pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
ゴマ油の使用感

太白ゴマ油のパッチテストも異常がなく、しそ油とゴマ油をミックスしたオイルでのパッチテストでも異常が見られませんでした。
最後のミックスオイルでのパッチテストは短時間で肌に異常が出るかどうかのテストしかしていませんが、別々に48時間のテストを行ったので大丈夫だと思います。

そこで、さっそく精油を足して、セルフトリートメントを行いました。
しそ油:太白ごま油=1:4の割合でミックスしたオイルに4種類の精油を各1滴ずつ、1.5%の濃度になるよう希釈してみました。
使用した精油は
・ペパーミント
・ローズマリー
・オレンジスィート
・グレープフルーツ

まずオイル自体は無色で匂いもありません。
ただ、肌に塗ってみると、いつも使っているスィートアーモンドオイルよりも少しべた付きがあります。
でもベタベタするという感じではありません。
塗った後、30分ぐらいは少しべた付いた感じがありましたが、それを過ぎる頃からは肌もサラリとしていました。

あと、精油の匂いがあまり目立たなくなるのは意外でした。
いつもより濃い目に使用したのに、匂いはそれほど目立ちません。
でも、肌にはいつまでも精油の匂いが残っていました。

普段は塗ってしばらくすると、肌には精油の匂いがほとんど残っていませんので、そこが違いました。

これって精油が肌の中に浸透していってないってことなのかな?とちょっと思わないでもないですが。

肌のすべりはいいです。
でも、スィートアーモンドオイルに比べるとちょっとモタッとした感じです。

今日、荻窪の「カルディー」にオイルを見に行ったら、九鬼の太白ゴマ油(340gで748円)やαリノレン酸が豊富な亜麻の実油(170gで1080円)や荏胡麻油(エゴマ油170gで1039円)などがありました。

あと、石けん作りに使えるパームオイルが500gで998円で売ってました。

食用だと思うと、ゲッ高い!と思わず手を引っ込めてしまいそうになりますけど、キャリアオイル用にと思うと、安っ!と思ってしまうのが不思議ですねぇ。

色々な油を売ってましたが、残念ながら月見草油はありませんでした。
そういえば、すごくバカ高いゴマ油がありましたよ。
熊本産の玉締め製法で作られた「国産黒ゴマ油」(95gで2940円)これは黒ゴマって書いてありますけどオイルは透明でした。
ちっちゃ~いビンに入ってこの値段ですからね。
これは食用だろうが、マッサージ用だろうが、高っ!って感じですよ。

どんな油だろう!?って興味津々ですが、見なかったものとして帰りました。



1時間30分の全身トリートメント

また少し間があいてしまいましたが、今日は1時間30分の全身トリートメントを行いました。
日中、長女と次女を連れ動物園へ行ったCOOK、帰宅した後も子ども達は元気いっぱいでしたが、COOKはさすがに少しお疲れぎみでした。

「今日はあるかな? あったらいいな」という控えめで遠慮がちなリクエストを受けてのトリートメントとなりました。

今日はpappoが作った精油の一覧表を見ながら、COOKに好きな精油を選んでもらいました。
COOKが今日選んだ精油は
・パチュリー
・バジル
・グレープフルーツ
それを1滴ずつくわえながら、匂いをチェックしていき、最終的な滴数を決めていきました。
その結果、
・パチュリー・・・1滴
・バジル・・・1滴
・グレープフルーツ・・・3滴
というブレンドになりました。
パチュリーの重厚な香りとグレープフルーツの柑橘系のフルーティーな香りがうまく混ざり合い、落ち着いたトーンのでもどこか明るい香りとなりました。

今日はタオルワークにも気を配りながらトリートメントを行いました。
COOKはいつもと違うタオルの使い方に「いいね、これ。なんだかお客さんって感じ。大事にされてるって感じがいい」と喜んでくれました。
でも、そんなに変えたわけではなく、いつもよりも少し丁寧にやっただけなんですけどね。
それでもタオルが肌に降りていくスピードとかで、やっぱりしっかり伝わるものなんですね。

今日は足首と腰と肩が特に冷えていました。
この季節に冷え? って意外に思われるかもしれませんが、冷えは真夏でもありますので、手のひらで温めてあげると、血流がよくなり、体調不良も改善されます。

今日は主に、掌底で圧す、親指の関節で圧す、手のひらで包む、手のひらで温める、軽擦、強擦、揉む、叩くという手技を使って、体をほぐし、血流を良くしていきました。
また、新しく開発した技を試してみたところ、COOKに好評でホッとしました。
トリートメント終了後、COOKは「はぁぁぁ」とため息をついた後で「やっぱり全身はいい~」とつぶやいてました。
ははは。
そんなに喜んでもらえるとこっちまで嬉しくなるよ。

全身トリートメントをやると、こっちまでゆったりした気持ちになって、静かな気持ちでCOOKと向き合えるので、とてもいいです。
おまけに翌日のCOOKは元気溌剌だし。

今はぐっすりと眠っているCOOK。
そんなCOOKを眺めていると、いつもしみじみとした気持ちがわきあがってきます。
この不思議な気持ちはいったいなんだろう? と思います。

これからも静かな気持ちで、pappo自身のためにも、もっとたくさん全身トリートメントをやってあげたいと思います。

キャリアオイルのこと

ホホバオイル、マカダミアナッツオイル、スィートアーモンドオイル、グレープシードオイルはキャリアオイルによく使われるし、ネットや本にもいろんな解説が載っているので、今日はそれ以外のオイルのことに触れてみたいと思います。

「ローズヒップ油」
リノール酸を43.9%、αリノレン酸を33.9%ととてもバランスよく含んでおり、細胞組織を修復し、肌の老化を抑制するはたらきがあるといわれます。

「アボカド油」
カロチン(ビタミンA)やビタミンEなどを豊富に含み、エモリエント効果が高いので、美容オイルとして用いられます。
単独で使用するより、ほかの植物油に5~10%の割合でブレンドして用いられます。

そして、pappoが今注目しているのは↓
「月見草油」
ガンマリノレン酸を9%ほど含んでいます。
ガンマリノレン酸は必須脂肪酸であるリノール酸が体内でホルモン質であるプロスタグランジンに代謝される過程で生成する物質です。
しかし、ストレスや酒、タバコなどの阻害要因があると、代謝がうまくいかず、ガンマリノレン酸の不足が生じます。
したがってプロスタグランジンが十分に生成されないためアレルギーや生理痛、肥満などの症状が発現します。
このためガンマリノレン酸を体外から補給してやろうというのが月見草油を用いる目的です。
月見草油も他の植物油に10%の割合でブレンドして用います。

ほかにも注目株のオイルがたくさんありますよ。
たとえば、
「ククイナッツ油」
ハワイ州の州木、ククイの木から採取するオイルです。
リノレン酸とリノール型必須脂肪酸を豊富に含んでいます。

「セントジョーンズワット油」(別名ハイペリカム油)
この植物油自体にいろいろな治療特性があるといわれています。
・皮膚の温度を低下させる作用があるので、日焼けを含むヤケドと炎症に
・夜尿症に腰のマッサージに使用されます。
・痔、痛風、リューマチ、じんましん、ヘルペスなどに用いられる。
・カレンデュラ油との各50%の混合は挫傷と打撲に効果的。

「カレンデュラ油」
マリーゴールド(和名キンセンカ)の花を他の植物油に浸す浸出法により抽出します。
創傷治癒作用、抗痙攣作用などがあります。

以上、↓の本を参考にしました。
アロマセラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典アロマセラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典
(2001/03)
レン プライスイアン スミス

商品詳細を見る


ベーシック アロマテラピーの事典ベーシック アロマテラピーの事典
(1998/10)
林 真一郎

商品詳細を見る


以前、この記事で、「食用油は本当にキャリアオイルに使用できないのか?」というテーマでいろいろ調べたんですが、結局答は出ずじまいでしたが、今日、油屋さんが書いたおもしろい記事を見つけたので、ご紹介します。
それはコチラです。

なぜ食用油を作る企業がマッサージにも使えるとは答えないのか? そして、実際に食用油はマッサージに使えるのか? といったことを油屋さんが言葉を濁すことなく、わかりやすく書いています。



西洋医学と自然療法の両立

またもや同じ本からの抜粋です。

西洋医学の考え方は、パスツールの特定病因論に代表されます。
これはコレラはコレラ菌、赤痢は赤痢菌という具合に病気とその原因が1対1で結びついているというもので、治療のコンセプトは病気の原因である菌を医薬品で狙い射ちするというものです。

一方、自然療法の考え方はクロード・ベルナールが唱えたテラインという考え方に代表されます。
テラインとは土壌とか環境という意味ですが、彼は人間の体の中を一種の環境(体内環境)と捉え、環境が悪化した状態を病気と捉えました。

従って治療は体の外にいる菌に目を向けるのではなく体の中の調和を取り戻すことに向けられるのです。

ストレス社会の進展や本格的な高齢化社会を目前にひかえ、ふたつの医学を確信をもって選択し、賢く使い分けることが必要です。
それにはそれぞれの医学の長所と短所を良く知っておくことが不可欠になります。
また、使い分けると共に状況によっては併用する可能性も模索していかなければいけないと思います。

医薬品・放射線・手術を主な武器とする近代医学(モダンメディスン)は世界中に一気に広まり、各地で伝統医学にとって代わりました。
ところが20世紀も半ばを過ぎる頃から不眠症や胃潰瘍などの心身症や高血圧などの成人病が激増し、医療費が国家予算の中で占める割合が急上昇してしまったのです。
心身症や成人病はストレスや日常の生活習慣の乱れなどが原因であるため、病原菌を撃ち殺すという医薬品のアプローチが通用しなくなったのです。

したがって、病気になってから治療をするのではなく、病気にならないための予防医学に力を入れること、さらには病気にならないというだけでなく、より積極的に健康度を高めていくというような前向きな意識が必要になってくるでしょう。

以上抜粋終わり。

良い本をご紹介くださりありがとうございました。


病を自分への警告ととらえる、という考え方

続いて、同じ本からの抜粋です。

西洋医学では病を忌み嫌うものとして捉え、地球上から病気をなくすことを目標に進歩してきました。
しかし果たして病気というものは100%悪いものなのでしょうか。

もちろん健康であることにこしたことはありませんし、病気のために人生の目標が達成できなかったり納得のいく生き方ができない場合などは不幸であると言えます。

しかし病に全く意味がないかというとそうではないのです。
そのひとつが病はまちがったライフスタイルや無理のある生き方を知らせるためのメッセージ(警告)であるという捉え方です。

たしかに病気になるのをきっかけにして生活習慣を改めたり、元気なときには全く気にしなかった自分の心と体を慈しむようになることはよく見られることです。

病気をきっかけにその後の人生が質的に向上するならば気づきを与えてくれた病気に感謝すべきかも知れません。

また西洋医学では死を敗北と捉え怖がりますが考えてみると人間は必ず死ぬ存在であり、大事なことは結果ではなく生きていくプロセスをいかに価値のあるものにするかということであるはずです。

「治った」とか「治らなかった」という結果よりも、本人の内的な体験や充実した生の実感が大切なのです。

以上、抜粋終わり

伝統医学における健康の定義

先日アロマ講習会で知り合った方から紹介してもらった本の中におもしろいことが書いてありましたのでご紹介させて頂きます。

以下↓から抜粋
ベーシック アロマテラピーの事典ベーシック アロマテラピーの事典
(1998/10)
林 真一郎

商品詳細を見る


宇宙

地球

国家

地域社会(共同体)

家族

人間

器官

組織

細胞

分子

原子

上図は、下に行けばいくほど人間を細かく見ていき、上に行けばいくほどその人間が属している集団が大きくなるところを表しています。
伝統医学ではこの図の上下に伸びる垂直の線がしっかりとつながっている状態を健康と考えます。
反対に病気とはこのつながりが切れたり、この線からはずれた状態であると考えています。
中略
伝統医学ではつながりからはずれてしまった人をもう一度、元に戻し失われた絆を復活させることが癒しなのです。
伝統医学の息づいている地域ではそれを制度や文化的なシステムとして行うために祭儀などが習慣的にとり行われています。
現代社会における心と体の分離や核家族化による孤独感、そして都市化による人間と自然の断絶など、現代人の健康問題の背景を考えたとき、このようなつながりの回復をめざす伝統医学の知恵が問題を克服する大きなヒントになりそうです。

以上、抜粋終わり。



注意を要する精油成分

先日、こちらの記事で精油成分のお話を書きましたが、今日はその続編を書きたいと思います。

前回は成分分析表の見方と、含まれる成分の特徴など書かせていただいたわけですが、今回はもう1歩進めて、使用に注意が要る成分を書かせていただきます。

『注意が要る成分』★★★・・特に注意、★・・要注意、★・・注意
☆フェノール類
・チモール・・・★★★(タイム)
・カルバクロール・・・★★★(タイム)
・オイゲノール・・・★★★(クローブ)
・メチルカビコール(別名エストラゴール)・・・★(バジル)
・アネトール・・・★(フェンネル)
☆アルデヒド類
・シトロネラール・・・★(レモングラス)
・シトラール・・・★(レモングラス)
・パニリン・・・★(ベンゾイン)
・シンナミックアルデヒド・・・★(シナモン)
・ペニラアルデヒド・・・★(シソ)
☆ケトン類
・カンファー・・・★★(カンファー)
・フェンコン・・・★★(フレンチラベンダー)
・プレゴン・・・★★(ペニーロイヤル)
・ツヨン・・・★★(セージ)
☆エステル類
・サリチル酸メチル・・・★(ウィンターグリーン)
☆クマリン
・アンゲリッジ・・・★(アンジェリカ)
・ベルガプテン・・・★(ベルガモット)
・クマリン・・・★(トンカビーンズ)
☆オキシド(酸化物)
・シネオール・・・★(ユーカリ)

ただ、これらの毒性が含まれる精油がただちに危険かというとそうではなくて、使用量や相手の体調や年齢、そして皮膚の状態などを見ながら、使い方を考えていきましょうってことです。

また、部屋に匂いを拡散するなどの使い方ならどの精油でも問題なく使えますし。



お腹の冷えたCOOKにクイックトリートメント

今日は幼稚園の行事などで忙しかったCOOK。
帰宅後、長女が作ってくれたヨーグルトとマシュマロのデザートを食べた後、おなかが冷えたと言って、疲れも出たのか、ぐったりしていました。

そこで、今日は体を温める効果のある精油でお腹と足の裏をトリートメントしてあげました。

使用した精油は
・ジンジャー・・・1滴
・フェンネルスィート・・・1滴
キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・10ml
です。

最初は生姜そのものの香りが強かったのですが、しばらくするとフェンネルのスパイシーな香りと混ざり合い、刺激的な香りになりましたよ。

お腹と足の裏のトリートメントは、ほんの10分ぐらいでしたが、それでも「体が温まった」と喜んでくれました。

喜んでくれてありがと。
嬉しいです。

その後、長女もやりたいと言いましたが、「フェンネルスィートは(子どもには)どうかな? やめとこうか」と答えました。
「ええ~」と不服そうにしていた長女は、オイルの匂いを嗅いで「クサッ」っと叫び、「やっぱりいい」と言いました。

ははは。
子どもには臭いかもね。

エアーフレッシュナーで空気をキレイに

最近、豚インフルエンザという新型インフルエンザがメキシコを中心に流行しているらしいですね。
成田空港でも水際対策に追われているそうです。
今のところ日本では感染は見られないそうですが、それでも油断は禁物です。

長女の通っている学校では5年生がインフルエンザのため学級閉鎖になったそうです。
この季節になぜ?? と不思議に思いますが、流行ってしまったものはしょうがない、これ以上感染が広がらないよう、自分でできることはやろうと思います。

というわけで、今日はカンタンにできるエアーフレッシュナーを作りました。
やり方はめちゃくちゃカンタンです。

用意するもの
①スプレー(百円ショップのもので十分)
②精油(ユーカリ、レモン、ティートリーなど)
作り方
①スプレーに精製水を入れる(水道水でも可)
②空気浄化の作用がある精油を3滴~5滴ほど入れる。
匂いを確認しながら、調整してください。
あまり入れすぎると匂いがきつくなりますよ。

あとは部屋にシュシュします。
pappoは
・ユーカリ
・レモン
・ペパーミント
で作りましたので、部屋の中に清涼感のある香りがパーッと広がって気持ちよかったです。

ほかにも、アロマウォーマーやアロマディフューザーを使うのもいいのではないでしょうか。


ローズマリーを天日干ししてます

ami_convert_20090428154746.jpg

2日前からローズマリーを天日干ししてます。

まだまだ完全には乾燥しきれていません。
造園業を営んでいる友人のT氏から使い切れないほど大量にもらったので、余ったものは、先日石けんを買ったデザイナーの方におすそ分けします。

この方はpappoとは違って石けん作りの経験が長いので、pappoよりももっとすばらしいローズマリー石けんを作ってくれると思います。

頂いたローズマリーを介して、こうして石けん作りの趣味を持った方と知り合いになれてよかったです。
いずれ石けん手作りの会に講師として来て頂くことにしています。

T氏よ、たくさんのローズマリーをありがとう~~~。

インヒューズドオイルが完成したら一緒に石けんを作ろうね~。
楽しみにしてまぁぁぁす。



しそ油をパッチテストしてみました

2日前にしそ油をパッチテストしてみました。
もちろん自分の腕で。

パッチテストのやり方はカンタンです。
腕の内側にオイルを少量塗り、48時間様子を見ます。
なぜ48時間かというと、アレルギー反応が現れるのに長いものではそのぐらいかかるものがあるためだそうです。
本によっては2時間とか4時間とか8時間とか、まちまちですが、pappoは最長の48時間をオススメしてます。

◇塗ってすぐの状態をまず見ます。
痒みはないか、皮膚が赤くなったりしないか、腫れたりしないかなど、皮膚に異常がないかを見ます。

◇20分ほどおいてみます。
同じように皮膚に異常が現れないかを見ます。

ここまでの時点でもしなんらかの異常があればすぐに流水で洗い流します。

◇48時間経過を見て、アレルギー反応が出ないかを確認します。
同じように、ここまでの時点でなんらかの異常があればすぐに流水で洗い流します。

これらのテストを経たから直ちに安全だと言えるものではありません。
それは肌の部位によっては刺激に弱い箇所があったりするからです。

また塗布する油の状態や、体調などにも影響を受けるので、注意が必要です。

パッチテスト終了後も、使用時に肌に異常が現れたりなどした場合はすぐに使うのをやめましょう。

というわけで、このような点に注意してテストを行ったところ、なんの異常も現れませんでした。
お風呂に入った後、さらに経過を見たかったので、また塗りました。
とりあえずpappoはしそ油については使っても問題なさそうです。

今、太白ごま油を同じようにパッチテストしてます。
今のところ、まだなんの異常も見られません。

だからといって、COOKや子どもにも安全かというと、まったくそうではなく、COOKや子どもに使用する場合は、同じようにパッチテストをする必要があります。

しばらく経過を見たいので、二つともpappo専用です。
しばらく使う内に、pappoの不安とは逆に、しみが薄くなったり、肌がスベスベと若々しくなったり、というような効果があるかもしれません。まだわかりませんけど、そんなことも期待しつつ少しずつ使ってみます。

そうそう、まずは目立たない場所に少量から使っていく必要があると思います。
いきなり顔などの目立つ場所に塗ったり、大量に塗ったりするのは思わぬトラブルになる恐れがあるので、やめましょう。

太白ごま油も異常が出なかったら、今度はしそ油とごま油を1:4の割合で混ぜたものでパッチテストをやってみます。

最初に分けてテストを行うことで、異常が出た場合は原因が特定しやすくなりますので、このような順番で行います。

こういうことは、なにごとも慎重に慎重に。。。


拍手のコメントページ、そして夏へ向けてのトリートメント

拍手のページにコメントを頂いていることにごくごく最近気づきました。こんな機能があったとは。。。

コメントをくださった方とても励みになりました。
どうやったら返事ができるか調べてみたところ、どうも返事ができないようなので、この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございます。
そしてこれからもこのブログをよろしくお願いします。

と、思ったら拍手管理のページにお返事できる機能がありました。
メッセージを下さった方に返事を書かせていただきましたので、読んでくださいね。
ところが、どうしたわけかお返事ができる方とできない方がいらっしゃいました。
いまひとつわかってないので、すみません。
少しずつこのblogの機能面にも慣れていきたいと思います。

そうそう、そろそろ夏が近づいてきたこともあり、肩から二の腕にかけてスッキリしたいとCOOKからリクエストをもらったので、トリートメントを行いました。
太ももをスッキリさせるトリートメントもあるんですよぉ。

この二つは寝てやるよりも、椅子などに座ってやる方がやりやすいんです。
そしてこれはセルフマッサージではできないんです。

今日、cookのお友だちに身振り手振りを交えてカンタンにやり方を説明したところ、何人かの方からウチのダンナにも教えてやってよ、、、とリクエストを頂いたので、できたら夏に入る前の5月下旬~6月頃に、ご主人様へやり方のご紹介をさせて頂けたらと思っています。

ただpappoはまだまだ勉強中の身。
教えるというより、COOKに実際にやってみて、実際目に見える効果があったやり方をご紹介させて頂くに過ぎませんが。
それにやり方もそう難しいものではありませんし。

このような会をやることになったら、またあらためてお知らせいたします。
その時はよろしくお願い致します。





注文を頂いた品です

pp_convert_20090426152947.jpg

更年期障害でお悩みのお母様のためにと、トリートメントオイルの注文を頂きました。

お母様が少しでも楽になることを願っています。

万一肌に合わない場合はすぐに使用を中止してくださいね。
オイルは直射日光を避け、冷暗所で保管してくださいね。



朝からCOOKと長女と次女に

今日は日曜で長女も次女もお休みなので、朝からみんなにトリートメントをしました。

今朝のBGMは、ウクレレ奏者のハーブオオタJr.の「Ukulele.Soothing Music for Babies」です。
このCDは先日、三輪ベビーカーで有名なAir Buggyの代官山店のオープニングセレモニーで頂いたものです。
ハーブオオタJr.の奥さんと友だちなので、招いてもらいました。
生で聴いたウクレレの音色はとても心地よく、次女はpappoに抱っこされたままぐっすり眠ってしまいました。
pappoも心からリラックスできました。
これがそのCDのパッケージです。
cd_convert_20090426095301.jpg
裏には妊娠スケールがついているんですよ。
日付を月経開始日に合わせれば、排卵日や出産予定日などが一目でわかる優れものです。
さすがベビー用品のショップだけありますね。粋なアイデアだと思いませんか。
cdura_convert_20090426095320.jpg

COOKは寝違えのせいで未だに肩が痛いというので、痛みを取るブレンドで肩を中心にトリートメントを行いました。

使用した精油は
・ラベンダー
・レモングラス
・ペパーミント
・ローズマリー
を各1滴、
スィートアーモンドオイルを15ml
お腹がとても冷えていたので、手のひらで温めてあげました。
肩と首と背中、そして足先、太ももと、トリートメントを行いました。

終わった後、COOKは「朝のトリートメントっていいね。むくみが取れた気がする。スッキリする」と言ってました。

そして、今度は
・ラベンダー
・マンダリン
を0.5%に希釈して、長女と次女をトリートメントしました。

二人とも足先が冷たくなっていました。
特に長女が冷たかったです。

二人とも喜んでくれました。

朝のトリートメントにウクレレの音色はとても心地よかったです。
ありがと~~~玉ちゃん。

1時間の全身トリートメント

久しぶりの全身トリートメントです。
おそらく21日ぶりじゃないかと思うんですが、これだけ日にちがあくと、やはり肌の調子は随分違いますね。
おそらくどんどんオイルを吸い込むせいだと思いますが。。。

いつもの量用意したキャリアオイルは、途中でなくなってしまい、あと5ml追加しました。

トリートメントが終了した後、COOKは久しぶりに全身がポカポカしている感じがしたとコメントしてくれました。
これだけ空くと、冷えもあったり、寝違えたりで、体は本調子ではありませんでした。

明日は日曜なんで、子ども達にもやってあげる予定です。
あと、昼間COOKにもう一度やってあげられたらと思っています。

今日はゆっくりゆったりリラックスしてもらいたいと思い、以下のブレンドにしました。
・カモミールローマン・・・1滴
・パチュリー・・・3滴
スィートアーモンドオイル・・・25ml

カモミールローマンは買ったばかりの頃より今の方が香りがフルーティーです。
パチュリーと合わせたら、落ち着くんだけどどこか甘い香りになりました。





食用油をキャリアオイルに使ってみる

以前、食用油はキャリアオイルに使用できるのか? というテーマで色々調べてみましたが、今日、ふと思いついて、「太白ごま油 スキンケア」で検索してみたら、ごま油をスキンケアやマッサージに使っている人の記事がたくさんヒットしました。
掲示板なんかもあったりして、使っている人はたくさんいるようです。
ベビーマッサージに使っている人もいるようです。

そこで、pappoも試しに自分に使ってみることにしました。

ゴマ油の主要成分のリノール酸は、石鹸や乳化剤などの製造に用いられ、肌の保湿や、ニキビなどに対する局所的な抗炎症作用など肌に良い性質を持ち、化粧品にも使われているそうです。
ただ過度の摂取(経口摂取のこと)はアレルギーを悪化させたり、大腸癌などのリスクを高めるため注意が必要だそうです。

トリートメント用のスィートアーモンドオイルは500mlで3000円前後する一方で、太白ごま油は450mlで639円ですので、かなりリーズナブルにアロマトリートメントができるようになります。
問題なく使えればの話ですが。
taihaku_convert_20090425154244.jpg

さらに紫蘇油(しそ油)も購入しました。
これはネットの情報によると、スキンケアにとてもいいらしいです。
こちらも試してみたいと思います。
ただ、こちらは180gで799円ですので、かなり高いです。
しそ油の主要成分α-リノレン酸には血液の流れを良くしたり、ガン細胞の増殖を抑えたり、抑うつ症などを改善したりする働きがあると考えられているそうです。

α-リノレン酸はリノール酸の作用を抑制してくれるので、リノール酸の過剰摂取による影響が多いアトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患の症状を緩和させる働きもあるようです。
siso_convert_20090425154600.jpg

ネット情報で、αリノレン酸:リノール酸=1:4で使用するといいと書いてあり、考えてみると、なるほどαリノレン酸はリノール酸過多の状態を緩和してくれるようなので、混ぜて使用するのは良さそうなので、一度それで試してみます。


ローズマリーのインヒューズドオイル作り その2

今日もローズマリーのインヒューズドオイル作りをしました。
今日は4.2リットル入りの広口ビンを買ってきて、たっぷり作りました。
oiru_convert_20090425152920.jpg

こちらは詰めた後です。
tume_convert_20090425153018.jpg

石けん作りが楽しみです。

明日は天気が良いので、天日に乾燥しドライタイプにして、オイルに漬け込もうと思います。

このインヒューズドオイルを使って、質の良いクレンジングオイルもできるようです。

楽しみです。

寝違えたCOOKと、夜中の咳に苦しむ次女に

最近夜型生活から朝型に切り替えたpappoですが、皆様いかがお過ごしですか?
これまでは夜中から遅い時には朝方まで起きて仕事をしていたpappoですが、最近は夜は早く寝て、朝5時半には起きるようになりました。

そのせいで、夜中の時間がスッパリなくなってしまい、中々COOKにトリートメントができずにいます。
かれこれもう20日ぐらいかな?
最近はCOOKからも「そろそろかな?」とか「次はいつかな?」という控えめで遠慮がちな催促があったりしますが、思うように時間が調整できません。

今日こそは今日こそは。。。と思ううちに、気づけば日付が変わってしまっているのです。

やっぱ夜型がいいのかな?
なんて最近思わなくもないです。

ただ朝早く起きると、一日がとても長い気がして得した気分になりますね。

昨夜は、寝違えたらしく首と肩が痛いというCOOKに少しだけホットタオルでのケアとトリートメントを行いました。
時間にしてたった10分ぐらい。

肩こりと違って、寝違えなので、少しは楽になったようですが、完全ではなく、夜になっても痛がっていました。
なのに、今日も結局トリートメントはナシでした。

それから、夜中に次女が咳こんで苦しそうにしていました。
ラベンダーを希釈したオイルで胸や首やあごの下それから手と足もトリートメントしました。
そして鼻がつまって苦しそうにしていたので、ペパーミントの精油をティッシュに2滴落として、匂いを嗅がせました。

これで鼻も少しは通るようになり楽になった様子でした。
それからCOOKに抱かれていました。
心臓に耳を当てていたので、「お腹の中にいた時の音だよ」と言うと、じっと聞いていました。

時間をうまくやりくりして、もっとじっくりトリートメントをやれるようにしたいです。

ローズマリーのインヒューズドオイル作り

昨夜、造園業を営んでいる友人のT氏から無農薬のローズマリーを頂きました。

見てください、この量を。
大型のポリ袋に2袋分あります。
ポリ袋_convert_20090424192753

今度二人でローズマリー石けんを手作りする準備のために、今日はインヒューズドオイルを作ることにしました。
使用する道具は広口ビンと100%ピュアオリーブオイル(エキストラバージンオイルは使いません)軍手、新聞紙です。
道具_convert_20090424192510

1本1本丁寧に、茎から葉だけを手摘みしているところです。
途中から長女が手伝ってくれました。
作業_convert_20090424193534

これはローズマリーの新芽の部分です。
枝の部分は固いのですが、新芽の部分は茎も柔らかく、そして匂いも強いです。
この新芽の部分だけは別に摘み取っていきます。
新芽の部分はほんの少ししか取れませんが、とても香りが強いので、きっといいオイルが取れると思います。
新芽_convert_20090424193215

ローズマリーの葉を広口のビンにぎっしり詰めた中にオイルを入れていきます。
ビン詰め中_convert_20090424194059

これはビンにオイルを満たしたところです。
手前のビンには新芽だけが入っています。
ビン詰め_convert_20090424193905

インヒューズドオイルが完成したら、石けん作りに利用したいと思います。



アロマスプレーのちから

スプレー_convert_20090422083821

pappoはよくアロマスプレーを作るんですよ。
カンタンにできて、お気軽に、いろんなことに使えるので気に入ってます。

作り方はとってもカンタンですよ。

「超カンタン スプレー」
用意するもの
・スプレー(百円ショップのもので十分)
・水道水
・精油(お好みで)
作り方
①スプレーに水道水を入れます。(お好みの量で)
②①に精油をお好みの匂いになるまで1滴ずつ入れていきます。
2種類以上の精油をブレンドしてももちろんOK。
お好みの匂いになったら完成です。あまりたくさん入れすぎると匂いがキツクなりますのでご注意ください。

「作り方はカンタンだけど、精製水買うのがめんどくさいスプレー」
作り方は同じです。ただ水道水の代わりに精製水を入れます。
精製水を買うのがめんどくさいですよね。
でも実はカンタン。
薬局に50円~100円で売ってますよ。

「ちょっぴりめんどくさいけどさっぱり!スプレー」
用意するもの
・無水エタノール・・・18ml
・精製水・・・12ml
・精油・・・適量(お好みで。ただ、アルコールの匂いがかなり目立つので、結構精油はたくさん入れますよ。17滴ぐらい。もちろんブレンドしてもOKですよ)

pappoは無水エタノールを入れるタイプはほとんど作りません。
だって面倒臭いし。
それにエタノールってちょっちお高いんですよねぇ。。。ほほほ
それに精油だってたくさん使うし。。。ほほほ

pappoは一番カンタンな水道水でよく作りますが、まったく問題なく使ってますよ。
気になる方は精製水で作ってはどうでしょうか。

というわけで、次に使い方をご紹介しますね。
スプレーはカンタンに作れますが、いろんな用途に使えますよ。

①ルームコロンとして
玄関や部屋にシュシュすれば、精油の自然な香りがします。
ただ、匂いはまったく持続しません。
シュシュした時が気持ちいいです。
その時だけです。
でも、それでもとっても気分転換になるんですよぉ。

②カーテンなどにシュシュ

③洋服にシュシュ
これは意外に匂いがもちますよ。
朝シュシュして、昼過ぎぐらいにふとした瞬間にフワッと香ったりしますよ。

④肌にシュシュ
朝洗顔後に肌にシュシュ、タオルで軽くふき取ります。
これはpappoもよくやりますよ。
精油のおだやかですがすがしい香りが漂い、なんともいえず気持ちいいんですよねぇ。

⑤枕元や布団にシュシュ
ラベンダーやオレンジスィートをシュシュすると安眠できますよ。

⑥パジャマの襟元にシュシュ

⑦髪の毛にシュシュ
寝癖をなおすために、シュシュしますが、精油にはヘアケアにとても適した精油がありますよ。
ラベンダーやイランイランなど。

⑧お掃除に
窓を拭く時などにシュシュすると埃がよく取れますし、匂いがいいので、掃除も楽しくなりますよ。

⑨そうそう、花粉症にもいいですよ。
鼻や目が苦しい時は、目を軽く閉じて顔にシュシュとするといいですよ。気分が楽になります。
オススメの精油はペパーミントやユーカリ。
目や鼻がスーッと通って気持ちいいですよ。

⑩気分転換にあっちこっちでシュシュ
仕事が忙しい時やなにやかやで煮詰まった時など、気分転換にシュシュしましょう。

⑩車の中にシュシュ

ほかにも色々な使い方があると思いますよ。
カンタンに作れて、いろんなことに使えるスプレー、オススメですよ。


早く寝なさい! と言う前に。。。

次の日学校や幼稚園だと、子どもには早めに寝てもらいたいと思うものですよねぇ?
あまり遅くまで起きていると、翌日に差し支えるからつい「早く寝なさい」と叱ってしまうことはありませんか?

「いいかげんにしなさい。明日起きられなくても知らないわよ」なんて言っても子どもはカンタンには寝てくれませんね。

こんな時は鎮静効果が高く、安らかな眠りに導いてくれるラベンダーでトリートメントしてあげるといいのではないでしょうか。

ラベンダーを0.5%に希釈して、手や足やおなかや背中など、子どもが喜ぶ場所をやってあげると、子どもはあっという間におとなしくなりますねえ。

pappoも時々やってあげますが、たしかに熟睡しますよ。
わが家のお子らもしたたかですので、親の言うことなんて簡単には聞いてくれませんから。

ラベンダーはpappoの最終兵器って感じですかねえ(笑)

ラベンダーは安全で子どもにも安心して使用できる精油ですが、3歳以下のお子さんには精油は使用しないでくださいね。
4歳以上のまだ小さいお子さんにはできるだけ濃度を薄めて使用してあげてください。

ラベンダーは濃度を濃くすると、かえって目が冴えてしまう不思議な精油です。
安眠のために使用する場合は、薄めにして使いましょう。

石けんを切り分けました。

今日、石けんを切り分けました。

石けん1_convert_20090420112441

これから5、6週間乾燥させたら石けんが完成しますが、最初はまだ柔らかいため減りも早いそうです。
3ヶ月めぐらいが一番いい状態だそうで、そこまで待てば、固くなり、減りも遅くなるそうです。

これは別のアングルから。
石けん3_convert_20090420112648

今度はアップで
石けん5_convert_20090420113506

早くできないかなぁ~
楽しみだなぁ~

いよいよ型出し

石けん4_convert_20090419092745

去る4月10日に型入れしたオリーブ石けんがいよいよ型出しの時期を迎えました。
本には5日から1週間と書いてありましたが、中々けん化が進まずに9日も待ちました。

型出しの目安は「型の端を引っ張ってみて、自然と型からはずれそうになった時」です。

これはカッターで型を切り開いたところです。
石けん1_convert_20090419093728

昔使っていたオリーブ石けんとはまったく風情が異なった真っ白い石けんですね。
香りは昔の懐かしい石けんそのものの香りです。
石けん2_convert_20090419093855

角度を変えて。。。
石けん3_convert_20090419094627

アップで。。。
石けん6_convert_20090419094854

さらにアップで・・・
石けん5_convert_20090419094802

これからさらに1日から2日ほど寝かせた後、包丁で切り分けます。
それから約5、6週間乾燥させると完成です。

どんな石けんが完成するのか、今から楽しみです。
あぁ~あ、早く使ってみたいたいなぁ。。。

ところでpappoは今日パーマをかけました。
pappo_convert_20090419165104.jpg



パートナーへのトリートメントにいちばん大事なこと

プロの手技によるトリートメントは心地いいものでしょうねぇ。
ですが、パートナーによるトリートメントにはまた違った喜びもあるのではないでしょうか。

家族には積み重ねてきた歴史があるでしょう。
人生を共に生きていく責任と覚悟もあるでしょう。
日々の喜びや小さな行き違い、時には大きな失望や深い哀しみに襲われることもあるでしょう。

パートナーだからこそ、一緒に生きていく間柄だこそ、深くて濃い想いがあるのではないでしょうか。

トリートメントは対話と言われます。
技術も大切ですが、やはり一番大事なのは心を通い合わせることではないでしょうか。

パートナーへトリートメントをしてあげる時、手のひらを通して貴方の想いを伝えてあげて欲しいと思います。
そこにはどんな想いがあるでしょうか?
たとえば、「毎日お疲れ様」だとか「さっきはごめんね」だとか、「いつもありがとう」だとか「長い間ご苦労様」だとか「早く元気になってね」だとか。。。
トリートメントをしながら、相手を想う気持ちは、きっと優しく、そして静かなものでしょうね。

手技を磨く時も、まず大切なのはやっぱり相手を想う気持ちだと思います。
パートナーにもっと心地いい時間を過ごしてもらいたい。。。
そう思うことで、日々の小さな変化にも気づくことができるし、手技にも色々な工夫が生まれるし、もっと勉強したいという想いも生まれるのではないでしょうか。

貴方の手のひらを通して伝わる体温は、きっとパートナーの肌から心の奥深くに届くことと思います。

昨日、父の知り合いの方からとても嬉しいメールを頂きました。
その方は長年連れ添ったパートナーのために、トリートメントをしてあげたいと書いておられました。

その文面から奥様への深い愛情を感じました。
奥様が一日も早く元気になられることを願っています。
そして、精油の優しい香りに包まれて、幸せな日々を送られることを願っています。

それから、先日pappoのアロマテラピー体験会に参加してくれたAちゃんがblogを始めたのですが、その中で、最近お子さんへトリートメントをしてあげているということを書いてました。
お子さんも嬉しそうだし、自分も癒されるそうです。

アロマテラピーが家族の温かさや、親密さをゆっくりと育てていく一つのきっかけになればいいなぁとpappoは思うのです。

トリートメントを受ける人も、その愛情のこもった手のひらの温かみをゆっくりと感じて欲しいと思います。

そこにはきっと、これまでに感じたことのない、優しく、静かで、深い時間が訪れることでしょう。

ところで、こうしてトリートメントをやり始めてみると、「どうやればいいの?」と迷うこともあるかもしれません。
でも、まずは手のひらで相手の肌を感じて欲しいと思います。
心を研ぎ澄まし、神経を手のひらと指先に集中し、手のひらを滑らせてみてください。
すべてはそこから始まります。
ひたすら相手を想うことで、いつの間にか不安は消え去り、無心にトリートメントをやっている自分に気づくことでしょう。

すると、ある日突然、「ここが凝っているな」とか「ここが冷えているな」とか、「ここが昨日とは違うな」という答が返ってくるようになります。

手技はとてもクリエイティブなものだとpappoは思います。
pappoはCOOKのその日の体調に合わせて、手技も本当に毎日変わります。
それは気まぐれに変わっていくというのではありません。
昨日と同じ手技を再現しようと思えばそれはできますから。
そうではなく、相手のコンディションを感じることで、手が自然に動くのです。
そして、手がそこにピッタリはまるように自然に形を変えるのです。

感じること。
そして、ひたすら相手を想うこと。
そこに答があるとpappoは思います。
対話ってそういうことじゃないかなとpappoは思うのです。


注文を頂いた品です

注文を頂いた品々です。

s_convert_20090417161526

・トリートメントオイル
・蜜ろうクリーム
・スプレー
の詰め合わせ。

それから蜜ろうクリーム
c_convert_20090417161704

気に入ってくれるといいけどね。

こちらはスィートアーモンドオイル。
sa_convert_20090418020940.jpg


蜜ろうクリームを作ったよ

いつもCOOK会に参加してくれるSさんからのリクエストで、今日は蜜ろうクリームを作りました。
蜜ろうクリーム_convert_20090417150623

お母さんはもちろん、お子さんにも安心して使えるように、柑橘系で子どもに人気があるマンダリンと、肌の乾燥を防ぎ、心が落ち着くカモミールローマンを加えました。

このクリームで寝る前にマッサージしてもらうと、きっとぐっすり眠れるんじゃないかな?

気に入ってもらうと嬉しいけど。。。

そのほか、お母さん用のトリートメントオイルとお子さん用のトリートメントオイルも作りました。

お母さんは足の疲れを取りたいとのことでしたので、血行促進作用のあるペパーミントと、筋肉痛を楽にしてくれるレモングラスとローズマリーをブレンドして作りました。

お子さんはラベンダーの香りが苦手とのことでしたので、子どもが大スキな柑橘系の香りで、安心して使えるマンダリンで作りました。

このオイルと蜜ろうクリームで親子のスキンシップがたくさんとれるといいですね。

あ、それからお母さん用のオイルは肩こりも楽にしてくれますよ。

ではでは。




成分分析表の見方

pappoがいつも精油を購入するショップはちゃんと成分分析表がついています。
ショップによっては請求しないと渡してくれない所や、元々添付されていないところもあります。
しかし、成分分析表は、精油の成分を分析していることを証明し、どのような成分が含まれているかを示すものにもなるので、とても重要なものです。
そこで、今日はこの成分分析表の見方を皆様にご説明したいと思います。
まず、これをご覧ください。
これはpappoが購入した「真性ラベンダー」の成分分析表の上半分です。(文字が見えやすいように上下に分けて撮影してます)
成分分析表1_convert_20090417113211
これは、精油名と検査の内容が書いてあります。
上から順番に説明していきます。

「成分分析表」(国内分析)・・・これが精油の成分分析表であることを示しています。さらに、分析を国内で行っていることを示しています。
精油によっては海外の輸出元で成分を分析している所もありますが、異物の混入や、混ぜ物などの可能性も否定できないことから、国内で最終的な分析が行われている方が安心でしょう。

「精油名」・・・精油の名前が書かれています。

「学名」・・・植物学上の学名です。ちなみにこの学名は正真正銘のラベンダー、別名「Lavandula vera」や 「Lavandula officinalis」とも呼ばれ、もっとも高品質のオイルが採取できるラベンダーであることを示しています。

「ロット」・・・ボトルのロット番号を示しています。購入した精油のラベルに記載されている番号と同じであることを確認してください。

「分析日」・・・成分の分析を行った年月日を示しています。

「消費期限」・・・精油の消費期限です。

屈折率・・・天然の精油かどうかを調べるために、精油に含まれる化合物の比率に異常がないかどうかをテストした結果を示しています。

施光度・・・他の精油や、合成化学物資の混入や、溶剤で薄められたりなど、精油の天然性などを確認するテストを行った結果を示しています。

比重・・・エッセンシャルオイルの純度を評価するためのテストを行った結果を示しています。

これらの他に、生産された国や、成分分析を行った者のサインまで入った分析表もあります。

続いて、こちらはガスクロマトグラフィーによる分析結果を示したものです。
その精油にどのような成分が含まれているのかを示しています。

成分分析表2_convert_20090417120348

ラベンダーの仲間のラバンジンから抽出される精油もしばしばラベンダーとして販売されていますが、ラバンジンには鎮静効果をもたらす酢酸リナリルが5~10%しか含まれていないため、不眠症には効果が期待できません。

また、同じ種、同じ株であっても生育する土地の気候や土壌によりその含有量が大きく変わってきます。(これをケモタイプといいます)

また、よく似た香りのものをより高価な精油と偽って販売する悪質なケースもあります。

内容成分をよく確認して、購入することが大切です。

ちなみに真性ラベンダーの場合は、鎮静作用のあるエステル類の酢酸リナリルを約50%含み、殺菌作用のあるモノテルペンアルコール類のリナロールを約40%含んでいます。

さらに精油の品質を確かめるのにも役立ちます。
たとえば、これはティートリーの分析表ですが、
成分分析表3_convert_20090417121452
現在ティートリーはオーストラリアの様々な地域で栽培されていますが、最高品質のティートリーには治癒を促す成分の「テルピネン-4-オール」が40%以上含まれていて、なおかつ刺激成分の「1.8シネオール」が4%以下に抑えられています。

また、それぞれの成分の特徴を知ることにより、精油の効果や安全性なども理解することができます。
分析表の上から順番に
1)モノテルペン炭化水素類・・・ほとんどの精油に存在します。特に柑橘系では9割以上を占める主要成分です。
弱い消毒・殺菌作用、鎮痛作用、抗炎症作用、うっ滞除去作用、コーチゾン(ステロイド)作用が認められます。
光、熱、空気で変化しやすいので、遮光ビンに入れ、冷暗所に保存します。

2)モノテルペンアルコール類・・・強い消毒・殺菌作用、抗菌作用、抗ウィルス作用があります。
毒性がなく、皮膚刺激がないため安心して使えます。(ただし他の成分も確認する必要があります)

3)セスキテルペン炭化水素類・・・抗炎症、抗アレルギー、抗ヒスタミン作用があるので、消炎剤として有効です。

4)エステル類・・・弱いフルーティーな匂いを放ち、おだやかな作用で、安全性の高い成分です。
抗炎症、抗痙攣、神経系の鎮静強壮作用があり、植物や果実が成熟しきった時に多く生成されます。

5)ケトン類・・・容易には変化しない安定した化合物です。
粘液溶解、脂肪分解、去痰作用、はんこん形成作用がありますが、神経毒性があるので、乳幼児、妊産婦への使用は短期・低濃度で行う必要があります。

成分分析表からラベンダーの特徴を読み取ると、安全な成分が多く含まれ、体に悪影響を与える成分はごく微量であることからとても安全な精油であることがわかります。

このほか、
6)モノテルペンアルコール類・・・強い消毒、殺菌、抗菌、抗ウィルス作用があります。
毒性がなく皮膚刺激がないため、安心して使えます。(ただしほかの成分も確認する必要があります)

7)ジテルペンアルコール類・・・弱い消毒・殺菌作用があり毒性もありません。セスキテルペンアルコール同様エストロゲン様作用があるため妊娠初期は低濃度で使用します。

8)フェノール類・・・最も強い消毒・殺菌作用、抗菌作用がありますが、大量・長期使用で肝毒性、皮膚刺激性を示すので、短期・低濃度で使用します。

9)フェノールエーテル類・・・強い消毒・殺菌・抗ウィルス作用、抗痙攣作用があります。
神経毒性および大量・長期使用で肝毒性、皮膚刺激を示すため、短期・低濃度で使用します。

10)アルデヒド類・・・強力な芳香を放ち、反応性に富む不安定な物質です。免疫刺激、強壮、抗炎症、解熱、抗痙攣作用があります。皮膚刺激が強く、アレルギー反応を起こすことがあるので、低濃度で使用します。

11)酸化物(オキサイド)類・・・並外れた強い反応性を持つため、高温下におかれたり、空気や水に長いことさらされたりすると容易に分解します。
粘液溶解、去痰、抗カタル作用があります。
特に乳幼児には皮膚刺激性があるので、低濃度で使用します。

12)ラクトン類・・・粘液溶解、脂肪溶解、血液流動化、抗痙攣作用などがあります。
日光過敏、皮膚刺激性、神経毒性があるので多量に含んでいる精油は注意が必要です。
特に乳幼児、妊産婦へは短期・低濃度での使用を心がけます。

このように、心身にとても良い効果のある精油ですが、一方で注意が必要な成分も含んでいるので、成分分析表をよく見て購入、使用するよう心がけましょう。

皆様が安全なアロマライフを送られることを願っています。

成分については↓で勉強させて頂きました。
女性によく効くアロマセラピー―産婦人科ドクターが教える体と心のセルフケア女性によく効くアロマセラピー―産婦人科ドクターが教える体と心のセルフケア
(1999/11/01)
鮫島 浩二

商品詳細を見る


肩こりのひどいCOOKに

今朝のCOOKはひどい肩こりのため元気がありませんでした。
おそらく急に寒くなったせいだと思います。
気温が下がると、あちこち不調が出てきますよね。
これを読んでくださっている皆様の中にも今朝は頭痛やダルさや肩こりや腰痛や腹痛などがあった方もおられるのではないでしょうか。

COOKの肩こりを緩和するために、今日は洗面器を使ったクイックアロマコースをやってあげました。
全コースでたった20分のショートコースですが、効果はバツグン!
やってあげた後のCOOKは肌のハリも出て、つややかになり、華やいだ表情になりました。

自宅でカンタンにできるスキンケアを兼ねた肩こり緩和のためのショートコースをご紹介しま-す。

用意するもの
・洗面器・・・1個
・お湯・・・洗面器に半分ぐらいの量
・精油・・・お好みの精油を1~3本程度
・キャリアオイル・・・10ml
・バスタオル・・・1枚
・フェイスタオル・・・1枚
やり方
☆フェイシャルスチーム
  ①洗面器に80℃ぐらいのお湯をはり、精油を1~3滴垂らす。
  ②バスタオルを頭からすっぽりかぶり、目を閉じて、鼻と口から蒸気をゆっくりと吸い込む。
  ※スキンケア効果、体を温める効果、喉のケア
  ③10分間で終了(キツイ時は無理をせず途中でやめてもOK)
  ④毛穴が開いた状態になっているので、冷たい水で洗顔し、肌を引き締める。
  
☆ホットタオルによる肩と首のケア
  ①まだお湯はアツアツなので、洗面器にフェイスタオルをつけて絞る。
  ②そのタオルで肩や首をやさしく温めてあげる。

☆オイルマッサージ
  ①お好みの精油をキャリアオイルで1%に希釈して、顔、肩、首をトリートメントし、熱が逃げるのを防ぐ。

たったこれだけの短いコースですが、肩こりがウソみたいに楽になるし、精油の優しい香りに心からホッとすることができますよ。

今日はクラリセージとゼラニウムを使いましたが、COOKも優しい香りと温かいタオルに心身共に癒された様子でした。
終わった後は元気になって、今はワシャワシャ動いてますよ。



チョットヨガ→アロマでぐっすり

昨夜は、長女と次女を寝かしつける時に、親子で「チョットヨガ」をしてみました。
参考にしたのは↓
チョットヨガチョットヨガ
(2006/07)
五十嵐 康彦大西 Q

商品詳細を見る


この本の中の
・ライオンのポーズ
・門のポーズ
・両足伸ばしのポーズ
・橋のポーズ
を行いました。

橋のポーズは俗に言う「ブリッジ」です。
こんなハードなポーズをやると眠気が覚めてしまうのではないか? と思わないでもなかったんですが、子どもがやりたいと言うのでやってみました。
pappoにはできませんが、長女と次女はうまくやれます。
子どもは体が柔らかいですねえ。

その後、ラベンダーとマンダリンを0.5%に希釈したオイルで手と足とおなかと背中をトリートメントしてあげました。
久しぶりだったので、二人とも本当に嬉しそうでした。

ラベンダーの鎮静効果で二人とも朝までぐっすりでした。


アロマ&呼吸法でストレス解消!

現代はストレス時代。
なにも原因は思い当たらないのに、頭痛や肩凝り、腰痛などで悩んでおられる方もいらっしゃるでしょう。
このような原因不明の痛みや不快感を「不定愁訴」といいますが、これらもストレス反応であることが多いそうです。
このほか、食欲不振、怒りっぽくなったり、落ち込んだりするのもストレス反応である可能性があります。

これらを放っておくと、このような病気になってしまう恐れがあります。
1胃かいようおよび十二指腸かいよう
2 かいよう性大腸炎
3 過敏性大腸
4 神経性おう吐
5 本態性高血圧症
6 神経性狭心症
7 過呼吸症候群
8 気管支ぜんそく
9 甲状せん機能こう進症
10神経性食欲不振症
11片頭痛
12筋緊張性頭痛
13書けい
14けい性斜けい
15関節リウマチ
16腰痛症
17けい肩腕症候群
18原発性緑内障
19メニエール症候群
20円形脱毛症
21インポテンツ
22更年期障害
23心臓神経症
24胃腸神経症
25ぼうこう神経症
26神経症
27不眠症
28自律神経失調症
29神経症的抑うつ状態
30反応性うつ病
31その他(神経性○○病と診断されたもの)

これらの病気を、心理的社会的ストレスが、発病や病状の経過に関与することが大きいと考えられる病気として、「ストレス関連疾患」と呼んでいるそうです。

では、なぜストレスが病気につながるのでしょうか?
ストレス刺激がくわわると、感情をつかさどる大脳辺縁系から視床下部へと信号がいきます。
視床下部はその情報を自律神経系や内分泌系へ送ります。
すると、「交感神経」が働き、酸素をたくさん取り入れようと脈や呼吸が早まり、判断力を向上させるために血液を脳にたくさん送り込むため、消化器系や手足の抹消血管は収縮します。
筋肉も硬直し緊張状態を作り上げます。
副腎からはストレスに対抗するためのホルモンが分泌されます。

しかし、ストレスの元が過ぎてしまえば、人間が本来持っている恒常性(ホメオスタシス)によりこれらは元の状態へ戻っていきます。

ところが、現代のストレスは人間関係を主とするため、長引いたり、強すぎたりするため、バランスを崩して病気になってしまうのです。

ストレスと上手に付き合うためには、うまく気分転換をしなければなりません。

そこでオススメなのは、呼吸法です。
今日は3つの呼吸法をご紹介しますが、この時に精油の香りを漂わせるとより効果がアップします。

まず、体をリラックスさせましょう。
『上半身をリラックスさせる呼吸法』
☆効果的な精油・・・ラベンダー・ローズオットー・ネロリ
呼吸は体を内側からマッサージする方法です。
肩や首がこったり、背中が痛い時にはこれを試してみましょう。
①主に胸の方に息を入れるつもりで吸ったり吐いたりしてみましょう。
②吸った時に、胸郭が開いて胸部が動くのを感じるでしょう。まず、胸の部分の動きを感じてみましょう。
③また、息を吸った時に、背骨も動いているのを感じてみましょう。
④その動きが、肩、腕、首にどう伝わっているかも感じてみましょう。
※呼吸の動きによって全身にエネルギーがめぐり、血行やリンパの流れにも影響を与えます。
全身にめぐった血液は各細胞に新鮮な酸素と栄養を与え、健康な状態が保たれていきます。

次に下半身をリラックスさせ温めます。
☆効果的な精油・・・サンダルウッド・イランイラン
①主にお腹のほうに息を入れるつもりで吸ったり吐いたりしてみましょう。
②吸ったり吐いたりする呼吸の動きが、背骨にどんな風に伝わっているかを感じてみましょう。
③また、骨盤が微妙に動き、その動きが脚に伝わっているのを感じてみましょう。
※腹式呼吸を行うことで横隔膜が大きく上下するので、内臓の血行を促すことになります。

最後に全身をエネルギーで満たします。
『エネルギーを充実させる呼吸法』
☆効果的な精油・・・ローズマリー・レモン
特に疲れて、エネルギーが低下している時に行うと効果的です。
①腹式呼吸をします。目を閉じて、ゆっくりと呼吸し、空気をお腹のなかに入れていきます。
②1・2・3・4で吸って、同様に4拍止めて、4拍で吐きます。
苦しかったら無理をせず、自分のペースで行いましょう。

やってみると、ただ呼吸するだけなのに、おなかや手足が温まります。
手軽にできる気分転換法ではないでしょうか。

今日はこの本↓からご紹介しました。
ストレスケアのためのアロマテラピーストレスケアのためのアロマテラピー
(2002/05)
安珠

商品詳細を見る






プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード