pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
アロマボランティアに参加

今日は杉並区にある介護付有料老人ホームでアロマハンドトリートメントのボランティア活動に参加してきました。
自転車で20分ほどの場所にありました。

今日は引率1名を含む5名でのボランティア活動となりました。
そしてpappoは4人の方へハンドトリートメントを行いました。

最初の方は4年前に脳梗塞となり、右半身が麻痺してしまった方でした。
右手が利き手だったため日常生活も不便で困ると言っておられました。
それでも毎日テレビで放送されているラジオ体操を見ながら、椅子に座って体操するのよ、と明るく笑っておられました。

二人目の方はお風呂から上がったばかりとのことでしたので、お風呂上りにマッサージするといいですよ~と言うと嬉しそうに微笑んでおられました。
マッサージを終えると、なんだか眠くなってきました、と小さい声で言っておられました。

三人目の方は京都で生まれ結婚を期に東京で暮らし始めた方でした。
終戦後に東京に出てきたと言っておられました。
声がとても小さく、ささやくように話される方でした。

四人目の方はずっと眠っておられました。
付き添いの方の話によると右半身が麻痺しているとのことでした。
一日の殆ど眠っていて、ほんの短い時間起きるとあまり調子が良くないと言っておられました。

その付き添いの方は別のセラピストの方がハンドトリートメントを行いました。
すごくサッパリした気がしますと嬉しそうに部屋へ戻って行かれました。

これまではデイケアセンターでのトリートメントでしたが、今日は滞在型の老人ホームでのボランティアだったためか、半身が麻痺している方やとても耳が遠い方など症状の重い方が多かったように思います。

pappoのつたないトリートメントが日ごろの不調を軽減し、ほんの少しでも気分が楽になればいいなと思っています。


アロマハンドトリートメント ボランティア参加

先月の両国のデイケア施設に続き、今日は2回めとなる神楽坂のデイケア施設でのボランティア活動に参加してきました。

この活動はNPO法人の日本アロマテラピー活動サポートセンター主催によるもので、都内各所の医療機関や施設などのご協力を得て開催されています。

pappoはこの団体主催のボランティア養成講座を受講し、当団体のボランティア資格を得て活動を始めたばかりです。

今日は3人のボランティアと1人の引率者の合計4人での参加となりました。
そしてpappoは5人の方々のハンドトリートメントを行いました。

1人目の方は、指先が曲がり、手の甲の関節が変形し、少し痛みがあるとのことでした。
ですので、一つひとつ「これから指先をやります。痛かったら遠慮なく言ってくださいね」と確認しながらトリートメントを進めさせて頂きました。
趣味はなく、夜中に目が覚めることも多いとのことで、そういう時はしかたなく朝まで起きているよと微笑んでおられました。

2人目の方は、シスターの修道服を着ておられました。ピアノとオルガンが大好きで毎日弾いているとおっしゃいました。
とても気持ちいいと言ってくださり、終了後はアナタのために祈りますとおっしゃってくれました。

3人目の方は、とてもオシャレな方で、近所の美容院の先生がとてもオシャレな人で「アナタももっとオシャレしなさいって叱られるのよ」と微笑んでおっしゃる方でした。
年齢は80歳を超えているとのことでしたが、とても溌剌として、肌も柔らかく、血色も良く、肌もスベスベでした。
編み物が趣味で、今は近所の赤ちゃんのためのものを編んでいるところで、「もらってくれるかしら」と微笑んでおられました。

4人目の方は、今日初めてこちらのデイケアセンターを利用された方でした。
数年前にご主人が認知症になり、その介護のために長い間大変な苦労をされ、腰を痛め、また手の指が曲がってしまっていました。
それでも指先に痛みはないとのことで、マッサージを気持ち良さそうに受けてくださいました。
今は嫁いでいかれた娘さんと離れて一人で暮らしているそうです。
テレビのドラマで自分に似たような話があったりすると、色々考えてしまって眠れなくなるのよねぇと言っておられました。
以前足を骨折して入院した時にご主人にとてもお世話になったそうで、色々世話をしてあげたいけど施設が遠いから、中々行くことができないと言っておられました。

5人目の方は、大変明るい方でした。手と腕がとても冷たかったのですが、トリートメントをすると、手の血色が良くなり、pappoの手のひらでも血流が良くなったのがわかるほどでした。
そしてしきりに「手があったかくなった」と繰り返され、実際、手も腕も温かくなりました。
「苦労はいっぱいしてるけど、明るくいかなきゃね」と微笑みながらおっしゃっていました。

皆さん、それぞれ様々な苦労もおありの様子でしたが、皆様、一様に明るく、前向きに物事に接していこうとされていることに心を打たれました。

ほんの短い時間ですが、人生の先輩にお話を伺い、心を動かされたり、「ありがと~」と感謝して頂いたり、また、デイケアセンターのスタッフの皆様の献身的なお世話の様子を垣間見ることができて、様々な想いが胸にわきあがってきます。

pappoたちはわずかな時間、トリートメントを行うだけですが、スタッフの皆様にはきっと様々なご苦労もおありだと思います。
そういうことに想いを馳せながら、今日も施設を後に致しました。

まだ2回目の参加ではありますが、深い癒しの想いが胸にこみ上げ、心がホッと温かくなります。
これもマッサージを受けてくださる皆様から頂く温かい笑顔のおかげだと思っています。

このような機会を作ってくださるNPO法人の日本アロマテラピー活動サポートセンターにも大変感謝しています。


アロマハンドトリートメント ボランティア参加

先日、NPO法人の日本アロマテラピー活動サポートセンターのボランティア養成講座を受けたました。
そして今日、当センター主催のアロマハンドトリートメントに参加してきました。

ボランティア活動に参加したのはpappoを含めて5人でした。

hand2_convert_20090521175955.jpg 「ウトウト・・・」

pappoは全部で6人の方にハンドトリートメントを行いました。
1人目の方は気持ちよさそうに目を閉じて、途中でウトウトしておられました。
2人目の方は耳が遠いため会話はありませんでしたが、キモチよさそうに目を閉じ、終わった後はにっこり笑って手を合わせてくれました。
3人目の方は自分の子育て論を語って聞かせてくれました。途中でなんでみんなやんないのかな?やればいいのに。私は今日は得した気分よとニコニコ笑いながらおっしゃいました。
4人目の方は長野出身の方で農業をやってきて、働くことが大好きと言っておられました。
5人目の方は最近交通事故に遭われて首筋を痛めたために首や肩や腰が痛いと言っておられました。今度は首と肩をやってもらったら気持ちいいだろうねぇ~と言っておられました。
6人目の方は私はいいわよぉ~と手を引っ込めてしまわれました。オイルの匂いを嗅がせると「あらぁ~」と目を丸くして驚かれ、「こんないい匂いのはもったいないわ」と言ってやはり手を引っ込められました。無理強いはできませんので、「じゃ今度はやろうね」と手を握ると「ふふふ」とカワイク笑っていました。

皆さんはお年寄りの手にどんなイメージをお持ちですか?
やせ細って筋張って弱弱しいと思われますか?
pappoの伯母の手がやせ細っているためpappoはそんなイメージがありましたが、よく考えてみると当然そんなことはなくて、筋肉質の方もいれば、ぷよぷよとした方もいらっしゃるし、痩せた方もいらっしゃいました。

そして、皆さん、手がとてもキレイでした。
手のひらは特に若々しくて、おそらく写真をアップして見ていただいたら30代と答えてしまうのではないか、というほど血色もよく、肌に張りがありました。

皆さんとても気持ち良さそうにされるので、pappoもとても癒されました。
おじいちゃん、おばあちゃんになるとだんだん赤ちゃんに返っていくと言うでしょう。
目の前でウトウトしている姿を見ると、まるで子どもの寝顔のようなんです。

今日初めての参加で、最初は少し緊張しましたが、おじいちゃんおばあちゃんの素朴で自然な雰囲気になごみ、癒され、あっという間にこっちの方がリラックスしました。

スタッフの皆様、お邪魔いたしました。
そして色々と気を配って頂きありがとうございました。
おかげさまで楽しい一日となりました。



プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード