアセトアルデヒドとラウリールアルデヒドが含まれていて、この匂い成分には強い抗菌性や抗かび性があります。
また、この成分には蓄膿症を改善するはたらきがあるなど、効能たっぷりのキャンドルです。
ドクダミキャンドル_convert_20090616161438

↓これは乾燥ラベンダーを煮出して作ったキャンドルです。
白色ですが、雰囲気のある色になりました。
火も付けてないのに、すごく匂います。
生ラベンダーだと葉と花を抽出するとグリーンになるそうです。
ラベンダーキャンドル_convert_20090616162351

自然素材を使ったキャンドル作りは葉や花を1時間も煮出さなければならないなど、作業がとても大変なんですが、それでも優しい色が出るのでpappoは好きです。

ちなみに、ハーブの種類とキャンドルの色は以下のようになるそうです。
☆ラベンダー 花、葉→グリーン
☆ガーデンセージ 花→オリーブグリーン
☆ローズマリー 葉→黄土色
☆オレガノ 葉→グレー
☆ゼラニウム 葉→ベージュ
☆ミント 葉→薄いグリーン
☆タイム 葉→薄いグリーン
☆マジョラム 葉→オリーブグリーン
☆アイ 葉→ブルー
☆マリーゴールド 花→黄色
☆カモミール 花、葉→薄いオリーブグリーン
このほか
☆レモングラス→薄いグリーン
☆ミントゼラニウム→黄色

色はこの本からの抜粋です。
はじめてつくる四季のキャンドルはじめてつくる四季のキャンドル
(2004/11)
牛島 功美子

商品詳細を見る


おまけ
クレヨンを削り入れて色づけしました。
茶キャンドル_convert_20090616165512

↓色の組み合わせを考えるのが楽しいキャンドルです。
縞キャンドル_convert_20090616165529

↓ガラス容器に入れて作りました。
ガラスキャンドル_convert_20090616165547


花キャンドルを作ってみたよん

↓花キャンドルを作ってみましたぁ。
花の形の影が重なり合ってキレイですねぇ。
キャンドル1_convert_20090615134252

↓大皿に水を張って、浮かべてみましたぁ。
花キャンドル2_convert_20090615134311

↓肌色と黄色を混ぜ合わせて色を出しました。
優しい色合いになりました。
花キャンドル3_convert_20090615134324

↓炎を眺めていると、気持ちが安らぎます。
花キャンドル4_convert_20090615134339

おまけ

↓同じ色で別の形のキャンドルも作ってみましたぁ。
キャンドル1_convert_20090615174246

↓近所の雑貨屋さんでキャンドル用の棚を購入しました。
棚1_convert_20090615174307

↓こんな感じ
棚2_convert_20090615174321


ちょっとキャンドルを作ってみたよ

最近、キャンドルを手作りしています。
ここにご紹介しているキャンドルは全部百円ショップのろうそくを溶かして作りました。

今は色々思いつくまま試しているところです。

↓これは紅茶を使って色を出してみました。
香りも少しだけします。
teaキャンドル_convert_20090614214032

↓紅茶で色を出したのに、グリーンになりました。
いい風合いの色だと思いませんか?
teaキャンドル2_convert_20090614214049

↓これは普通の白いキャンドルと蜜ろうを混ぜて作りました。
蜜ろうが入ると色合いが優しくなりますよね。
蜜ろうキャンドル1_convert_20090614214226

↓もっと蜜ろうを増やせば、はちみつのように甘い香りがするのでしょうが、まだ色々試しているところなので、少なめに使用しています。
蜜ろうキャンドル2_convert_20090614214242

↓これは陶器を使って作りました。
それぞれに違う精油を垂らしてみました。
小さいキャンドルもカワイイですね。
キャンドル小1_convert_20090614221807

↓火をつけると、いい匂いがしましたぁ。
小さい炎もカワイイですね。
キャンドル小4_convert_20090614221926

↓これは近所の公園で集めてきたユーカリの葉です。
枯れた葉からは精油の匂いとは違うけど、いい匂いがするんですよぉ。
ユーカリキャンドル1_convert_20090614214109

↓そのユーカリの葉を使ってキャンドルを作ってみましたぁ。
割といい色が出ました。葉の量が少ないのであまり目立ちませんがちゃんと匂いはします。
ユーカリキャンドル2_convert_20090614214127

↓これはクレヨンを削って、色出ししてみました。
赤キャンドル1_convert_20090614214151

↓灯すとこんな感じになりました。
赤キャンドル2_convert_20090614214207

↓最近は一日一回、部屋の明かりを全部消して、ろうそくの灯りだけで家族で話をするんですよぉ。
ほんの数分間ですけど、中々楽しい時間です。
キャンドル3本_convert_20090614214300

↓ろうそくの灯りからはマイナスイオンが発生するそうですよ。
優しい炎に心身共に癒されますよね。
キャンドル3本2_convert_20090614214316

それから昨日パラフィンを買ってきたので、さらに色々試してみたいと思います。
手始めに今干しているラベンダーを煮出して作ってみようと思っています。

タオルについた酸化臭を取り去る方法

グレープシードオイルは使い心地が軽く、トリートメントにも適したオイルだと思いますが、欠点は酸化臭がタオルにつくと洗っても中々取れなくなってしまうことです。
αリノレン酸を多く含んだシソ油やエゴマ油は酸化しやすいので、やはり酸化臭がタオルに付きやすくなります。

これはクサイばかりではなく、肌にも良くありません。
サロンではどうしてるのかと思い調べてみたら、あるサイトに「捨てる」と書いてありました。
酸化臭がついてしまったタオルから匂いを取り去るのは中々大変なのです。

先日pappoは試しに重曹を使ってみました。
計量カップに半分ほど洗濯機に入れて、洗濯機をよく回して水に溶かし、それからタオルを漬け込んで、3~4時間ほどほっときました。
その後、いつもどおりに洗濯して、天日に干したところ、殆どにおいは消えましたが、まだすこぉぉぉしだけ残っていました。
重曹の量を増やすか、漬け込む時間をもっと多くするといいのかもしれません。

天気の良い日にまた試してみます。

ではでは。

先日長女が・・・

先日、夜の11時頃? に長女が起き出してきました。
翌日、パートナーのためのアロマテラピー講習会を予定していたpappoは、COOKを相手にトリートメントのデモを行っているところでした。

「どうした? 目さめたの?」と聞くと「うん」とうなづいて、COOKが寝室へと連れて行きました。
しばらくすると、長女が足が痛いと言って泣いてるというのです。

pappoは常備しているラベンダーのトリートメントオイルにティートリーを1滴混ぜて寝室へ行き、すぐにベッドの脇に座らせて、「足が痛いの? どこが痛いの?」と尋ねて、長女が痛がる場所をトリートメントしました。
「ほかに痛いところある?」と尋ねると、「大丈夫」と言うので、「どこか他にしてほしいところある?」と重ねて聞くと「おなかと背中」と答えたのでやってあげました。

「ほかにはない?」と聞くと「もうない」と言うので、pappoはリビングへ移動しました。
後でCOOKに聞いたら、その後はケロッとしたように、すぐに寝てしまったとのこと。

おそらく、pappoがCOOKへトリートメントしていたことがなーんとなくおもしろくなかったのでしょう。
なんでママばっかり。。。とでも思ったのかもしれません。
大人だってヤキモチやくもんね。寂しい時だってあるしね。子どもなら尚更だよね、と思います。

そうそう、ベッドはクッションが柔らか過ぎて、トリートメントには不向きですので、カーペットや畳や布団や座布団の上などで行うといいと思います。
また、子どもへは一つひとつ希望を聞いて、その通りにやってあげると、大抵は満足してくれるように思います。

昨日は次女がコンコン咳をしていたので、ティートリーでトリートメントしてあげました。
隣で見ていた長女は、ぜんぜん興味なさげにしていました。
昔なら「ずるい、私もやって」と言っていたのに。
でも「やる?」と聞くと、即座に「うん」と答えたので、なんだ・・・やって欲しかったのか・・・と思いました。

