pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホットストーントリートメントに使用している道具

↓の写真の物がホットストーントリートメントに使用している道具です。
5555.jpg

写真手前から、まず湯せんに使用する鍋。
これに水をはり、ホットストーンを湯せんします。
ぐつぐつと沸騰させるのではなく、小さな泡がホットストーンの周りにまとわりつく状態で上げたらいいと思います。
それをお玉ですくって水をはったボウルに入れます。
すぐにボウルからホットストーンを取り出して、布巾で拭きます。

使用する際に気を付けて頂きたいのはやはりやけどですね。
施術する側もされる側もやけどに細心の注意を払わなければなりません。
ホットストーンを鍋から上げるタイミングを誤ると、石がとても熱くなってしまいキケンです。
その際は十分水につけて、熱を冷ましてくださいね。

または厚手のタオルにくるんで使用するのもいいかもしれません。

施術する人は必ず、ホットストーンが熱くないかを石を移動させる度に確認してください。
手で感じる熱とお腹などの脂肪のある部分や皮膚の薄い部分で感じる熱さは違うので、逐一確認することが必要です。

それから次に気を付けて頂きたいのは、ホットストーンを背中や太ももなどに置いて体を温めますが、その際、急に相手が動いて、石が床などに落ちる恐れがあります。
床に落ちて、窓ガラスを割ったりしないように、窓から十分離れた場所でトリートメントを行うのがいいと思います。

あと足に石が落ちたりすると危ないので、急に動かないようあらかじめ注意を促しておく必要があります。

あらかじめタオルなどで包んで落ちないような工夫も必要かと思います。

当然、体の上に落としたりしないよう、ホットストーンを持つ際にはしっかり持つという意識を常に持っていなければならないでしょう。
オイルがついた石は予想以上に滑りやすくなっています。
表面が研磨されつるつるすべすべなので、なおさらです。

それから、石を選ぶ際の注意点ですが、粗悪品を頼むと、石の密度が低く、すぐに冷めてしまう恐れがあります。
私はネットで購入しましたが、情報をよく読み、粗悪品を購入しないよう気を付けてくださいね。

ここに書いたこと以外にも、気を付けなければならないことがあるかと思いますので、各自、細心の注意を払い安全に楽しんでくださいね。

妻はホットストーン&ホットオイルでのアロマトリートメントがとても気に入ったようで、全身の血流が良くなったせいでしょうが、むくみは取れ、顔のくすみもなくなりつつあり、肌の色が明るく、そしてもちもちと柔らかい弾力が生まれ、変な話ですが、バストアップも図られ、とても喜んでいます。
バストアップはゼラニウムを使用したトリートメントで効果が期待できますが、ゼラニウムのホットオイルでのトリートメントにより精油のポテンシャルが最大限に引き出されて、その効果が早々と出たのではないかと思います。
以前バストアップのトリートメント法をご紹介した記事がありますので、もしよろしければコチラをご一読ください。
あとほかにも最初に日本に精油を紹介したロバート・ティスランドさんの元奥さんであるマギー・ティスランドさんが書かれた本の中にもバストアップの方法が書かれたページがありましたので、その時の記事もついでにご紹介させていただきますね。
コチラです。

それから一つ書かせてください。
バストアップのトリートメント法でご説明させて頂いているのはバスト横をトリートメントしてバストアップのツボを押すという方法ですが、実はちょっとここに書きにくくて書いてないことがあったのですが、それはバストトップのトリートメントなのです。
叶姉妹が最強のトリートメント法はバストトップなのだ! と紹介していたらしいですね。
それを知って、ああやっとそういうことを書いても変に思われなくなったのではないか、そういう時代が来たのではないか、と思い、この場に思い切って書かせて頂きますが、バスト横のトリートメントだけではバストアップは不十分だと思います。
バストアップのためにはそのトリートメントに加えて、バストトップのトリートメントを行います。
バストトップをホットオイルでトリートメントすることで、大きな効果が期待できます。(常温のキャリアオイルでもOKですが、ホッとオイルの方がより効果が期待できると思います)
どうやるかというと、ホットオイルを手に取り、オイルの温度が冷めないうちに素早く手のひらに広げて、バストを包み込みます。
熱と同時に精油成分を十分にいきわたらせるのです。そしてバスト脇をトリートメントして、最後にバストアップのツボを押す。
この動きを最低でも5、6回は繰り返してください。
授乳後に張りを失ってしまったバストには特に効果があると思います。
早い人は翌日には変化が見られ、一週間後には張りが戻ってくる人もいると思います。
使用する精油はイランイランよりも私はゼラニウムまたはクラリセージがいいと思います。特にゼラニウムがとてもいいと思います。
月経のリズムに合わせて精油を変えることが大切です。
月経二週間前から月経直前まではゼラニウム、月経中はゼラニウムとクラリセージ、月経直後から二三日後はクラリセージ。
それから月経二週間前までは、ローズオットーやネロリ、またはやはりゼラニウムもいいかと思います。
ゼラニウムは女性の内分泌系のホルモンのバランスを整えてくれる精油なのです。
バストアップは寄せてあげてということではなく、ホルモンのはたらきの力を借りることが大事だと思います。
前にも書きましたが、元々女性が女性らしいラインになっていくのは女性ホルモンのお蔭なのです。
なので、ゼラニウムで女性ホルモンのバランスを整えることで、本来のラインを取り戻すことができるのだと思うのです。

最後はなぜかバストアップの話になってしまいましたが、私はこのことをだいぶ前に感じていましたが、私は男性なので、こんなことを書くと変だと思われるのではないかと考えてしまい、このことを書く勇気がありませんでした。
しかし、バストのことで悩んでおられる女性はたくさんいらっしゃると思います。
それで書いた方がいいのか、いやしかし書くと変に思われるのではないか・・・という葛藤があり、中々書くことができなかったのです。
しかし今日は話の流れで、思い切ってこのことを書くことができて長年の肩の荷が降りたような気がしています。
変に思わないでくださいね。これは真面目な話なのです。

それでは、またこのブログでお会いしましょう!


スポンサーサイト

ホットオイルトリートメントの道具

先日ここでご紹介させて頂きましたホットオイルトリートメントに私が使用している道具をご紹介させて頂きます。
道具といっても専用のものは小型のビーカーぐらいで、後は本来は別の用途に使用するものを流用しています。
まず全ての道具ををご覧ください。
1111.jpg
道具を乗せているのはアロマベッドですが、ベッドはなくてももちろん構いません。椅子に座ってもできるし、バスタオルの上に寝転がってもできます。
一応、アロマベッドの詳しい情報にリンクを貼っておきます。私が以前書いた記事です。
アロマベッドの紹介記事

奥からバスタオル二枚、これはベッドの下に敷くものと、上にかけるものです。
そして、アロマオイルを入れる容器。これは大理石でできています。
実はこれもともとはスパイスをつぶすためのキッチンツールなんですよ。
IKEAで買ったんですが、乳鉢と乳棒のセットで1999円です。
これを二枚目の写真のように湯せんにかけてオイルを温めます。じっくりと時間をかけて温めた方が冷めにくいですが、急ぐ時にも割と早く温まるので便利ですよ。
オイルを入れて湯せんにかけるのではなく、湯せんにかけて温めたところにオイルを入れた方がいいと思います。それでもすぐにオイルを温まります。
乳棒は何に使うかというと、元々乳棒の先端はスパイスをすりつぶすために、細かいやすり状になっているので、その部分を使って角質化したかかとのケアを行います。
この乳棒でかかとを軽くこすった後にホットオイルでトリートメントすると、かかとも柔らかくなり、すべすべになることでしょう。

一番手前に置いているのは布巾です。
これは湯せんにかけた乳棒は熱いので、一旦水につけて少し冷ましてから使用します。
その際に乳棒を拭くのに使用します。
別にタオルでも構いません。

2222.jpg

それからビーカー。
これは30mlまで目盛りのついたもので、5mlずつ計ることができます。
これでキャリアオイルの量を測り、それに合わせて精油の量を決め、一旦ビーカーの中でアロマオイルを作ってから、乳鉢に移します。
これは精油の入れ過ぎに気を付けるためです。
つい最近、吉祥寺駅前のパルコの地下のオシャレな100円&300円ショップになんとこのビーカーが売っていたんですよ。
もうビックリしました。
私が使用しているのと同じ大きさの物と、さらに大きな物が売っていました。値段は忘れましたが、そんなに高くはないんじゃないでしょうか。
このびーかーの目盛りが正しいものなのかどうか調べてみないとわかりませんので、不安な方はアロマショップで販売している物を検討されてはいかがでしょうか。
3333.jpg

次に使用時の注意点を書かせて頂きます。

なんといっても一番気を付けなければならないのはやけどです。
沸騰した湯で乳鉢を湯せんすると、オイルはとても熱くなり、いざトリートメントを始めようとオイルを手にすくうと大やけどをおってしまいます。
最初にオイルを手ですくいとる際には慎重に温度を確認してくれぐれもやけどをしないように気を付けてください。

それから足裏のトリートメントに乳棒を使用する際には、乳棒の持ち方に気を付けてください。
乳棒の先端にオイルを塗って、足裏をツボ押しのように押していくのですが、やけどに気を付けるのはもちろんですが、乳棒がとても滑りやすく、さらに不安定な足裏を押すとあって、つるんと滑ってしまうことがあります。
その際に手首をひねってしまう恐れがあります。
また乳棒でくるぶしなどを押してしまうと、とても痛いので、そういうことのないように、ゆっくりゆっくり、あまり力を加え過ぎないように押すといいと思います。

あと乳鉢はとても重いので、誤って足などに落とさないようにくれぐれも気を付けてください。
これ足に落ちたら足の骨が砕けますよ。

と、まあ気を付けないとならないこともあるのですが、ホットオイルトリ―トメントはとても気持ちがいいので、ここに書かせて頂いたこと以外にも十分気を付けて行って頂けたらと思います。

ちなみに、今日も妻にホットオイルトリートメントを行いました。
妻もとても楽しみにしてくれていたようで、嬉しかったです。
今日はクラリセージを使用しました。

最近では妻がお返しにと私の足先や腰をトリートメントしてくれるようになりました。
ホットオイルでトリートメントしてもらうと、ぽかぽかと体全体が温まり、とても心地いいのです。
眠りも深く、朝の目覚めも気持ちいいです。

あ、ホッとオイルトリートメントをする際に、気を付けて頂きたいことがもう一つあります。
それはキャリアオイルに使用するオイルのことです。
トリートメントを行っている方の中には食用油を使用されている方もおられることと思います。

オイルトリートメントに食用油を使用してもいいの?! と驚かれた方のために以前こんな記事を書いていますのでよろしければおコチラを読みください。

食用油を使用する方は、オメガ3に属する亜麻仁油とかしそ油などの熱に弱いオイルは使用しないようにしてください。
これらのオイルは熱にはとても弱いのです。
酸化してしまい、お肌にも良くないと思いますので、熱に強い油を使用することをお勧めします。

ただし、食用油の使用感というのはやはり化粧用に精製されたオイルとはやはり違うのです。そのことをコチラの記事にまとめていますので、ご興味のある方はご一読ください。









書斎の整理整頓が完了!

数日前からボチボチと書斎の整理整頓をやってきました。

目標は、すべての物がどこにあるかがわかる部屋でしたが、どうやら目標を達成したようです。

ネジの一本、ペンの一本の細部に至るまで、完全に片付けている場所を把握していますし、ひと目でわかるようにしました。

必要な物がどこにあるかすぐにわかるということがこれほどストレスを無くすものだというのは、部屋を整理整頓してみて、実感しました。

これまでの捜し物、ベスト8は、

①ツメきり

②はさみ

③ホッチキス

④メジャー

⑤工具

⑥画鋲

⑦ペン

⑧ノート

でした。

まるでわが家にはブラックホールがあるのではないだろうか? と思うほど、探すと見つからないということがよくありましたが、これからはそういうこともないでしょう。

しかも、今回の整理整頓にはお金を1円もかけずに、家にある物だけを利用して、やりました。

知恵をはたらかせながらやった整理整頓は楽しかったです。


集中したいときのpappoの秘密兵器はこれ

集中しなければならないのに、集中できない時ってありませんか?

pappoはしょっちゅうです。

そこで、集中するためにはどうすればいいか? と自分に合った方法を色々考えて試してきましたが、最近、集中しなければならない時の始まりの時にあることをやると、pappoはすごく集中できることを発見しました。

それはストップウォッチのスイッチを押すことです。

pappoはデジタルの方がいいようで、それはきっと、数字がひと目でわかるからだと思います。

さあこれから作業を始めるぞ! という時に、ストップウォッチのスイッチを押します。するとあら不思議、ものすごく作業に集中できるんです。
そして作業終了後にはストップのボタンを押すのさえ忘れてしまっていることもあります。

じゃあ、なんのためのストップウォッチなんだ? ということになりますが、そういう時は「あ、忘れてた」とちょっと悔しい思いをします。

忘れてなくて、ちゃんとストップのボタンを押した時は、「おお、ずいぶん長くやった気になってたけど1時間半か」とか「おお、気が付けば4時間か、ずいぶん頑張ったなオレ」とか、一人で悦に入ります。
この瞬間がご褒美です。

この×時間と、数字としてハッキリわかるところが気に入っているんですよ。
おお、こんだけやったのか! という。
ほかにもたとえば3時間ぐらいやった気になっていたけど1時間半だったんだ、みたいな時もあって。
この3時間ぐらいやったという印象はこれまで同じ作業にこれだけかかっていたということなんだろうなと思います。
それがストップウォッチのボタンを押すだけで、半分ぐらいに縮まるんですよねえpappoは。

ホント不思議ですが、すべては「おお×時間かあ、がんばったなオレ!」という瞬間のためだと思います。

いい方法が見つかってよかったなあと思う2012年1月です。

アホですね。








いよいよ今年も湯たんぽ登場!

最近めっきり寒くなってきましたね。
というわけで今年もいよいよ湯たんぽが登場しました。

昨夜使用したのは未だ風邪が完治しないpappoです。
夜寝るときに布団の中でお腹に抱いて寝ました。

朝、調子よかったですよ~。

湯たんぽについてこれまでにも何度も書いてまいりました。

湯たんぽでダルさや疲れとさようなら~
とか
冷えるということ
とか
なぜ女性は冷えやすいのか?

などなど。

いいことづくめの湯たんぽですが、いくつか注意が要ります。
まず、湯たんぽを抱えて寝るとすごく喉が渇くので、翌朝必ず水分補給をしましょう!

そして、片頭痛には湯たんぽは逆効果ですので、それだけは憶えておきましょう。
肩のコリや緊張などからくる緊張型頭痛の場合は湯たんぽは有効ですが、片頭痛の場合は冷やす必要があります。
症状によるいろいろな見分け方がネットなどで紹介されていますが、群発型頭痛などもあり、症状だけでは一概に言えないのが難しいところです。
頭痛外来などで診察を受けましょう!





シャビってみました

3_convert_20090717203714.jpg
白色に塗ったウッドデッキがまぶし過ぎて庭の中で完全に浮いた存在になってしまっていたので、今日、アイボリーのペンキを塗った後でシャビってみました。

2_convert_20090717203729.jpg
↑粗目のサンドペーパーでガシガシやりました。
下地に塗った藤色と緑のペンキが所々見えて中々良い雰囲気が出てきました。

1_convert_20090717203742.jpg

↑角をガシガシとシャビッてみたところ、なんかいい感じになりました。
最後にニスで雨対策もしました。

デッキ4_convert_20090717195534
↑しかぁし、遠目で見るとすのこみたいなんですよ。
ここは風呂か?と思ってしまいます。

ガックリしてしまい、造園業を営んでいる友人のT氏へ電話したところ、3ヶ月ぐらい経てば自然にいい雰囲気になると聞き、かなぁり元気になりました。

このT氏の奥さんは何を隠そう、シャビリが上手なんですよ。
ちょっと作品を見てみてくださいよ。

というわけで、あと三ヶ月もすれば、このすのこ風ウッドデッキも少しは良い雰囲気になると思います。

※夏休みアロマ石けん講習会 参加者募集中です。
詳しくはコチラをご覧ください。

8月27日は残りわずかです。
8月26日はあと4組ほど席が残っています。

よろしくお願いします。


テラスを作りました

テラス_convert_20090716191745
↑わが家の狭い庭にテラスを置きました。
COOKと一緒に組み立て、色を塗り終えたところです。

もう少し涼しくなったらキャンプ用の椅子を置いてビールでも飲もうかと思っています。


小物入れを作ったよ

今日はKリンにラベル作りと裁縫を教えてもらいました。
Kリン忙しいところ時間を作ってくれありがとうございました

↓ちょっとした思い付きで皮を使ってみました。
皮が厚いので、太い針に変えたり、袋を作るための様々な工夫を勉強することができました。
袋1_convert_20090715191147

小物入れって単純な袋とばかり思っていたら、色々な工夫があって本当に勉強になりました。
また教えてください。
よろしくお願いします。






マスキングテープ

今日COOKが西荻の1weekshopでマスキングテープを買ってきてくれました。

マスキングテープ_convert_20090609202025

どれから使おうかな?

ありがとね。

ビンや箱など

今日はpappoのアロマテラピーに使用する道具をご紹介させて頂きます。

↓化粧ビン。シリーズものの別のデザインはコチラです。
化粧ビン_convert_20090602232249

↓これはクリーム用のビン。
シアバタークリームを入れて使用します。
クリームビン_convert_20090602232308

↓これは精油を持ち運ぶためのアンティークのブリキ製の箱。
ブリキ箱_convert_20090602232326

おまけ↓
これは石けんのけん化を進めるための発泡スチロールの箱。
今日買い物の途中でスーパーでもらいました。
ちょっちフタに絵を描いてみました。
箱1_convert_20090602232339

↓別の角度から
箱2_convert_20090602232356

↓別の角度から
箱3_convert_20090602232416

そんなわけで、持って帰ってもらった箱はライオネル氏専用で使って下さい。ヨロピク!


精油用のテーブルを頂きました。

table1_convert_20090510215624.jpg
今日、近所にお住まいのミュージシャンの一家にこんなステキなテーブルを頂きました。
鉄製です。
天板のタイルのように見えるところも鉄製です。
細かい細工が施されています。
そして鉄製の引き出しもついています。

↓今度は角度を変えて。。。
table2_convert_20090510215641.jpg

元々、このミュージシャンのご家族とは全く面識がなかったのです。
pappoは先日近所で開催された「大人の縁日」でドラムを叩く姿を拝見しておりましたし、家の前を通りがかった時に車に楽器を積み込む所に遭遇したりしておりましたので、顔はよく存じておりました。
ですが、先方はpappoのことなど全く知りません。

そのような間柄にもかかわらず、pappoはあつかましく庭に数ヶ月間置いたままになっていたこのテーブルをいくらかで譲ってくださいと頼みこんだのです。
もうずっと前から「いいなぁ~あれ」と思っていましたが、まさか一面識もないpappoがいきなり訪問して「このテーブルを譲ってください」と言ったら、相手の方はなんと思うだろうか? とさすがに毎回躊躇しておりました。

ところが、今日はたまたま通りがかった時にご主人がニコニコと微笑みながら車の側におられたので、その笑顔に釣られて、つい「あの~すみません。そこに置いてあるテーブルは使っていらっしゃるのですよねえ」と声をかけさせて頂いたのです。

「は?」と言われるのを覚悟していました。
ところが、こちらのご主人はニコニコと笑いながら、「使ってないよ。いいよ、あげるよ」と答えて下さいました。
一応、奥さんにも確認を取る意味で窓越しに尋ねられたところ、「いいよ」とのお返事。

さすがにタダでは。。。と申しましたが、「いやいや、いいんだよ。どうせもう使ってないし」とおっしゃってくれて。
申し訳ないやら、嬉しいやらで。
pappoの厚かましい頼みを快く聞いてくださりありがとうございました。

それから、夕方になって近所の「ゆうやけ市」という小さなお祭りに家族で出かけました。
そこで、テーブルをくださったミュージシャンのご主人がドラムを叩くということでしたので、早速演奏を聴きに行きました。

JAZZのスタンダードナンバーから名曲まで、ソウルフルな演奏で体の芯からしびれました。
member1_convert_20090510215706.jpg

道行くたくさんの人が足を止めて音楽に聴き入っていました。
中には踊りだす人もいたりして。
pappoも知らぬうちに体をスィングさせ、手拍子していました。
kankyaku_convert_20090510215724.jpg

↓そして、この方こそ、pappoに優しい笑顔で気前よくテーブルを下さった方です。
どうです、キマッテますよね。
dram_convert_20090510215747.jpg

角度を変えて。
dram2_convert_20090510215817.jpg

奥様もとても気さくな方で、あんなステキなテーブルを「どうせ使ってなかったからもらってくれてありがたいぐらいよ」なんてこちらが気を使わないで済むよう言ってくださって。
心から感謝感謝です。

精油のテイスティングの時などに大切に使わせていただきます。
本当にありがとうございました。

これを縁に、これからよろしくお願いいたします。


注文していた遮光ビンが届きましたぁ

注文していた遮光ビンが届きましたので、早速pappoブレンドを作り、近日中にお友達に渡そうかと思っています。
でも、どうやって渡せばいいんだろう??
COOKに頼もうっと。
喜んでくれるといいけどね。

それから、遮光ビンと一緒に届いたのは前から欲しかったキャリアオイルのアボカドオイル。
明日はホワイトデーなので、日ごろの感謝の気持ちと、バレンタインのお礼の気持ちを込めて明日の夜にでも使用したいと思っています。



7年ぐらい前に買ったフットバス

その昔、まだ横浜に住んでいた頃で、長女も生まれていない頃だったので、かれこれ7年ぐらい前に購入したフットバス、ほとんど使用することなくベッドの下に仕舞っておりましたが、最近になって、久しぶりに出して使ってみました。
ほとんど使わずに仕舞っていましたので、新品同様とまではいえませんが7年前の物とは思えないほどキレイです。
お湯を入れて、足を入れスイッチを入れるとズズズウz~んという響きが膝まで伝わってきて、いい感じぃ~。。。
ついでにトリートメントオイルで足をセルフトリートメントしました。

☆今日の精油
ラベンダー・・・1滴
☆今日のキャリアオイル
・スイートアーモンドオイル・・・18ml
そうそう、今日は長女と次女にもトリートメントをしました。
元気いっぱいの長女は足だけ、風邪が治りかけの次女は背中とお腹と手と足と喉をトリートメントしました。
次女は背中が気持ちよかったみたいで、何度も「きもちいい」ってつぶやいてました。


ミストファウンテンの使用感レポート

今日届いたミストファウンテン。。。届いてからずっと使用しています。
部屋の明かりを消すと、アロマミストの漂う中、ゆっくりと色が変化していき、とてもいい感じです。
いろんな精油を入れて試してみたいんですが、とりあえず今日はユーカリとゼラニウムとオレンジスィートを試してます。
一番香るのはオレンジスィートです。
ただ、生活の木で見たディフューザーと比べるとそんなに強くは香らないです。
時々、ちょっと香るぐらい。
あと、部屋に入るとあぁ匂いがするなあって気づく程度です。
人は匂いにはすぐに慣れてしまうものらしいので、本当は結構匂っているのかもしれないですけど。
生活の木に置いてあったのは精油をかなりたくさん入れていたのかもしれないです。

まぁ部屋に置いとく分にはこのぐらいの方がいいかもしれないです。



ミストファウンテンが届いたよ

color02.jpg

ずっと楽しみにしていたミストファウンテンがようやく届きました。
ずっとディフューザーが欲しくてあちこち探していたんですが、ディフューザーってお高いんですよねえ。
生活の木で見たのは2万2千円もしてたし。。。
ネットでいろいろ探したけど大体1万5千円ぐらい。。。
ちょっちお高い。。。

で、この前、たまたまネットでアロマポットで検索してヒットしたのが今日届いたミストファウンテンでした。
ヨーロッパでは1年で40万台も売れたと書いてありましたけど、ホントかいな? と思ってましたが、なんと送ってきた箱にも書いてありました。

早速使ってますけど、とてもいいですね。
本体価格は3980円、送料と代引き手数料込みで5千円ちょっと、という安さ。
おまけにとてもかわいいんですよ。
音もまったくしないです。
近くで耳をすますとブーンという感じの音がほんの少しするだけです。

ディフューザーとしても使えるし、加湿器にもなるし、LEDの優しい明かりが七色に変化して、インテリアにもなるし、ゆっくりとミスト状になった霧がテーブルに降りてくるんですよ。

香りは精油を4滴入れてみましたが、夕食のおかずを作っている匂いに負けてあんまりわからないです。
食事が済んだらだいぶわかるようになるかも。

それとももうちょっと精油を足した方がいいのかも。

http://www.netprice.co.jp/netprice/special5/goods/201635/
このサイトに動画でミストファウンテンの映像があります。
パソコンがすぐ側に映っているので、大きさがよくわかるんじゃないかな。
あと色が七色に変化していく様子や、ミストがゆっくりと降りていく映像があるので、購入を検討する際には参考になるかもしれません。

ずっとずっと欲しかったディフューザーがようやく手に入り、pappoは嬉しいでぇぇす。



注文していたバスタオルとバスローブが届いたよ

数日前に注文していた長さ2m×幅1mの超大判バスタオルが届きました。
茶とベージュの2枚、トリートメントの時にアロマベッドに敷いて使用します。
前に同じタオルを買ったことがあるんですが、そろそろ寒くなってきたので、防寒のためにもう2枚購入したのです。
風邪をひいたら大変ですからね。
それからバスローブも届きました。色はグレー。
COOKがお風呂から上がってアロマトリートメントを受ける時に着てもらおうと思っています。

思ったより生地が厚めでよかったです。
お風呂上りの時に子どもを先にタオルで拭いてあげたりしなきゃならないんで、そういうときに湯冷めしないようにサッと羽織ってもらえば寒くないから。



持っていると便利なもの、ビーカー

ビーカー

キャリアオイルの分量を量るのに使っています。
ビーカーを買う前は計量スプーンで量っていましたが、毎日のことになると面倒なので、
近所のアロマショップで購入しました。
価格は650円でした。
マドラーは近所の百円ショップで5本で百円です。
キャリアオイルの分量を量る容器はガラス製が良いそうです。
プラスチック容器だとオイルが変質してしまうそうです。






プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。