pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


両親にアロママッサージ

8月9日、いよいよ熊本から東京へと帰る日になってしまいました。
この間、介護老人施設に入所しているオバを見舞ったり、義父の別荘でBBQを楽しんだり、家族で阿蘇を旅行したり、夜中にCOOKとお茶しに行ったり、天草本渡の妙見ケ浦にスキューバーダイビングに行き、ダイビング仲間とその夜飲んだり、同窓会に行き、恩師や懐かしい友人らと飲んだりと、充実した6日間となりました。

帰りの飛行機の時間は午後2時ぐらいだったので、それまでの時間を利用して、両親にアロママッサージを行いました。
花が好きな母の選んだブレンドは今度はハーブ系も試してみたいというので、ラベンダーとゼラニウムでした。

母はフェイシャルマッサージもしたので、肌がとても若々しくなり、表情もパッと華やぎ、鏡を見る表情もほころんで、とても嬉しそうでした。
いつのまにか痩せてしまった肩をマッサージする時には、なにか感慨深いものが心の底からこみ上げて来て、喋り続ける母へ相槌を打つのに声が震えそうになりました。
これまで親孝行らしきことは何一つせずに生きてきました。
そのことが申し訳なく、なぜもっと早くに優しくできなかったか、と思いました。

父はフェイシャルマッサージを行いましたが、まぶたのむくみがひどく、眼底から圧迫するような鈍い痛みが父を30年も苦しめてきたのですが、親指をまぶたの上に置き、そっと圧迫してあげるマッサージを5~10分ほど続けてやると、不思議なことにまぶたの腫れが一枚皮がめくれたかのように少しだけ薄くなり、鈍痛がなくなったとのこと。
父はよほど嬉しかったのでしょう。
ずっと苦しめられてきた痛みがとても軽くなっている、不思議だ、と何度も繰り返し、目に涙さえ浮かべていました。

このことは、精油の効果ももちろん何かしらの働きがあったのだと思いますが、不肖の息子が初めて父に施したマッサージが思わぬ効果をもたらしたのだと思います。
今まで散々心配ばかりかけ、また数々の迷惑もかけてきましたが、これからはできる限り心配をかけないようにし、熊本に帰ったときぐらいはゆっくりとマッサージを行い、いたわってあげたいと思いました。

そして丸一日経った今もまだ、目が軽く痛みもないということで、おそらく一過性ではないか、と思っていたpappoの不安を打ち消してくれました。
できるだけ早い内に熊本に帰省し、また同じマッサージをやってあげたいと考えています。

毎日忙しくしているcookのために始めたアロマテラピーが、pappoに人をいたわる優しさや人との触れ合いの温かさを教えてくれたのです。
不思議です、アロマテラピーって。
マッサージする側のはずのpappoが一番、癒されていると思います。

スポンサーサイト

8月8日 義母にフェイシャルマッサージを

この日は昼過ぎから長女と次女を熊本城に連れて行くことにしていたので、午前中の空き時間を利用して、cookのリクエストにより、義母にフェイシャルマッサージを行いました。
義母の選んだ精油は・サンダルウッドと・イランイラン

甘い香りのイランイランと、瞑想によく利用されるサンダルウッドのブレンドはとても神秘的で、甘く、深い香りでした。
ゆっくりと40分ほどかけてフェイシャルマッサージを行い、それから余ったオイルで手足をマッサージしました。

フェイシャルマッサージ後にメイクをするときには、もし肌にオイルが残っていれば軽く拭き取った後に、クリームもファンデーションもいつもの1/3~半分ぐらいの量を、必ず一旦はたき落とすか、スポンジ全体に薄く延ばすなどして、少しずつつけていくとメイクが自然な仕上がりになるような気がします。
マッサージ後はメイクの伸びがとてもよくなるので、いつもの量をつけると、却ってモタッとした感じがして重たくなるようです。
一旦薄く肌全体にのばした後に、まだ足りないと感じたら、何度か上から少しずつ薄く重ねていくと、自然な感じになるような気がします。

実際にCOOKも同じやり方でやってみたら、とても自然な仕上がりで、メイクをしてないようにさえ見えましたよ。



熊本入り、そしてアロマテラピー

8月4日(月)に熊本入りして、5日は義父の別荘に両家族が集まり、BBQをしました。
今回は両父母、そしてpappoとcookと長女と次女の参加ということで、肉の消費が少ないと踏んで、ちょっと奮発して肥後牛を購入! pappoはサーロインステーキが美味しかったなあ。

BBQの後は、リビングで両父母をアロママッサージしてあげました。
一人ずつ好みの香りを選んでもらい、足や手などをマッサージしました。

○花が好きで、自宅で育てている母の選んだブレンドは、イランイランとゼラニウム、いずれも華やかで優しい花や葉の香りがして、手足のむくみも取れたと喜んでいました。

○最近、腕や背中の乾燥が気になるという義父の選んだブレンドは、ローズウッドとグレープフルーツ。
マッサージ後は肌がしっとりして、隣で見ていたCOOKもスゴイねえと驚いていました。

○フェイシャルと足のマッサージを希望した義母の選んだブレンドはペパーミントとグレープフルーツ。
時々頭痛に苦しめられる義母が偶然にも頭痛を緩和するはたらきがあるといわれるペパーミントを選んだことにpappoは驚きました。
やはり無意識に身体が欲するのかもしれませんね。

○そして時々痛風に苦しめられる父にはローズマリーとラベンダーで手足のマッサージを行いました。足首から足全体のむくみがひどかったのですが、マッサージ後はむくみが取れ、足首から足の甲にかけて腫れがひきました。
ほんの十数分のマッサージだったのに、東京に帰った後で電話したところ、今もまだ痛みがないということでpappoも嬉しかったです。

皆、それぞれ好みの違いが出ています。

一度にこんなにたくさんの人にマッサージを行い、かつ喜ばれたことはこれまでにないことなので、pappoも充実感を味わいました。


受容と共感

今日読んだ本に面白いことが書いてありました。
コンサルテーションとはカルテに書かれた質問に対する答えをもとに話題を広げ、クライアントの健康状態をチェックすると同時にアロマテラピーに対する期待などに耳を傾けることだそうですが、その際に重要なのは相手を「受容」し「共感」することだとありました。

セラピストの初心者は質問票にもとづき、つい何らかの「アドバイス」をしようとしたり、「答えなくてはいけない」という想いになりがちですが、ベテランのセラピストはクライアントの話に耳を傾け、より話しやすいように相槌をうったり話を反復したりして理解しようとする姿勢を貫くそうです。

そこにこんな質問がありました。

患者:「私はもうだめなのではないでしょうか?」
あなた:
①「そんなこと言わないで、もっと頑張りなさい」と励ます。
②「そんなこと心配しなくていいんですよ」と答える。
③「どうしてそんな気持ちになるの?」と聞き返す。
④「これだけ痛みがあると、そんな気にもなるね」と同情を示す。
⑤「もうだめなんだ・・・とそんな気がするんですね」と返す。

さてあなたはどれを選ぶでしょう。。。

ちなみに私は③を選びました。

精神科医を除く医師と医学生のほとんどが①、看護師と看護学生のほとんどが③、精神科医のほとんどが⑤を選んだそうです。
⑤は一見してなんの答えになってないように思えますが、これは答えというより「あなたの言葉を確かに受け止めました」という応答だそうです。
患者はこのとき、答えなど当てにしておらず、むしろ漠然とした不安感を誰かにわかってもらい、その不安をわかちあいたいと思っているので、まずその気持ちを受け入れ、受容し共感することが大切だと書かれています。

これは日常生活でのCOOKとの会話でも大事にしなければならない心がけなのかもしれません。

たとえば、
「明日、××なのになにも準備していない。もう行くのやめようか?」と言われた時に、

「なに甘えたこと言ってんだよ」(相手の考えを否定)
「これから頑張れば大丈夫だよ」(努力の強要、自分とは関係ない他人事として扱う)
「まあ、明日のことは忘れて飲もう」(はぐらかし、話題から除外する)
「準備不足なら次にすれば」(代替案を提案する)
「いつも忙しくて大変だなあ」(同情する)
といった返答をしてしまいがちなpappoですが、それでは相手の不安はぬぐい去れないのでしょうね。

「準備不足で行きたくないんだね」と相手の言い分をまず受け止め、受容し、共感することが大切なのでしょうね。

日常は会話の積み重ねなので、そんなこと一々考えてられないよっ! って思わないようにして、会話についてもう一度考えてみたいと思ったpappoでした。

今日の話の本はコレ↓
アロマテラピーのケーススタディーが載っていて、コンサルテーションに必要な謙虚な心構えがよくわかりました。
pappoも日ごろからこういう謙虚な気持ちを大切にしていかねばと思いました。

アロマテラピーコンプリートブック〈下巻〉アロマテラピーコンプリートブック〈下巻〉
(2006/10)
林 伸光

商品詳細を見る


1時間かけて全身トリートメント

今日は第3回めの親子COOK会でした。
今日もたくさんのカワイイ子供達の笑顔に会えて嬉しかったです。
託児を担当したpappo、今日は託児の子供らの中に生後4ヶ月の赤ちゃんもいました。
考えてみると、小学生と幼稚園に成長した娘らもかつてはこんな時があったのです。
赤ちゃんを抱っこする感触で自分の娘が同じぐらいの時のことを思い出して、とても懐かしかったなあ。
それに今日はCOOKのお友達が託児を手伝いに来てくれました。子供らはいくつかのグループに別れて図書館に行ったり、託児室で遊んだり、調理室に戻ってしまったりと、バラバラに行動するので、pappo1人では目が行き届かないところでした。
本当に助かりました。タイヘンだったと思うけれど、本当にありがとう。。。
良ければこれに懲りずにまた手伝ってくださいね。

7月はこれで親子COOK会は一旦終了となり、8月末に4回めと5回目の親子COOK会をすることになります。
9月はまた違うメニューで開催しますので、よろしくお願い致します。

それから7月の親子COOK会に参加くださった皆様にあらためてお礼を申し上げます。
皆様の夏休みが楽しく、子供にとって思い出深いものになるよう祈っています。
我が家の長女と次女は田舎の熊本に一足先に帰郷し、しばらくは両祖父の元でいろいろな夏の遊びを楽しむことになります。
今年は長女が初めての一人旅をします。
なんと飛行機で熊本に帰るんですよ、一人で。。。
さすがに今日はなんとなく寂しそうにしていましたが、それよりも熊本でお寿司を食べることや映画を観に行くことなど、とても楽しみにしているようです。
次女とCOOKは2日後に帰郷しますが、次女は早く熊本に帰りたいなぁ~って何度も繰り返しています。「ねねがいないと寂しいんだもん」と言います。いつもキーキー喧嘩してるのに、やっぱり仲良しなんですねえ。
さてさて、我が家はどんな夏休みになることやら、今から楽しみです。。。

まだ8月に同じメニューでCOOK会があるのですが、7月のCOOK会を無事に終えたことで、ホッと一安心したのか、今日のCOOKはマッサージ開始直後には眠ってしまいました。
最初にオイルをつけた両手を鼻の上にかざして、今日の香りはこんな感じって教えてあげるんですが、そのすぐ後にはもう寝てました。
やはりきっと疲れていたんでしょう。
そうそう、そういえばアロマベッドの寝心地がサイコーだってよく言ってますよ。
柔らかすぎず、ちょっと固めで、なんともいえず気持ちいいんですって。。。

今日は1時間かけて全身トリートメントを行いました。
時間を短めにしたんで、念入りにというわけにはいきませんでしたが、それでも足とふくらはぎ、それから腰から背中にかけて、そして腕を重点的にマッサージしましたよ。
背中は立ち仕事で疲れるかっていうと一見そんなに関係ないって考えそうですが、実は身体を支える背骨が通っている所ですからね、なんだか今日は背中がたくさんマッサージしてくれって言っているような気がして、(これ本当です、神経を集中してマッサージをしているとホントにそんな風に感じることがあるんですよ)特に重点的にマッサージを行いました。

あ、そういえば、今日は午前中、こんなことがありましたよ。
pappoと長女と次女は午前中、近所のプールに遊びに行ったんですが、帰宅するとCOOKの様子が変だったんです。
顔が青白く、眉間にシワを寄せて、辛そうにしていました。聞くと、気分が悪いということ。昨夜、3時半まで作業をし、6時半にはラジオ体操に行ったCOOK。きっと寝不足のせいだと心配になりました。

これからCOOK会だというのに、立ち仕事は大丈夫だろうか? と不安になりましたが、ソファに座らせ、子供らと共に精油の匂い当てゲームをしたんです。
もちろん精油のリラックス効果を狙ってのことですが。。。
そのゲームの中でリラックス効果の高い精油から順番に、最後は元気が出て頭がシャープになる精油へと頭の中で順番を組み立て、COOKにゆっくりと匂いを嗅がせていきました。
すると、不思議なことにそれまで青白かったCOOKの顔色が見る見る内に生気を取り戻して、笑顔まで見られるようになりました。
もちろん子供らの屈託ない笑顔に癒されたということもあったでしょうが、やはり精油の力もあったのだと思います。
精油の即効性に驚き、限りない可能性を見た気がしました。

ところで、このゲームのチャンピオンは長女でした。
長女は嗅ぎ分けの難しい「グレープフルーツ」と「オレンジスイート」まできちんと嗅ぎ分け、間違ったのはローズマリーとティートリーだけでした。
ちなみに我が家にある11種類の精油の名前を長女は全部覚えています。
長女のお気に入りはイランイラン、時々、どこからともなく甘くてどこか青いような匂いがすると「あ、イランイランの匂いみたい」なんて言うんですよ。
おしゃまさんですね。

そんな長女が明日飛行機で熊本に行っちゃうんですよ、寂しい~。。。

そんなわけで、COOK会も無事に終わり、しばらくはCOOKも夏休み、と思ったらカフェからケーキの注文がありました。
それにCOOKが帰郷する前には2週間分ぐらいのケーキを焼いて卸さなければなりません。
まだ夏休みにはちょっと早かったね。
まあ、あと少し、頑張ってね。

☆今日の精油
・イランイラン・・・1滴
・ローズウッド・・・1滴
・ラベンダー・・・1滴
この組み合わせだと、ラベンダーの香りが勝ってしまい、他の香りがあまり目立たなくなりました。
それでもいずれも優しく甘い花の香りなので、目を閉じると、バラ園かどこかに居るような気になりました。
☆キャリアオイル
マカダミアナッツオイル・・・15ml



ゆったりと全身トリートメント

親子COOK会を終えたCOOKのために今日は1時間30分かけて全身マッサージをしてあげました。
開始10分後にはぐっすりと深い眠りに落ちて、後は時々寝ぼけてうっすらと目を覚ますといった感じでした。
マッサージを終了し30分以上経った今もまだぐっすりと眠っています。

COOK会の後はふくらはぎがパンパンになっていることが多いCOOKですが、昨日も全身マッサージを行ったお陰かどうかはわかりませんが、今日はそんなに張ってませんでした。
だけど、コリのような固いシコリが足のあちこちにあって、それをほぐすというより指先で溶かすような気持ちでゆっくり、そっとマッサージを行いました。
全てのコリが溶けて無くなるなぁんてことはありませんでしたが、明日になれば随分楽になっているのではないかな? と思っています。
肩の方は結構コリがひどかったので、やはりゆっくり指先で溶かすようにそっとマッサージを行いました。
強く指先でほぐすように押すよりも、触れるか触れないかという感じでそっとそっとコリの部分をオイルを付けた指先で回すように動かしてあげると、スーとコリが小さくなっていくのを実感するのでした。

今日は軽擦法といって、手のひらで軽く撫でさするやり方を中心に全身をマッサージしましたが、そんなに力を入れなくとも、固く張っていた肌はとても柔らかく、モチモチ、ぷにゅぷにゅになったので、これはこれで良かったのではないかと思っています。

また、腹部に両手のひらを乗せてじっとしていると、そこがポカポカと温まってくるのですね。
手肌で温めてあげるというのは、とっても良いと思います。

たとえば子供が何かの理由で泣いているときなど、親は無意識に背中や肩を撫でてあげたり、じっと手を置いてあげたりしますでしょ。
ああいう感じですね。
じっと、手のひらの熱を伝えて身体を温めてあげる。
ただ、それだけでも、十分リラックスしてもらえるんじゃないかな、と思うpappoなのでした。

☆今日の精油
・イランイラン・・・1滴
・サンダルウッド・・・1滴
・グレープフルーツ・・・1滴
※以前、ブラックペッパーと組み合わせたら全く匂いが感じられなかったサンダルウッドでしたが、今日の組み合わせでは東洋系の神秘的なそして上品な香りが肌から立ち上ってきました。
私のお気に入りのブレンドの一つに入りますが、ベストではないって感じです。
この3つに、あと一つ、何か加えたいという気がしますが、さて、それが何かはまだわかりません。
いろいろ試していこうと思います。

☆キャリアオイル
・ローズヒップオイル・・・5ml
・マカダミアナッツオイル・・・10ml
※今日でローズヒップオイルがなくなってしまいました。そのうち新しいキャリアオイルを注文しないとなりません。
今度はホホバオイルを注文しようかと考えています。

足先をマッサージで温めてあげよう

マッサージの途中でぐっすりと眠ってしまったCOOK。
開始30分後には寝てしまい、もう1時間以上経っています。
その隙に、久しぶりにblogを更新しようと思います。

明日はいよいよ2回めの夏休み親子COOK会です。
午前中は二人で買出しに出かけ、近所のカレー屋で一緒にカレーを食べました。
今回のCOOK会のメニューはチキンカレー、COOKは納得のいく味が出せるようにと、毎日毎日試作を繰り返しました。
pappoも長女も次女も大のカレー好きだから、全然苦になんてなりませんでしたよ。
二人でかっぱ橋に買い物に行った帰りにも神田のカレー屋に立ち寄ってみたりと、本場の味を研究したりもしました。
ナンも粉の配合を変え、焼いてはまた作り直しと、何度も繰り返していました。
その妥協を知らない真摯な態度にpappoは深い感動と尊敬の念を抱かずにはおられなかったのです。

先ほどまで二人で材料の下ごしらえを行い、それから久しぶりのアロママッサージを行ったわけですが、COOKはもうぐっすりと眠っています。
このまま寝かしてあげたいのですが、アロマベッドから転げ落ちたらタイヘンなので、そうもいきません。。。

ところで、マッサージのことですが、COOKの足先は大体いつも冷たいんですよ。
手は温かいんですけどね。
でも、マッサージをしてあげると、ポカポカと温かくなってきますよ。
マッサージを毎日繰り返すと、足の冷たさも随分緩和されますが、しばらくやらないと、また冷たくなってしまいます。
根気よくマッサージを続けて、ゆっくりと体質を改善していってあげたいと思っています。

ところで、pappoはここ2日、とても忙しかったんです。2日間でたった1時間しか眠れなかったんですよ。もうタイヘンでした。
そうなると、さすがに移動中の駅の階段などではガックリと肩を落として、うつむいて昇って行くわけですが、そういう時には「顔をあげろっ!」って心の中で自分に怒鳴りつければいいそうなんですよ。
何かの本で読んだんですが、タイトルはもう忘れてしまいました。
pappoはその言葉に出会ってから、疲れた時や落ち込んだ時には心の中で「顔をあげろっ!」って自分を叱り付けることにしているんです。
するとパッと顔が上がる、そしてなぜか元気になれるんですよね~。

たとえて言うなら、これがpappoのセルフマッサージです。。。
マッサージって癒され、元気になって、また頑張ろうっていう気持ちになれるものでしょう。
まぁ、「癒され」ってところが、このやり方にはないかなぁ??なんて思ったりもしますけどね。
それはともかく、顔を上げるのなんてたった0.1秒でできるでしょう、おそらく世の中で最短のクイックマッサージだとpappoは思っています。こんなカンタンなことで元気になれるんだから、やらなきゃ損です。。。
あ、そうだ、今度、COOKにも教えてあげよう。。。

というわけで、明日のCOOK会を楽しみにしてそろそろ寝ようと思います。
おやすみなさい。。。

☆今日の精油
・イランイラン・・・1滴
・ラベンダー・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴

☆キャリアオイル
・マカダミアナッツオイル・・・10ml
・ローズヒップオイル・・・5ml
(酸化したグレープシードオイルが服やタオルにつくと、洗っても匂いが取れなくなるので、夏場は使わないことにしました)

手足のマッサージ

昨日は第一回め(全5回)の親子COOK会(親子料理教室)でした。
30名の親子が参加して下さり、手作りトマトチキンカレーと手作りナン、パフェ作りに挑戦しました。
後でCOOKに話を聞いたら、みんな喜んでくれたようで、pappoもとても嬉しく思いました。
pappoはその夜、中目黒のミニコンサートに出かけ帰宅したのは午後10時頃でしたが、COOKと待ち合わせて高円寺でラーメンを食べて自転車で近所をぶらぶらして帰りました。
この日は風がとても心地よく、真夜中の楽しいツーリングとなりました。

まぁ、そんなこんなで、この夜はマッサージはナシ。
COOK会で疲れていたはずなのに申し訳なかったです。

今日も予定のあるpappoなので、昨日に引き続き、椅子に座ってできる簡単マッサージをしてあげました。
手足をやってあげましたが、右のふくらはぎがパンパンになっていました。左はそうでもないんですよ。
あれ? って思うぐらい。
聞くと、右に重心をのせて立つクセがあるとのこと。
なるほどねぇ、こんな所に影響が出るんだねえ~と思い、腰が悪くなりそうだから意識して真っ直ぐ立つようにしてみては? と話しました。

手のマッサージでは何度も「キクー」と小さな声で叫んでました。
考えてみると、カレーの下ごしらえのために4kgの半解凍の鳥肉を子供用に小さく切ったり、約3kgの玉ねぎをみじん切りにしたり、にんにくしょうがのみじん切りなどなど、手と腕をかなり酷使したので、かなり手に疲れが残っていた模様。。。
pappoのマッサージで、とても軽くなったと言ってました。

マッサージというのは不思議ですねえ。
今日なんて、コリをほぐしてあげただけなのに、表情までぱぁぁぁ~って明るくなるんですよねえ。
そんな時、pappoもとっても嬉しいです。
家庭にとって母親の笑顔は灯台の光のようです。COOKの笑顔で家族にパーッと光が射すのです。
いつも優しい光で家族を照らしてくれてありがとう。。。

と言いつつ、pappoは明日もとても忙しいので、どうやらマッサージはできそうにありませんが、自分の時間が戻ったら、またゆっくりとマッサージをしてあげるので、楽しみにしていてね。

☆今日の精油
・イランイラン・・・1滴
・ラベンダー・・・1滴
・ローズマリー・・・1滴

☆キャリアオイル
・マカダミアナッツオイル・・・10ml


椅子に座った姿勢でお気軽マッサージ

昨日は親子COOK会の準備で朝から忙しかったCOOK。
長女も次女も材料の買出しなど手伝ってくれました。
夜には準備が一段落したので、椅子に座ったままでできるクイックマッサージをしてあげました。

やり方は簡単。
椅子に座ったままの姿勢で、足から太ももまでをマッサージするだけです。

使った精油はブラックペッパーとグレープフルーツ。。。
セルライト撃退のために、重点的にマッサージを行いました。

立ち仕事にくわえ、動き回ることの多いCOOKは太ももの外側が固くなってしまうことが多いのですが、20分もマッサージすると、まるで生まれ変わったかのように柔らかく、とてもなめらかになります。
セルライト撃退のためには、老廃物をリンパに乗せて排出する必要があると本に書いてあります。マッサージするとリンパの滞りが消え、排出がスムーズに行われるのではないでしょうか。
たった20分のクイックマッサージですが、それでもやる前とやった後では全く違いますよ。そりゃもう驚くぐらい。
マッサージをやった後の左足とまだやっていない右足を触って比べてもらったら、COOKもあまりの違いにビックリ!してましたよ。

☆精油
・ブラックペッパー・・・1滴
・グレープフルーツ・・・1滴
☆キャリアオイル
・グレープシードオイル・・・5ml
・マカダミアナッツオイル・・・5ml

あと、今日はコレ↓を使って、フェイシャルマッサージもやってあげました。
NANO
これ、たしか1年ぐらい前にpappoがプレゼントしてあげたんです。
当事はたまに使っていたCOOKですが、元々美容に無頓着なCOOKとものぐさなpappoのペアは、棚から出してセットするのさえめんどくさくて、最近は全然使っていなかったんです。

ですが、アロママッサージを始めて、また時々使うようになりました。

効果はどうかな?
時々しかやらないので、なんともいえないですねえ。




テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


庭の草むしり→アロマバス→アロママッサージ

今日は朝から家族総出で庭の草むしりをしました。
小さな庭ですが、夏になると雑草がたくさん生えてますし、置きっぱなしになっていた材木(日曜大工用)の余りをのこぎりで切って小さくしたりと、結構大変でした。
長女と次女にのこぎりの使い方を教えたら、一生懸命やってましたよ。
とても楽しそうでした。
草むしりが終わり、ゴミを綺麗にした後で、みんなでアロマバスにゆったりとつかりました。
今日使用した精油はグレープフルーツとオレンジスィート、柑橘系の香りが心地よい疲れを爽やかにとってくれました。
それから、バスタイムで温まった身体を、アロママッサージで全身をトリートメントしてあげました。
COOKは最初の50分ほどは元気におしゃべりしてましたが、それから急に静かになったかと思うと、いつの間にか眠ってしまってました。

その後、長女と次女の手足と顔をマカダミアナッツオイルでマッサージしてあげました。
次女はお客さんになりきって、「痛くないですか?」と尋ねると、「はい」っておすましして答えて可愛かったなあ。
長女はマッサージの途中で眠ってしまいました。ほんの短い時間でしたけどね。
マッサージと静かな音楽で、みんなノンビリできたのではないかな?

☆今日の精油(元気が出るようにと思って、こんなブレンドを試してみました)
・ブラックペッパー・・・1滴
・ペパーミント・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
☆キャリアオイル
・マカダミアナッツオイル・・・10ml
・グレープシードオイル・・・5ml




さっそくブラックペッパーを試してみました

今日は長女のバースデー。
夕方からのパーティーの準備で、忙しいCOOK。
なのでマッサージにそんなに時間をかけられません。
全部で40分という急ぎ足のマッサージになってしまいました。
でも、今日のブラックペッパーは、お急ぎマッサージにぴったんこ。

今日のスパイシーな香りは、大きく、強く、早い手の動きにピッタリでした。

ブラックペッパー、とってもいいですねえ。
これまでの癒しのマッサージとは趣きが違って、とてもアクティブ。
ビンから直接匂いを嗅いだ時にはスパイシーさは息をひそめ、その代わりにもっと青臭い、熟しきらない実のような香りだったのですが、肌に塗りこむと、ブラックペッパーそのもののスパイシーな香りがたちのぼってきました。
COOKは普段から料理にブラックペッパーを使っているせいで、とっても好き、なんだか懐かしい感じ、料理してる時みたい、ってとっても気に入った様子。

マッサージ中は活発に喋り続けたCOOKがマッサージが終わった途端、あっという間に眠りについたのが驚きでした。

後でCOOKに聞いたところ、身体がポカポカして、元気が出た。いつもとはなんか違う感じ。
いつもは「はぁ~ウットリ・・・」っていう感じなのに、今日はこんな感じ、って言いながら、目をキリリっとして見せてくれました。

pappoもブラックペッパーとっても気に入りました。
マッサージをしながら、ブラックペッパーの香りを嗅いでいると、pappoまでとても元気が出てきて、しかもすごい前向きな気持ちになれました。
香りが気の持ちようにまで影響を与えるのって、アロママッサージを始めるまでは半信半疑だったんですが、pappoは根が単純なせいか、とっても影響を受けています。
香りって不思議だなぁ~って思います。
落ち込んだ気分も、自分で自分に嫌気がさしてしまうような気分も、香りで癒され、元気づけられるんですよねえ。

ところでブレンドに使用したローズウッドとサンダルウッドの香りはブラックペッパーの香りの強さに消し飛んでしまい、殆ど感じることができませんでした。
でも、自分でそう感じるだけで、実はきっと香りに深みを与えてくれているのだと思います。

☆精油
・ブラックペッパー・・・2滴
・ローズウッド・・・1滴
・サンダルウッド・・・1滴
☆キャリアオイル
・グレープシードオイル・・・10ml
・マカダミアナッツオイル・・・10ml
そうそう、マカダミアナッツオイルとグレープシードオイルの相性はとてもいいと感じました。
すごく伸びがよく、しかも肌にゆっくりと浸透していく感じ。。。

少しずつ精油の数が増えてきて、ブレンドの幅も広がってきています。
これからが益々楽しみです。




1時間半の全身マッサージ

明日納品予定の30人分のタルトの生地を朝から仕込んでいたCOOK、大変だったろうなぁと思い尋ねてみると、「そうでもない、生地だから」と答えていました。
さすがだなぁと感心しつつ、でも明日は30人分のタルトを焼かなければならないので、前日までの疲れをここでリセットしておいてあげなければと思い、次女のお迎えから帰ってきたCOOKを、アロマベッドとオイルをセットし準備万端で迎えました。
マッサージ中に流す音楽はリラックス効果のある静かな曲で、いつも同じ曲にしています。この曲が始まると同時にリラックスする、というパブロフの犬のような効果がホントにあるような気がします。
今日はCOOKだけでなく次女もこの曲でリラックスし、ソファでぐっすりと眠ってしまいました。

COOKには1時間半かけて、ゆっくりと丁寧にマッサージを進めていきました。
マッサージを始めるとほどなくして、ぐっすりと眠ってしまい、フェイシャルマッサージや頭皮のマッサージの時にはゆったりとした呼吸で深い眠りについていました。
あまりに深く眠っているので、起こすのが申し訳なく、背面のマッサージはCOOKが目を覚ますのを待って始めました。

後で聞いたところ、うつぶせになってからのことは全く憶えていないとのこと。
肩のコリがひどかったのですが、いつもはほぐすように指に力をこめてやるのですが、今日はCOOKの寝息に合わせて指先をゆったりとゆっくりと、そっと動かしながらコリを溶かすような気持ちでマッサージを行いました。

こんなに力を入れずにコリがほぐれるのだろうか? と半信半疑のままマッサージを行いましたが、不思議なことに、コリがスーッと溶けていくように小さくなり、やがて無くなってしまいました。
これにはマッサージをしていたpappo自身もとてもビックリしてしまいました。
こういうやり方でもコリはほぐれるものなんだなぁ~と思いました。

手というのは不思議ですねえ。
手のひらをじっと当てていると、その部分はポカポカと温まってくるし、コリをほぐしたり、溶かしたりと、いろんな力があるのですね。

☆精油
・ローズマリー・・・1滴
・ラベンダー・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
☆キャリアオイル
・グレープシードオイル・・・15ml
・ローズヒップオイル・・・5ml

今日のブレンドで気づいたことを少し。
まず、精油の組み合わせのことですが、ゼラニウムは香りに特徴があり強い芳香を放つ精油ですが、ラベンダーと合わせると、ラベンダーの香りが勝ってしまい、ゼラニウムの香りが目立たなくなるような気がしました。
香りの分類によると、ラベンダーもゼラニウムも「フローラル系」で同じ系列に入る香りのようですが、同じグループの香りだと、こういうことが起きてしまうのかどうか、経験不足のため今はちょっとわかりませんが、今後、その辺のことにも注意を払っておこうと思いました。

それから、キャリアオイルのことで。。。
今日はローズヒップとグレープシードを組み合わせたのですが、伸びのいいはずのグレープシードオイルがそんなに伸びてくれず、塗ってほんの少し経つとすぐに乾くような気がして不思議に感じました。
調べてみると、これら二つのオイルは両方とも乾性油といって、空気中に放っておくと自然に乾燥する油なのですね。つまり乾燥しやすい油ということです。
乾性油と乾性油を組み合わせると、こういうことが起きるのか? やはり経験不足でわかりません。

ちなみに私の持っているキャリアオイルを分類してみると、
・乾性油・・・グレープシード油、ローズヒップ油
・半乾性油・・・スィートアーモンド油
・不乾性油・・・マカダミアナッツ油
となっています。
乾性油とその他の特徴を持つオイルをブレンドした方が伸びがよく、持ちが良いのかもしれません。今後そういうことにも注意を払いながら、いろいろ試してみたいと思います。
アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉
(2005/01)
林 伸光

商品詳細を見る

乾性油などの特徴については、この本↑を参考にしました。


1時間半の全身マッサージ

注文を受けているバースデーケーキを朝から焼いていたCOOK。作業が一段落したので、1時間半かけて全身マッサージをしてあげました。
朝からの作業によほど疲れていたのでしょう。マッサージを始めるとすぐにぐっすりと眠ってしまいました。

まあ、疲れていたっていうこともあるかもしれないけど、今日はマッサージを始める前の会話がなんだかいい感じになったんですね。
それで、互いの信頼度がいつにも増してアップしたってこともとても良い効果を生んだのではないか、と勝手に想像しています。

マッサージを始める前に二人で将来のことをいろいろ話したんだけど、COOKは意外と引っ込み思案なところがあり、新しいことにはしり込みするんです。
親子COOK会(親子料理教室)も最初はお友達のお宅にお邪魔してほんの少人数の親子の方々に集まって頂き始めたことだったのですが、参加したいという声が増えてきたために、区民センターの調理室を借りてやろうかという話になったのですが、COOKはあんな30人も入るような所でなんて、みんな来てくれるかなぁぁ~って弱気な感じでしり込みしていました。
今朝もCOOKは、新たなチャレンジの話にちょっと弱気になって、私にできるかなぁ~みたいな感じで言うものだから、どんなにCOOKの焼くパンやケーキが美味しいか、どんなにCOOKが頑張り屋か、どんなにCOOKが根性あるか、をpappoは切々と話しました。

まぁそんな話をした後で、マッサージを始めたのですが、COOKはいつもよりさらにリラックスし、始めてすぐにぐっすりと眠ってしまい、その寝顔もとても安らかでした。
pappoはプロの方のように、その日の体調やそれに合わせた精油の調合などできませんが、COOKの良い所だけはよくわかっていると自負しています。
そんなpappoだからこそ、COOKに話してあげられることってあるんじゃないか、って思うのです。
そういう点がパートナーによるマッサージの良さではないか、と思います。

相手と共感し、互いに認め合えることがどんなに幸せなことか、なのにその関係がどんなに壊れやすいものかを肝に銘じながら、これからも普段の生活の中で、コミュニケーションの一つとしてマッサージもやっていこうと思っています。

そうそう、今日の精油の組み合わせ、とても良かったです。
まだ午前中ということもあって、シャキッとするようにとペパーミントの精油をくわえてみたんですが、それだけだと、クールな感じだけになってしまうので、イランイランとローズマリーを混ぜました。
これがとても良かった。
COOKもとても好きと言っていました。
こうしてお気に入りのブレンドが少しずつ増えていくのも楽しいものです。

☆精油
・ペパーミント・・・1滴
・イランイラン・・・1滴
・ローズマリー・・・1滴
☆キャリアオイル
・グレープシードオイル・・・10ml
・スィートアーモンド油・・・5ml

キャリアオイルのスィートアーモンドとローズヒップがそろそろ無くなってきました。
また注文しなきゃ。
ついでに精油のブラックペッパーも欲しいと思っている今日この頃なpappoなのです。



ゆったりと全身マッサージ

今日は、1時間半かけてCOOKを全身マッサージしてあげました。
マッサージ中盤からCOOKはぐっすり眠っていたそうで、背面のマッサージのことは全く憶えてないと言っていました。
寝息がまったく聞こえなかったので、pappoはてっきり起きてるものとばかり思っていました。それで頭皮のマッサージの時に軽く頭を叩いたりもしたのに、後でそのことを言っても「ウソだぁ~」って信じてくれませんでした。
それほど深く眠ってくれたというのは、それだけリラックスしてくれたからだろうから、pappoはとても嬉しいです。
そうそう、頭皮のマッサージのことですが、実は今日初めてやってみたんです。
やり方は簡単、まず、いろんな箇所の髪の毛を優しくつかんでゆっくりと引っ張ってあげること、それがあらかた済んだら今度はシャンプーするように、全体を大きくマッサージしてあげること。
詳しいやり方はこの本に出ています。

心とからだのふれあい マッサージ・バイブル心とからだのふれあい マッサージ・バイブル
(2006/02)
ルーシー リデル

商品詳細を見る


本の紹介をしておきながら、これから書くことは少し矛盾した内容となってしまうことをお許し頂きながら、最近のpappoの感じたことを書いてまいりたいと思います。
マッサージの本には図入りで詳しくマッサージのやり方が説明されています。が、必ずしもその通りにはいかないというのがpappoの実感です。
というのも実際にやってみると、身体には無数の小さな小さなくぼみや出っ張りがあるのですね。そういうわずかな起伏へのアプローチの仕方までは本の中ではサポートしきれないというのが実状ではないか、と思うからです。なにせ、本のページ数には限りがありますからね。
そんなわけで、本に書いてある内容は、一番基本的なことが説明されているだけで、後は自分の感覚を信じるしかない、とpappoは思うのです。

神経を集中して、丁寧に丁寧に心をこめてマッサージをしていると、その形にすっぽりはまるように自然に手が動きます。
キャッチボールをしている時に相手からボールが飛んできたら自然に手が動くでしょう、ああいう感じです。

そうやって神経を研ぎ澄ましてマッサージを行いますと、小さな小さな身体のくぼみや出っ張りの位置や形などを知り、大切なパートナーのことを隅々まで深く知るだけではなく、その日の肌のハリ具合や、むくみ具合、冷えなど、日々の微妙な変化により体調までも手を通してとてもよく伝わってきます。
マッサージにより、大切なパートナーのことでまだまだ知らないことがたくさんあるということに気づかされ、日々小さな発見があり、そのたびに一つ理解を深め、そうして絆が深まっていっていることを実感できます。そのことが相手を気づかうことにつながっているような気もします。

ところで今日使用した精油の組み合わせ、pappoはとても気に入りました。
COOKもとても好き! と言っていました。
甘く、華やかで、明るい感じがします。

☆精油
・イランイラン・・・1滴
・ラベンダー・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
☆キャリアオイル
・グレープシードオイル・・・10ml
・スィートアーモンドオイル・・・5ml




背面を丁寧にマッサージ

今日、お昼のマッサージで頭痛が解消し、すっかり元気になったCOOK。
だけど、まだ背中のマッサージが残っていたので、夜に時間をかけてゆったりとした気分で行いました。
静かな音楽とほのかな灯りの中で、ゆっくりゆっくりとマッサージをしていきます。
足の指先から肩や首、それから頭まで丁寧に丁寧に、心をこめてマッサージを行いました。
キャリアオイルにローズヒップオイルを使用したせいか、もしくはほのかに光るライトのせいかもしれませんが、肌が金色に染まったように見えて、とてもキレイでした。
肌のキメは整い、くすみの消えた肌はマッサージを始めてからのものです。その喜びも感じながら、また、精油のうっとりする香りに何度となく深い陶酔を味わいながらマッサージを行いました。

マッサージはされる方も気持ちいいと思いますが、する側もとても癒されるのです。
なにかわかりやすい例はないかなあと思っていたところ、今日読んだ本の中に面白い記述があったのでご紹介します。
「マッサージには、行うほうも受けるほうも双方、気持ちがいいというユニークな長所があります。ペットの身体をなでる行為にリラクゼーションを促す効果や血圧を下げる効果があることは科学的に立証されています。人をなでさすっても同じ効果が得られるのです」
心とからだのふれあい マッサージ・バイブル心とからだのふれあい マッサージ・バイブル
(2006/02)
ルーシー リデル

商品詳細を見る

より。。。

これに加えて、アロママッサージには精油の香りがありますので、リラックス効果は双方にとってとても高いものになります。
ちょっと話が逸れますが、香りの与えるリラックス効果というのは、実はpappoもマッサージを始めるまでは半信半疑だったのです。が、花の香りを嗅いだ時のリラックス効果や、森の中に入ると思わず深呼吸したくなることなどを考えてみて、香りには人に与えるなにかしらの効果があるに違いないと思うようになり、アロママッサージを始めてみようという気にもなったのです。
実際、始めてみて、精油の香りを嗅ぐようになり、凝縮した植物の香りに毎回癒され、様々なイメージを喚起され、深く陶酔し、益々精油にハマっていくpappoなのです。

マッサージの効能について書いていましたので、話を元に戻します。
言葉だけではなく、マッサージによる触れ合いを通して、パートナーとの絆がより深まっていくのではないか、というのがpappoの実感です。
実際、アロママッサージを始めて、COOKとの絆はより深まった気がします。

そんなわけでこれからも続けてまいりたいと思います。

☆精油
・イランイラン・・・2滴
・サンダルウッド・・・1滴
・ラベンダー・・・1滴
☆キャリアオイル
・グレープシードオイル・・・10ml(とても伸びのよいオイルです)
・ローズヒップオイル・・・5ml(色が黄金色でとてもキレイ、肌をすべる時にウットリします)


1時間半の全身マッサージそして新しい精油

今日、久しぶりにゆっくりできる時間が持てたCOOKのために、昨日よりはゆったりとしたスピードで全身マッサージを行いました。
いつもの手順で進めたマッサージでしたが、終わってみるとCOOKは今日はとてもゆったりとした感じだったと言っていました。
その秘密は、手の離し方にあるのではないか? とpappoは思っています。
素人の勝手な推測を確証もなく書くことをお許し頂きながら、今日はその話を書いてまいりたいと思います。
今日pappoはいつもよりもゆっくり大きく手を動かすよう心がけましたが、それよりもっと気をつけたのは、「手の離し方」の方でした。
マッサージの終点にたどり着いたら、じわじわと手のひらを離していき、指先の最後の一本まで神経を集中して徐々に指を離していくよう心がけました。
指先が触れている間はどんなにわずかであろうと、相手にはちゃんとわかるので、指が離れる最後の瞬間まで気を抜かずにじわじわと動かしていくことでゆったりとしたリズムが生まれたのではないか、とpappoなりに感じているのでした。
今日は、そういうところに気をつけながらマッサージを行いましたが、COOKは普段よりもよりリラックスし、ぐっすりと眠ることができたのではないでしょうか。
ほんの短い睡眠ですが、心の底からリラックスし、ゆったりとした気分で眠りにつき、すがすがしい気持ちで目覚めてくれたらとても嬉しいです。
今日のオイル
☆精油
・ローズマリー・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
・ラベンダー・・・1滴
☆キャリアオイル
・スィートアーモンド油・・・10ml
・ローズヒップオイル・・・5ml

ところで、注文したキャリアオイルと精油が今日届きました。
☆精油
・イランイラン・・・10ml
・サンダルウッド・・・2ml
・グレープフルーツ・・・10ml
☆キャリアオイル
・グレープシードオイル
オイル

明日からのマッサージに登場することになります。
楽しみです。

今日はマッサージの後、COOKと一緒に近所のジーンズショップでショッピングをして、チョップスティックスでベトナム料理を食べました。
そのうち子供のお迎えの時間が来ましたので、のんびりできるのはここまででしたが、楽しい午後のひと時となりました。



60分間の全身マッサージ

今日もCOOKは朝から大忙し。
カフェに卸すケーキを焼き、子供達の朝ごはんを作ったり、子供らを送って行ったりなどなど。。。その後は保護者会に参加するために幼稚園と学校に出かけなければならないのです。
朝からフル回転のCOOKのために、今日は一時間かけて全身マッサージをしてあげました。
寝過ごしては大変だし、pappoは熱中すると時間を忘れてしまう性質なので、あらかじめキッチンタイマーで60分とセットしてマッサージを始めました。
マッサージ中盤にさしかかり、手や腕、肩のマッサージを始めた頃からcookはウトウトし始め、背中をゆっくりとマッサージする頃にはぐっすり眠りについていました。
たった60分のマッサージでしたが、目覚めた時には笑顔が溌剌として、表情にもハリがあって、そういうCOOKを見ると、今日もマッサージ喜んでもらえたのかな? とちょっぴり嬉しくなるのでした。
☆精油
・ラベンダー・・・2滴
・ローズマリー・・・1滴
・ゼラニウム・・・1滴
☆キャリアオイル
・スィートアーモンド油・・・10ml
・ローズヒップオイル・・・10ml

今日のマッサージは、この本を参考にやってみました。
写真入りで詳しくマッサージの方法が載っているので、参考になります。
アロマテラピー・スリミング―きれいな体をつくる〈リズミカルボディセラピー〉DVD付アロマテラピー・スリミング―きれいな体をつくる〈リズミカルボディセラピー〉DVD付
(2005/06)
宮川 明子

商品詳細を見る


最近、指がとても痛くて変だなぁと密かに気にしていました。
最初は右手の薬指から始まり、何か大きな病気の前兆ではないか? などと一人で思い、かといって、ネットで調べたり医学に関する書物を読むでもなく、その内治るだろう。。。などと高をくくっていましたが、
1週間後には中指までも痛むようになり、今日は左手の親指の付け根がジンジンと痛むようになりました。
関節の病気か、それとも成人病の類いか? などと思っていましたが、どうやら単なる筋肉痛のようです。
マッサージも、指や手のひらの筋肉を使うんですね。
こういうことになり、そんな当たり前のことに初めて気づいたpappoでした。
なので、今日は後で手浴をしてみたいと思います。
手浴の方法
準備するもの
1.洗面器(プラスチック製は×)
2.精油
3.お湯
4.タオル
5.ローション

やり方
1.洗面器にお湯を入れ、精油を1~2滴垂らして、かき混ぜる。
2.5~10分ぐらい手をつける。
3.水分を拭き取り、軽くマッサージをし、ローションなどで調える。





テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


いつもの全身マッサージのはずが。。。

今日は久しぶりに時間ができたので、1時間半かけてアロマベッドでCOOKに全身マッサージ
をしてあげました。
いつもはマッサージを始めてしばらくするとスーッと眠りにつくCOOK、、、なのに今日は
ウトウトしては目をさまし、またウトウトしては目をさまし。。。
一体どうしたんだろう? と戸惑っていたら、COOKがボソッと遠慮がちに「ちょっと音楽が大きいような。。。」と言うじゃありませんか。
あっ、そっか。
言われてみて初めて気づいて、いそいでボリュームを下げました。
でも肝心のマッサージはもう終盤。。。
もっと早く気づいてあげればよかったけれど。
ゴメンね。。。
でも、音量と言うよりも、実は曲かもしれない。いつもマッサージの時にかけているCDとは違うのを
今日は流していたんだよ。
同じシリーズなんだけどね。
後でCOOKに聞いたら、なぜかわからないけど、戻ってきたぁ~って感じじゃなかったってすごく感覚的なコメントをしていたけど。。。
マッサージの環境ってとっても大事なんだなあと思ったpappoでした。

キャリアオイル
・スウィートアーモンド油・・・15ml
・ホホバオイル・・・5ml
精油
・ゼラニウム・・・1滴
・スウィートオレンジ・・・2滴
・ラベンダー・・・1滴

自宅で簡単にできるフェイシャルサウナ

最近忙しいpappoなので、今日はCOOKに自宅で簡単にできるフェイシャルサウナをやってあげました。これは10分でできてお手軽なのにリフレッシュ効果はバツグンなので、時々やってあげています。

準備するもの
①洗面器(プラスチック製は×)
②精油
③お湯
④バスタオル2枚

やり方
①沸騰したお湯を洗面器に注ぎ、お好みの精油を2~3滴垂らす。
②蒸気が顔に当たる状態で、肩からすっぽりとバスタオルをかぶる。
※この時に眼は閉じています。
③バスタオルのすき間から蒸気が逃げないように、さらにもう一枚のバスタオルをかぶる。
④10分経ったら、軽く水で洗顔する。
今日はキャリアオイルで軽くフェイシャルマッサージをしてあげ、足とふくらはぎのマッサージをしてあげました。
COOK会の後、休む間もなくカフェに卸すケーキを焼き、立ちっぱなしで作業をしていたCOOKのふくらはぎは固くこわばっていましたが、オイルマッサージでほどなく柔らかさを取り戻しました。
少しはコリがほぐれてラクになったのではないかな? と思っています。
お疲れ様でした。
また時間がある時にゆっくりとマッサージをしてあげるからね。

フェイシャルサウナのやり方は、この本を参考にさせてもらいました。
アロマテラピーLESSONアロマテラピーLESSON
(1995/07)
林 真一郎

商品詳細を見る


全身マッサージ

精油
①ティートリー・・・1滴

②ローズマリー・・・1滴
途中から
③ゼラニウム・・・1滴 を追加

キャリアオイル
①スィートアーモンド油・・・10ml

②ホホバオイル・・・10ml

本日はCOOKの全身を2時間かけてアロママッサージしました。今日は腰骨周辺の冷えがひどかったので、じっと手のひらを当てて温めてあげると、いつの間にか静かな寝息をたてて眠ってしまいました。
そんなCOOKに癒されるpappoです。
マッサージ中のほんの短い睡眠ではありますが、目覚めた時のとても溌剌とした様子にきっと気持ちの良い睡眠だったのではないかな、と思っています。

睡眠は時間ではなく、質の方が大切だと最近は言われていますが、このつかの間の休息でCOOKの疲れが取れればいいなぁと思っています。

いつもありがとう、という気持ちでマッサージをしました。毎日、家のことをやりながら、子供の世話など、大変だと思うけれど、頑張ってください。

そうそう、明日は6月の親子COOK会の最終日、またたくさんの子供らの笑顔に会えるね。
楽しみだね。
子供にとってお母さんやお父さんと一緒に料理をした思い出は一生の宝物になることと思います。
楽しい一日になるといいね。


テーマ:もっと綺麗になるために・・・♪ - ジャンル:ヘルス・ダイエット


アロマベッドを購入しました

アロマベッド

1~2週間ほど前にアロマベッドを購入しました。
妻はベッドのクッションが固めでとてもいい、と言っていました。
買ってよかったと思っています。
このベッドを買ってからというもの、妻は必ずマッサージの途中で吸い込まれるように眠りにつくようになりました。
いつの間にか静かな寝息を立てて眠ってしまう妻に私自身も癒される想いがします。
ほのかな明りと静かな音楽の中で、精油の香りに包まれながら、静かな時間を過ごしていると
私自身もその日の疲れが溶けていくような気がします。

参考までにベッドのサイズなどを書いておきます。
サイズ:長さ182cm(ヘッドレスト装着時208cm)/横幅68cm/高さ49 - 72cmに調整可能。
二つに折りたためます。折りたたみ時のサイズ: 長さ92cm×横幅25cm×高さ70cm
キャリーバッグもついています。
マットの厚さ5.5cm前後
重さ:17kg
重量規定:250kg
価格は26000円です。

「セラピストの問屋」というサイトで購入することができます。


テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット


妻への感謝の気持ち! アロママッサージを

2週間ほど前から妻のためにアロママッサージをしています。
とは言っても私はこれまでアロママッサージなどまったくやったことのない素人です。
これまで、たまに妻の肩や手を揉んでやったりすることはありましたが、精油を利用してのマッサージは全くの初めてでした。
恐る恐る始めてみましたが、妻の肌がしっとりとうるおい、いろいろな良い変化が出始めてまいりましたので、始めてみてよかったと思っています。
せっかく始めたことなので、ずっと続くようにという願いをこめて、このblogに記録を残していく
ことにしました。
その日、使用した精油やキャリアオイル、マッサージ中に気づいたことなど、いろいろと書いてまいりますのでよろしくお願いします。

テーマ:アロマセラピー - ジャンル:心と身体




プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。