pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミストファウンテン まるわかり

color02.jpg

約1ヶ月半ほど前に購入したミストファウンテン。
今日は、これから購入を考えている方のために、細かい基礎データーから使用感までまとめて書いてみようと思います。
参考にしてください。

基礎データー
(実測)
高さ・・・
一番高い所:18.5センチ~18.6センチ(ちなみに説明書には18センチと書いてある)
一番低い所:13センチ
電源ケーブルの長さ:約3メートル50センチ程度
ACアダプター:幅5.6センチ×奥行き5センチ×高さ8センチ
重量:水を入れずに約665g/水を半分ぐらい入れた場合約1560g
(以下、説明書より)
直径:13.9センチ
消費電力:21.6W
電源:交流100V 50/60Hz
超音波発振周波数:1.7MHz+-40KHz
振動子材質:セラミクス
振動子寿命:約3000H
霧化能力:300ml/h
中国製

IMG_5147.jpg
大きさがよくわかるようにのりを隣に置いてみました。

同梱の取り扱い説明書をコピーしています。
画像をクリックしてください。画像全体を見ることができます。
・組み立て方(説明書より)
①ミストメーカーの電源コードをガラスポット側面の穴に通し、ゴムストッパーでしっかり固定する。(ガラスポット内で電源コードが遊ばないように極力短い位置で固定する)
②ミストメーカーをスタンドに乗せ、カバーを取り付ける。
③図のように、水位センサーより上で、ガラスポットの口から約3センチ下まで水をはる。
④ACアダプターに電源コードを接続し、コンセントに差し込む。
※ゴムストッパーで止めるだけで水漏れはないのか? と不安でしたが、これまでのところ、全く水漏れはありません。
※説明書を見ながら、一人で組み立ててみましたが、10分程度で組み立ては完了しました。ただ慎重にやらないとガラスを割ってしまう恐れがあります。

IMG_5140.jpg


IMG_5139.jpg

IMG_5141.jpg
↑写真のように、台の上にミストメーカーを置き、カバーをはめます。
カバーは穴に差し込むだけです。ワンタッチでできます。


IMG_5146.jpg
↑ガラスポットの中に入れた時の状態です。
このカバーにミストが当たって、水滴になります。
その様子も綺麗ですよ。
ガラスポットの中にミストメーカーを入れる時にはこの方向で入れます。

IMG_5143.jpg
↑ゴムストッパーで穴をふさいでいるのが見えますでしょうか?
コードもガラスポットの中で余らないように、コードを短めにします。
ゴムストッパーの部分がよくわかるように敢えて逆方向に水位センサーを入れています。この方向で水位センサーをガラスポットの中に入れると、水滴がガラスポットの外にバシャバシャと飛び出してきます。
気をつけてくださいね。

IMG_5145.jpg
↑さらにアップにしたものです。
ゴムをしっかりとはめないとここから水が漏れます。
丸いランプの一つ一つがLEDのランプです。
(ちなみに、これは正しい方向に入っています)

注意事項(説明書より)
・水位センサーに無理な負荷をかけたり傷つけたりしない
・使用中は絶対にミストメーカーに触ってはいけません。超音波で痛みや痺れを感じる場合がありますが、感電によるものではありません。
・使用時以外はACアダプターをコンセントから抜く。
・ACアダプターは水気、湿気、火気のある場所に置かない。
・不安定な場所や電化製品の上で使用しない。
・お子様だけで使わせたり、幼児の手の届く場所で使用しない。
・ガラスポットに入れる水の量は、ポットの上面より必ず3センチほど残す。
(入れすぎた場合、カバーが超音波で溶ける場合がある)
・ミストメーカーをスタンドに乗せる場合は、取り扱い説明書のように、水位センサーが必ず高い位置にくるようにする。
※説明書の図ではわかりにくいですが、水位センサーとは飛び出たピンの部分のことです。
・連続して使用する場合、必ず一時間以上電源を切った後で使用する。
・使用後の水は必ず捨てる。継ぎ足し継ぎ足しで使用すると水が腐って雑菌の繁殖の元になるので使用前に新しい水を入れて使用する。

メンテナンス(説明書より)
・ガラスポットの中の水は定期的に換える。
・水を捨てる時は、ミストメーカーが動いてガラスを壊さないよう、ミストメーカーを押さえて水を捨てる。
※ミストメーカーは金属製です。押さえてやらないと、中でガラスにぶつかって結構すごい音がします。割れたんじゃないか! と青くなったこともあります。
・ミストメーカーの表面の汚れは、やわらかい布で傷を付けないよう注意してふく。

保証について
・日本総輸入元のイーグルジャパンの保証書がついています。
・一年間保証です。
・さらに私が購入したロイヤル通販は販売証明書が同封されていました。

購入後、二週間してミストメーカーのランプが一部点灯しないという故障がありましたが、ロイヤル通販にメールでその旨書き送ると、すぐに返事が来て、その翌日には日曜(しかも連休中)にも関わらず電話があり、週明けには代替部品が届きました。

使用感
購入後、約1ヶ月半経ちました。
その間、故障は一度だけ。代替品が届いてからの一ヶ月ほどは故障は一度もありません。
スイッチを入れると、すぐにLEDの明りが灯り、20秒ほどするとミスト(霧)がゆっくりと立ち上りはじめます。
音は全くしません。
機械のすぐ側でよく聞くと、ジジジジと微かな音がします。
寝室で使用しても全く音は気にならないと思います。
ただ、結構水をたくさん入れるので、万一ひっくり返してしまった時は大惨事になるでしょう。
精油を入れた時の香りは、微香です。
そう強くは香りません。
これまでいろんな精油を試しましたが、ローズマリーが一番香りました。
が、それも最初だけで、後はそんなに匂いません。
これは鼻が匂いに慣れてしまうせいもあると思います。
外から部屋の中に入って来ると、ほんのりと匂います。
窓を開けていると、風に乗って、ふっと匂うときがあります。
家に帰った時に、すごく精油の香りがするというような使い方をしたい方には物足りないと思います。
微香を楽しみたい人向きだと思います。
私の場合は精油を同じお店から購入しているので、もしかしたら違うメーカーの精油を使用すると、もっと強く匂うのかもしれません。

フィルターなどはないので、日々のメンテナンスが楽でいいです。

送料について
ネットで購入する場合、どこの店を見ても大体800円ぐらいの送料がかかるのではないかと思います。
送料としては高いですが、割れ物だからでしょうか。
せっかく本体が安いので、送料ももうちょと安くなるといいですけどね。

外部リンクですが、このサイトにミストファウンテンの動画があります。
検索エンジンで「ミストファウンテン 動画」で検索してもヒットします。http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=236338

ではでは。

スポンサーサイト

今日の昼間も蒸気吸入法

まだ喉のイガイガがとれず、時々激しく咳が出るので、昨日の夜と同じようにフランキンセンスとティートリーで蒸気吸入法をやりました。

10分間で身体がとても温まって、喉もとても楽になります。
しばらくするとやはり咳は出ますが、少しずつ楽になっていってます。

それにしてもこの前1万円もかけて検査を受けたというのに、もらった薬は全く効きませんよ。
朝から夕方まで丸一日つぶして、挙句にまったく効かない薬をもらって、なんなんだ?と思ってしまいます。

検査の結果をふまえて、今度はもっと効く薬をもらいたいと思います。

もちろん蒸気吸入法も並行してやっていこうと思います。


昨夜、就寝前に蒸気吸入法

昨夜は一旦ベッドに入ったものの、喉のイガイガが取れずに、ともすれば咳が出そうになり気になって中々眠れませんでした。
3、40分ぐらい粘ってみましたが、一向に眠りが訪れる気配はなく、仕方ないので、結局ベッドから起き出して、真夜中の蒸気吸入法を行いました。

洗面器に熱湯を注ぎ、フランキンセンス1滴とティートリーを2滴。
大判のバスタオルを頭からすっぽりかぶって10分間。
フランキンセンスは呼吸器系の感染症への抗菌作用があります。
また、ティートリーは強い殺菌力と抗菌力があります。

やった後は身体が温まって、喉のイガイガもとても軽くなりました。
今のうちと思い、急いでベッドに横になりました。
ほんの少しイガイガは残っているものの、咳が出る気配はなく、安心して眠りにつくことができました。

真夜中の蒸気吸入法も中々おつなものですね。

ではでは。

久しぶりの全身トリートメント

最近忙しいpappoですが、これまでにふたつの仕事を終え、あと一つを残すのみとなりました。
あとはこの一つに集中できます。
とはいえ油断することなく気を引き締めていこうと思います。

今日昼間は5時間弱、ものすごく集中して仕事をしたので、もう今日はスパッとやめて、明日から新たな気持ちでやろうと思います。

そこで、COOKに全身トリートメントを行うことにしました。
こちらからやろうと声をかけましたがpappoが忙しいことを知っているCOOKは、「いいよ~」と遠慮しました。
でも今日は大丈夫だから、と説得? してやりました。

久しぶりのトリートメントでしたが、意外に乾燥が目立つわけでもなく、冷えもなく、中々コンディションが良かったのでホッとしました。
前回のトリートメントからずいぶん日にちが経ってしまったので、身体が冷たく冷えてしまっているんではないか、と少し心配していたんです。

今日は歯が痛いとのことでしたので、鎮痛作用のあるクラリセージとラベンダーでトリートメントを行いました。

約1時間のトリートメントでした。
今日はトリートメント後も珍しくいろいろと喋っていたCOOK。
やはり歯が痛むとのことで、明日にでも歯医者へ行くよう強く勧めました。

☆今日の精油
・ラベンダー・・・2滴
・フェンネルスィート・・・1滴
・クラリセージ・・・1滴
☆キャリアオイル
スィートアーモンドオイル・・・20ml

※今日のブレンドはラベンダーのハーブ系のフローラルの香りとフェンネルスィートの華やかな香りがマッチして明るい香りになりました。
そこにクラリセージの若草のような香りがアクセントになり、中々いいブレンドとなりました。



久しぶりの蒸気吸入法

今日は洗面器に熱湯を入れ、フランキンセンスを3滴垂らして、蒸気吸入法を行いました。
これホントに身体が温まりますし、疲れも取れます。
昨夜は朝5時過ぎまで仕事して、翌朝は10時前には起きて、また仕事を始めましたので、集中力が持続せず、ホントに困ってしまったのですが、この蒸気吸入法で気分も一新できて、集中して仕事することができました。

おまけに疲れが出ていた顔もハリハリのハリンになって、元気溌剌ぅになりました。

お陰で今日は近所のスタバで5時間半も集中して仕事ができました。
お陰で予定より一週間も早く、仕事の一つが仕上がりました。

とても爽快な達成感を味わっています。

というわけで。
あとひとつ大事な仕事が残っていますので、引き続き、頑張ります。

ではでは。

次女の耳の痛みにトリートメント

今朝、次女が耳が痛いというので、以前効果のあったラベンダー精油を0.5%に希釈してトリートメントを行いました。

次女の耳の痛みには効くようです。

トリートメント後、しばらくしたら元気になっていました。



最近忙しく。。。

最近はありがたいことに、忙しい日々が続いています。今月末までに上げなければならない仕事が3つもありますが、「淡々と」進めているpappoですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
実は気は焦っているのですが、焦ってもしょうがないので、「淡々と」と自分に言い聞かせているだけなのであります。

最近は毎日のようにミストファウンテンにローズマリーの精油を垂らして頑張っていますよ。
ローズマリーは集中力を高め、記憶力も高めてくれるんですよね。

というわけで、今月末までは忙しいので中々COOKにトリートメントをやれないだろうなぁと思っています。
おまけに家のことや子供らのことはぜ~んぶCOOKにまかせっきり。
COOKだって実はすごぉぉく忙しいんですけどね。
ホント申し訳ないです。

とりあえず、月末が過ぎれば、この忙しさはなくなると思うので、そしたら罪滅ぼしのトリートメントを心をこめて行いたいと思います。
それまでゴメン。。。
COOKの頑張りに甘えさせてもらいます。

とうとう病院へ

結局、いろいろやっても風邪は全快とはいかず、とうとう今日は観念して病院に行ってきました。
どうせ行くならばと、徹底的に検査をしてもらいました。
レントゲン、血液によるアレルギー検査、肺活量の調査などなど、あらゆる検査を行いました。
そして薬ももらってきましたよ。
でも、薬代と診察代と初診料とで合計1万円もかかってしまいました。
風邪で一万ですよ。。。

高いと思いませんか? 最初は計算間違いじゃないのか、と思いましたが、私の前の人は私なんかよりずっと検査の数が少なかったのに、6千円取られてましたから。
まぁ間違いはないんでしょ。
とほほ。。。

でも、一旦風邪をひくと7年ぐらい前からずっと風邪が長引いていたので、こうやって徹底的に調べて安心しました。

健康代と安心代と思えば安いものですね。。。たぶん。。。

また、5日後に検査の結果を聞きに行くんですよ。
pappoは生まれて初めてアレルギーの検査を受けました。
なんのアレルギーがあるか、興味津々です。

というわけで、今日はアロマの話はほんの少しだけ。
最近はいつもしているマスク。
今日はペパーミントを染み込ませたティッシュを中に忍ばせています。
これがあると鼻がスースー通って、気持ちいんですよ。

でも、ちょっとした病気でこんなにお金を取られるとなると、おちおち病気もしてられないですね。


蒸気吸入法 再び

まだ咳が出るので、今日も蒸気吸入法をやってみました。
ホントは咳が出る時にやると却って咳を誘発する恐れがあるので、やってはいけないんですよね。
でも、トリートメントは試したけどあんまり効果がなかったので、直接、喉の粘膜にはたらきかける蒸気吸入しかないかな、と勝手に思ってですね、ちょっとやってみるわけです。

今日の精油はフランキンセンスとベルガモット。
フランキンセンスの抗菌作用は呼吸器系の感染症に効果があり、呼吸をゆっくり深くする作用もあるので、ぜんそくに役立ちます。
おまけに収れん作用や皮膚細胞促進作用によりしわやたるみの予防や回復にも有効でスキンケアにも適しているんです。
喉のケアをしながらお肌のケアもできるなんて、なんてステキなんでしょ。。。ウフ

ベルガモットは殺菌作用が強く、呼吸器系の感染症に有効です。
ただ光毒性があるので、外出前の使用は控えます。

というわけで洗面器に熱湯を注ぎ、フランキンセンス2滴、ベルガモット1滴をくわえ、頭からすっぽりと大判のバスタオルをかぶっての10分間。
顔に水蒸気を当てつつ、喉に蒸気を送り込むような気持ちで大きく息を吸って吐いて吸って吐いて。。。
いやぁぁ気持ちよかったっす。

今のところ、咳は出ません。
たぶん、やってすぐは身体が温まっているので、咳も出ないのでしょうね。
でも、蒸気吸入をやるとやっぱり楽になるのを感じますよ。
これで全快とまではいかないのでしょうけどね。

ところで、いつもならこのお湯を使って手浴をやるところなんですが、今日は足先がとてもとても冷たいので、10分間、足浴をします。
ですが、洗面器が小さくてつま先しか入らないので、つま先浴です。
まあ、それでもやらないよりは温まるでしょう。

ではでは。

あっ、そういえば、さっき筋トレをやってみました。かる~くですけど。
腹筋と腕立てと背筋と、あとスクワットもやりました。
スクワットで腰や足などの下半身を温めるといいんではないか、と思って、やってみました。
身体が温まって、気持ちも少し前向きになり風邪?になんか負けるな! と自らを叱咤激励したわけです。

気合だ気合だ気合だ!
1、2、3「ダー」
ゴホッゴホッ・・・

蒸気吸入法その後

昨夜、蒸気吸入法で咳をなんとか鎮めようと思い、それなりの効果があらわれたように思いましたが、やはりベッドに横になってからしばらくは咳が出ました。
そのことをちゃんと書いておかないと、なんだか咳ぜんそくにはマージョラムスィートの蒸気吸入がいい! みたいな記事で終わっているので。。。

やった後はかなりよかったし、今朝も咳が少なくて割と楽ではあります。
だけど、一旦はなくなった喉のイガイガ感は今もあるし、時々咳も出ます。
後でまた蒸気吸入法やりますけど。

ホントは病院に行った方が早いでしょうね。
なので、近所の呼吸器系の病院をネットで見つけておきます。
行くかどうかは別として。。。とりあえず。

なんとか病院に行かずに治したいので、これからジョギングしてきますよ。
激しく走るんじゃなく、軽くね。
身体が温まるぐらいの軽いやつ。

去年、やはり風邪をひいた時に、かまわずに毎日走っていたら治りましたからね。
病院に行かずに。。。
今年はちょっと過保護ぎみなんでちょっと反省して、運動しようと思います。
風邪の時は安静が一番ってどのページ見ても書いてありますが、安静にしててもいつまでも治らないんで、攻めていきます、気持ちの上で。

ではでは。。。

本日は1時間15分の全身トリートメント

今日は1時間15分かけて全身トリートメントを行いました。
今日使用した精油は鎮静効果が高く深い眠りに誘ってくれるラベンダーと加温効果が高いマージョラムスィート、そして女性の内分泌系の調整をはかってくれるゼラニウム、そして心を開放してくれるイランイランの4種をブレンドして行いました。

トリートメントを開始した直後からCOOKはずぅぅぅっと眠っていましたが、一回だけ、フッと起きて「足にタオルを二重にしてるでしょ。温かいよぉぉ、ポカポカするぅ~」って、コメントしてくれましたよ。
でも、すぐにまた寝てしまったのが可笑しかったです。。。
でもそうやって眠い中、必死にpappoをねぎらってくれたことは嬉しかったですよ。

今日の香りは最初はフローラル系の中にもハーブ系の香りが漂って、でもちょっとフローラル系の方が強く香って、全体的にはちょっとキツメな感じでした。
マージョラムのグリーン系の香りとラベンダーとゼラニウムが混ざった香りが目立っていましたが、意外なことにイランイランの香りは殆どわかりませんでした。

イランイランは香りが濃くて、使用法の注意として薄めて使うよういろんな本に書いてあるぐらいなのに、ブレンドすると他の香りに隠れてしまうこともあるんだなぁと思いました。

マージョラムは最近のpappoのお気に入りです。
加温効果でホントにポカポカします。
今日はトリートメントの後で、pappo自身のためにボールに熱湯を入れ、マージョラムとラベンダーを各2滴垂らして蒸気吸入法をやりました。
本当は咳が出ているときにはやってはいけないんですよ。
咳を誘発する恐れがありますから。
でも、この精油には血管拡張作用があるので、ちょっと試してみたくなったのです。
というのもpappoのこの長々と続く咳は風邪ではなくて、ひょっとすると咳ぜんそくではないかと思ったのです。
咳ぜんそくは風邪と症状がよく似ていますが風邪薬では治らない風邪とはまったく違う病気です。
風邪をひいたあとに、数週間咳がおさまらない時は咳ぜんそくの可能性があるようです。
治療にはステロイドの吸入などがあるそうです。

咳ぜんそくは気管支が炎症を起こして狭くなってしまう病気なので、血管拡張作用と抗炎症作用のあるこの精油がうまくはたらいてくれるのではないかと思って蒸気吸入法を試してみたのです。
もし激しく咳が出るようならすぐに止めようと思ってやってみましたが、やっている途中は咳が出ることもなく、やめたあともしばらくは咳がおさまっていましたが、しばらくしたらやはり咳が出始めました。

あと昼間は大根と生姜をすったものをはちみつと混ぜて飲んだりもしてますけど、中々どうして、手ごわい咳です。

やはり病院に行ったほうがいいかも。咳ぜんそくの疑いがあるときは耳鼻咽喉科や呼吸器系の病院がいいそうです。

☆今日の精油
・ラベンダー・・・1滴
・マージョラム・スィート・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
・イランイラン・・・1滴
☆キャリアオイル
スィートアーモンドオイル・・・20ml

なんてことを書いていたら、驚いたことに、咳が出なくなりましたよ。
蒸気吸入法を終えて約15~20分ぐらいかな。。。今やっと精油の効果が出てきたのかもしれませんね。
ベッドに横になったらまた咳が出るかもしれませんが・・・
なんてことを書いていたら、またまた凄いことに、ずっと喉のところにあったイガイガ感がなくなりました。
えぇぇ~って感じです。
精油のいろんな効果を試すためにも病気になったときにはいろいろな精油を試している今日この頃です。
明日はマージョラムスィートとサンダルウッドかなにかで蒸気吸入法をやってみようかなぁと思っています。
なんでも物は試し。。。ということで。。。

ではでは今日はこの辺で。。。


今日は一時間半の全身トリートメント

今日は久しぶりにゆっくり時間があるというので、今夜はゆっくり1時間半かけて丁寧に丁寧に全身トリートメントを行いました。
今日はいつものトリートメントに骨に沿ってゆっくりとなぞっていくトリートメントも併せて行いました。
手の形もグー、チョキ、パーの他にも3本指、4本指といろんな形を使って、骨の凹凸や部位の形に沿ってゆっくり滑らかにトリートメントを行いました。
昨夜も割とのんびりできたCOOK、今日は珍しく途中までずっと起きていて、デコルテやフェイシャルをやっている時には「いつもこんなワシャワシャってやってたの?知らなかった」とか「はぁ~気持ちいい。たまには起きていて、この気持ちよさをちゃんと味わった方がいいね~」なんてことを言ってましたが、今はぐっすり眠っています。
でも今日は珍しく開始40分ぐらいは起きていて、明日の予定などいろいろ話したりして中々楽しいトリートメントでしたよ。

ですが、フェイシャルの時にpappoが両手で大きく包み込むようなトリートメントを始めると急に黙り込んでしまって、じっと目を閉じていますので、まさか寝たのか? と思っていましたが、フェイシャルが終わると何かべちゃくちゃと喋ったので「なんだ寝たのかと思った」と言うと、「寝てはいないけど~」と言ってました。

今日の精油は鎮静効果の高いものを選びました。
サンダルウッド、フランキンセンス、ベルガモット、ゼラニウム、
ベルガモットは心を活発にするはたらきと鎮静効果という相反するはたらきのある不思議な精油ですね。
それから思ったのですが、フランキンセンスのスモーキーな香りって中々他の精油と合わせるのが難しいですよね。
最初、結構、フランキンセンスの香りが目立ってしまって、時々ベルガモットの柑橘系の香りがフッと香るぐらいで、ゼラニウムのバラ様の香りは殆ど(というかまったく)香りませんでした。
フランキンセンスの香りに、うぅぅ、この燻したような香り、どうにかならないもんか、とトリートメントをしながら、少し思いましたが、そのうちサンダルウッドの匂いが立ち上り始めて、フランキンセンスとうまく調和して、いい感じの香りになりました。

そういえばCOOKはこんな嬉しいことを言ってましたよ。
「わたし病気にならないと思う。だってこんな風に精油でマッサージしてもらって、はぁ~って気持ちよくて」みたいな、そういうようなことをですね、言ってました。
その言葉どおり、ずっとずっと健康でいて欲しいと心から願っています。

☆今日の精油
・サンダルウッド・・・1滴
・ベルガモット・・・1滴
・フランキンセンス・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
☆キャリアオイル
スィートアーモンドオイル・・・20ml
※最近、割とマメにトリートメントをしているせいか、肌がモチモチと柔らかく、そして白く、肌もとてもなめらかです。
しばらくやらないと、肌は硬くなり、乾燥してしまうので、トリートメントがいかに肌にとってすばらしい効果があるかを実感します。
なんてことを書いていたら突然、今、COOKが起きました。
「ごめん、寝てしまったよ、でも前半は起きてたよ。今日は気持ちよさをちゃんとわかったからよかったったい」と故郷の熊本弁丸出しで独り言のようにつぶやいたかと思うと、また寝てしまいました。

まさか、寝言???

足浴→全身トリートメント

今日は午後3時ぐらいまでCOOKは長女&次女とまったりお絵描きなどして遊んでました。
それから急に思い立ち全身トリートメントをやることにしました。
長女も次女も張り切ってアロマベッドのセットやタオルのセットなどを手伝ってくれました。
今日はジュニパーベリーを3滴垂らしたフットバスに足首まで浸かってもらい、10分間の足浴をした後で、全身トリートメントをしました。
長女と次女は、それまでCOOKとたくさん遊んだので、まだ遊び足りないという様子も見せず、それから子供部屋へと行ってしまいました。
全身トリートメントは1時間10分かけて、フェイシャルを含めて、足先から全身くまなく丁寧に行いました。
今日のBGMは小野リサの「pretty world」です。
今日はあいにくの曇り空でしたが、小野リサの歌声で今日の空もなんだかお洒落な感じに変身してしまいます。
午後のまどろみにとてもピッタリだと思いました。

フェイシャルではスーパーヒアルロン酸配合のジェルでゆったりとトリートメントを行いました。
顔のあらゆる箇所を両手で大きく包み込むようにゆったりした動きで行いました。

足先は足浴で温まっていました。

後でCOOKは「顔はやっていないと思っていた、全然知らない」と言っていました。
たしかに顔の時はぐっすり眠っていたような。。。

☆今日の精油
・マージョラムスィート・・・1滴
・フェンネルスィート・・・1滴
・プチグレン・・・1滴
・クラリセージ・・・1滴
☆キャリアオイル
スィートアーモンドオイル・・・20ml

※フェンネルスィートは女性ホルモンのエストロゲン様のはたらきをするアネトールが含まれ、クラリセージにはやはりエストロゲン様のはたらきをするスクラレオールが含まれています。
プチグレンはビターオレンジの葉から採れ、鎮静効果の高い酢酸リナリルを高含有しています。
それから最近のpappoのお気に入り、スィートマージョラムはとても香りがよく、催眠効果が高く、また加温効果で身体もポカポカします。
全体的にフローラル系の香りの中にもどこか緑のすがすがしい香りがして、女性向きのくつろげるブレンドではなかったかと思います。


その日の気分と精油

なんとなく感覚でとか、特に理由はないけどこれがいいと思ったから、という漠然とした理由で選んだ精油が実は心と身体が欲していた精油だったのだ! という魔法のようなことがホントにあるんだと思います。

なぜそう思うかというと、それは匂いが人に与える感覚が実は共通しているからなんです。
匂いの感じ方は人それぞれでしょう、と言われる方もおいででしょうが、匂いは記憶を司る海馬にも刺激を与えるので、匂いから昔の記憶を思い出したりといったことがあって、匂いのイメージというのは記憶にまつわる部分では人それぞれかもしれません。
ですが、ペパーミントを嗅ぐとスッキリする、とかオレンジスィートを嗅ぐとほわわわんとなる、というような匂いから受ける直接的な印象というのはそう変わらないと思うのです。
なので、選んだ精油にはちゃんと選ぶだけのふかぁぁぁい理由があるんです。

精油にはまだ分析しきれていない成分も含まれています。
ほんの微量でも精油全体の香りの特徴を決めてしまうような成分もありますから、未だ分析しきれていない成分の中にも人体や心に大きく影響を与える成分があるのかもしれないのです。

なので、その精油を選んだ自分を大事にしなければなりません。
その精油を選んだということは、ちゃんと理由があるのです、きっと。
そして、香りと、精油に含まれる天然成分に癒されてください。


COOKの全身トリートメント

今日はCOOKが帰宅する前にアロマベッドを準備し、音楽もセットし、実家から送ってきたローズとラベンダーの花がたっぷりと入ったハーブティーを入れて準備万端で待ちました。
精油はCOOKに選んでもらいましたよ。
「まだ昼間だし、後で次女のお迎えもあるから、気持ちがピッとするようなの」といいながら、ペパーミントとブラックペッパーと、ちょっと花の香りもあったりなんかしてとかなんとか言いながらローズウッド、そしてペパーミントと合うのはなに?という質問にオレンジスィートかなと答えると「じゃ、それ」てな具合で、精油も決まりました。

今日はお迎えがあるので、1時間でお願いします、とのこと。
まるでお店みたいだねえ~なんて思いながら、トリートメントを始めました。

ボサノバはブラジルで生まれた音楽なんでしょ?
ブラジルといえばサンバをすぐに思い浮かべるんですが、ボサノバはまったく曲の雰囲気が違いますよね。
もっと洗練されていますよね。
都会的ですし。

明るい陽射しの中、ボサノバのリズムの中でゆったりとトリートメントをしていると、シエスタって言葉がピッタリくるような雰囲気なんですよね。
午後のまどろみというか、今はそんなに陽射しは強くないですけど、薄暗がりから外の強い陽射しを眺めているような、そんな気だるくも甘ったるい感じ。。。
ボサノバとシエスタってなにか関係ありますかね?

トリートメントの後はハーブティーに純度100%のはちみつを混ぜて、COOKに飲んでもらいました。
今は次女をお迎えに行っています。
pappoはひとりのんびりしています。

☆今日の精油
・ローズウッド・・・1滴
・ペパーミント・・・1滴
・ブラックペッパー・・・1滴
・オレンジスィート・・・1滴
☆キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・20ml

※今日のブレンドではオレンジスィートがよく香りました。あとの香りはそんなに目立たなかったです。
ペパーミント、ブラックペッパー、オレンジスィート、いずれも単独だと非常に強く香りますが、ブレンドするとオレンジスィートだけが目立つんですね。
そうそう、ローズウッドは花の香りにウッディーな香りがほのかにするんですがそれもそのはずこの精油は木から採るんですよ。
ローズという名が付いているのは香りがバラに似ているからで、実はバラとはなんの関係もありません。
バラ様の香りを持つゲラニオールを含んでいるため、そんな匂いがするんですね。
この精油も落ち込んだ気分を明るくするはたらきがあり、ほかの精油もそれぞれ似たようなはたらきがあります。
無意識に選んだ精油がいずれも似たようなはたらきのものばかりなので、COOKはちょっと元気がないのかな? と思ってしまったpappoでした。

※柑橘系の精油の中には光毒性といって、紫外線と反応してかゆみや炎症などを引き起こす成分のベルガプテン(5-メトキシソラーレン)が含まれているものがあるので注意が必要です。
ベルガモット、レモン、グレープフルーツなどに含まれています。


玉ちゃん

風邪は全快とまではいきませんが、ずいぶん楽になりましたよ。
そうそう、昨夜、あれからミストファウンテンを寝室に持ち込んで使用してみましたが、匂いはあんまり変わらなかったです。
この機械はスイッチを入れた時が一番香りますね。
あとは時々、なにかのタイミングでフッと匂うぐらいです。

そういう微香を好む方には向いているかもしれませんが、自宅に入った瞬間にいい匂いがして。。。というのにはちょっと力不足のような気がします。

ところで、今日はCOOKの全身トリートメントをするつもりです。
ずっとpappoの体調がよくなかったので、やるにやれなかったのですが、今日はやれそうです。

考えてみると一人でサロンを営んでいるアロマセラピストの方は予約の入っている日に風邪なんかひいてられないですよね。
お客さんはその日を楽しみに来るわけですから。。。
pappoも同じ気持ちで、気を引き締めていこうと思います。

今日のBGMは「Lisa's Ono Bossa Hula Nova」です。
小野リサといえば、ボサノバですね、と言いながら音楽に疎いpappoは詳しくは知らなかったのですが、blogを通じて知り合ったハワイ在住の玉ちゃんがお知り合いだということを知り、急に親近感がわいて、CDを聞いてみたくなったのです。

玉ちゃんはpappoのblogにずっとコメントをしてくきてくれて、シャイで優しい人柄がそのコメントににじみ出ていて、pappoはずっと会いたいなあと思っていたのですが、玉ちゃんが娘さんを連れて帰国した時に念願かなって会えたんです。
新宿のイタリアンレストランで玉ちゃん、子玉ちゃん、pappoとCOOKと長女と次女との5人で会いました。

なにかね、初めて会ったという気がまったくしない人でした。
そしてとてもお洒落で物腰も洗練されていて、そしてそして驚くことに、玉ちゃんの旦那さまはウクレレの世界では知らない人はいないという。。。
玉ちゃんはその旦那さまのプロモーションなども手がけているのでした。

とにかくね、ステキな人でしたよ。
そして子玉ちゃんもね、とってもとっても可愛かった。
翌日、COOKが自宅で子玉ちゃんと我が家の次女とで親子COOK会をやったんです。
pappoはその日仕事だったので、15分程度、遊んだだけでしたけど、子玉ちゃんは見知らぬ我が家の雰囲気にもまったく動じることなく、元気に、大らかに遊んでましたよ。

今思い返しても、楽しく、懐かしい思い出です。
玉ちゃん、元気ですか?
子玉ちゃん、元気ですか?

pappoは家族ともども元気ですよぉ。

今日は、これからCOOKの全身トリートメントを始めます。
今日の香りはなんでしょうか?
軽快なリズムにのって、お昼の暖かな日ざしの中で、ゆったりとやることにしましょう。

ではでは。。。



ミストファウンテンの部品を交換しました

今日、ミストファウンテンの部品を交換して使用してみました。
さすがにちゃんと動いてますよ。
香りはやはり時々少し匂うぐらいです。
あと部屋に入ってくると匂いに気づく程度ですね。

匂いについてはこのぐらいがいいのかもしれないと前に書きましたが、あまりキツイと頭が痛くなることもありますからね。

ミストがゆっくりと立ち上る様子は見ていて飽きないですねえ。
音は全くしません。
どこかのレビューでポコポコと水の音がすると書いてありましたが、そんな音もしませんよ。
前の部品の時も新しい部品でもそんな音はしません。

おそらく4畳半~6畳ぐらいの部屋で使用するのに向いているのかもしれませんね。
我が家だってそんなに広いわけではありませんが、たまたま二間ぶち抜いているので、匂いがほとんどわからないんだと思います。

寝室はミストファウンテンにちょうど良いぐらいの広さ(つまり狭いということ)なので、今度は寝室で使ってみようと思います。



手作りスプレーで部屋の空気をキレイにする

中々風邪が治らないので、部屋の空気をキレイにしたいと思い、ルームスプレーを手作りしてみました。

pappoは今家にある材料でなんとかできないかと思って、テキトーに作りました。
肌に直接塗るものでもないので、いいかな。。。と思って。

でも、まずは本に載っている正しい作り方をご紹介しておきます。
(材料)
無水エタノール・・・5ml
精油・・・3~5滴
精製水・・・45ml
(作り方)
①無水エタノールに精油を混ぜ、そこに精製水を混ぜて完成

我が家には無水エタノールも精製水もないので、無水エタノールの代わりにアルコール度数40度のウォッカを、精製水の代わりに浄水器の水を使用しました。
ウォッカは我が家の冷蔵庫に飲用としてあったものです。
精油は水には溶けませんが、油とアルコールにはよく溶けるんですよね。

精油はティートリーを2滴、ベルガモットを2滴、レモンを1滴ずつ垂らしました。

さっき部屋の中やカーテンに向けてスプレーしてみました。
カーテンに向けてやったのが良かったのか、時々、スーッとする匂いがします。




風邪をひきやすい体質?

pappoは子供の頃から割りと風邪をひきやすいほうだったと思います。
母が喉が弱いので、体質が遺伝したのではないかと思います。
今も風邪をひいていて、中々治りません。
11月1日にひいたので、今日で6日目です。
pappoは風邪を引きやすく治りにくいです。一回風邪をひくと大体1、2ヶ月ぐらいずっとひいています。
本やHPなどには風邪は1~2週間で治る、治らない人は実は違う風邪に感染しているのだ、ということが書いてありますが、そんな実感もなく、ダラダラと同じ症状が続きます。
大体、咳、喉の痛みが主たる症状で熱や頭痛はないので、まだ救われていますが、それでもずっと咳が長引くと気が滅入ってしまいます。

精油を使ったトリートメントやビタミンCの積極的な摂取などをやっていますが、改善は見られるものの、全快とまではいきません。

ホントにどうしたらいいんだろう?
この風邪をひきやすい体質もどうにかしたい、と思っているのですが。。。

たまたまネットで見かけた情報なのですが、ペパーミント精油を一滴垂らしたティッシュをマスクの中に入れると楽になるそうなので、早速試してみました。
たしかに鼻がスーッと通って呼吸が楽になりました。
あと、背中に使い捨てカイロを貼っています。これで背中がポカポカと温かいです。
それからビタミンCの摂取、昨夜はお湯に溶かして飲んだりもしましたが、水に溶かした方が喉の痛みが楽になるので、今は水に溶かして飲んでいます。

なんでこう風邪をひきやすいのか?
帰宅後は毎回、手洗いうがいを励行し、規則正しい生活を送っている方だと思いますけどねえ。。。
ホントにもうなんとかしたいんですけどねえ。。。



マージョラムスィートでぐっすり安眠

昨夜はマージョラムスイートとサンダルウッドをブレンドしたトリートメントオイルで喉と肩と背中などをトリートメントし、ぐっすりと眠ることができました。
今朝はまだ少し咳が出ますが、ずいぶん楽になりました。
朝からマージョラムスイートでトリートメントを行いました。
これで引き続きしばらく様子をみます。
pappo以外の家族はみんな元気です。
COOKは今ヨガに行ってます。
長女も次女もいないので、久しぶりに家の中が静かです。

☆今日の精油
・マージョラムスィート・・・1滴
☆キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・5ml

呼吸器系のケアに

なかなか咳がおさまらないpappoですが皆様いかがお過ごしですか?
pappoはリビングにいるときはそんなに咳は出ませんが、ベッドで横になると急に咳が出始めます。
同じようなことを経験したことのある方もいるのではないのでしょうか?
風邪には違いないとは思うのですが、ユーカリでのトリートメントは期待したほどの効果を得られませんでしたので、今度は加温効果が高く、血管拡張作用もあるスィートマージョラムと呼吸器系の感染症に効果のあるサンダルウッドを組み合わせて、喉と肩と背中をトリートメントしました。
しばらくこれで様子を見てみます。

☆今日の精油
・スィートマージョラム・・・1滴
・サンダルウッド・・・1滴
☆キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・10ml

親子COOK会託児室から

去る2日と3日に親子COOK会を開催しました。
たくさんの親子の方々に参加いただきCOOKも喜んでいました。
メニュー決めの時、pappoは「和菓子かぁ。。。うーん、どうかなぁ?」とCOOKに言ったんです。
近所にはたくさん和菓子やがあるし、家で和菓子を出すという機会もそんなにはないだろうから、もっとほかに違うものをやってはどうだろうか? と思ったのです。
ですが、COOKはどうしても和菓子をやりたいと思ったそうで、結局、和菓子でやったのですが、参加くださった方々には「おうちで和菓子が作れるのね」なんて喜んでいただき、よかったなぁとpappoもホッと一安心しています。
いつもCOOK会に参加くださり、COOKを盛り立ててくださりありがとうございます。

ところで、pappoは2日目、託児を担当しました。
最近、空気が乾燥しているので、託児室に加湿器を持ち込み、吹き出し口に精油を染み込ませたティッシュをセットしました。
精油は殺菌効果のあるティートリーと、子供に好かれるオレンジスィートを使用しました。

10時半ごろにCOOKのお友達が可愛いお子さん2人を連れて、託児の手伝いに来てくれました。この日は途中から託児の人数が増えたこともあり、pappo一人ではとても目が行き届かなかったことでしょう。
とても助かりました。
貴重な時間を割いて、助けてくれてありがとうございました。




ミストファウンテンの部品が届いたよ

先日、ミストファウンテンが故障したのですが、輸入代理店が素早く対応してくれ、今日代替部品が届きました。
明日にでも使用してみるつもりです。


精油の善し悪しって。。。

精油を買う時に、なにを基準にしますか?
どこから買えば安心なんだろう? 今や多くのショップが乱立し、それに伴い精油の品質も玉石混交といったところでしょうか。
精油は身体に直接塗るものですから低品質のものや混ぜ物のあるもの、合成のものなどを使用しないことはもちろん、できるだけ高品質のものを選ぶことが大切なのではないでしょうか。

さまざまな本に精油を正しく買うためのノウハウが書かれていますが、それにくわえてpappoがどんなことに気をつけて精油を購入しているかもご紹介させていただきます。

まず、本からの引き写しになりますが、

少なくとも次の条件が整っているかどうかを考慮すべきでしょう。
・100%天然か
・原料の植物の学名が表示され、同定(植物の分類学上の所属、名称を明らかにすること)されているか
・花、葉、種子などしかるべき部位から抽出されているか
・原産地、製造年月日、抽出方法などがわかるか
・入手ルートが信頼できるものか
・包装や注意書きの添付など、安全上の配慮がなされているか
・遮光性で、一滴ずつ落ちるドロッパー性の(ガラス)容器、もしくはスポイトを利用している容器か
※()はpappo記入。

この本を参照しました。
アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉
(2005/01)
林 伸光

商品詳細を見る


さらにpappoの選定基準を参考までに書いておきます。
・精油を国内でガスクロマトグラフィーで成分分析をしている
精油を評価するうえでガスクロマトグラフィーによる分析は一般的に行われています。これは精油に含まれる物質の分子量の違いを利用してその内容成分を分析する方法です。
輸入した精油の中には混ぜ物が入っていたり、薄められていたり、偽者があったりする可能性があるので、輸入後、国内で分析し、品質に間違いがないかを確認することは輸入業者の責任だと思います。
輸出元の分析結果を鵜呑みにするのではなく、商品におかしな点がないかを自分の目で最終確認することは大切なことではないでしょうか。

・成分分析表がついている。
成分分析表がついていないから信用できない、ということではありません。
分析表がついていなくても、きちんと品質保持に努めている販売業者はたくさんあると思います。
ですが、pappoは成分分析表がついているほうが安心します。
極端な話ですが、もしpappoが精油の販売業者だとして偽物の精油や品質の劣った精油を最高級の精油だと偽って売ろうとするなら、成分分析表はつけないと思います。
販売先にはpappoのような個人だけではなく、自身でガスクロマトグラフィー分析が行える業者や研究者も含まれるかもしれません。
誰が買うかもわからないのに、分析表を付けることができるというのはひとつの自信の表れではないでしょうか。
だからといって分析表がついていない業者はすべて怪しいということではないということは再度繰り返しておきます、念のため。

・さらに、成分分析表に成分分析日、ロット番号がついていて、精油の入ったビンにも同じロット番号が記載されている。
これらの情報があることで、成分分析表の信憑性はさらに増します。

・逆に安いというだけでインチキの恐れがあると書いてある本も見受けられますが、pappoはそれはどうか? と疑問に思います。
精油の値段は間にどれだけ中間業者が入るか、ということで随分変わると思います。
間に入る業者が増えれば、それだけ人件費もかさみ、マージンの額も増え、それだけ精油は高くなると思います。
むしろ安いから怪しい、高いから安心ということこそ、偏った情報だと思います。

まだ他にもあります。
・対応がしっかりしている。
精油についての質問には丁寧にわかりやすく、しかもすばやく回答を返してくる。
注文確認などの連絡もマメに行う。
注文後、すばやく対応する。

これは商売としての基本でしすね。

・聞いた事のない精油を販売していない。
いろんな種類の精油がありますが、それにしても、こんな精油はないだろ? というようなものを販売している業者は信用できません。
それ混ぜ物じゃないの? って思ってしまいます。
こういう精油に出くわしたら、まず学名が明記されているかを確認するようにしています。
混ぜ物が問題なのではなく、混ぜ物なのに、あたかも自然に自生している植物のような表記や売り方をしていれば問題アリだと思うのです。

pappoが精油を購入するときの判断基準を書きました。
参考になれば幸いです。

精油を化学してみよう

精油の「香り」や「はたらき」は精油に含まれる成分に由来します。
精油は「油」という字が使われていますが、油ではありません。
油脂に溶け、水よりも軽いという性質から便宜上「油」という字が使われたのです。

では精油って一体なんでしょう?
多くのアロマテラピー関連本に精油は有機化合物であると書かれていますが、では、有機化合物とは一体なんでしょうか?

有機化合物とは炭素を含む化合物のことです。(ただし一酸化炭素、二酸化炭素、炭酸塩、炭酸水素塩、シアン化物は除きます)
ちなみに化合とは、ある物質と他の物質が結びついて、性質の違う別の物質ができる化学変化のことです。
炭素を含まない化合物を無機化合物といい、塩化ナトリウム(食塩)、炭酸カルシウム(石灰岩)、炭酸水素ナトリウム(重曹)などです。
精油は無機化合物ではなく、有機化合物です。

有機化合物にはいろいろなものがありますが、すべてが精油に含まれているわけではありません。
精油に含まれる芳香化学物質のほとんどがテルペン系炭化水素の単独か、さらに付属品と結合してできたテルペン系炭化水素化合物のどちらかです。

テルペン系炭化水素は、炭素と水素だけでできている不飽和炭化水素で、モノテルペン炭化水素とセスキテルペン炭化水素に分かれます。

テルペン類は不飽和状態なので、飽和している化合物に比べて化学的反応性が高く、空気中に放置すると酸素と結びつきやすく、つまり酸化しやすいため、保存が悪いと早く香りが劣化します。

モノテルペン炭化水素はほとんどの精油の構成成分に含まれていて、優れた殺菌作用、抗ウィルス作用、抗炎症作用があり、空気の浄化に適しています。
しかし、一方で皮膚刺激作用をもつものもあります。

揮発性が高く、匂いが立ち上がりやすく、早く消える、トップノートとして知られています。
たとえば、サイプレス、ジュニパー、ブラックペッパー、ユーカリに含まれるαーピネンや、オレンジスィート、グレープフルーツ、レモンなどに含まれるリモネンなどがあります。

セスキテルペン炭化水素はモノテルペンより分子量が多いため粘性があり、揮発性もそれほど高くはなく、ミドルノートからベースノートとされます。
鎮静作用や抗炎症作用があります。
たとえばカモミール・ジャーマンに含まれるカマズレンやサンダルウッドの特徴成分であるサンタレン、ブラックペッパーに含まれるβーカリオフィレンなどがあります。

精油の成分分析表を眺めてみると、たとえばイランイランなどはモノテルペン系とセスキテルペン系の両方が含まれており、トップからミドルあるいは若干ベースノートとバランスよく香りますが、オレンジスィートはモノテルペン系だけで構成されており、トップノートであることがわかります。
ベースノートで有名なサンダルウッドはやはりセスキテルペン系だけで構成されています。

モノテルペン炭化水素とセスキテルペン炭化水素にさまざまな付属物がついてモノテルペン炭化水素化合物、セスキテルペン炭化水素化合物となります。
その付属物を「基」といいます。
水酸基(-OH)が結合すると、モノテルペンアルコール、セスキテルペンアルコールとなります。
しかし同じ水酸基が結合してフェノール類になる組み合わせもありますが、それは炭素の結合の状態が鎖状なのか環状なのかの違いによります。

モノテルペンアルコールは殺菌作用、抗ウィルス作用、抗真菌作用、強壮作用、免疫力向上作用などに優れていてフェノール類の特性と似ていますが、皮膚刺激や毒性がなく、皮膚や粘膜におだやかに作用します。

たとえば、ゼラニウム、ネロリ、ローズに含まれる「ゲラニオール」や、ゼラニウム、ローズに含まれる「シトロネロール」、スィートマージョラム、ティートリーに含まれる「テルピネン-4-オール」や、イランイラン、ベルガモット、ラベンダーに含まれる「リナロール」などがあります。

セキステルペンアルコールにはサンダルウッドの「サンタロール」やパチュリの「パチュリアルコール」などのその植物の特徴成分となるものが多くあります。

このほか、アルデヒド類やケトン類、カルボン酸類、エステル類、オキシド類、ラクトン類などがあり、それぞれの香りやはたらきを持ちます。

今日のお勉強は↓を参考にしました。
精油の化学成分だけではなく、解剖生理学についても詳しく書かれており、とても勉強になります。
アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉
(2005/01)
林 伸光

商品詳細を見る


これら芳香成分が精油の匂いやはたらきを決めるというわけです。
pappoの目標は、これらの成分の特徴を把握し、成分分析表を見ただけで、匂いやはたらきが大体わかるようになる、ということです。
そのためにはもっともっと勉強したいです。



風邪にはユーカリを

今日はまだ風邪が治っていないので、ユーカリ(グロブルス種)を使って胸と肩と首をトリートメントしました。
刺激のある1.8シネオールが高率で含まれているので、これまでトリートメントに使用することを躊躇していましたが、今日は思い切って使ってみることにしました。

実際に使ってみると、爽やかですっきりした香りが胸の辺りから立ち上ってきて、思わず深呼吸してしまいました。
この精油には「殺菌作用」「抗ウィルス作用」「消炎作用」「鎮痛作用」に優れ、風邪、呼吸器系の炎症、鼻水、痰、せき、ぜんそく、感染症に効果があります。

せきや風邪のときに胸に塗る薬にはたいていユーカリが利用されています。
我が家の薬箱にあった「ビックスベポラッブ」の成分を見てみるとやはりユーカリが入っていましたよ。

この精油は刺激が強いので、長期間の使用は避け、使用量も少なくし、薄めて使用します。
また子供や、高血圧症やてんかんの持病がある人は使用しないほうがいいでしょう。

それから咳が出る時に蒸気吸入法をやると却って咳を誘発するので、やめましょう。

☆今日の精油
・ユーカリ・・・1滴

キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・7ml

運動再開そして半身浴そしてトリートメント

近年増加している生活習慣病は偏った食事だけではなく、運動不足が大きな原因として挙げられます。
運動とは身体に適度な負荷をかけることです。継続して行うことで持久力や抵抗力などが増し、ストレス解消にも役立ちます。
これは友人に聞いた話ですが、運動する時には最初に筋トレなどの無酸素運動をやった後でジョギングや軽い水泳などの有酸素運動をやるのが効果的だそうです。
運動を継続することで、ストレス解消や安眠、体力増強などの効果があります。
さらに運動とアロマテラピーを組み合わせることで相乗効果があるのではないでしょうか。
というわけで、pappoは久しぶりに運動を再開しました。
8月にぎっくり腰をやって以来、ずっと運動から遠ざかっていましたが、これから週に3回程度軽い運動をやろうと思います。

今日は筋トレ10分+ジョギング40分というごくごく軽いメニューにしましたが、これから少しずつ増やしていこうと思います。
帰宅後は軽く柔軟体操をやった後でペパーミントとグレープフルーツ精油を各1滴浴槽に垂らして半身浴を行いました。
半身浴はみぞおちぐらいまでのお湯に身体を浸す方法です。
その後、ブラックペッパーとイランイランのトリートメントオイルで背中や肩や足などをゆっくりとトリートメントしました。
COOKにお願いして、背中をやってもらいました。

☆半身浴の精油
・ペパーミント・・・1滴
・グレープフルーツ・・・1滴
※グレープフルーツにはリモネンが含まれていて、お風呂で使うと肌にちくちくと刺激があったりかゆみを感じたりすることがあるので、注意が必要です。
もしかゆみなどが起きた場合は洗い流したり、石鹸で洗い流してください。

☆トリートメントに使用した精油
・ブラックペッパー・・・1滴
・イランイラン・・・1滴
☆キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・10ml
※ブラックペッパー精油は血流をよくし、運動前のウォーミングや運動後の筋肉痛、筋肉疲労の緩和に役立ちます。
またイランイランには心をおおらかにし、早くなった心拍をスローダウンさせる効果があります。

カラカラ浴場を現代に。。。

古代ローマ時代、皇帝ネロは火災防止のために集合住宅に浴室の設置を禁止し、公衆浴場を建設しました。カラカラ帝が築いたカラカラ浴場は特に有名です。
ネロはバラやバラの香油を好んで使用したといわれています。
大きさ337m×333m、総面積約11万㎡にも及び、1600人も収容できる巨大な施設でした。

今も遺跡として残っていますが、当時の華々しい装飾の数々は時代と共に失われ今はもう残っていません。
それでも、さぞ美しい公衆浴場ではなかったかと思います。
熱浴室、冷浴室、プール、マッサージ施設などが併設され社交場としても利用されていました。
皇帝だけではなく、一般大衆も香油を塗って楽しんでいたということです。

まぁここまで壮大な施設でなくとも、古代ローマ時代の絢爛さを彷彿させるような贅沢な浴場ができると面白いですねえ。
もちろんアロマテラピーも楽しめるし、浴槽一面にはバラの花びらが。。。

時代は違いますが、イメージとしては、ベルサイユ宮殿のような派手派手しい装飾やウットリするような花の香りに囲まれた空間に静かにバロックが流れ。。。といった感じかな。

もちろんアロマテラピートリートメントを受けることのできる空間は贅をこらしたとびきり美しい場所で、リラックスしながら皇女のような気分を味わえます。
それに女性は美容やアンチエイジングに関する様々なサービスをほぼ無料で受けることができる施設なんですねえ。
企業の新製品発表やPRの場として提供しているため、こんなことが可能なんですねえ。

アロマテラピーは、皮膚がみずみずしく、そして温熱効果で温まっている時に効果的なので、お風呂に入った後は最適なんです。
なので、こんな施設があったらpappoはCOOKと一緒に利用したいですね。

熊本の実家の近所にも天然温泉の施設があって、そこではマッサージやつぼ押しなどを受けることができますが、温泉施設は田舎家をイメージした造りになっていて、「ふるさと」って感じなんです。
それはそれで落ち着くものがありますが、pappoのイメージはもっとこう、貴族というか、王族というか、豪華絢爛なヨーロッパの城や宮殿をイメージしてるんですよねえ。

日本の資本力では難しいですかね?
アメリカも今は不景気だし。。。
じゃしかたない、pappoが出そう。。。ってそんな金どこにあんだよぉぉぉぉぉ???





フットバスで足浴

今日は朝から寒かったですねえ。
pappoの足先もとても冷たくなっていました。
そこで、今朝はフットバスで足浴をしましたよ。
精油はジュニパーベリー、3滴垂らしました。
足浴はソファに座って、雑誌を読みながらのんびりできるのでお手軽です。
このときに膝にバスタオルなどをかけてやるとさらに温熱効果がたかまります。

20分ほどやりました。
今は足先がポカポカです。



本:アロマでおうちダイエット

一昨日、ジュンク堂書店のアロマコーナーで面白そうな本を見つけたので買ってきました。
アロマでおうちダイエット―relaxation&slimアロマでおうちダイエット―relaxation&slim
(2008/08)
不明

商品詳細を見る


グレープフルーツ精油にダイエット効果があることは科学的に実証されているそうですが、他にもダイエットに効果のある精油のことが書かれていたり、簡単な運動と組み合わせて効果的に美しく健康に痩せる方法などが可愛いイラストと共に紹介されていることが気に入りました。
また、部分痩せのことにも触れています。
医学的に部分痩せはあり得ないという話しをテレビなどで見聞きしていて、pappoもアロマテラピーを始めるまではそう思っていましたが、今は部分痩せはできると思っています。

部分的に太るということはそういう原因があってのこと、その原因を取り除けば部分痩せというより元の状態に戻るということはあり得るのではないのでしょうか。
特にトリートメントは老廃物の排出を促すはたらきがあるので、お腹まわりやヒップなどの気になる部分をトリートメントしてあげれば、滞っていたリンパの流れが促され、見た目もスッキリとなるのではないかと思います。

COOKも知らない間に背中がとてもキレイになりました。
この本を読んで、効果的な精油の活用法をもっと勉強してCOOKの健康と美容のお手伝いをしたいと思っています。

さらにヨガやジョギングなどと組み合わせて、もっと美しく健康にキレイになれる方法を研究して、ご紹介していきたいと思っています。
幸い、COOKはときどきヨガに通っているので、またレポートさせていただきます。

ではでは。。。



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。