pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
ゆったりと全身トリートメント

今日は午前中と午後の2回に分けて親子COOK会を開催しました。雨の中参加くださった皆様ありがとうございました。
COOKもよほど楽しかったらしく、トリートメントの間に、「こんなにちょっぴりのカレー粉なのにちゃんとカレーの味がするってびっくりしてたよ」とか「トマトだけなのにこんなに水分が出るんだぁってビックリしてたよ」とか、「やっぱり親子COOK会はいいねぇ」ってオヤジみたいな口調でつぶやいたりしていました。

トマトが苦手なはずのお子さんがモリモリお代わりしたことや、上手だね、よくできてるねって誉めてあげると子どもってホントに嬉しそうな顔するんだよねえ、ってCOOK会の時の話をとても楽しそうに教えてくれました。
COOK会に参加したお子さんの中には料理の楽しさに目覚めて、将来パティシエになろうとか、コックになろうとか、そんな目標を持つ子もでてくるかもしれません。
なにより子どもがお母さんやお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に料理を作って、一緒に食べた思い出はかけがえのないものになるでしょう。
大人になってもあの時の料理教室は楽しかったなぁってそんな風に思い出してくれたら嬉しいです。

今日は1時間半かけてゆったりと全身トリートメントを行いました。開始後ずっとCOOK会の様子を喋っていたCOOKでしたが、開始後1時間を過ぎたあたりでぐっすりと眠ってしまいました。
ハンドトリートメントをやっているときに「あぁきもっちいいぃ」って言った後ぐらいからウトウトし始め、フェイシャルをやってあげているときには完全に眠ってしまってました。

全身トリートメントが終了し既に30分以上経過していますが、まったく起きる気配がありません。やはり疲れていたのでしょう。
これですっかり疲れが取れるといいのですが。。。
まあ疲れといっても心は晴れ晴れですから、こういうのは健康的な疲れといっていいのではないでしょうか。

そうそう、今日はCOOKのトリートメントが終わった後でpappoもセルフトリートメントを行いました。
セルフトリートメントは自分自身が気持ちいいのはもちろんですが、新しい技の開発にはなくてはならないものです。
今日もわずか30分のセルフトリートメントでたくさんの技を発見しましたよ。
今度のトリートメントに機会があればやってみたいと思っています。

ところで親子COOK会の間、我が家の長女と次女はお友達のところで遊んでもらってました。
朝から夕方まで預かってもらい本当に助かりました。
おかげでpappoはCOOK会の受付もできたし、仕事が大いにはかどりました。
Kりんありがとう。TKちゃんせっかくの休みにゴメンでした。
9月か10月に駅前の焼き鳥やで一杯やりましょう。。。

今日のCOOKの精油
・イランイラン・・・1滴
・オレンジスィート・・・1滴
・サンダルウッド・・・1滴
キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・10ml
・グレープシードオイル・・・5ml
※今日の精油の組み合わせはCOOKに選んでもらいました。この組み合わせはとてもいいですよ。
最初、オレンジスィートの明るい香りがパッと匂って、その後、イランイランのうっとりするような花の香りがかすかに匂い、最後にサンダルウッドのズーンと重い匂いが匂って、匂いが次々に変化していくところが面白かったですねえ。

今日のpappoの精油
・ジュニパーベリー・・・1滴
・ローズウッド・・・1滴
キャリアオイル
・スィートアーモンドオイル・・・10ml
※ビンから直接匂いを嗅ぐとジュニパーベリーは結構特徴のある香りなのに、ローズウッドと混ぜるとローズウッドの甘くてその後苦いっていう感じの匂いの方が断然目立ってました。


テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


明日はいよいよ親子COOK会

明日は午前9時半~と午後1時半~の二回に分けて8月最後の夏休み親子COOK会があります。
数日前からちょこちょこと準備していたCOOK。あとは鳥肉の下ごしらえなどが残っています。
今回は前々から準備を進めることができるメニューだったために結構余裕があったCOOK、ところが、突然カフェからケーキの注文!
大丈夫? 親子COOK会に影響があるとマズイのでは? と心配しましたが、超特急でガトーショコラ2台を焼き上げました。
おまけに午前中はパンを焼いていたCOOK、ずっとキッチンで行ったり来たりしていました。

そんなCOOKにアロマトリートメントをやってあげたいのですが、残念ながら今日はpappoも忙しく、互いの時間が合わないようです。
明日COOK会が終わったら、ゆったりと全身トリートメントをやってあげたいと思っています。
楽しみにしていてね~

参加くださる親御さんから夏休み最後の思い出作りですとか、夏休みの自由課題にしますといった嬉しいメッセージを頂きました。
明日pappoは忙しくて託児ができないのですが、朝の受け付けはしますので、皆様にお会いするのを楽しみにしています。
ではでは。。。

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


今日も精油でのんびりアロマバス

今日は長女と次女と三人でお風呂に入りました。
使用した精油は
・サンダルウッド・・・1滴
・イランイラン・・・1滴
・サイプイレス・・・2滴
です。
木の香りとほのかな花の香りでゆったりとしたバスタイムになりました。

そうそう、髪の毛を洗っていたら、シャワーのお湯がいつまでも頭にかからないので、おかしいなあと顔を上げたらなんと次女が洗面器でお湯をせきとめていたんですよ。
次女ってホントに笑いを取りますねえ。。。




新しい精油でアロマバス

昨日届いた精油のうち、ジュニパーベリーとサイプレスを各2滴垂らして、ゆっくりとバスタイムを楽しみました。
両方とも森林系の香りなので、バスルームが木の香りに包まれて、目を閉じれば気分はすっかりひのき風呂。。。
いやあ気持ちよかったす。



子どもらに不評

注文していた精油とキャリアオイルが今日届きました。
今回注文の品はコレです。
(精油)
・フェンネルスィート
・ジュニパーベリー
・サイプレス
(キャリアオイル)
・スィートアーモンドオイル

さっそく精油の匂いをチェックしたところ、子どもらには不評でした。
しかもジュニパーベリーとサイプレスは互いによく似た匂いだったので、いろんな匂いを試してみたいpappoもちょっとガッカリしました。

ただフェンネルスィートだけは昔懐かしい香りというか、駄菓子屋に漂っていたかのような郷愁を誘う香りでした。
甘ったるくて、駄菓子屋のするめのお菓子にたっぷり塗られていた人口甘味料の匂いのような、まぁ、懐かしいというだけであまりいい匂いというわけではありませんでしたが。

ただ匂いというのは不思議な性質をもっているようで、たとえばブラックペッパーはビンから直接匂いを嗅ぐと、まだ熟しきらない青い実のような若い匂いがするんですが、肌に塗りこむと正にブラックペッパーそのものの香りがたちます。
ほかにもたとえばゼラニウムなどは、これ単品で匂いを嗅ぐとちょっと頭がクラクラするような濃厚でクセのある香りなのですが、ほかの精油と混ぜるととてもバランスよく上品に香ります。

今日届いた精油は中々人気のある精油でもあるようなので、きっと肌に塗りこんだり他の精油とブレンドした時には驚くような変身を遂げ、素晴らしく香るのではないかと期待しています。

いずれにせよ、今回注文の精油は成分そのものにも大変ありがたいはたらきがあるようで、そちらも期待したいと思います。



テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


ゆったり?とアロマバス

今日は40℃に設定した湯船にイランイランとゼラニウムの精油を各2滴垂らして、ゆったり? とバスタイムを楽しみました。

今日は次女と二人でお風呂に入りましたが、ひよことかえるのおもちゃでずっと遊んでましたヨ。
悪者のかえるがひよこをいじめるという、とても現実的な笑えない話をやってました。
すると長女がバスルームに乱入して、横からチャチャを入れるのを次女は自分の思ったとおりにやりたくて、キーキー言ったりと、うるさいバスタイムとなってしまいました(・_・)
次女はプリキュアの影響で、勧善懲悪モノにハマッているようです。

お風呂上りはとってもスッキリ。。。
ああ、気持ちよかった。

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


全身トリートメント

今日は随分腰の調子も良くなってきたので、COOKを全身トリートメントしてあげました。
その前に長女と次女の手足もキャリアオイルでトリートメントしてあげました。
長女の手をやってあげていると、次女がやって来て「私もやる」と言って、長女のひとさし指を自分の鼻の穴に突っ込んでいたのでビックリしました。
次女は一体なにを考えているのでしょうか。。。
次女は時々笑いをとりに行こうとするところがあります。

まぁ、そんなこんなで久しぶりにアロマベッドをセットして、COOKにゆっくりと時間をかけてトリートメントを行ったわけですが、熊本から帰って来て初めての全身トリートメント、手足は冷え切り、とても冷たくなっていましたし、肌もうるおいを失って乾燥していました。
それだけではなく足のあちこちになぜか痣があり、黒ずみも増えていました。

これからちょくちょくトリートメントをやって、また肌の調子を整えていってあげたいと思ってます。

様々な本によると冷えはいろんな悪い影響を及ぼすようですが、pappoは心にも悪い影響を及ぼすのではないかと思うのです。
体が冷え始めると身体を温めようとイライラしたり怒りっぽくなったりするのではないかと思います。
試しに、子供のちょっとしたことでイライラしたり怒ったりした時に手足を触るときっと冷たくなっているのではないかと思います。
変な考え方と思われるかもしれませんが、怒りやイライラというのは身体を中から温めようとしている結果なのかもしれないなあと思います。

久しぶりだったせいか、1時間半の全身トリートメントが終わった後もCOOKの足先はまだ冷たいままでした。
普段ならば終わる頃にはポカポカしているのに。。
そこで温かい湯で足浴を20分行い、その後、足のトリートメントを行ったところ、だいぶ足先も温かさが戻ってきました。

COOKも随分調子が良くなったように思います。

そして今日はCOOKがpappoの腰や足をトリートメントしてくれました。
pappoは初めてアロマベッドに横になりましたが、気持ちいいもんですねえ。
途中、危うく気を失いかけましたが、長女と次女がくすぐるので、笑ってしまい、眠ってしまうことはありませんでしたが。。。

COOKのトリートメントに使用した精油
・ローズマリー・・・1滴
・サンダルウッド・・・1滴
・オレンジスィート・・・1滴
キャリアオイル
・スィートアーモンド油・・・10ml
・グレープシードオイル・・・5ml

足浴の精油
・ラベンダー・・・2滴
・ローズウッド・・・2滴

pappoのトリートメントに使用した精油
・ティートリー・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
キャリアオイル
・グレープシードオイル・・・10ml

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


精油とキャリアオイルを注文しました

本日、以下の精油とキャリアオイルを注文しました。
数日中には届くでしょう、楽しみです。
(精油)
・フェンネルスィート10ml
・サイプレス10ml
・ジュニパーベリー10ml

(キャリアオイル)
・スィートアモンドオイル100ml

使用後、また感想などをアップしますネ!

ペパーミントの香りがいい

今日はなぜか朝からペパーミントの香りがいいと思って、いろんな所に使ってみました。
まず玄関に置いてあるポプリにペパーミントの精油を染み込ませてみました。
すると玄関先にペパーミントのスーッとする香りが漂って、爽やかな空気に満たされました。

それからアロマポットにペパーミントとグレープフルーツの精油を垂らしてみました。
精油には揮発性があり、空気中に拡散するので、ほうっておいても部屋の中が香りで満たされます。

それからシャワーのときにバスルームの床にペパーミントとグレープフルーツの精油を4~5滴垂らしてみました。
グレープフルーツの香りはシャワーの湯でしばらくすると消えてしまいましたが、ペパーミントはずっと香ってましたよ。
お風呂の中がスーッとするようなすがすがしい空気に包まれて、シャキッとすることができました。

ペパーミントは集中力を高める働きがあるんですよねえ。

本を読むといろんな精油のはたらきが書いてありますけど、今日は疲れてるから鎮静効果のある精油をって感じで選んでもなんだか左脳で選んでるって感じがしますねえ。
pappoは香りを直接嗅いでみて、今日はなんだかこれがいいなあ、って感じで選んでますよ。
感覚を大切にしています。
だって身体は正直でしょう、その香りがいいって思うのにはきっと何かの理由があるんですよ、そう思います。

日によって選ぶ精油は違いますねえ。
目を閉じて、匂いを嗅いで、パッと決めますね。
あまり深く考えません。
直感です。

こんな選び方をするpappoですが、今日みたいに朝から晩まで一つの精油を求め続けるというような一日はこれまでにありませんでした。
なんなんでしょうね。
きっと何かあるんでしょう。

身体が求める精油を思う存分与えてやるっていうのは精神衛生上とてもいいですねえ。
さてさて明日はどんな精油を選ぶことやら。。。


テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


手足をトリートメント

夜になり、随分腰も楽になってきました。
治りだすと早いものですね。
これまでは前かがみもうまくできなかったのですが、今日はゆっくりとなら腰を曲げることもできるようになってきたので、早速COOKの手足をトリートメントしました。
まだ全身とまではいきません。それはもう少し腰の経過を見てから。。。ということになりそうです。

今日読んだ本になにやら神秘的なことが書いてありました。
精油それ自体に癒しの力があって、精油の入ったビンなどを持ち歩いているだけで、身体に良い影響を与えるといった内容でした。

それならばと思い、早速COOKで実験です。
COOKに目を閉じてもらい、精油のビンを1本ずつ手に握ってもらい、どれがいいか選んでもらいました。
COOKは何度も「全然わかんない、どれも同じ」と繰り返していましたが、それでもとりあえず最終的に選んだのはペパーミントでした。
次に匂いで選んだものはイランイランでした。
そこで、この2本をキャリアオイルで希釈して、手足をゆっくりとトリートメントしてあげました。

COOKは毎日、あれもしなきゃ、これもしなきゃって考えてしまうんだけど、こうしてアロマしてもらうと、そういう気持ちがスーと消えて、すごくリラックスするって言ってくれました。
嬉しい言葉です。

それに今日はCOOKがpappoの腰をトリートメントしてくれました。
とても気持ちよかったですし、それ以上に嬉しかったです。
ありがと。

あ、実験の話、なんで実験なのかというと、精油にパワーがあるのならば、ビンを握りしめてもらうと、心や体になにかしらの変化があるのかもしれない、と思ったのですが、これは人にもよるのでしょう。
少なくともCOOKは全くわからない、と言っていました。

こういうのをサッと感じることのできる人はきっと催眠術にもかかりやすいのではないでしょうか。
ちなみにpappoはそのタイプだと思います。
パワーと言われると、うーん、パワーか、とすぐに反応してしまいます。
単純です。

COOKはそうそう単純ではなさそうです。


久しぶりの更新

実はちょうど10日前に『ぎっくり腰』をやってしまいまして、思うように身動きがとれず、パソコンにも向かうことができないでいました。
最近、やっと少し楽になってきたので、こうして久しぶりに更新しています。
ぎっくり腰を治すために、近所の接骨院に行ったり、隣駅の整形外科病院を受診したりしながら、アロマテラピーも様々なやり方で自分自身に施してまいりました。

たとえば腰の部分のトリートメント。
※アロマテラピーによるマッサージは通称「あはき法」=正式には「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」の1条の「医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、鍼又は灸を業としようとする者はそれぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゅう師免許を受けなければならない」という規定により、「トリートメント」と呼ぶのだそうです。
なので、このblogにおいても、これからは全身マッサージと呼ばずに全身トリートメントと記述することにします。

ちょっと話がそれましたが、それからアロマバスを行いました。

ぎっくり腰の方は、最近は、ようやく子供の歩くスピードぐらいで歩けるようになり、自転車にも乗れるようになりました。
ですが、まだまだ本調子ではないので、COOKにアロマテラピーをしてあげることができないでいます。

熊本から帰ってきて、あまり疲れた様子を見せないCOOKですが、疲れはたまっているのではないでしょうか。。。
早く、ゆったりとマッサー・・・あ、いや、トリートメントをしてあげたいと思っています。
(ややこしい。。。マッサージでええやないかぁ~って思ってしまいます)
別にpappoはマッサージを「業」としようなんて思ってませんから~。。。

それから今日は「はじめよう!キッズ・ヨーガ」という本を借りてきました。

はじめよう! キッズ・ヨーガ 親子で楽しいヨーガあそび (エンターブレインムック)はじめよう! キッズ・ヨーガ 親子で楽しいヨーガあそび (エンターブレインムック)
(2008/06/03)
伊藤 華野

商品詳細を見る


あと我が家には2年ほど前に購入し、そのままになっていたヨーガのDVDもあります。
別冊宝島「綿本彰の[決定版] DVDダイエットヨーガ」 <DVD> (別冊宝島 (1130))別冊宝島「綿本彰の[決定版] DVDダイエットヨーガ」 (別冊宝島 (1130))
(2005/03/29)
綿本 彰

商品詳細を見る

これを使って、ヨーガをやり、筋肉をゆったりと伸ばしてやって、もう二度と「ぎっくり腰」になんかならないようにしたいと思っています。

ヨーガとアロマテラピーって、とても合うような気がするんですよねえ、なんとなく。
これから毎日10分ほど続けていこうと思います。


のんびり精油でバスタイム

今日も温めのお湯にゆっくりとつかりました。
精油は昨日と同じで、ブラックペッパーとイランイラン。
ただ、今日はブラックペッパーを2滴、イランイランを1滴にしました。

バスルームの中にブラックペッパーのスパイシーな香りが漂って、汗出るぅぅぅ~って
感じです。




アロマバス

今日は熊本から帰ってきて一人でのんびりしています。
どこがどうというわけではありませんが、なんとなく疲れているので、温めの39度の湯をため、ブラックペッパーとイランイランを各2滴垂らして、ゆったりとバスタイムを楽しみました。

ブラックペッパーのスパイシーな香りが元気を与えてくれます。
そしてイランイランの華やかで甘い香りがうっとりとした時間を与えてくれます。

温いお湯にのんびりとつかり、さっぱりした後で、自転車で図書館へと出かけました。
マグリット・モーリーという方をご存知ですか?
1961年アロマテラピーを初めて美容に取り入れた人で、現在のアロマテラピーの基礎を作った人とも言えるかもしれません。
この人の書いた本で「生命と若さの秘密」というのを借りてきました。
生命と若さの秘密―マルグリット・モーリーのアロマテラピー生命と若さの秘密―マルグリット・モーリーのアロマテラピー
(2005/02)
マルグリット モーリー林 伸光

商品詳細を見る

近日中に読んでみたいと思います。


両親にアロママッサージ

8月9日、いよいよ熊本から東京へと帰る日になってしまいました。
この間、介護老人施設に入所しているオバを見舞ったり、義父の別荘でBBQを楽しんだり、家族で阿蘇を旅行したり、夜中にCOOKとお茶しに行ったり、天草本渡の妙見ケ浦にスキューバーダイビングに行き、ダイビング仲間とその夜飲んだり、同窓会に行き、恩師や懐かしい友人らと飲んだりと、充実した6日間となりました。

帰りの飛行機の時間は午後2時ぐらいだったので、それまでの時間を利用して、両親にアロママッサージを行いました。
花が好きな母の選んだブレンドは今度はハーブ系も試してみたいというので、ラベンダーとゼラニウムでした。

母はフェイシャルマッサージもしたので、肌がとても若々しくなり、表情もパッと華やぎ、鏡を見る表情もほころんで、とても嬉しそうでした。
いつのまにか痩せてしまった肩をマッサージする時には、なにか感慨深いものが心の底からこみ上げて来て、喋り続ける母へ相槌を打つのに声が震えそうになりました。
これまで親孝行らしきことは何一つせずに生きてきました。
そのことが申し訳なく、なぜもっと早くに優しくできなかったか、と思いました。

父はフェイシャルマッサージを行いましたが、まぶたのむくみがひどく、眼底から圧迫するような鈍い痛みが父を30年も苦しめてきたのですが、親指をまぶたの上に置き、そっと圧迫してあげるマッサージを5~10分ほど続けてやると、不思議なことにまぶたの腫れが一枚皮がめくれたかのように少しだけ薄くなり、鈍痛がなくなったとのこと。
父はよほど嬉しかったのでしょう。
ずっと苦しめられてきた痛みがとても軽くなっている、不思議だ、と何度も繰り返し、目に涙さえ浮かべていました。

このことは、精油の効果ももちろん何かしらの働きがあったのだと思いますが、不肖の息子が初めて父に施したマッサージが思わぬ効果をもたらしたのだと思います。
今まで散々心配ばかりかけ、また数々の迷惑もかけてきましたが、これからはできる限り心配をかけないようにし、熊本に帰ったときぐらいはゆっくりとマッサージを行い、いたわってあげたいと思いました。

そして丸一日経った今もまだ、目が軽く痛みもないということで、おそらく一過性ではないか、と思っていたpappoの不安を打ち消してくれました。
できるだけ早い内に熊本に帰省し、また同じマッサージをやってあげたいと考えています。

毎日忙しくしているcookのために始めたアロマテラピーが、pappoに人をいたわる優しさや人との触れ合いの温かさを教えてくれたのです。
不思議です、アロマテラピーって。
マッサージする側のはずのpappoが一番、癒されていると思います。


8月8日 義母にフェイシャルマッサージを

この日は昼過ぎから長女と次女を熊本城に連れて行くことにしていたので、午前中の空き時間を利用して、cookのリクエストにより、義母にフェイシャルマッサージを行いました。
義母の選んだ精油は・サンダルウッドと・イランイラン

甘い香りのイランイランと、瞑想によく利用されるサンダルウッドのブレンドはとても神秘的で、甘く、深い香りでした。
ゆっくりと40分ほどかけてフェイシャルマッサージを行い、それから余ったオイルで手足をマッサージしました。

フェイシャルマッサージ後にメイクをするときには、もし肌にオイルが残っていれば軽く拭き取った後に、クリームもファンデーションもいつもの1/3~半分ぐらいの量を、必ず一旦はたき落とすか、スポンジ全体に薄く延ばすなどして、少しずつつけていくとメイクが自然な仕上がりになるような気がします。
マッサージ後はメイクの伸びがとてもよくなるので、いつもの量をつけると、却ってモタッとした感じがして重たくなるようです。
一旦薄く肌全体にのばした後に、まだ足りないと感じたら、何度か上から少しずつ薄く重ねていくと、自然な感じになるような気がします。

実際にCOOKも同じやり方でやってみたら、とても自然な仕上がりで、メイクをしてないようにさえ見えましたよ。



熊本入り、そしてアロマテラピー

8月4日(月)に熊本入りして、5日は義父の別荘に両家族が集まり、BBQをしました。
今回は両父母、そしてpappoとcookと長女と次女の参加ということで、肉の消費が少ないと踏んで、ちょっと奮発して肥後牛を購入! pappoはサーロインステーキが美味しかったなあ。

BBQの後は、リビングで両父母をアロママッサージしてあげました。
一人ずつ好みの香りを選んでもらい、足や手などをマッサージしました。

○花が好きで、自宅で育てている母の選んだブレンドは、イランイランとゼラニウム、いずれも華やかで優しい花や葉の香りがして、手足のむくみも取れたと喜んでいました。

○最近、腕や背中の乾燥が気になるという義父の選んだブレンドは、ローズウッドとグレープフルーツ。
マッサージ後は肌がしっとりして、隣で見ていたCOOKもスゴイねえと驚いていました。

○フェイシャルと足のマッサージを希望した義母の選んだブレンドはペパーミントとグレープフルーツ。
時々頭痛に苦しめられる義母が偶然にも頭痛を緩和するはたらきがあるといわれるペパーミントを選んだことにpappoは驚きました。
やはり無意識に身体が欲するのかもしれませんね。

○そして時々痛風に苦しめられる父にはローズマリーとラベンダーで手足のマッサージを行いました。足首から足全体のむくみがひどかったのですが、マッサージ後はむくみが取れ、足首から足の甲にかけて腫れがひきました。
ほんの十数分のマッサージだったのに、東京に帰った後で電話したところ、今もまだ痛みがないということでpappoも嬉しかったです。

皆、それぞれ好みの違いが出ています。

一度にこんなにたくさんの人にマッサージを行い、かつ喜ばれたことはこれまでにないことなので、pappoも充実感を味わいました。


受容と共感

今日読んだ本に面白いことが書いてありました。
コンサルテーションとはカルテに書かれた質問に対する答えをもとに話題を広げ、クライアントの健康状態をチェックすると同時にアロマテラピーに対する期待などに耳を傾けることだそうですが、その際に重要なのは相手を「受容」し「共感」することだとありました。

セラピストの初心者は質問票にもとづき、つい何らかの「アドバイス」をしようとしたり、「答えなくてはいけない」という想いになりがちですが、ベテランのセラピストはクライアントの話に耳を傾け、より話しやすいように相槌をうったり話を反復したりして理解しようとする姿勢を貫くそうです。

そこにこんな質問がありました。

患者:「私はもうだめなのではないでしょうか?」
あなた:
①「そんなこと言わないで、もっと頑張りなさい」と励ます。
②「そんなこと心配しなくていいんですよ」と答える。
③「どうしてそんな気持ちになるの?」と聞き返す。
④「これだけ痛みがあると、そんな気にもなるね」と同情を示す。
⑤「もうだめなんだ・・・とそんな気がするんですね」と返す。

さてあなたはどれを選ぶでしょう。。。

ちなみに私は③を選びました。

精神科医を除く医師と医学生のほとんどが①、看護師と看護学生のほとんどが③、精神科医のほとんどが⑤を選んだそうです。
⑤は一見してなんの答えになってないように思えますが、これは答えというより「あなたの言葉を確かに受け止めました」という応答だそうです。
患者はこのとき、答えなど当てにしておらず、むしろ漠然とした不安感を誰かにわかってもらい、その不安をわかちあいたいと思っているので、まずその気持ちを受け入れ、受容し共感することが大切だと書かれています。

これは日常生活でのCOOKとの会話でも大事にしなければならない心がけなのかもしれません。

たとえば、
「明日、××なのになにも準備していない。もう行くのやめようか?」と言われた時に、

「なに甘えたこと言ってんだよ」(相手の考えを否定)
「これから頑張れば大丈夫だよ」(努力の強要、自分とは関係ない他人事として扱う)
「まあ、明日のことは忘れて飲もう」(はぐらかし、話題から除外する)
「準備不足なら次にすれば」(代替案を提案する)
「いつも忙しくて大変だなあ」(同情する)
といった返答をしてしまいがちなpappoですが、それでは相手の不安はぬぐい去れないのでしょうね。

「準備不足で行きたくないんだね」と相手の言い分をまず受け止め、受容し、共感することが大切なのでしょうね。

日常は会話の積み重ねなので、そんなこと一々考えてられないよっ! って思わないようにして、会話についてもう一度考えてみたいと思ったpappoでした。

今日の話の本はコレ↓
アロマテラピーのケーススタディーが載っていて、コンサルテーションに必要な謙虚な心構えがよくわかりました。
pappoも日ごろからこういう謙虚な気持ちを大切にしていかねばと思いました。

アロマテラピーコンプリートブック〈下巻〉アロマテラピーコンプリートブック〈下巻〉
(2006/10)
林 伸光

商品詳細を見る


セルフマッサージ

今、COOKが熊本に里帰りしているので、全身トリートメントも、足浴も、フェイシャルサウナも何もしてあげられません。
今日の熊本での親子COOK会には30組、60人の方が参加くださることになったと聞いています。COOKの声が会場内に通るのかどうか、ということや、時間内に終わることができるのだろうか? といった不安がよぎります。
忙しいところ、時間をやり繰りして参加くださる皆様に満足して帰ってもらえるよう、参加した子供達にとって楽しい思い出の一日になるよう願うばかりです。

今日はさぞ大声を出して喋ったのではないか? 喉が痛いんじゃないか? と心配になりますが、フェイシャルスチームで蒸気を吸入すれば喉の痛みも緩和されるし、終わった後にゆっくり、のんびり全身トリートメントを行えば、その日の内に疲れを取ってあげられるのに。。。離れているのでそれもできません。

頑張ってネ! と祈るしかありません。

ところで、今日は、朝から久しぶりに皇居外周をジョギングしてきました。
6月20日以来、公私共に忙しくなり、ジョギングの時間が中々取れずにいましたが、今日、久しぶりに走りました。
やはり走ると気分爽快です。
ですが、久しぶりのジョギングだったので、足と膝がジンジン痛みました。
そこで、帰宅後、シャワーを浴び、セルフマッサージを行いました。

セルフマッサージは自分も気持ちいいですけど、今度COOKにマッサージをしてあげる時のための練習だと思って、いろんな手技を試しています。
ふむふむ、なるほど、こういう技もあったか! などと心の中で独り言を言いながら、マッサージを行いました。
時間にして25分。。。
リラックスできる音楽を流しながら、ゆったりした気分で行いましたのでとてもリフレッシュできました。

COOKのいない間は、セルフマッサージで技を磨き、また新たな技でCOOkを癒してあげたいと思っています。

明日も親子COOK会だね。
またたくさんの笑顔に会えるね。
タイヘンだとは思うけれど、頑張ってネ!

☆今日の精油
・ブラックペッパー・・・1滴
・ティートリー・・・1滴

☆キャリアオイル
マカダミアナッツオイル・・・10ml



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード