pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手作り化粧水

最近、だんだん暑くなってきましたね。
これまで使用していた市販の化粧水はおそらくグリセリンが多く含まれているのでしょう、粘性が高く、暑い季節に合わない気がしてきました。
ただ、その化粧水にはオレンジスィートの精油が含まれているため、香りがとても良かったため、オレンジスィートを含んだサッパリとした化粧水を自分用に作りました。

・精製水・・・1本(500ml)
・グリセリン・・・グリセリン容器のキャップ一杯分
・無水エタノール・・・無水エタノール容器のキャップ一杯分
・オレンジスィート(精油)・・・5滴
・ペパーミント(精油)・・・5滴
・キャロットシード(精油)・・・3滴

①グリセリンにオレンジスィートとペパーミントを溶かし、それを精製水に溶かします。
②無水エタノールにキャロットシードを溶かし、それを①の精製水に溶かします。
③よくかき混ぜて、化粧水として使用します。

サッパリとした使い心地です。

もしご自身で作る場合は、精油の量や種類はお好みで。
さらに使用される前には必ずパッチテストを行い、自己責任でお願いしますよ。




スポンサーサイト

ネロリウォーターを作りました

いつも読んでいる前田京子さんの本↓
シンプルスキンケアシンプルスキンケア
(2008/11/05)
前田京子

商品詳細を見る

を見ながら、ネロリウォーターを作りました。
(本ではオレンジフラワーウォーターという名前で紹介されていますが、pappoはネロリという呼び方に慣れているのでそう呼びます)

ネロリウォーター_convert_20090604182745
↑ネロリウォーターを作るのに必要な道具と材料です。
右下から順番に
①小さじ(植物性グリセリンの分量を量るのに使います)
②ビーカー(精製水を量るのに使います)
③ネロリの精油・・・1滴
④化粧ビン・・・100mlの精製水が入るビン(pappoのは50mlしか入らないので半分の量で作りました)
⑤植物性グリセリン・・・小さじ1/4~1/2
作り方
①化粧ビンにグリセリンを入れ、その上にのるようにネロリの精油を垂らす。
②容器を左右に振り混ぜて、精油とグリセリンをなじませる。
③精製水を加え、容器にふたをして何度も振り混ぜる。

ネロリはアンチエイジングのためのフェイシャルマッサージに適した精油です。
そのほか、不安や緊張をほぐし、気持ちを落ち着けてくれます。
高ぶった心を落ち着かせ、不眠症を改善します。
肌に弾力を与え、しわやたるみを防ぎます。

このようにたくさんの素晴らしいはたらきをもったネロリで手作りの化粧水が作れてpappoは幸せです。
香りもとても優雅で、男性のpappoでもうっとりしてしまいます。

この本、ほかにもラベンダーウォーターやローズウォーターなどスキンケアに役立つレシピがたくさん載っています。


美容クリームを作ってみました

最近いつも読んでいる↓この本
シンプルスキンケアシンプルスキンケア
(2008/11/05)
前田京子

商品詳細を見る

を参考にして、今日はシアバターを使った美容クリームを作ってみました。

レシピに従って、2種類作ってみましたよ。
↓こちらは、シアバターとオリーブオイルだけで作ったクリーム。
オリーブオイルはオリーブオイル専門店で買った最高級品を使用しています。
オリーブオイルには保湿成分のスクワレンと植物性グリセリンがたっぷり含まれているので、乾燥がちな方にはピッタリだと思います。
シアバター2_convert_20090525120921
使用した精油は
・ラベンダー・・・2滴 皮膚炎症を抑えるはたらき
・パチュリー・・・2滴 皮膚炎症を抑えるはたらき

作り方
①シアバター17gとオリーブオイル8gを混ぜて湯せんにかける。
②冷めたら精油を加え、冷蔵庫で冷やし固めて完成!

↓こちらはシアバターに高い保湿成分を持つオレイン酸と軽い使用感のリノール酸を含む太白ごま油と、肌の調子を整えるαリノレン酸を含むしそ油をミックスしたオイルだけで作りました。
ごま油としそ油の比率は3:1です。
しそ油は熱に弱く、酸化しやすいので、常温にさました後で加えました。

使用した精油は
・ラベンダー・・・1滴 皮膚炎症を抑えるはたらき
・カモミールローマン・・・2滴 皮膚炎症を抑えるはたらき
・ティートリー・・・1滴 抗菌、抗炎症のはたらき
です。
シアバター1_convert_20090525120821

シアバター自体にも炎症を抑える効能があると言われています。
また、皮膚を柔軟にし、シワを減らすなどアンチエイジング効果も高いそうです。

作り方
①シアバター17gと太白ごま油6gを合わせて湯せんにかける。
②熱が取れ冷めたらしそ油2gを足す。
③精油を加えて、冷蔵庫で冷やし固めて完成!

オリーブオイルで作った方↓は、以前、母の日の贈り物としてハンドケア用のクリームをご注文くださった方に差し上げることにしています。
ぜひお母様にも使って頂きたいと思っています。
シアバタークリーム2_convert_20090525130016

また、太白ごま油としそ油で作った方↓は、いつも色々とお世話になっているTちゃんに差し上げて、家族で使ってみて頂きたいと思います。
※しそ油が入っているので、普段は冷蔵庫に保管してください。
シアバタークリーム1_convert_20090525130142

ただ、どちらのクリームも食用油を使用しています。
食用油とはいっても、熱をくわえず圧搾法で作られた油です。
pappoもCOOKも普段からスキンケアに使用しており全く問題なく使っていますが、ご使用になる前に必ずパッチテストをしてくださいね。

それから肌に合わない場合はすぐに使用をやめてください。

直射日光を避け、冷暗所に保管してください。


先日、COOKのお友だちにデコ電をやってもらいました。
デコ電は女性用だけではなく、男性向けのデザインもあるんですね。
ケータイがブラックなんで、それに合わせて↓こんな感じにやってもらいました。
デコ電_convert_20090525130906

まだ、接着剤が少し残っていますが、今度エタノールでキレイにしてもらいます。
デコ電2_convert_20090525130921


手作り化粧水をまた作りました

前田京子さんが書いた↓この本
シンプルスキンケアシンプルスキンケア
(2008/11/05)
前田京子

商品詳細を見る

に載っているラベンダーウォーターをまた作りました。

これ、ホントにお肌によくって、pappoもCOOKも毎朝毎晩使ってます。
そして美容オイルも自分で手作りして使ってますよぉ。

今日はラベンダーウォーターの作成過程をアップしたいと思います。
①まず、精製水をはかります。
本のレシピは100mlで書かれていますが、pappo宅で使用する化粧ビンには50mlしか入らないので、半分の分量で作ります。
目盛り_convert_20090524202638

↓ちょっと目盛りが見えにくいですね。スミマセン。
ビーカー1_convert_20090524202842

↓化粧ビンに植物性グリセリンを小さじ1/3ほど(精製水100mlの場合は小さじ1/2)と、ラベンダー精油を2滴(精製水100mlの場合は5滴)を入れよく振り混ぜます。その中にあらかじめ量っておいた精製水を入れます。
注ぐ1_convert_20090524202949

↓これが貴重な化粧水の元ですから、最後の1滴まで残さず入れました。
注ぐ2_convert_20090524203155

↓フタをします。
フタをする_convert_20090524203348

↓フタをしました。
フタをした_convert_20090524203558

↓しっかり振り混ぜました。
フタをした2_convert_20090524203646

↓というわけで、早速今夜寝る前にCOOKと一緒に使いたいと思います。
化粧ビン1_convert_20090524203907

もちろん美容オイルも。

使い始めてまだ数日ですが、COOKの肌が明るくなった気がします。
pappoのお肌もシットリです。
うっふん。。。

おまけ。。。
↓ライティングを変えて撮影してみました。
ビーカー2_convert_20090524213815

↓シンプルスキンケアで肌を整えたら・・・
ビーカー1_convert_20090524213801

↓ぐっすりおやすみ。。。します。
化粧ビン_convert_20090524213831

外はすごい雨。
明日の幼稚園の遠足は延期だな。。。たぶん。。。



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。