長女も段々気持ちをストレートに言わなくなりつつあるのかな?
どうなんだろ?
よくわかりませんが、そういう年頃なのかもしれません。



1時間10分の全身トリートメントそしてクワサ

先日pappoのパートナーのためのアロマテラピー講習会に参加してくださった方々からわが家でもトリートメントしてみましたというメールを頂いています。
やり始めると、いろんな「?」が頭の中に浮かぶと思いますが、そんな時にはいつでもメールくださいね。

ところで昨夜はわが家でもcookに1時間10分の全身トリートメントを行いました。
デトックスでお願いしますとリクエストを受け、使用した精油はジュニパーベリーと、ジュニパーと相性のいいゼラニウムです。

そして昨夜わが家のトリートメントに颯爽と登場したのが「クワサ」です。
皆さん、クワサってご存知ですか?
これはcookのお友だちで陶芸作家のKAZUちゃんが教えてくれたものです。
KAZUちゃんはご主人のお仕事の都合で、マレーシアのペナンで暮らしていましたが、現地でのマッサージにこのクワサが使われていたそうです。

↓クワサとは、水牛の角などで作ったへらで体を擦り、体内にたまった老廃物を皮膚の表面に浮き上がらせ排出するデトックス効果の高い伝統療法だそうです。
クアサ1_convert_20090612085727

↓水牛の角は、天然のものなので皮膚に優しくお肌もツルツルになるらしいです。
クアサ2_convert_20090612085846

↓また、デトックス作用が期待できるとして漢方でも飲まれていたほどで、クワサをすると解熱・解毒作用があるといわれているそうです。
クアサ3_convert_20090612090023

使い方は、オイルなどを塗布した後、クワサ板で経路やツボ、反射区などに沿って擦ります。
血行促進作用があるので肩こり、腰痛、背中の張りなどに良いそうです。
クアサ4_convert_20090612090236

「オケツ」は血流の悪いところなどに溜まった流れの悪い血液だそうです。
クワサは直接皮膚を擦って体内から「オケツ」を浮き上げると、「サ」という内出血のようなアザができるそうです。
「サ」の色は黒っぽいものや薄いピンクなど状態によって様々で、「オケツ」のないところに「サ」は出ないので、「サ」の出ている部位により、弱まっている内蔵や筋肉の疲れなどを知ることができるそうです。
「サ」は3~10日で消えるそうです。
クアサ5_convert_20090612090617

クワサ用オイルはアロマオイルを使用しました。
オイルでアロマトリートメントした後、デトックストリートメントを行い、そしてクワサをやるという三つのトリートメントで体内の老廃物の排出を促しました。
クアサ6_convert_20090612090939

昨夜初めて使用しましたが、cookはかなり気持ちいいみたいです。
pappoはこんなに強くやっていいのかな? と半信半疑でやりましたが、表面がスベスベしていて、角も丸いので、かなり強めに擦っても気持ちいいみたいです。
クワサでひと擦りすると、肌の内側でプチプチという感触がクワサ板を通して伝わってきます。
セルライトは肌の下でカプセル状になっているらしく、アロマトリートメントで行うタッピングはそのカプセルを壊すためにやるのですが、クワサ板でひと擦りするのもかなぁぁぁり効果的なのではないかと思いました。
クアサ7_convert_20090612091357

東京や大阪? でクワサを取り入れているサロンがほんの数箇所あるそうですが、水牛の角ではなく、石を使用しているそうです。
pappoもこの水牛の角でできたクワサ板を入手するのにはとても苦労しました。
あきらめかけた頃にKAZUちゃん宅からクワサ板の販売元を教えてもらったのです。
この販売元のサロンでは水牛の角でできたクワサ板で施術しているようですが、残念なことに場所が兵庫なんですよぉ。(遠くて行けないよぉぉぉ~)
クアサ8_convert_20090612091632

ケースも作っちゃいました~
ケース1_convert_20090612125518

大事に使います。
ケース2_convert_20090612125534

最後に、参考までにお手入れの方法も書いておきます。
水分に弱いため、使用後はキレイに拭いて、乾燥させてから保管する。
お風呂など湿気の多い場所に保管すると、ひび割れて劣化する。

施術上の注意事項
□施術1時間前もしくは施術中は食べ物を口にしてはいけません。
□施術後すぐの入浴は体力を消耗するため控える。
□日焼けしやすい場所(腕外側、背中、首の後ろ)は上→下へ
□日焼けしにくい場所(腕内側、腹、首の前)は下→上へ

このサロン、手書きの手紙を送ってくださり、クワサ板の使用上の注意点やクワサのやり方など細かく書いてくださいました。
また、クワサ板以外に、注文していないアロマトリートメントオイルを一緒に送ってくださいました。
細かい点まで行き届いたサービスが嬉しかったです。

使用済みのローズマリーは

↓石けん作りのためのインヒューズドオイル作りに使った大量のローズマリー。
このまま捨ててしまうのはもったいない。
エコにも気を配る時代、ゴミにしないで、ほかに何かに使えないかと考えてみました。
ローズマリー2_convert_20090611145531

↓このローズマリーには、ピュアオリーブオイルが染みこんでいますし、ローズマリー自体に肌を引き締める収れん作用があり、さらにローズマリーは髪の毛にもとてもいいので、「そうだ!お風呂で使おう」と思いました。
ローズマリー1_convert_20090611145515

ローズマリー精油のトリートメントオイルをお風呂に垂らして入浴すると、肌がしっとりスベスベになりますから、同じような効果があるんじゃないかと期待しちゃいます。

このローズマリーをガーゼの袋に入れて、お風呂にポちゃんと落として、そのまま入浴してみます。

↓こんな感じで。
中身_convert_20090611152813

↓今日、お風呂で使ってみます。
袋1_convert_20090611152832

リボンも同じ柄の生地で。
袋2_convert_20090611152847

ローズマリーには血圧を上げてくれるはたらきもあるので、とても温まるのではないでしょうか。

もし、とても気持ちよかったら、小分けして、お友だちにも配りませう。


松葉オイル作り

以前、造園業を営んでいるT氏(またの名をライオネル氏)から大量の松葉を頂きました。

↓新芽の部分だけを摘み取りました。松のスッキリした香りと、柑橘系の香りが部屋いっぱいに広がりました。
松葉_convert_20090611142109

↓ピュアオリーブオイルに漬け込みました。
松葉オイル2_convert_20090611142146

1ヶ月ほど寝かせた後に、石けん作りに使います。

ライオネル氏よ、いつもあんがと~。


ラベンダーインヒューズドオイル作り

以前、大量のラベンダー造園業を営んでいるT氏(またの名をライオネル氏)から頂きました。

1ヶ月間、天日で乾燥しまして、今日、オイルに漬け込みました。
ラベンダーオイル_convert_20090611141258

枝もとてもいい匂いがしたので、一緒に漬け込みました。

しばらく寝かせて、それから石けん作りに使用します。

ライオネル氏よ、いつもあんがと~。

ローリエの葉っぱ、乾燥!

先日、造園業を営んでいる友人のT氏(またの名をライオネル氏)から大量にもらった月桂樹を枝から取りました。

↓こんなにたくさんのローリエの葉っぱ。
少し乾燥し始めていますので、もういい香りがしています。
ローリエ_convert_20090611140705

↓これから乾燥させます。
乾燥へ_convert_20090611140719

↓チャックして、これから数週間、乾燥させ、それからオイルに漬け込み石けん作りです。
チャック_convert_20090611140632

楽しみです。

ライオネル氏よ、いつもあんがと~。


精油入りシャンプー&リンスを¥

↓今日は、精油入りのシャンプーとリンスを作ろうと思い、近所のmy雑貨屋(百円ショップ)でシャンプーとリンスの容器を買ってきました。
よく水洗いして、乾かします。
シャンプーケース_convert_20090611135445

↓近所の薬局で買った無添加、無香料の石けんシャンプーと石けんリンスです。
初めて購入しましたので使い心地はわかりません。
シャンプーリンス_convert_20090611135530

シャンプーとリンスのラベルを貼って、それぞれの容器にシャンプーとリンスを詰め、精油を垂らしました。
シャンプーに使用した精油はローズマリーとゼラニウムです。
シャンプー中_convert_20090611135546

↓リンスに使用した精油は、イランイランとラベンダーです。
リンス中_convert_20090611135605

どちらもとても高級ちっくな香りがしますよ。(ほほほ)
(容器は100円なのに。。。)


ローズマリー石けん作り

前回のローズマリー石けん作りは失敗しました。

写真をアップしようと思いましたが、見ると気持ち悪くなるので、やめときます。

前田京子さんの↓の本によると、
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブックオリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
(2001/03)
前田 京子

商品詳細を見る

石けん作りには、この4つさえ押さえれば失敗はないというツボがあるようです。
それは、
①分量を間違えないこと
②混ぜ合わせる時の温度管理をきちんとすること
③最初の20分はきちんとかき混ぜること
④タネを型に流しいれるタイミングをきちんと見きわめること

前回は、この中の④ばんめをちゃんとやれていなかったので、この点に注意して、再度チャレンジしてみました。

前回はけん化が早く進んだので、今日は苛性ソーダ水溶液とローズマリーオイルの温度を38度に合わせてから、混ぜ合わせました。(前回は40度)
そして前回よりゆっくりとけん化が進むようにしました。
また、前回よりふた周りほど小さい泡だて器を使いました。

そうだ、あともう一つ改良点があります。
ローズマリーオイルに苛性ソーダ水溶液を加えていく時のスピードを前回よりさらにゆっくりめにして、泡だて器でちゃんとかき混ぜながら混ぜ合わせていきました。
(前回は、全部入れてしまってから混ぜ始めてしまいました)

これらを改良した結果、今のところけん化はうまく進んでいってます。
けんか_convert_20090611151701

オリーブ石けんの型入れまでの目安は大体24時間ですが、今回のけん化の進み具合を見ていると、大体同じぐらいの時間を待っての型入れになりそうな感じです。

今度こそ、いい石けんができるといいのですが。。。
今回は、ローズマリーの一番香りの強い新芽の部分から抽出したオイルも使っているので、どうなるか楽しみです。

失敗は成功の元。
失敗も貴重な経験です。

次、張り切っていきまーす。

杉並区子育て応援券事業者に認定されましたぁ

今日は皆様に嬉しいお知らせがあります。
先日、杉並区の子育て応援券事業者への認定が決定し、今日、子育て応援券事業者説明会に参加してきました。

そして今日から子育て応援券がpappo主催の親子講座に使用できることになりました。

oenken_logo_convert_20090609203153.jpg

これから「親子でアロマテラピー体験会」や「親と子のトリートメント講習会」や「親子で虫よけスプレーを作ってみよう」といった会や「親子で日焼けあとのケア用スプレーを作ってみよう」などなどの様々な親子参加、あるいは集いの場としての講座を開催してまいります。

その時は杉並区の子育て応援券が使用できますので、皆様どうぞお気軽にご参加ください。

また、応援券は使用できませんが大人だけの会も開催してまいりますので、こちらも親子参加プログラム共々よろしくお願い致します。

それから、こんな会があったらいいのに。。。というご要望やアイデアなどございましたらお知らせください。
できる限りご要望にお応えしてまいりたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

また、幼稚園や保育園などでの開催を希望される方などいらっしゃいましたら、pappoaroma@gmail.comへお気軽にお問い合わせください。

今後とも、pappoのアロマテラピーをよろしくお願い致します。

マスキングテープ

今日COOKが西荻の1weekshopでマスキングテープを買ってきてくれました。

マスキングテープ_convert_20090609202025

どれから使おうかな?

ありがとね。

アロマハンドトリートメント ボランティア参加

先月の両国のデイケア施設に続き、今日は2回めとなる神楽坂のデイケア施設でのボランティア活動に参加してきました。

この活動はNPO法人の日本アロマテラピー活動サポートセンター主催によるもので、都内各所の医療機関や施設などのご協力を得て開催されています。

pappoはこの団体主催のボランティア養成講座を受講し、当団体のボランティア資格を得て活動を始めたばかりです。

今日は3人のボランティアと1人の引率者の合計4人での参加となりました。
そしてpappoは5人の方々のハンドトリートメントを行いました。

1人目の方は、指先が曲がり、手の甲の関節が変形し、少し痛みがあるとのことでした。
ですので、一つひとつ「これから指先をやります。痛かったら遠慮なく言ってくださいね」と確認しながらトリートメントを進めさせて頂きました。
趣味はなく、夜中に目が覚めることも多いとのことで、そういう時はしかたなく朝まで起きているよと微笑んでおられました。

2人目の方は、シスターの修道服を着ておられました。ピアノとオルガンが大好きで毎日弾いているとおっしゃいました。
とても気持ちいいと言ってくださり、終了後はアナタのために祈りますとおっしゃってくれました。

3人目の方は、とてもオシャレな方で、近所の美容院の先生がとてもオシャレな人で「アナタももっとオシャレしなさいって叱られるのよ」と微笑んでおっしゃる方でした。
年齢は80歳を超えているとのことでしたが、とても溌剌として、肌も柔らかく、血色も良く、肌もスベスベでした。
編み物が趣味で、今は近所の赤ちゃんのためのものを編んでいるところで、「もらってくれるかしら」と微笑んでおられました。

4人目の方は、今日初めてこちらのデイケアセンターを利用された方でした。
数年前にご主人が認知症になり、その介護のために長い間大変な苦労をされ、腰を痛め、また手の指が曲がってしまっていました。
それでも指先に痛みはないとのことで、マッサージを気持ち良さそうに受けてくださいました。
今は嫁いでいかれた娘さんと離れて一人で暮らしているそうです。
テレビのドラマで自分に似たような話があったりすると、色々考えてしまって眠れなくなるのよねぇと言っておられました。
以前足を骨折して入院した時にご主人にとてもお世話になったそうで、色々世話をしてあげたいけど施設が遠いから、中々行くことができないと言っておられました。

5人目の方は、大変明るい方でした。手と腕がとても冷たかったのですが、トリートメントをすると、手の血色が良くなり、pappoの手のひらでも血流が良くなったのがわかるほどでした。
そしてしきりに「手があったかくなった」と繰り返され、実際、手も腕も温かくなりました。
「苦労はいっぱいしてるけど、明るくいかなきゃね」と微笑みながらおっしゃっていました。

皆さん、それぞれ様々な苦労もおありの様子でしたが、皆様、一様に明るく、前向きに物事に接していこうとされていることに心を打たれました。

ほんの短い時間ですが、人生の先輩にお話を伺い、心を動かされたり、「ありがと~」と感謝して頂いたり、また、デイケアセンターのスタッフの皆様の献身的なお世話の様子を垣間見ることができて、様々な想いが胸にわきあがってきます。

pappoたちはわずかな時間、トリートメントを行うだけですが、スタッフの皆様にはきっと様々なご苦労もおありだと思います。
そういうことに想いを馳せながら、今日も施設を後に致しました。

まだ2回目の参加ではありますが、深い癒しの想いが胸にこみ上げ、心がホッと温かくなります。
これもマッサージを受けてくださる皆様から頂く温かい笑顔のおかげだと思っています。

このような機会を作ってくださるNPO法人の日本アロマテラピー活動サポートセンターにも大変感謝しています。


blogに紹介くださってありがとうございます。

先日、pappoのアロマテラピー講習会に参加くださった皆様がご自身のblogで会のことを紹介してくださいました。

つたない内容の講習会にも関わらず、たくさん嬉しい言葉を頂いて感激しました。
本当にありがとうございます。

これからも色々な会を企画していきますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

↓「pappoのセルフリンパドレナージュの会」に参加してくれたnabeリンのblogです。いつもCOOK共々盛り立ててくれてありがと~。
連絡係もあんがと。それからサシェの件もお世話になります。
co*co*keiki ハンドメイド日和

↓同じくセルフリンパドレナージュの会に参加してくれたhononちゃんのblogです。
また参加してネ!
ふんわり布雑貨   honon*honon

↓「pappoのパートナーのためのアロマテラピー講習会」に参加してくれた造園業を営んでいるT氏(またの名をライオネル氏)のblogです。またなんだかんだ、あれもこれもやろーね!
GARDENING APE

↓同じくパートナーのためのアロマテラピー講習会に参加してくれたいろどりちゃんです。
この会の参加を友だちに呼びかけてくれました。
連絡係あんがとね。
イロドリちゃんのブログ



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。