pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二度塗りの効果!

pappoが最近発見したことなんですが、皆さんは既にご存知というか、やっている方もいらっしゃるかもしれません。
いや、逆に、そういう行為は一般的ではないのかもしれません。

女性の化粧水事情に疎いpappoはその辺のところがよくわかりませんが、最近、pappoは化粧水を二度塗りするようになったんです。

最初にそうしたのは、お風呂上りにいつものように化粧水をつけ、しばらくして、また鏡に向かったら、肌が少し乾燥ぎみになっていたので、また同じ化粧水をつけました。

すると、一度しか化粧水をつけない時よりも、格段にお肌の調子がよくなったんです(おほほ)

そういうもんなんですか?

化粧水をつけたあとに、クリームを塗るということをなにかで読んだことがありましたが、pappoはクリームは持ってないので、もっぱら化粧水だけなんです。

でも、化粧水の二度塗りっていいですねえ。

考えてみれば、ペンキを塗る時だって、一度塗りしたものを一旦乾かして、二度塗り、三度塗りとかすると、キレイに仕上がりますので、同じようなことなのでしょうか?


スポンサーサイト

いつもの化粧水に精油を混ぜて使ってます

pappoが使っている化粧水は、妻のお下がりです。
お風呂から上がった時や洗顔後に使います。

先日、ふと思いついて、この化粧水に以下の精油を混ぜてみました。
①ネロリ
②ゼラニウム
③フランキンセンス

するとpappoの好きな香りになり、使い心地も少し増したような気がします。

昨晩、お風呂あがりに、子ども達の前でその化粧水を使っていたら、側にいた次女が突然「うぇえええ臭い!」と言いまして。
pappoは「え?」と思いました。

ネロリの香りがいちばん強く香るんですが、次女はその匂いがお気に召さなかったようです。
長女はアロマ検定の時に散々香りテストをやったためか、ブレンドされた香りの中から特定の香りを時々言い当てることがありますが、この夜も、「ねえ、ゼラニウムが混ざってるでしょ? うぇぇぇぇぇ、きら~い」とかなんとか、そういう感じのことを言いまして。

もう目が点ですよ。

pappoの大好きなネロリ、ゼラニウム、フランキンセンスの香りが嫌いだなんて。
次女はオレンジスィートがお気に入りで、長女はその時々で違うような? 長女はその時々で自分を助けてくれる香りが好きって感じかな? 機能性重視というか?

たとえば、風邪の時に、ティートリーでトリートメントしてあげたり、おなかの調子が悪い時にオレンジスィートでトリートメントしてあげたりすると、その都度、その香りが好き! と思うけど、しばらくするともうそのことはすっかり頭から消えている! って感じでしょうか?

顔洗った後に使うと気持ちいいので、子どもの感想など意に介さず今朝も使ったところです。
「ああ、いい匂い……」



朝からヨーグルト&蜂蜜パック

今日COOKはいつもお世話になっている近所のcafeにケーキを2台卸します。
それが済んだら、今度は明日のパンクラスの準備。

既にレシピはある程度完成してますが、COOKはあともうちょっと! と言ってました。
最後の最後の瞬間まで妥協を許さず、味を追求する姿がステキです。

COOKがこうして頑張れるのも参加くださる皆様の「おいしい!」「うれしい!」の声をいただけることです。
参加くださった方の笑顔に支えられて、COOKは今日も頑張ります。
いつもありがとうございます。

今日は朝起きてすぐのCOOKにフェイシャルパックをやりました。
やり方がとっても簡単なので、最近はたまぁにやりますよ。

これまでにも何度かご紹介させて頂いてますが、あらためて。

材料
はちみつ・・・少量
プレーン(無糖)ヨーグルト・・・少量

やり方
①はちみつとヨーグルトを混ぜます。
②①を顔に薄く塗り、そのまましばらくおきます。
③表面が少し乾いてきたらぬるま湯で洗い流します。
④最後は化粧水で保水して終了です。

ところで、化粧水での保水のやり方ですが、皆さんはどのようになさっていますか?
手のひらに化粧水を適量取って、そのまま顔にパシャパシャなさる方もおいでだと思いますが、このやり方だと
残念ながら、保水としては不十分です。

化粧水をパッティング用のコットンにたっぷりと含ませ、肌にじっくり、ゆっくり押し付けていきます。
丁寧にやっても顔全体で5分ぐらいしかかかりません。
でも、こうしてやると、うるおいが顔全体に行き渡り、肌が生き生きとしますよ。

でも、毎朝の忙しい時間帯にそこまでのんびりとパッティングはできないという方もおいでだと思います。
そこでお勧めなのは、ミストスプレーです。
化粧水を市販のスプレー(100円ショップので十分)で顔に向けてシュッシュとスプレーします。
ミスト状になった化粧水が肌に浸透し、肌にうるおいを与えてくれます。

愛情を持って、丁寧に。お肌を大切にしてくださいね。

pappoより




クレイの魅力

昨日、クレイで久しぶりにCOOKのフェイシャルケアをやりました。
おかげでCOOKのお顔は今日もモチモチです。

そもそもクレイとはなんでしょう?

ピンクや白色など様々な色をして、サラサラした砂粒のようなもの。
水に溶かすとドロドロになります。

クレイは独特の性質を持っています。さまざまな岩石が長い年月を経て256mm分の1以下の微粒子になります。
その長い長い年月を経る間に、大地に棲む様々な生物の養分を取り込み、熱や水や圧力の影響を受けながら細かくなったものです。

クレイが水を含むと、表面がマイナスイオンを帯びます。
そしてプラスイオンを帯びている物質と結びつきます。
有害な化学物質や毒素など人体に有害な物質はたいていプラスに帯電しているので、これらの有害物質や毛穴の余分な皮脂、アクネ菌まで吸着し、お肌をキレイにしてくれ、ニキビやアトピー性皮膚炎などに高い効果をもたらすのです。



クレイパックでお肌つるつる

お肌のケアのために一ヶ月に一度ぐらいの割でCOOKにクレイパックをやってあげたいと思っているpappoですが、皆様いかがお過ごしですか?

一ヶ月に一度どころか、前にやったのはいつだったか? 一年ぐらい前だったか? って感じなんですが、今日、久しぶりにクレイパックをやりました。

クレイとはミネラル分をたっぷり含んだ天然の粘土のこと。
クレイパックは美白効果や大人にきびのケアに効果を発揮します。
また、古くなった角質を取り除くことによりターンオーバーが促進され、透明感のあるもちもちの素肌になりますよ。

クレイには様々な種類があるのですが、今日使用したのはモンモリロナイト。
フランスのモンモリロ地区から採掘されるためこう呼ばれています。

やり方は簡単。
材料
モンモリロナイト・・・小さじ1/2
市販のプレーンヨーグルト・・・大さじ1
使い方
①モンモリロナイトとヨーグルトをよく混ぜ合わせる。
②目や唇をのぞき、顔に塗る。
③3~10分ほど待ち、クレイが乾いて肌がひっぱられる感じがしてきたら、ぬるま湯で洗い流し、最後に冷水で肌を締める。
④化粧水やオイルなどで保水と保湿を行う。

ぬるま湯でクレイを洗い流した後で鏡を見ると、肌がもちもちになっているので、いいですね。
COOKも「わぁぁ」と言って嬉しそうにしてましたよん。

今度はいつやるかな?


ローズヒップ乳液とローズヒップ化粧水を作ってみました

化粧水_convert_20091116181303

ローズヒップの実をすりつぶして煮出した水で化粧水を作りました。

乳液_convert_20091116181523


こちらは同じ水で作った乳液です。

香りがいいです。
明日まで待って使ってみます。



簡単にできるヨーグルトパック

昨日の朝、4時に起きたCOOKが少し疲れた表情をしていましたので、簡単にできるヨーグルトパックをしてあげました。
これは準備も簡単で、10分で終わるのに、効果はバツグン! なので、COOKが忙しい時に、ちょっとした合間を縫ってやってあげます。

揃えるもの
1.市販のプレーンヨーグルト・・・大さじ1ほど
2.精油・・・1~2滴(この日はゼラニウムとラベンダーを1滴ずつ)

やり方
1.ヨーグルトに精油を垂らして混ぜる。
2.洗顔後、顔にパックする。
3.10分ほどおき、ヨーグルトが乾燥したらお湯で温めたタオルで拭く。
4.冷たいタオルでクールダウン(30秒~1分ぐらい)
5.洗顔後、ローションで調える。

ヨーグルトを顔に塗るのかよっ!って少し不安だったので、パッチテストを兼ねて最初は自分の顔で試してみました。
するとまあ、ふっくら、モチモチとした肌触りに変化したので、私もビックリしまして。
それでCOOKにも試してみたわけです。
でもホントは肌質はひとりひとり違うので、私で試してOKだからCOOKも大丈夫だろう。。。なんて考え方はメチャクチャですよね。
あまりオススメはできないですね。ていうか、それダメだろ、と思いましたが。
ホントはちゃんとパッチテストをやった方がいいと思います。
本に出ていたパッチテストのやり方は肘の内側に塗って上から絆創膏を張り30分から数時間置き、肌に変化がないかを見る、とか、絆創膏は貼らないでやるとか、やり方も本によっていろいろ書いてありますね。
肘の内側が肌が柔らかく敏感なのでしょうね。
でもまあ結局COOKにはパッチテストをやらずにヨーグルトパックをやってみたんですが、結果は大正解でした。
肌がふっくらとして、モチモチとして、それまでの疲れた表情や肌の感じも吹っ飛び、溌剌とした肌に生まれ変わったかのよう。
COOKのスッキリとした表情を眺めながら、私も癒されました。
手軽にできるので、これからも週に1~2回ぐらいやってあげたいなと思っています。
アロマテラピー マッサージ・ブックアロマテラピー マッサージ・ブック
(2003/08/06)
C・M=ハドソン

商品詳細を見る


ヨーグルトパックのやり方は「アロマテラピーマッサージ・ブック」クレア・マクスウェル=ハドソン著を参考にしました。
この本はマッサージのやり方が写真入りで詳しく書かれていてとても役に立つ一冊でしたが、精油の量が日本の本に書いてある分量よりも少し多めです。
なので、私は精油の分量については日本の本を参考にして、少なめにしています。


テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。