pappoのアロマテラピー
大切なパートナーにアロマテラピーを
ホットオイルトリートメント&ホットストーントリートメントに使用する精油のこと

先日からホットオイルトリートメントとホットストーントリートメントについて毎日のように書かせて頂いていますが、今日は使用するキャリアオイルと精油について書かせて下さい。

まずキャリアオイルを湯せんして温めるわけですが、その際、キャリアオイルに使用するオイルは熱に強いものを選んでください。

しそ油や亜麻仁油のようなオメガ3に属し、熱に弱く、酸化しやすいものは使用しないでください。

熱に強いキャリアオイルはスィートアーモンドオイルやホホバオイルが酸化しにくく、しかもお肌にも優しく、このオイル自体に様々な効果があるので、お勧めだと思います。

それから精油に熱を加えて大丈夫なんだろうか? と若干不安に感じませんか?

私も最初はそれが不安だったのですが、よくよく考えてみると、アロマテラピーで足浴したり、お風呂に精油を入れたりしますよね。
元々、大部分の精油は水蒸気蒸留法という強い熱を加えて抽出する方法がとられていますよね。
なので、精油はもともと熱に強いのだと思います。

柑橘系の精油は皮を絞る圧搾法で抽出されますが、これまでオレンジスィート、グレープフルーツ、ベルガモット、ネロリ(は水蒸気蒸留法)などをホットオイルトリートメントで使用しましたが、異常は現れませんでした。

ただ、有機溶剤で精油成分を抽出されらアブソリュートは使用したことがありません。
どんな精油があるかというと、ローズアブソリュートやジャスミンアブソリュートなどですね。これらが使えないのか? というと私にはなんとも答えられませんが、私は使っていないのです。

どんな精油、キャリアオイルを使用するにしても、事前に必ずパッチテストをお願いします。
いつも使用している精油でも、温度が変わればどんな変化が現れるかわかりませんので、まず初日はパッチテストを行って、翌日まで様子を見るなどの慎重さが求められると思います。
急がば回れです。

あと妊娠している方は慎重に行ってください。
妊娠期に使用してはならない精油はいくつもあります。
通経作用があり妊娠期に使用しないように言われている精油は
・カモミール・ローマン
・クラリセージ
・ジュニパー(腎臓に負担をかける可能性があるため)
・スィート・マジョラム
・真性ラベンダー
・レモングラス
・ローズマリー
などがあります。
婦人科などで医師に相談の上、使用するようにしましょう。

それから肌に湿疹などがある方も慎重にトリートメントを行うことが必要でしょうね。
普段から敏感肌の方は私がこのようなことをくどくど言う前に、一番自分の肌のことを知っていると思うし、誰よりも自分の肌に気を配っていると思いますが。

精油を使用することに抵抗のある方は、キャリアオイルでのトリートメントだけでも、とてもよい効果が期待できるのではないかと思います。
こちらもパッチテスト後、試しに使用してみると、いい効果があるかもしれませんね。

温めたオイルをヘアートリートメントに使用する美容室などもあるかと思います。
それをもって、ただちにホットオイルを髪の毛に使用してもいいかと言うと私はそれには簡単にはYESとは言えません。
美容室は髪の毛の専門家がプロとして仕事をしている場所で、たくさんのお客さんがいらっしゃる場所です。
そういった場所で使用するオイルと自宅で使用するオイルは違うし、温めたオイルを髪の毛に使ってどのような効果があるのか、今の私にはなんとも言えないのです。
髪の毛に良いとされるイランイランをシャンプーに混ぜて使用したことがありましたが、その時、髪の毛が一時期細くなってしまった経験が私にはあります。
やはり個人差があると思うので、もしご興味ある方は、信頼のおける美容室などでご相談くださいね。

私がここでお勧めしているキャリアオイルや精油についても、やはり個人差があるので、パッチテストを行い、最初は少量から使用する、あまり頻繁にやり過ぎないようにするなどの工夫をして、様子を見ながら進めていってくださいね。








口内炎に使用するオイル

今回、ぎっくり腰と帯状疱疹をほぼ同時に発症し、その薬の影響で、口内炎が三つもできてしまいました。
いわば痛みの三重苦。
ホントに辛い日々でしたが、口内炎を早期に治したいと思い、食用のオイル(我が家にたまたまあったえごま油)をキャリアオイル代わりに使用することにしました。
ごま油は香りが強すぎるし、なんといってもえごま油に含まれるα―リノレン酸はオメガ3に属し、神経細胞を活性化し細胞が正しく機能する助けになってくれるのです。
このオイルにティートリーを1滴混ぜて、綿棒で患部に塗りました。

翌日、舌の下にあった口内炎は痛みがなくなっていましたが、舌の左側にできている口内炎は相変わらず痛みます。そこで、今度はカモミールローマンを一滴足して、患部に綿棒で塗りました。

カモミールローマンには鎮痛作用、抗炎症作用、皮膚軟化作用があります。※ただし妊娠初期の方は使用できません。

すると、塗ってすぐに痛みが軽減されました。

とはいえ、口の中に直接、アロマオイルを塗るという行為は、勧められる行為ではありません。
あくまで自己責任で、行うものです。
私は家族にはこのやり方は一度だってやったことがないし、勧めもしません。私一人が勝手にやっていることです。
そもそも私以外の家族全員が、口内炎にアロマオイルを塗っている私の姿を見て、「やめた方が良いのでは?」と懐疑的な目を向けてくるぐらいですから。

特にこれまでアロマを使ったことがないといった方がいきなりこんな方法で精油を使うと、ショックとか何か大きな悪影響があるのではないかと不安を感じます。
なので、私のようなもう何年もアロマを使い続けていて、体の中に精油成分がしみこんでいるというような人が、少量(1滴)を薄めに希釈してから一日もしくは数日の間に一回とか、そういうやり方で慎重に使っていくやり方ではないかと思います。

ただ、痛みはひくし、治りも早いんですよね~。



手作り化粧水にフランキンセンス足す

先日手作りした化粧水にフランキンセンスを加えました。
香りに深みが増していい感じです。

フランキンセンスはアンチエイジングの働きがあるとされています。

簡単に作れて、量もたくさん作れるので、シャワーの後にバシャバシャ使っています。

耳の痛みに綿棒でケア

昨晩から、中耳炎の初期症状のように、耳の中がズキズキと痛むようになりました。
耳の痛みはやがて頭痛をも引き起こし、結構辛かったので、ラベンダーの原液を綿棒の先に垂らして、それを耳の中に塗りました。

すると5分もしない内に痛みが和らぎました。

しかし、2時間もすると、またズキズキと耳の中が痛み始めたので、今度はカモミールジャーマンを同じように塗りました。

本当はカモミールローマンでやりたかったんですが、もう無くなっていたので、こちらでやったんですが、塗った後2、3分で痛みが和らぎ、そのまま就寝、翌朝は痛みが完全にひいていました。

きっと早めのケアが良かったのでしょう。
痛みがあると辛いですよね。
その痛みをアロマでケアするたびに、精油を知ることができて良かったなあと思うのでした。

精油水で体を拭く

ヨガのあとは全身にじんわりと汗をかきます。

そのままにしておくのは気持ち悪いので、シャワーで汗を流しますが、そのあとで、洗面器に水を張り好みの精油を数滴垂らした水にタオルをくぐらせて、全身を拭きます。

今日使用した精油は、制汗作用のあるシトロネラと抗菌・消臭作用があり、肌がスーっとするペパーミントでした。
これらの精油を水を張った洗面器に数滴垂らして、シャワーの時に体を洗うのに使用するタオルで全身をゴシゴシとこすりました。

ペパーミントは使用後2~3分ほどすると、それまで肌がスーっとしていたのに、カッカと熱くなるんですよね。
そこに扇風機の風を当てると、とっても気持ちいいんですよ!!

男性は気になる加齢臭や臭いの元が軽減されるのでオススメですよ。


妻への全身トリートメント

親子COOK会やビストロ薬膳COOK会など、様々な料理教室を開催することのできた一週間でした。その合間に撮影の仕事も入り、少しお疲れ気味だった妻に久しぶりに全身トリートメントを行いました。

今日は、最初に30種類の精油をテイスティングしてもらい、好みの精油を選んでもらいました。最終的にゼラニウム、シトロネラ、ユーカリグロブルス種の3種類に絞られましたので、これらの精油をミックスして、ホホバオイルで希釈したアロマオイルでトリートメントを行いました。

最近、甘い香りの精油でのトリートメントが多かったので、今日はスッキリした香りを楽しみたいのではないかと思っていたら、やはりユーカリグロブルス種やシトロネラを選んでいました。

ユーカリはオーストラリア原住民アボリジニの世界で薬草として古くから活用されてきました。近所の公園にユーカリの大木がありますが、その落ち葉を嗅ぐと精油と似たスッキリとした匂いがします。
気分が優れない時の気分転換や集中力を高めたい時などにオススメです。
さらに今の季節ですと、鼻づまりや花粉症、気管支系のトラブルの改善に役立ちます。

シトロネラといえば、まず思いつくのが虫除けですが、ほかにもデオドラント効果や制汗作用などもあります。

ゼラニウムはこれまでにも何度も我が家で登場している精油ですが、女性の内分泌系ホルモンのバランスを整えてくれます。

これらの精油を使用し、約1時間30分のトリートメントでした。

今日のキャリアオイルはホホバオイルを使用したせいか、日頃使用しているスィートアーモンドオイルよりもスベスベツルツルとした肌触りで、手のひらの滑りもよく、しかし、肌にスーっと吸い込まれていきました。
ホホバオイルには脂肪溶解のはたらきがあるそうで、ダイエットにも向いているそうです。

足先から丁寧にトリートメントを行うと、足の指にピキピキとして小さなひきつりが何個もありました。それらをゆっくりと丁寧にほぐしていきました。
足の指先のトリートメントでは、手の指の先までじーーんとすると妻は言っていました。

足首はいつものように冷えていて、かかとはささくれていました。
冷えた足首は手のひらでゆっくりと温め、ささくれたかかとはオイルをたっぷりと含ませた手のひらで包むように温めてあげました。

足先から、全身くまなく、丁寧に丁寧にトリートメントを行うと、いつしか妻は静かな寝息を立てて眠ってしまいました。

そして、今も目を覚ますことなく、昏昏と眠り続けています。

おそらく、仕事に主婦業にと忙しい毎日を送っているため疲れていたのだと思います。
このトリートメントで少しでも体がほぐれ、疲れが取れ、体が軽くなるといいなあと思っています。



妻への全身トリートメント

数日前、立て込んでいた妻の仕事がひと段落ついたので、久しぶりに全身トリートメントを行いました。
今回使用した精油は、ブルガリアンローズオットーです。
pappoの購入したローズオットーは、ブルガスカローザ国立研究所認定ローズです。ダマスクローズは、トルコ、モロッコなどでも生産されていますが、その中で一級の香り・品質を持つと言われるブルガリア産ダマスクローズです。
詳しくは、以前の記事になりますが、よろしければコチラをご一読ください。

精油の入った遮光瓶の蓋を開くと、濃縮されたはちみつのような甘い香りが部屋いっぱいに広がりました。

ローズオットーは女性にとても優しい精油です。
女性の心に働きかけ、不安やストレスを和らげてくれます。
さらにPMSのような月経にまつわる憂鬱、腰の痛み、気分の落ち込み、体の不調、
そして美肌にも抜群の威力を発揮します。

今日はこのローズオットーをスィートアーモンドオイルで希釈したもので、全身そしてフェイシャルマッサージを
約1時間かけて行いました。

妻はローズオットーの深く甘い香りに癒される~と喜んでいました。

トリートメント終了後は、冷たくなっていた足先や足首がポカポカと温まっていました。
手の指先も冷えていましたが、ポカポカになっていました。
冬でもないのに、女性の体は冷えてしまうのですね。
これからもトリートメントで冷え知らずでいてもらえたらなと思っています。

BGMには自然の音で検索した森のさえずりをセレクトしました。


これは長時間続くし、音楽が始まる前にCMも入らないので気に入っています。




風邪にティートリー

だんだん寒くなり、風邪っぴきさんも増えてきたのではないでしょうか。
そういうpappoも、実は数日前から風邪っぴきです。

風邪のひきはじめにいいのは、ティートリーでうがいです。
コップいっぱいの水にティートリーを1滴たらして、うがいします。
喉の痛みやいがらっぽい感じが抜けスッキリします。

それから熱があるときにはティートリーオイルでトリートメント。
発熱した時のトリートメントのやり方や風邪予防のトリートメントのやり方はこれまでにも何度もこのブログの中に書いてきましたので、ご参照ください。

ブログ内検索に、「風邪」とか「発熱」とかキーワードを入れて頂くと、関連する記事が読めますので、よろしくお願いします。

あと、風邪ひくと、お腹に来る人もいますよね。
お腹が痛くなったら、オレンジスィートオイルでお腹をトリートメントしてあげるといいです。
オレンジスィートがなければ、柑橘系のオイルで。

ほかには、ウィルスが部屋に蔓延しているときには、オレンジスィートで芳香浴をやるといいですね。
百円ショップに売っているアロマポットでも十分ですし、お部屋の乾燥が気になる時には、アロマ機能付きの加湿器なんかでもいいと思います。

あと、夜、布団に入り、横になった途端、咳が出始める時ってありませんか?
その原因の一つは、実は冬の間は、布団の中って意外に冷たいんです。
布団に入って10分ほどすれば、だんだん布団の中も温まってきますが、それまではシンシンと冷たいものです。
そのせいで、体もほんの少しだけ体温が下がります。体温というか、皮膚表面の温度が下がるわけです。
そのため咳が出てしまいます。

逆にこういうケースもあります。
布団の中に電気毛布を入れていて、布団がホカホカとあったかいのに、咳が出てしまうという場合、この場合は、電気毛布のせいで空気がとても乾いてしまっていることが考えられます。

この二つの原因、ある道具を使えば、一度に解決できます。

それは「湯たんぽ」です。
湯たんぽを使う時には足先を温めるのももちろんいいと思いますが、お勧めなのは湯たんぽでお腹を温めることです。
湯たんぽについてもこれまでに何度も書いてきました。
その中の一つはこれです。
関連する記事にリンクをはり、湯たんぽのまとめサイトみたいになっていますので、ご興味のある方はご覧ください。

この時期、睡眠をしっかり取り、軽い運動で、血液を体内の隅々まで行き届かせることも大事ですね。
そうそうお風呂にゆっくり浸かることもオススメです。

ほかには食事も大事ですね。
加温効果のある食べ物をたくさん食べて、体を冷やさないようにして、元気にこの冬を乗り切りたいものです。



シンプルを極める


シンプルを極めるシンプルを極める
(2011/02/24)
ドミニック・ローホー

商品詳細を見る


今日10話 再放送そして11話も放送です。

今日9/10月曜 午後3:55~TBSで浪花少年探偵団 第10話、再放送です。
先週、見逃した方は是非!

それから夜8時からは第11話。

浪花少年探偵団も残すところあと2話となりました。

お楽しみください!


ヨガそして家庭菜園

ヨガも途中、できない日もありましたが、ほぼ毎朝5時に起きて、続けていますよ。
今日で74回。
あと少しで100回です。

100回記念になにかやろうと思っています。

家庭菜園の方も、インゲンは毎日採れますし、枝豆も少し収穫できました。

きゅうりを株分けしたら急に花が咲き始めました。
葉っぱの緑も濃くなってきて、元気になっているようです。

次女が学校で育てていた茄子は葉っぱがしおれていましたが、毎朝水をあげていたら、少しずつ葉っぱがピンとしてきました。

バジルは豊作、オクラは時間がかかってますが、葉っぱも茎も元気です。

昨日は夕方から中野の島忠へ家族と出かけ、ミニニンジンの種など色々と買ってきました。
今日、それを植える予定です。

アロマの方も続けていますよ。
とうとうホホバオイルがなくなってしまったので、先週注文したものが届きました。



朝ヨガ58回目

朝5時に起床し、ヨガを続けています。
今日で58回目。
いよいよ目標の60回に近づいてきました。

60回を達成したら、次は30回を目標に頑張ります!



熱を出した長女にトリートメント&ヨガ7日目

今朝、起きると長女が熱を出していました。
微熱ですが、本人は少し辛そうにしていました。

そこで、ティートリーのアロマオイルで、発熱した時に行うリンパドレナージュを軽くやってあげました。

ポイントはいくつかあるんですが、言葉では説明しにくいです。
それを承知で書かせていただきますが、あごの下、首筋、顎関節に当たる部分、鎖骨周辺、腕の付け根などです。
しかし、これもどこが発熱しているかで、ポイントは変わってきます。
いつか写真か動画で説明できるといいですが。

とにかく、このポイントを指で軽く圧すようにしてトリートメントしてあげると、効果がすぐに出始めます。

このブログに何度も書いてきましたが、発熱すると、身体全体が熱くなっていると思いがちですが、実はそうではなくて、たとえば肩周辺だけとか、お腹回りだけとか、上半身だけとか、下半身だけとか、そういう熱の出方をします。

その段階でほっておくと、どんどん熱が全身に回り始めるわけです。

そうなると、トリートメントではとても追いつかないというのがpappoのこれまでの実感です。
早い段階で行うことがとても大事だと思います。

今回、熱があったのは首から左の鎖骨周辺にかけてのごく一部だけでした。
きっと、緊張を強いられる状況がいくつかあったのだと思います。

人は強い緊張を感じると、首や肩に力が入り、免疫も落ちます。
そこで、風邪のウィルスへの抵抗力も弱まり、弱っている部分を攻撃するので、そこからまず熱が高くなるということがあるように感じます。

トリートントが早かったせいか、今は食欲もあり、割と元気です。
熱ももうないんですが、油断するとまた熱が上がります。
注意しておかないとなりませn。

子供が発熱すると心配ですが、ひととき無心になれるようにと、今日もヨガをやりました。

昨日はフットサルの大会があり、見事我々のチームは全勝優勝を果たしました。
初優勝です。
昨夜はその祝賀会がありました。

今日もなんだかんだとありましたが、なんとか今日まで7日間、毎日ヨガを続けています。

体力もついて、少しずつ身体が柔らかくなっていってます。

毎日、小さな変化を発見することができるので、張りあいがあります。

とりあえず、予定がたくさん入っていた昨日と今日もヨガを無事にやったので、このまま、途切れることなく続けていきたいと思っています。



ヨガ 5日め

今日も、ヨガをやりましたよ。

ヨガが終わったあとに、今日はイランイランのアロマオイルをごく少量、耳たぶの裏側を指で圧すようにして塗りました。

香りを深く吸い込む内に、いつの間にか、ほんの5分程度ですが、眠ってしまってました。

たった5分の眠りだったのに、とても深い眠りでしたよ。

起きたあとはスッキリです。

土日は色々と遊びやら、打ち上げやら、予定が入っているので、ヨガをちゃんとやれるか心配です。
こういうことで、なし崩しにやめてしまうのがいつものパターンなんですよ(´;ω;`)

最近、ヨガを再開しました

つい最近、自宅でヨガを再開しました。
再開というのは、実は数年前にもやっていたことがあるからです。

あの頃はすぐに挫折してしまいましたが、今回は長く続くことを祈っています。

その頃使っていたDVD、「綿本彰さんの ダイエットヨーガ」にキズがついてしまったためか、時々ストップしてしまうので、今日、同じものを買ってきました。

いろいろと見てみたんですが、結局、これが好きだったので。

パワーヨガのところでは、足も手もプルプルと震えて、大変なんですが、なんとかやっています。

pappoは物心がついてからというもの、身体が柔らかかった時期というのが一度もありません。
なので、この機会に、柔らかい体に生まれ変わりたいと思っているんですが、とにかくDVDでは3週間続けてみましょうと言っているので、せめて言われた通り、3週間は続けたいと思っています。

あわよくば、一ヶ月、そして二ヶ月、気づけば半年、そして一年。
振り返ってみると、体は柔らかくなり、ボディーも引き締まっていて・・・みたいな感じが理想ですが・・・

あと、約半年ぶりにフットサルも復活しました。
この間、2時間ほど蹴ってきましたが、全身筋肉痛で大変でした。

でも、不思議なことに、ヨガをやったら、その筋肉痛が和らいだんですよ。

ヨガって凄いですね。

精油を知るまでは

pappoが最初にアロマテラピーを始めたのは、一人の主婦が自宅でアロマテラピーサロンを開業するドキュメンタリー番組を見たことがきっかけです。

それまではアロマテラピーといえば、サロンなどでやってもらうものだとばかり思い込んでいましたので、え、精油って自分で買えるの? え、ベッドも自分で買えるの? とビックリしたんです。

そこで、妻にトリートメントをやってあげようと思って、精油とアロマベッドを購入したことを憶えています。

その時に、最初に買った精油はなんだったか憶えていませんが、pappoの心に強く印象に残っているのはゼラニウムとイランイランの香りを嗅いだ時のことです。

決して大げさではなく、この世の中にこんなにいい匂いのものがあるのか! とホントに驚いたんです。

pappoは元々香りには興味があったようで、それまでにも香水を何本か持っていました。
そして待ち行く人からいい匂いがすると、なんの香水を使っているんだろう? と思わず振り返ってしまうって感じに、香りに関心があったのでした。

そんなpappoが、精油の香りは生まれて初めて嗅いで、なにか、体の奥底から欲する香りというか、ぴったり体に合うというか、言葉で形容できないような衝撃を受けたのでした。

このなんともいえない香りはなんだろう・・・
そう思いました。

月日は流れ、pappoの精油の香りの好みも変わってきましたが、ゼラニウムだけはずっと好きですねえ。

精油と出合ったことはpappoにとっては驚きであり、喜びでもありました。

これからも精油と末永く付き合っていきたいと思っています。


親子COOK会に思うこと

今日は親子COOK会でした。
今回はラスクとホットチョコスプーンを親子で作りました。

今回もたくさんの方に参加頂き本当に感謝しています。

pappoはこの親子COOK会と小学生COOK会にだけは助手として参加しています。
ほかのケーキクラスやパンクラスなどの大人クラスは元々少人数ということもあって、pappoが助手をやらなくても、大丈夫ということなんだけど、親子と小学生COOK会は、やることがたくさんあり、妻ひとりでは大変なので。

最初は妻のサポートのために助手をやっていましたが、今年で5年目となり、生後三ヶ月ぐらいでCOOK会にデビューした赤ちゃんは5歳に成長しています。
無料の託児もありますが、小さい頃から料理の様子や、美味しそうな匂いや、ジュージュー料理のできる音など、五感で感じることを吸収していって欲しいという願いから、お母さんに抱っこされ、あるいはおんぶされて参加してきた赤ちゃんもいます。

そんな小さな赤ちゃんが、いつの間にか、喋るようになり、歩くようになり、料理をやるようになり、5歳にもなると、ものすごく手際がいいんです。
そういう姿を見ていると、感慨深いものがあります。

去年あたりから始めた小学生COOK会には、幼稚園の頃、親子で参加していたお子さんが一人で参加します。
もちろん兄弟、姉妹での参加もありますが、お父さん、お母さんは参加せず、子供だけで料理を作るのです。

自分たちでやらなきゃいけないとわかっているので、妻の説明も真剣に聞きます。
そして、楽しみながらも、ものすごく集中して、料理をやります。

この前まで幼稚園だった子供達がいつの間にか小学生か・・・としみじみ思います。

そうして成長していく子供達を見ていると、我が家の子供達にももっと成長していって欲しいという親の欲かもしれませんが、親から子供に伝えたい大切なことが心の中に芽生えました。

COOK会の手伝いを長女も次女も幼い頃からやっています。
長女は受付をちゃんとこなして、料金を受け取り、お釣りを返し、スタンプカードを押して、最初に配付するものがあれば配り、という作業を迷うことなく行います。
受付が混みはじめても慌てることなく、落ち着いて対応するところなど、見ていて舌を巻くほどです。

次女は親の欲目かもしれませんが、よく気の付く子で、pappoや妻が必死になにかをやっていると、スッと隣に来て、手伝ってくれたりしますし、洗剤や手洗い用の液体石鹸を棚から出したり、布巾を各テーブルに配ったり、必要な鍋を棚から出したりなどの作業はすべて一人でやれます。

このように、長女も次女も少しずつやれることが増えてきたのですが、後片付けだけはpappoも妻もあまり積極的には教えてきませんでした。

一日居て疲れただろ、という親心もあったのだと思いますが、今日はみんなで教室が終わった後に、拭き掃除と掃き掃除をやりました。

昔から言いますよね、「来た時よりも美しく」と。

それは今日も使わせて頂き、ありがとうございました、という感謝の気持ちではないでしょうか。
そして、次に使用する人への思いやりでもあると思います。

こういう気持ちで掃除をちゃんとやることが、ひいては、COOK会の後は、料理室がいつもキレイ・・・という信頼へとつながっていくのではないかと思っています。

結局、人の信頼を得るための作業なんて、地味なことが多いですよね。

pappoはそういう地味なことでも、馬鹿にせず、ちゃんと周りが見えて、次に使う人が見えて、感謝の気持ちが持てて、しっかりやれるという気持ちを子供に伝えたいと思っているんです。

そしておもてなしの気持ちというのを長女と次女にも感じて欲しいと思っています。

つたない会かもしれませんが、妻が参加してくださる皆さんに喜んで欲しいと知恵を絞ってメニューを考え、レシピを考え、材料の買出しを行い、(買い出しはpappoも子供も手伝いますが)当日を迎えます。

そういうおもてなしの気持ちを大事にして欲しいというのと、COOK会に参加くださる皆さんとは普段から仲良くさせて頂いているので、そういうご近所づきあいのような、心のふれあいというのも、背中を見ていて欲しいなあと思うところです。

掃除や、COOK会の下準備など、きちんとやれるようになると、今度は計量や材料のカットなど、今まで任せられなかった仕事も任せられるようになる。
つまりそれだけ信頼されたということ。

社会に出たら、最初はつまらない仕事を任せられることもあるでしょう。
でも、そういう仕事を馬鹿にせずに、きちんとやることが周りの信頼を得て、次のステップの仕事を任せられるかどうかということにつながっていくのではないでしょうか。

そういうことを親から子へ伝え、長女と次女には成長していって欲しいと思っています。

そして根気よく続けていくこと。
COOK会は今年で6年目を迎えます。
十年目には十周年記念パーティーをやろうと妻が話していました。
pappoもその日を迎えることができることを楽しみにしています。

親から子に伝えられることは、そう多くはありませんが、子供達に大切なことを感じ取ってもらいながら、成長していって欲しいと思っています。


夜中におなかが痛いと泣いて起きてきた次女にトリートメント

ついさっき、次女が起きてきて、泣きながら妻の元へと行きました。
「どうしたんだろう?」と思っていると、しばらくして妻に抱っこされて次女がやって来て、「おなかが痛い」と言うのでした。

妻の話では、晩御飯を食べ過ぎたらしく、おなかを見ると、かえるみたいにパンパンに膨れていました。

そこで、健胃作用があり、胃や腸のはたらきを助けてくれるオレンジスイートのアロマオイルでおなかを右回りにそっとトリートメントしました。

pappoも食べすぎとかで胃がムカムカする時などに同じオイルで同じようにトリートメントすると、10分もしないうちに楽になります。

次女も、しばらく妻に抱っこされていましたが、今は寝室でぐっすり眠っています。

明日の朝には楽になっていて、元気に起きてくることを願っています。



お世話になっているあの方に

いつも公私共々お世話になっているあの方に今日はアロマオイルを贈らせて戴きました。

いつもいつも大変お世話になっているのに、なにもご恩返しができないままの毎日ですが、せめてアロマで、と思うのですが、それを喜んでくださるので、本当にありがたいです。

だって私にできることはこのぐらいのことしかありませんから。


お贈りしたオイルは、一つは肩の痛みをやわらげてくれるオイル、そしてもう一つは、リラックスして、心の底からゆったりできるオイルです。

肩用は、少しでも肩に違和感を持ったら即使っていただきたいと思います。

そして、リラックス用は「ああ、この香りすごくいい」と思う日があると思うので、その時に使って戴ければと思います。


なくなったらお気軽に。

いつもいつも本当にお世話になります。

今日のベルギービールのお店も当たり! でしたね。
楽しい時間でした。



妻の腰はずいぶん良くなり、風邪は完全に治りました。そして次女の話

今日は小学生COOK会でした。

妻は本日2回の教室を無事に終えることができました。

ぎっくり腰と思われる腰の痛みはかなり楽になったようでした。
風邪の方は完全に治ったそうです。


よかったよかった。

それから今朝、次女がまたおなかが痛いと言いに来ました。
今日は学校があるわけでもないのに、なにかな? と思いながらもオレンジスイートのアロマオイルでおなかをトリートメントしてあげました。

おなかがどんな風に痛いの? と聞くと、なんだかじんじんていうか、ごんごんていうか、と説明した後に、おなかがすいたというか、と言いました。

え・・・・・・

おなかがすいてたんだ・・・・・

次女は昔からおなかがすくと、おなかが痛いと言うことがあったんですが、まさか未だに・・・・・

ここで笑うと途端に不機嫌になるので、笑うのをこらえて、「じゃ朝ごはん食べようか」と言うことで、ご飯を食べました。



イランイラン、ゼラニウム、ネロリの思い出

あまりよく憶えていないんですが、ゼラニウムとイランイランは最初の頃に買った精油の中の一つです。

まだ精油というものの香りをよく知らない頃に買ったように記憶しています。

届いた精油のキャップを開封し、香りを嗅いだ時の驚きと感動を今でも忘れることができません。

ゼラニウムとイランイラン、これまでに嗅いだことのない衝撃的な香りでした。

世の中にこんなにいい香りのものがあるのだろうか! とそれほどに強烈に印象に残りました。

それからはたくさんの精油の香りを楽しむようになり、それほどの驚きはなくなりましたが、アノ頃は精油というものをよく知らずに香りも未経験だったので、驚きも強かったのでしょう。

そしてネロリ、これは化粧水を作るという講座のときに、参加された皆さんに香りを嗅いでもらったところ、参加者の殆どの方が、うわぁ~と大興奮! いい匂い~と、びっくりしておられました。

pappoもネロリの香りを始めて嗅いだ時には、その香りの素晴らしさに心底うっとりしたものです。

ほかにもブルガリアンローズオットーの香りにもうっとりしました。

pappoが買ったのはわずか1mlで5000円という超高価なローズオットーで、正真正銘のブルガリアンローズオットーでした。
そのえもいわれぬ香りにうっとりしたことを憶えています。

香りは脳の大脳辺縁系という古い脳に直結しているらしく、そのせいで記憶とも密接に結びついているそうですね。
pappoの香りの記憶は、夏のプールの記憶です。
小学1年生の頃からずっと水泳クラブに所属して夏の始まりには、毎年部員全員でプールを掃除していました。
プールの匂いを嗅ぐと、少年時代の夏の思い出が鮮やかによみがえります。

匂いと記憶、不思議ですね。

女性は香りが好きだなあと講座などで感じます。
元々、アロマ講座に参加される方々なので香りに興味のある方が多いのだと思いますが、お好みのアロマオイルを作る際、20種類ぐらいの精油をテイスティングして頂きますが、女性の皆さん、とても真剣にかつ楽しみながら精油の香りをテイスティングしておられます。

精油の香りは合成の香りや香水とは全く違うように感じます。
合成の香りや香水からは得られない、「なにか」があるように感じます。

香水の香りも素晴らしいのですが、精油の香りには、香りだけでは語りつくせないもっと深いなにかがあるように感じるんです。

今日は精油の香りの話でした。

pappo

ここ数日間、アロマ大活躍!

先日、次女がポリポリと何かを食べていました。
なんだろう? と思っていたら、そうめんのまだ湯がいてもいない生の麺でした。
え! こんなの食べていいの? おなか壊すのでは? と思ってましたら、次女が「美味しいから食べて」とキーキー言うので、ひと口食べてみたら、確かに美味しかったです。

でも、やっぱりその後で、次女がおなかがいたいと言い出しました。
「ほら、だからおなかこわすって言ったでしょ」と言うと、悔しそうに黙ってました。

それでも痛がるし、泣きそうな顔をするので、急いでマンダリンのアロマオイルでおなかを優しくトリートメントしてあげました。
そして必ず呪文を唱えるんですけど「いつもおなかが痛い時に、こうしてオレンジスィートとかマンダリンでマッサージしてあげると良くなってたよねえ」って暗示をかけるように、つぶやきながら、やってあげました。

すると、5分もしないうちに元気になって、その後の夕食も元気に食べていました。

よかったよかった。

そして、今度は長女。
今度はアロマでは力が及ばなかったケース。

朝起きると、長女が痒い痒いと言っておなかを見せてくれました。
見ると、あせもが全身に世界地図のように広がっていました。

思わずうわっとなりましたが、今日はあいにく妻の料理教室があるため、病意に連れて行くのが午後になってしまいます。(pappoも助手なので)
そこで、とにかくラベンダーのアロマオイルでおなかをトリートメントしました。
すると、すぐにあせもが引いていったので、これはいい! と思って、他の場所にもやりました。

料理教室の会場にオイルを持参して、長女が痒がる度に塗ってあげましたが、腫れが引いたかと思うとまたぶり返して、長女も痒がっていました。

料理教室が終了し、長女を病院へ連れて行き、塗り薬と飲み薬をもらいました。
塗り薬を塗ると、2時間ほどしてすっかり症状が消えました。

でも、翌日、今度は薬を塗っていなかった箇所で同じような症状が出てしまいました。
なので、今日も学校を休ませて、薬を塗り、部屋でのんびりさせています。

平日はジュニアバンドの練習などで忙しい長女、週末ぐらいはゆっくりさせてあげたかったのだけど、pappoも妻も忙しく慌しかったので、なんとなく心が落ち着かなかったのだと思います。
今日は5時間めから学校に行きたいと言っていますが、少し様子を見てからにしたいと思っています。

今は、とにかくのんびり身体を休めて欲しいです。



【支援しようとする方へ】

東北被災3県の市町村の臨時掲示板です。

東北地方整備局作成。

各市町村が必要な物資などを更新しています。

首長からのメッセージなども。

【掲示板の留意点】
 ① この掲示板は、被災された市町のためのものです。そのため被災した市町から頂いた情報をそのまま掲示しています。
 ② 現在、掲示されているのは、被災した市町村の全てではありません。
 ③ 被災された市町村で、この掲示板をご利用になりたい場合は東北地方整備局までご連絡ください。
 ④ 掲示される情報は、前日までの要望情報をとりまとめ、毎日に更新します。
 ⑤ 物資をご提供いただける場合は、お住まいの都道府県にお問い合わせください。 (お問い合わせ先はこちらから)
 ⑥ ご提供された物資については、県や自衛隊などと調整を図り、過不足などの偏りがないよう、お届けいたします。
※ 情報通信が回復した時点にて本掲示板のアップは終了いたします。

南相馬市から杉並区に避難して来られる皆様にpappo一家ができることを

南相馬市への救援物資寄付について、区役所へ受け付け物品について問い合わせしたところ、以下の回答でした。

受け付けない物資、家具、食品、飲料など以外の生活用品は受け付けるそうですが、募集は寄付物品もバザー用品も一括して受け付けるそうです。
集まった品を区の方でバザー用品と生活用品に振り分けるそうで、寄付物品をどちらに振り分けるかは区に一任することになるそうです。

pappoも9年ほど前に阿佐ヶ谷に越して来た時、子供がまだ赤ちゃんで、子育てでいっぱいいっぱいでした。
そんな時でした。
信号待ちをしている時などに、阿佐ヶ谷の人たちが、ベビーカーに乗っている我が家の長女に気さくに声をかけてくれて、子育てへの気負いと、苦労が癒されるのを感じました。

南相馬市から避難して来られる皆様は、どんな想いで生活を始めるのでしょうか?
新しい町での新しい生活に不安を感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういう皆さんを阿佐ヶ谷のみんなで、温かく迎え入れることができたら、ほんの少しは不安が和らぐのではないかとpappoは思います。
「ここなら安心して暮らしていけるな」とそう思っていただきたいと思うんです。

以下、杉並区HPからの転載です。
******************************
物資の寄付の受付を開始します(福島県南相馬市支援)
杉並区では、このたびの東北地方太平洋沖地震の被災地となった福島県南相馬市を支援するため、区民の皆様から物品の寄付を受け付けますので、ご協力をお願い致します。
 皆様から寄付を受けた物資は、被災地へ送付するのではなく、南相馬市から杉並区に避難してきた方の生活用品として、避難者に直接寄付します。
 また、皆様から寄付を受けた物品を販売する「南相馬市支援チャリティバザー」を開催し、売上金を義援金として南相馬市に寄付します。

【受付物品】
(1)南相馬市から杉並区に避難してきた方の生活用品
新品・未使用のもの又は中古の場合は、状態がよいものに限ります。
・照明器具
・ガステーブル
・布団
・冷蔵庫
・地デジ対応テレビ
・炊飯器
・食器・調理用品
・衣類(洗濯済みのもの)
・パソコン など

(2)4月3日開催の「南相馬市支援チャリティバザー」での販売用の品
バザーで販売できるもの。
新品・未使用、中古の場合は、状態がよいものに限ります。
※受け付けできない品目 家具、食品、飲料など


【受付方法】
提供者が受付場所へ持込んでください。物品は、段ボール箱に入れてください。

【受付場所】
  杉並中継所(井草の森公園西側・井草4丁目15番)
  高井戸小学校(体育館)(高井戸西2丁目2番1号)
  ※自動車で来場できますが、周辺道路への駐車はご遠慮ください。

【寄付の受付期間】
  3月26日(土曜)~4月1日(金曜)(3月27日(日曜)も受け付けます。)

【寄付の受付時間】
  午前9時~午後4時


■「南相馬市支援チャリティバザー」
バザーの内容
【開催日】
4月3日(日)
午前10時40分~午後3時

【開催場所】
・ 桃井はらっぱ公園 桃井3丁目8番1号(雨天時 桃井第一小学校 体育館)

区民の皆様から寄付を受けた物品を販売する「南相馬市支援チャリティバザー」を開催します。
売上金は、義援金として南相馬市に寄付します。


【問合せ先】
  ・保健福祉部管理課地域福祉係 [TEL:03-3312-2111(代表) FAX:03-3312-2197]
************************

pappoももちろん寄付するつもりです。
衣類や、マスク、歯磨き粉、トイレットペーパーとか、とにかく持って行って、現地で受け付けてもらえない品物もあるかもしれないけど、とにかく持って行くつもりです。

南相馬市の皆さんができるだけ不便な想いをしなくても済むように、pappo一家にできることをしっかり考え、行動に移したいと思います。



1歳未満乳児のいるご家庭への飲料水配布 東京都HPより転載

乳児のいる家庭への飲料水(ペットボトル)の提供について

○ 現在の測定値であれば、乳児を除き、誰もが水道水を飲んでも問題ありません。

○1歳未満の乳児についても、長期にわたり飲み続けなければ問題ありませんが、ペットボトルを必要とする家庭に対し、緊急対応として、550ml入りのペットボトル24万本を、東京都から関係区市(23区、武蔵野市、三鷹市、町田市、多摩市、稲城市)へ搬送し、各区市において、乳児(約8万人)のいる家庭1人当たり3本を提供します。

関係区市には、3月24日(木)午前中に搬送を開始します。

○提供する対象は、1歳未満の乳児のいる家庭に限ります。

各区市での提供は、明日から準備が整い次第実施します。

○追加の提供についても、準備中です。

○水道水の測定値は、当面、毎日公表します。

○業界に対しては、ペットボトルの増産を要請します。


【問い合わせ先】
原発事故による食品の放射能汚染に関する都民向け臨時相談窓口
電話番号03-5320-4657 (9時~18時)


*******以下、TBS NEWSより転載***********

一方、対象となる区や市でも、独自に飲料水の配布などを始める動きが出ています。

 港区では、24日午後から区内に住む1歳未満の乳児を持つ親に対し、3日分程度の飲料水のペットボトル6リットルを配布することを決めました。各支所に母子手帳を持参してもらい、手渡すことにしています。

 また新宿区、江東区、文京区、千代田区、杉並区、稲城市でも、保育施設に対し飲料水の入ったペットボトルを配布することなどを決めています。(24日02:34)



ユニバ地震対策本部に支援物資を寄付してきました

今日、幼稚園のお母様方と協力して、東北地震に被災された方々への支援物資をユニバ地震対策本部の物資受け付け窓口に寄付してきました。

これまで阪神大震災の教訓を元に、古着は送ってはいけない、ボランティアの申し出は赤十字などの団体を通してという情報がネット上に溢れていましたが、今回の地震は津波で服が濡れてしまっていること、そして自治体なども津波に押し流され、壊滅状態に陥っていることなどの理由から、古着も必要だし、草の根活動を行っているNPO団体などを積極的に利用していく必要があるとのことでした。

詳しくはコチラをお読みください。


以前、園のお母様方と協力して集め、杉並区で行っている古着回収に拠出しようと思っていた古着(おもに子供服)がポリ袋に20袋分ほどあったので、それをお母様方とサイズごと、性別ごとに分けなおして再度ビニール袋に入れ直した物を、受付窓口に持って行きました。

あと、園のお母様方が提供してくださったウェットティッシュ、紙おむつ、下着、マスク、毛布、タオル、飲料水、ゴミ袋、保存食なども一緒に寄付してきました。

ネット上では、日本ユニバってどういう団体? 怪しい団体じゃないの? これって詐欺じゃないの? といった情報が飛び交ってますが、そういうことはないです。

ユニバ地震2

ボランティアの人が中心となって、続々と集まってくる支援物資をとりまとめていました。
ユニバ地震1


まだまだ物資が不足しているとのことでした。


支援物資の詳しい情報はコチラをご覧ください。

3月24日に再び幼稚園のお母さん方と協力して、2回目の物資寄付を予定しています。

※3月18日現在古着の回収は行っておらず、下着も新品のみの回収となっています。
被災地の状況により回収品目は刻々と変わっています。

回収前に日本ユニバのHPを確認願います。



アロマルームを模様替え

今日はアロマルームの模様替えをした。
一人がけの小さなソファを置いて、ウェイティングコーナーを作った。
pappoが精油のブレンディングをしている間など、このソファでゆったりとハーブティーなど飲んでもらいたいと思っている。

トリートメント終了後、ゆったりとソファで休んでもらうのもいいだろう。


そして書斎も兼用しているこの部屋、机の配置を変えたりした。

これでしばらく使ってみたい。

使い勝手が悪かったら、また考えよう!


ホントにいい香り 寝室にアロマ

最近、次女が咳をしないようにエッセンシャルオイルディフューザーでオレンジスィートを焚いています。

寝室に入るとオレンジの香りがしてホントにいい香りです。

インフルエンザや風邪の予防にこれからも習慣づけたいと思います。


手づくり トイレの便座 除菌スプレー

以前はわが家も便座カバーをしていましたが、チムニーを買ってからというもの、遊びに来てくれる友人が増えまして、だったら便座カバーをはずして除菌スプレーを精油で作ってしまおう! と思いました。
その方がいいかな~と思ったもんですから……

作り方は簡単です。

用意するもの
・精油(お好みの香りを2種類ほどブレンドして~♪)
・消毒用エタノールまたは消毒用エタノールIP(薬局に売ってます)※無水エタノールではないのでご注意を!
・ラベル(100円ショップに売ってます)
・スプレー容器(100円ショップに売ってます)

作り方
①スプレー容器の中に消毒用エタノール(または消毒用エタノールIP)を入れます。
②①に精油を入れます。(30ml入りの容器の場合、6滴が目安 ※エタノールの量÷5=精油の滴数)
③よく振ります。
④ラベルに「便座除菌用、トイレットペーパーにシュッとして使用してください」と書きました。
完成!

小さなスプレー容器で作れば携帯用にもなりますね。
しかも自分で作れば中身がわかるので安心ですね。

※エタノールについて
無水エタノールは消毒用エタノールより純度が高いのですが、消毒に適しているのは消毒用エタノールです。
無水エタノールは消毒用エタノールよりも殺菌力は弱いです。

無水エタノールは化粧水を作ったりする時やディフューザーの洗浄などに使用します。

消毒用エタノールには
・消毒用エタノールIPというのもあります。
これはイソプロパノールを入れ、飲めなくして、酒税をまぬがれていますので、その分お安いです。
殺菌能力は消毒用エタノールと変わりません。



癒しフェアに行ってきました

8月7日(土)~8日(日)の2日間、国際展示場で開催されていた★癒しフェアに行ってきました。
会場にはビューティー、スピリチュアル、フード、エコロジー、ヒーリング、ヘルス、ヨガ、キッズ、手作り、ペットなどなど、様々なカテゴリーの癒し関連サービスや商品が展示されていました。

数え切れないほどのブースがありましたが、長女と二人で一つひとつ見ていきました。

そんな中でpappoの気になったブースがいくつかあったので、ここにご紹介させて頂きますね。


★Dr.エバーハルト
精油を販売しているブースが意外に少なかったんですが、3つぐらいありました。
その中の一つ、Dr.エバーハルト。
香りがとてもよかったです。
店の人の説明によると品質がとてもよく、長持ちするそうです。
実際にイランイランファーストやローズオットーなどの香りを試しましたが、とてもいい香りでした。
また、未精製のホホバオイルも試してみましたが、精製しているものと比べてねっとりしていました。

あとは手作り石けんのブースがいくつかありましたよ。
★Michel coco
pappoが作る時と同じ製法コールドプロセスで、レッドクレイなどを使って可愛いデザインの石鹸に仕上げてます。
贈り物にも喜ばれそう。
オイルはオリーブオイル、パーム油、ヤシ油などを使っているようです。
ほかにも精油やアルガンオイルなどを使った石けんです。
実際に試してみましたが、肌がすべすべ、しっとりでとっても使い心地が良かったです。

★G-savon
伊勢丹や楽天市場などでも購入できるようですね。
オリーブソープ、アルガンソープ、米糠ソープ、シアバターソープ、ローズヒップソープ、ユッカソープなどあるようです。

★Savannah Premium Facial Soap
これは作り方の想像がつかなかったんですよ。
シアバターとココナッツオイルを使った石けんです。
見た目はゴツイんですが、泡立ちはなめらかで、しっとりでしたよ。

□フレグランスジャーナル社
pappoのblog内の記事★「食用油は本当にキャリアオイルに使用できないのか?」が今月号の雑誌aromatopiaに掲載されています。
ブース内で配布されていたaromatopiaのチラシにもpappoの名前がしっかり出てました。
長女もpappoの名前を発見して、「パパの名前があるよ!」とビックリしてました。

pappoが気に入ったのはブース内で即売されていた「★図解ストレスフリーマッサージ
主にフェイシャルマッサージのやり方を中心に写真入りで詳しく丁寧にマッサージのやり方が説明してありました。
pappoはできるだけ衝動買いをしないようにしているので、この時もグッとこらえましたよ。
そうそう、この出版社は★香りの図書館という香り関連の本ばかりを扱った図書館があるんですよ。
その図書館の目録をもらってきたので、後でゆっくり見てみようと思います。

気になる本があればいつか香りの図書館にも行ってみようと思います。

ほかにもいろいろなブースがあって楽しい一日でした。

行きも帰りも★船に乗りました。
アロマ好きな長女ですが、やっぱり船が一番楽しそうでした。












プロフィール

pappo

Author:pappo
↑pappo&cook
講座やお仕事の依頼等のお問合わせは下記までお願いいいたします。
pappoaroma@gmail.com

☆AEAJアロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
☆環境カオリスタ
☆AEAJアロマ環境協会会員
☆JMAA日本メディカルアロマテラピー協会正会員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード